検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
  • 横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
  • 横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

ココがキニナル!

本牧通り沿いに昭和の時代から取り残されたような「IG」というバーがあります。いかにも駐留米軍が通っていたようなバーで、横山剣さんにも縁があるようなのですが凄くキニナル!(sakuraさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

「IG」は本牧エリアが最も輝いていた1960~80年代の名店、「イタリアンガーデン」を引き継ぐ古き良きアメリカンな雰囲気のバー

  • LINE
  • はてな

2014年04月16日

ライター:大和田 敏子

1960~70年代、米軍居留地を間近にする本牧は、欧米文化の発信地として人々を魅了していた。旧イタリアンガーデンの2代目オーナー、ハリー・コルベット氏の奥様、飯田かよ子さんは、「イタリアンガーデンは、店内のジュークボックスからアメリカで流行する最新曲が流れる、四角いピザが人気の店。当初の客は米兵がほとんどだった」と話す。
 


1962(昭和37)年ごろのイタリアンガーデン (C) Italian Gardens Collection

 


1980(昭和55)年ごろ、「V.F.W」「イタリアンガーデン」「VENICE」と名店が並ぶ

 
しだいに、東京からも多くの客が訪れるようになり、有名人も度々来店したという。
・・・と、ここまでは、旧イタリアンガーデンについて、筆者が以前、リキシャルームの取材の中で知り得たことだ。
さて、現在の「IG(イタリアンガーデン)」は、旧イタリアンガーデンとどのようにつながっているのだろう。



「HONMOKU was American」の時代の香りを残す店!?

取材当日、店に着いたのは、開店前、まだ外が明るい午後5時前。本牧通りを走ってきた真っ赤なアメ車のオープンカーが店の前に停まった。颯爽と降りてきたのが、オーナー八木弘之(やぎひろゆき)さん。あまりにも似合いすぎて、まるでドラマのワンシーンのよう。ちょっとドキドキする・・・。
 


開店前の「IG」。この佇まいが昭和のまま取り残された感じ?

 
八木さんのオーラに戸惑いながら、早速、店にお邪魔し、話をうかがうことに。
 


にこやかに、本牧の話をたくさんしてくださった八木さん

 
ハリーさんが直接の経営を退いてから、旧イタリアンガーデンの借主は度々変わり、バブル当時にはフィリピンパブやプールバーになっていたこともあるそうだ。

その後、旧イタリアンガーデンの最後の5年間の借主となったのが、八木さんだ。すっかり様変わりしてしまった旧イタリアンガーデンを元の雰囲気に戻すのには、苦労も多かったそうだ。その名残りでもある、当時、八木さんが作ったメニュー表は、生まれ変わった現在のイタリアンガーデンの壁に貼られている。
 


旧イタリアンガーデン時代からのメニュー表

 
1996(平成8)年、マンション建設のため、イタリアンガーデンは立ち退きを余儀なくされ閉店した。
そのころ八木さんは、旧イタリアンガーデンの道を挟んで向かいのビル2階で「SHUFFLE」というバーを営んでおり、その1階にあった接骨院が閉院。店舗スペースが空いたのを機に、1997(平成9)年、旧イタリアンガーデンを引き継ぐようなかたちで現在のイタリアンガーデンをオープンする。
 


こちらはピザのメニュー

 
先に店内を部分的にお見せしてしまったが、ここであらためて店全体をご紹介!
 


カウンター席だけの店だ。カウンター越しの会話が心地いい
 

「真夏1ヶ月」「真冬1ヶ月」、どうにもならない気候の時以外は、店のドアは開けっ放し

 
開け放たれたドアからは、外の風や音が否応なしに流れ込んできて、解放感がある。店の前にはコカ・コーラのロゴが入ったベンチとテーブルが置かれていて、外飲みもできるようになっている。店内に飾られた写真やポスターも、昔懐かしいアメリカンな雰囲気を作り上げていて、何ともいい感じだ。
 


たくさんの写真やポスターが、店の壁を飾っている

 
ずらりと並ぶカウンターの奥に置かれたお酒。その数を八木さんにうかがうと、わからないとの返事。実は、八木さん、意外にもお酒が飲めないそう。初めはピザ専門の店のつもりで始めたので、お酒の数はごく少なかったのだが、お客さんの要望でどんどん増えていったとのこと。
 


「自分のつくってきた店に入ってきたら仲間だと思っている」と八木さん

 
「内装や椅子を決め、開店するまではオーナーの仕事だけど、開店したら“店”をつくるのはお客さん。彼らが和むための空間だから、望むものはなるべく叶えないといけない」と八木さんは言う。 
 


それぞれのお酒を置くきっかけとなったお客さんを全て覚えていると八木さん
 

入口から店の奥を見る

 
店内に流れるのは、1950年代から80年代に活躍したDJのウルフマン・ジャックによる『ウルフマン・ジャック・ショー』というラジオ番組。かつてFEN(Far East Network :米軍極東放送網)で流れていたこの番組は、青春時代の八木さん傍らにいつもあった。軽快なトークと古き良き時代のアメリカン・ロック。昔懐かしいアメリカンな雰囲気の店に、しっくり馴染んでいる。
 


「ハワイのキムチ屋さんが日本進出をもくろんだ名残り」という冷蔵庫
 

トイレにあるスロットマシンもレトロ。「一応売り物」として置いているらしい

 
ちょっと謎な備品や小物も、店のアクセントになっていておもしろい。

横山剣さんとのつながりとは?・・・キニナル続きは次のページ
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

本牧ふ頭の「USSシーメンスクラブ」ってどんなところ?

屋形船って2人でも乗れるの? 「屋形船すずよし」で横浜みなとみらいの夜景を満喫してきた

  • PR

本牧って昔はどんな感じだった?(前編)

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(2月2日~2月8日)

厳しい社会という戦場を生き抜く大人達の遊び場!巨大屋内型サバイバルゲームフィールド「ウーパー新横浜」

  • PR

巨大看板で「お嫁さん募集」をする子安の理容室に突撃!

雨でも安心の屋内施設。安全に配慮した環境で、思いきり身体と頭を使って、夢中になれる遊びがいっぱい!

  • PR

新着記事

元町百段公園が伝える横浜の光と影

    • 面白かった222
    • 面白くなかった3
    • コメント1
  • 2019年06月24日

「社員寮」のある会社は働きやすい?とある横浜の建設会社の「社員寮」に潜入してきた!

    • PR
  • 2019年06月25日
【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう

はまれぽ編集部のイチオシ

自分が暮らす空間だから自分が暮らしやすい、暮らしたい部屋をつくりたい。そんな思いを実現する「3rd」

  • PR

歌とダンスと笑いで嫌なことを吹き飛ばそう! 明日の元気はここにある「横浜マリンロケット」

  • PR

印刷会社が取り組む「社会変革」って一体何!? 130年以上も続く総合印刷業の老舗「大川印刷」

  • PR

その味を知ったら絶対宮崎県に行きたくなる!曙町の名店「みやざき地頭鶏 てげてげ」

  • PR

過酷で繊細な作業で産業廃棄物を大幅削減してリサイクル。環境問題の解決へ力を尽くす「ホマレファースト」

  • PR

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

その問題、大きくなる前に・・・頼れる街の相談窓口「司法書士法人あいおい総合事務所」

  • PR

「つながりからコトが生まれる」がキーワード! 自社事業を地域貢献につなげる「株式会社太陽住建」

  • PR

穏やかな語り口の中にある熱い思い!「子どものいない夫婦における遺言書作成の大切さ」を説く!

  • PR

駅前なので通院に便利! 明るい雰囲気で小さな子どもからお年寄りまで、誰もが気軽に受診しやすい歯科医院

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 東海道貨物線の旅客化は検討が進んでいるのでしょうか。りんかい線と貨物線をつなげるだけでも、横浜から車...

  • 大口の超レトロな喫茶室「鹿鳴館」がキニナル。メニューは飲み物だけで、マスターは御年93歳という噂。

  • 東戸塚地区センター前の道路と東戸塚駅の横須賀線線路が交わる線路下トンネル付近で、コンクリートの合間や...

あなたはどう思う?

シーズン始まって2ヶ月。今年のベイスターズの予想順位は?

最近のコメント

アクセスランキング