検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • 横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

ココがキニナル!

横須賀のいたるところで味わえる「よこすか海軍カレー」って、どういうカレー? どこでも食べられるものなの?(はまれぽ編集部のキニナル)

はまれぽ調査結果!

「よこすか海軍カレー」は、明治時代の日本海軍の軍隊食だった当時のレシピに基づいて作られたもの。公式なものは横須賀市内でしか味わえない。

  • LINE
  • はてな

2014年08月30日

ライター:橘 アリー

“脚気(かっけ)予防”から誕生したメニュー!?

今回は「よこすか海軍カレー」についての調査。
全国各地で親しまれているカレーだが、地域や家庭によって、その種類は様々なもの。
 


カレーのイメージ(フリー画像より)

 
そして、横須賀にも独自のカレーがあり、それが「よこすか海軍カレー」と呼ばれているものである。
食べたことがなくても、「よこすか海軍カレー」を知っている人は少なくないことだろう。

さっそく、「よこすか海軍カレー」を販売する店が加盟している「カレーの街よこすか事業者部会」でお話を伺うことに。
 


「カレーの街よこすか事業者部会」は横須賀商工会議所の中にある

 
対応してくださったのは、横須賀商工会議所の産業・地域活性課の村尾直人さん。
  


『よこすか海軍カレー ガイドマップ』を手にする村尾さん

 


「よこすか海軍カレー」とはどのようなカレーなのか

「よこすか海軍カレー」とは、日本海軍が食事として出されていた明治初期の、当時のレシピを再現しているという。

しかし、よくよく考えると海軍とカレーはあまり近しいものではない気がする。ではなぜ、海軍がカレーを出すようになったのだろうか。それには、ある理由があった。

明治初期には海軍内で死亡する原因として、脚気(かっけ)によるものが一番多かったそうだ。脚気とはビタミンB1やタンパク質が不足することによっておこる病気で、悪化すると心不全や末梢神経の障害を引き起こす。

そこで、それを予防する方法が検討され、海軍軍医の高木兼寛(かねひろ)が、イギリス陸軍で提供されていたカレー風味のシチューに注目した。野菜や肉、さまざまな香辛料が入っていて栄養豊富であり、脚気予防に効果があると気づき、日本の主食のご飯に合うように小麦粉でとろみをつけて提供することになった。
すると、それ以後は脚気にかかる人が激減したという。
 


高木兼寛(『よこすか海軍カレー ガイドマップ』より)

 
そして、この時に作られたカレーは、兵役を終えて故郷に戻った兵士たちによって全国に広まっていったそうだ。つまり、海軍のカレーは、現在親しまれている日本のカレーライスのルーツだと言われていて、横須賀はカレーを広く広めた「発信の地」であるそうだ。

海軍で提供されていた当時のレシピが1908(明治41)年に発行された『海軍割烹術参考書』という料理本に載っていて、それをもとに復元されたのが「よこすか海軍カレー」である。
 


当時のカレーのレシピについての記述(『よこすか海軍カレー ガイドマップ』より)

 
続いて、横須賀市で「よこすか海軍カレー」が販売されるようになったことについて。



町おこしから始まった!?

「よこすか海軍カレー」が販売されるようになったのは、1999(平成11)年のことで、それは“町おこし”のためであったそうだ。
横須賀市、横須賀商工会議所、海上自衛隊横須賀地方隊が「カレーの街よこすか推進委員会」を構成し、カレーの発信の地である横須賀のPR活動を行うことに。さらに、カレーや関連商品を販売する事業者が加盟する「よこすか海軍カレー事業者部会」が作られた。

なお、“よこすか海軍カレー”には、「よこすか海軍カレー5原則」というルールがあるとのこと。
 


よこすか海軍カレー5原則(『よこすか海軍カレー ガイドマップ』より)

 
ちなみに、3つめにある「サラダと牛乳をセットにして提供する」というのは、脚気を予防するために海軍で提供されていた当時、栄養をさらに摂るためにこの2品を一緒に出していたという当時の慣わしなんだそう。

月に1回「商品審査会」が行われていて、この「5原則」に沿って一定以上のクオリティーに達しているものだけを、登録商標でもある「よこすか海軍カレー」という名称で販売することが「カレーの街よこすか事業者部会」によって許可され、認定証が発行される。これまで承認されたお店は現在32店舗あるそうだ。

「よこすか海軍カレー」について分かったところで、32店舗ある提供店の中でも、特にカレーメニューをメインに取り扱うお店に行ってみた。




 

横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
元プリンセスプリンセスの中山加奈子さんに「はまれぽ」がインタビュー!
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう
はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

はまれぽ編集部のイチオシ

アンティークウォッチの世界、のぞいてみませんか? マニアだけでなく初心者にオススメする、その魅力とは

  • PR

野毛のリトル大分で郷土料理と銘酒を存分に味わう「如水」

  • PR

【動画あり】メルセデスAMGなど新型車両をはじめ13台展示のショールーム。横浜中華街から歩いてすぐ!

  • PR

音楽とハンバーガーとトロピカル・カクテルがあれば、3秒で西海岸やハワイに行ける「STOVE’S」

  • PR

マンガ読み放題!? 高速ドライカットがイチオシの“コミックカフェ” みたいに寛げる「re:mix」

  • PR

“世界に一着”が3万5000円から! 隠れ家サロン「EVERS SUIT」でオーダースーツデビュー!

  • PR

横浜初! 「VRエクササイズマシーン“イカロス”」を体験してきた。

  • PR

職人の味を気軽に味わう! お祝いにも、いつもよりちょっと特別な時も、みんなで行きたい「松葉寿し」

  • PR

トッププロと一緒にShall we Dance?横浜駅近の笑顔が弾ける社交ダンススタジオに体験入会!

  • PR

想像力をかき立てるカーディーラー、港南区「スズキ上永谷オートマン」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 野毛山動物園、交番横に古い歴史がありそうな邸宅がありましたが、取り壊され建設中の建物があります。過去...

  • 港南区から大和市へ引っ越して以来夜勤明けで朝から飲める酒屋、立ち飲み屋を探してはいるんですが、大和、...

  • 山下埠頭を見ると多くの倉庫が解体されていますが、未だに残っている建物があります。新たにIRを誘致する...

最近のコメント

アクセスランキング