検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
  • はまれぽ.com無料掲載について

ココがキニナル!

戸塚のカレーの老舗、横浜ボンベイの名前が変わってしまう?って本当? 登録商標でもめてしまった経緯について、取材してください!(yakisabazushiさん、アソビンさん)

はまれぽ調査結果!

契約書上、戸塚店は2024年まで「横浜ボンベイ」の屋号を使用可。その後も「協議の上決定する」となっており、「横浜ボンベイ」がなくなるわけでない

  • LINE
  • はてな

2014年12月17日

ライター:はまれぽ編集部

地元の名店の名前がなくなる?

2004(平成16)年にオープンした横浜市戸塚区のカレー店「横浜ボンベイ」。
インド・パキスタン料理専門店として1956(昭和31)年に創業した「デリー」(上野)と、その味を受け継ぐ「ボンベイの元祖」とも言える千葉県柏市の「柏ボンベイ」などで修業を重ねた石川利明(いしかわ・としあき)さんがオーナーシェフを務めるカレー店だ。
 


JR戸塚駅から徒歩約3分
 

投稿によると、その「横浜ボンベイが商標の登録でもめている」とのこと。これはいったい、どういうことなのか。

一度、店の屋号だったり、ロゴマークなどを商標として登録すると、登録を受けたもの以外はその屋号やロゴなどを自由に使うことができなくなる。

ということは「横浜ボンベイ」の名前が変わるということか? リサーチを始めると、インターネット上には過激な言葉が並んでいた。
 


「外道」など過激な言葉が。これは真実か?
 

インターネットの内容を要約すると「横浜ボンベイの店長が病気で倒れた際に手伝いに来た従業員が書類にハンコを押させて商標権を奪い取って高田馬場に『横浜ボンベイ高田馬場店』を勝手に開いた」ということになるらしい。

取材を申し込んだところ、石川さんはインターネット上の書き込みの件についても承知しており「書き込みを見たお客さん同士が言い争いなどヒートアップしても困る。お客さんに迷惑をかけないよう、早く事態を収めることにつながるのなら(取材を受ける)」とのことで、早速お店に向かった。
 


ゾウのロゴマークがかわいい
 

「店を手伝ってもらった彼らに恩義を感じている」と切り出した石川さん。聞くと、石川さんは2013(平成25)年初めにガンが発覚。同年4月に右肺の切除手術を行ったのだという。
 


職人肌の石川さん
 

病気の影響もあって、当時は店をたたむことまで考えたという。
しかし、独立前の石川さんが勤務していた、同じ「デリー」の流れを汲む千葉県柏市の「柏ボンベイ」で一緒に働いていた従業員たちが、石川さんが休みがちな間も、戸塚に泊りがけなどで手伝ってくれた。

だからこそ、石川さんは彼らに「自分たちが頑張って新しく店を出すなら応援するし、『横浜ボンベイ』の名前も、レシピも使っていい。お金なんかいらない」と言ったのだそう。
 


横浜ボンベイ名物「薬膳ボンベイ」はデミタスコーヒー付きで950円
 

その後、石川さんの話では、従業員側から「会社を立ち上げて『横浜ボンベイ』としてやっていくことにした。『横浜ボンベイ』の名前を使うに当たって契約書を取り交わしたい」との申し出があった。
このため、2014(平成26)年1月18日に契約書に署名・押印した。

この契約書が件(くだん)の契約書で、その内容を見ると「石川さんが契約締結後も引き続き『横浜ボンベイ』を無償で使用することを10年間認める」「10年を超えた時は協議の上決定する」「石川さんは第三者に『横浜ボンベイ』の屋号の使用を認めてはいけない」となっている。
 


契約書の正本
 

また「石川さんが従業員に『横浜ボンベイ』の屋号を譲渡する」ことの対価は50万円となっている。

契約書の文面だけを読むと「石川さんは50万円で『横浜ボンベイ』の屋号を譲渡するが、10年間は無償で使用していい。第三者に屋号を勝手に使わせ(“のれん分け”をし)てはいけない」となる。

石川さんの言葉を借りると「署名時は『契約書は形だけのものだから』と言われた」のだそう。
石川さんは一度、署名・捺印したが「契約を白紙に戻してほしい」と主張したのだという。

果たして、相手側の真意はどうなのか。石川さんと契約を交わした従業員が2014(平成26)年4月にオープンした「横浜ボンベイ高田馬場店」をたずねた。


相手側の主張とは?・・・キニナル続きは次のページ 
 

おすすめ記事

山下町にある「どん八」のギガ盛りカツカレーを実食!

人に馴染み、家族に寄り添うオリジナル無垢材オーダー家具と空間演出なら「3rd 東戸塚店」

  • PR

「ガチカレー!2014」73品の頂点に選ばれたのはあのカレー

EDやAGAのこと、こっそり相談できるスマホ診察にも対応した、国内正規薬のみを取扱うクリニック

  • PR

たばこを吸わない人にも関係あり! 戸塚駅が「喫煙禁止地区」でどう変わる?

イヌやほかのペットとフロアが違うから、ちょっぴり神経質なネコも安心! 「新横浜動物医療センター」

  • PR

「焼肉酒家えびす」、本社と店舗の状況は?

地域密着医療をめざして、ネコがお出迎えしてくれる。横浜市戸塚区「かみくらた動物病院」

  • PR

新着記事

新横浜駅に暴力団の「武器庫」!? 問題のビルや周辺の様子は?

    • 面白かった39
    • 面白くなかった117
    • コメント0
  • 2018年06月21日

被害者の前に姿を現さず。振り袖業者「はれのひ」社長、異例の債権者集会欠席

    • 面白かった14
    • 面白くなかった116
    • コメント2
  • 2018年06月20日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー

はまれぽ編集部のイチオシ

工事を通して感動を届ける! 人と人をつなぎ、自社事業を通じて地域貢献する「太陽住建」

  • PR

その問題、大きくなる前に・・・頼れる街の相談窓口「司法書士法人あいおい総合事務所」

  • PR

ベテラン講師が基礎から徹底指導。横浜駅のボイストレーニングスクール「プライズエンターテインメント」

  • PR

環境を考えること=クリエイティブ!? 中高生がゴミを作品に生まれ変わらせる「かんきょう文化祭」

  • PR

具がおいしいと、粉モンはここまで昇華する。ハマリ度間違いなしの「鉄板 俣野也」

  • PR

【スタッフも募集中】みなとみらいで発見!フロントに大きなカゴを搭載した異様な自転車に乗りたい人は集合

  • PR

手作りの優しさに包まれて、ゆっくりとティータイムを。気軽にチョークアートを体験できるのも魅力!

  • PR

白楽の地にて24年。「信頼と信用、約束は必ず守る」を大切にする「株式会社ユナイト」

  • PR

登記、相続、遺言など、人生の節目に直面する法律関連のお悩みなら、「司法書士・行政書士柴崎勝臣事務所」

  • PR

最新鋭ロボットの大活躍で、新鮮・おいしい卵誕生の現場に迫る!港南区「八千代ポートリー」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 宮川町に去年ぐらいからできた、こじゃれた感じのワインバー「SimonS」。シモンズかと思ってましたが...

  • 大阪の地震のブロック塀。杉並区はいち早く区内の学校の塀の調査をしたそうですが横浜市は?

  • 横浜市営バスの平戸行きは何で片道しか運行しないのですか。帰りはどうすればいいのか。あとはどういう人が...

あなたはどう思う?

サッカーの「ワールドカップ」は見る?

最近のコメント