家を建てるなら20代! 〜ヨコタテで叶えた理想の一戸建てライフ〜
“家を建てるなら20代!

ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

ゴールデンウィーク(GW)マル秘大作戦〜2017年版・はまれぽ流〜 [はまれぽ.com]
イベントカレンダー2017年4月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    桜木町-横浜間の旧東横線跡地の遊歩道化がどうなっているのか気になります。たしか,紅葉坂あたりまでは2016年度末完成予定だったかと思います。桜木町から紅葉坂あたりまでは土が敷かれているようですが,今後...

    ともはなさん

    JR関内駅のエレベーター、エスカレーターの設置状況について

    ちぐれさん

    2017年世界トライアスロン横浜大会は、女子エリートは、3連勝中のリオ金メダリスト、アメリカのグウェン・ジョーゲンセンが出産を控え、欠場すると思われますが、今年のレース、気たる東京五輪に向けて、男子も...

    エアバスさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

もうすぐGW。期間中はどこで過ごす?

横浜市内で過ごす
神奈川県内で過ごす
関東圏内で過ごす
関東圏から脱出する
海外で過ごす
そのほか
休みなんかない
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「4月25日今日は何の日?」
2位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
3位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
4位
鉄道6社が乗り入れる横浜駅!最速で乗り換えできるルートは?
5位
【はまれぽ名作選】「京急ウィング号」が県内利用者数ナンバーワンの横浜駅を通過する理由は!?
6位
江ノ電藤沢駅にポツンとある謎のボタンの正体は?
7位
再々始動した「チョイモビ」、今までとは何が違うの?
8位
59年の歴史に幕を降ろす「箱根ホテル小涌園」のあゆみと今後は?
9位
横須賀市唯一の水源地「走水水源地」の経路を徹底追跡!
10位
「空飛ぶ宝石」、カワセミを横浜で見られるところがあるって本当?
11位
京急仲木戸駅高架下に露出したレンガ積みの壁はいったい何?
12位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
13位
久里浜港に新しくオープン! 海鮮料理がうまい温浴施設「海辺の湯」に突撃!
14位
見上げても何もない? 野毛にある謎の看板「上空注意」の意味するものは? 
15位
【はまれぽ名作選】山下公園の岸壁にある謎の階段は何に使われているの?
16位
新しい港南区役所の様子と跡地利用はどんな感じになるの?
17位
街のあちこちに看板がある、アーウィン女性探偵社とは?
18位
山手本通りから降りる「階段坂」の手すりにならぶ謎の金属の輪っかは何のためなのか徹底調査!
19位
保土ケ谷で研究されていた日本初のペットフード「ビタワン」と、その大きな広告看板について教えて!
20位
三崎の海南神社が作ったパロディーっぽい「解難」お守りってなに?
21位
治安の悪さは首都圏イチ!? 川崎競馬場周辺の夜を体験!
22位
桜の名所・瀬谷区海軍道路、桜の木を一気に伐採する理由は?
23位
献血ルームの中で1番良い記念品がもらえるのはどこ?
24位
【ニュース】川崎市と京急が沿線まちづくりでタッグ!
25位
デニーズ1号店も! 43年の歴史に幕を閉じた「イトーヨーカドー上大岡店」最後の瞬間をレポート!
26位
3月22日オープンの「CIAL鎌倉」を一足早く大公開!
27位
横浜で一番大きな本屋はどこ? 横浜駅西口の意外な場所に発見!
28位
【ニュース】はまれぽ×相鉄のコラボフリーペーパーが誕生!
29位
都筑区にあるコストコのアウトレット品を超激安で売るお店の秘密とは?
30位
200人が行列した「CIAL鎌倉」オープン当日の様子を速報!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

横浜ってごみの分別項目が多いと感じるけれど、横浜市のごみ処理の状況はどうなっているんですか?(負の連鎖さんのキニナル)

はまれぽ調査結果

横浜はごみ減量計画で、全国的にも突出した成功を収めています。

ライター:松崎 辰彦 (2010年11月19日)

横浜のごみはどうなっているか

どの自治体も頭を痛めているのが、ごみ処理の問題。人間がいるところ、そこにはごみがある。江戸時代の日本は理想的なリサイクル社会だったとも言われ、極力ごみを出さないシステムが存在したとされている。リサイクルという言葉などもちろんない時代、日本にはもっと切実な「もったいない」という言葉があり、資源の有効利用がなされていたのである。

しかし西洋文化が流入し、大量生産大量消費の時代を迎えると「消費は美徳」となり、ごみもまた大量生産時代に突入した。そして平成の現代、「もったいない」はなぜか世界語“MOTTAINAI”へとおしゃれに変貌し、ものを捨てずに徹底的に使う人はケチではなく、「環境意識の高い人」へと昇格した。

さてさて、わが横浜はどうであろうか?
人口370万人弱を擁する大都会は、そのごみの量たるものもハンパではあるまい。日々大量に排出するごみを、市民はしっかり分別し、使えるものはリサイクルしているだろうか?
 


ごみ集積所の様子(港北区)


横浜市民の一人に聞いてみると
「はぁ・・・あんまり気にしていないですね。分別といっても、大雑把に分けるくらいで、あまり細かくは考えないです。横浜は市民の出入りが多いから、あまり郷土意識は持てず、ごみの分別に関してもついつい、おろそかになりがちなんです。もちろん、こんなこと言い訳にもなりませんが(苦笑)」(会社員・独身・27歳)

おりしも今年は 横浜のごみ減量計画『G30(ジーサンジュウ)』が終了する年。
ごみ問題に新たなステップが期待される年である。



横浜はごみの大減量に成功!

横浜市民なら一度は耳にしたことがある『G30』(Gomi〈ごみ〉・Genryo〈減量〉・Good・Global Environment〈地球環境〉などに共通する頭文字Gと、削減目標30%を合せたネーミング。また“ごみゼロ”の意もこめられている)。しかしその具体的内容は、どれだけ浸透しているだろう。

G30がスタートしたのは平成15年。当初は平成22年までに横浜市のごみの排出量を平成13年度比で30%減らすという計画だった。横浜市は多くのキャンペーンを行い一般市民や事業主に、ごみ減量を訴えた。このイベントの中心となったのが、横浜市資源循環局。

そんなわけで、関内にある同局に赴いた。お話を伺ったのは総務部の佐藤栄次係長。
 


横浜市資源循環局総務部3R推進課 佐藤栄次係長


―今年でG30は終了しますね。推計人口370万人弱という大都会横浜で、ごみ削減を浸透させるのは大変だったと思います。

「横浜は市民の流入も多く、大きな都市ならではのさまざまな事情を抱えています。そうしたなかで、G30は大きな成功を収めました。これも一般市民や事業主の皆様のご理解とご協力の賜物です」 

―G30を契機に横浜がごみの大幅減量に成功した話はよく耳にしますが、実際にどれほどの減量に成功したのですか?

「平成21年は平成13年度から比べて実に42.2%のごみを減量できました」

―42.2%! それはまた大変な数値ですね。

「具体的に言いますと、平成13年度は資源物を除くごみ量は1609155トンだったのですが、平成21年度は929728トンに減りました。これは横浜マリンタワー(約12000トン)56基分のごみが減少したことを意味しています

(注・ちなみに平成13年度の横浜市民一人当たりのごみの量〈資源物を含む〉は一日平均1313gで、全国平均の1124gを上回っていた。それが平成20年度になると横浜市民は一日959gで、全国平均が1033g。全国平均を下回ることに成功した)
 

『G30』期間中のごみ(資源物除く)の量(横浜市資源循環局『きれいなまちに』から)

 

平成13年 平成20年 増減
全国平均 1124g 1033g -91g -8%
横浜市 1313g 959g -354g -27%
川崎市 1111g 1020g -91g -8%
大阪市 1918g 1548g -370g -19%
名古屋市 1020g 1095g +75g +7%

他の主要都市の市民一人当たり一日に出すごみ(資源物を含む)の量との比較(数値は環境省のHPより)


「当然ながらCO2削減効果も著しく、平成21年度はごみ処理全体で発生するCO2が平成13年度より90万トン少なくなりました。これは、資源循環局独自の推計値です。これは杉の成木約6400万本が1年間に吸収するCO2 に匹敵します」

―地球温暖化を抑制する効果も、著しかったわけですね。




市民一人ひとりがごみを抑えている

「皆様の努力のおかげで、ごみの抑制は順調に進み、G30がスタートして5年後の平成17度には、平成13年度比で33.9%削減が実現しました。予定よりも5年早く、目標を達成したのです。そこで私たちはさらに目標を上方修正して、平成22年度には35%のごみ削減を掲げました。ところがこれもわずか数年で達成し、結局平成21年度には42.2%のごみ削減が達成されました」

その背後には、牽引者としての横浜市の地道な努力があったことはいうまでもない。
担当職員が自治会などに出向くこと1万2千回以上、そのたびにごみの10分別15品目の説明をした。
「市民・事業者・行政の協働」「徹底的なごみの分別と資源化」「環境に配慮したごみ処理の推進」など、いくつかの基本的な指針を打ち出して、ごみの減量に取り組んだ。
「へら星人ミーオ」なる独自のキャラクターも作り出し、親しみやすさを強調した。
 


プロフィール
◆名前 へら星人 ミーオ
◆性別 なし
◆誕生日 5月30日
◆年齢 若く見えるけど、へら暦では530歳(へら星人の平均寿命は1万歳)
◆出身 天陽系第3惑星へら
◆身長 53cm
◆体重 530g
◆性格 誰とでもすぐに仲良くなることができる。
◆趣味 ダイエット、お散歩、地球観察
◆口ぐせ 「ヨコハマはG30」
◆好きな言葉 スマート、スリム
◆弱点 気を抜くと、すぐに太ってしまう

『ヨコハマはG30』マスコットキャラクター(横浜市資源循環局HPから)


こうした行政の努力に、市民も呼応した。

“レジ袋を必要以上に使用しない”“食品買い過ぎず、残さず、食品ロスを減らす”“古い洋服はリフォームして新しくする”などといった一人ひとりの工夫が、ごみを少しずつ減らしていったのである。


G30から次の段階への取り組みは次のページ ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

横浜市の住民税って高いの?

横浜で人気の独り暮らしエリアは?