ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

イベントカレンダー2017年6月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    https://www.youtube.com/watch?v=wc4QEcHKgCUこちらの動画で見たのですが、首都圏の中で神奈川県警の「遺体の取り扱い方」がかなり違法性が高く、死亡診断書等遺族への...

    とくもりさん

    三浦のほうで、駆除対処になってた迷惑ウニに廃棄野菜あたえたら食べられるようになったらしいです。実際、味はどうなんでしょうか?商品化したらウニを安く食べられるようになるんでしょうか?気になります

    ykmrcさん

    横浜を代表するヒップホップアーティストのサイプレス上野さんがプロデュースしているというミュージックバー「what's good」が戸塚駅近くにあるようです。店は2階にあるようで、外からはどんな感じなの...

    ねこみくさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

アジサイが見ごろの季節。どのエリアにアジサイを見に行きますか?

横浜
川崎
湘南
横須賀・三浦
そのほか
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「6月23日今日は何の日?」
2位
ラーメン二郎 横浜関内店が「無期限休業」って本当?
3位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
4位
神奈川新聞花火大会が2017年から休止になる理由とは?
5位
【はまれぽ名作選】横浜の「ガッカリ名所」はどこ?
6位
女児殴打事件のあった横須賀市不入斗(いりやまず)は本当にヤバイ所なの?
7位
みなとみらいに移転したケンタッキーフライドチキンの新本社と"横浜限定メニュー"をレポート!
8位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
9位
弘明寺の謎の店「弘明人」でうっかり絶品カレーを食してびっくり!
10位
横浜市に打つ手はあるのか? ごみ屋敷の実態に迫る!【前編】
11位
決定! 横浜市内の真の「陸の孤島」はどこ?
12位
性春時代がよみがえる? 「私の香り」が買える大人の自販機に大興奮!
13位
きょう本牧にオープン! すかいらーくグループの日本初ハワイアンレストラン「La Ohana」の詳細をレポート!
14位
『あなそれ』に『リバース』! 横浜のロケ地巡り2017年「春ドラマ」編!
15位
横浜では絶滅危惧種!? 「たぬきケーキ」を探せ!
16位
学食に重慶飯店!?関東学院大学に中華街の高級店が出店したって本当?
17位
横浜を代表する食品メーカー「タカナシ乳業」の歴史に迫る!
18位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
19位
CKBも登場してイィ~ネッ! 開港祭2017初日の様子をレポート!
20位
おかえり京急デハ230系! 京急ファミリー鉄道フェスタ2017の様子をレポート!
21位
一般人が利用できる役所などの食堂は?【Vol.2市役所編】
22位
鎌倉の市境にある大船駅笠間口の再開発事業の進捗は?
23位
帰ってきた「走る居酒屋」! 京急×キリンビール横浜工場がコラボした「ビール電車」の様子は?
24位
みなとみらいでワンコイン! 限定ランチ弁当を大調査!!
25位
かつて金沢区の金沢沖に空港建設計画があったって本当?
26位
相模原から湯河原へ! “レトロ自販機”で汚れちまった大人のココロを洗い流す旅!
27位
「横浜大空襲」から72年。戦死者の遺品寄付は受け入れてもらえないって本当?
28位
【編集部厳選】マシマシで! 「26日」だから「二郎」の日!
29位
川崎堀之内の「ちょんの間」、摘発前の様子は?
30位
横浜駅近5分以内! 手ぶらで行けるオススメ「屋上バーベキュー」施設を紹介!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

横浜ってごみの分別項目が多いと感じるけれど、横浜市のごみ処理の状況はどうなっているんですか?(負の連鎖さんのキニナル)

はまれぽ調査結果

横浜はごみ減量計画で、全国的にも突出した成功を収めています。

ライター:松崎 辰彦 (2010年11月19日)

横浜のごみはどうなっているか

どの自治体も頭を痛めているのが、ごみ処理の問題。人間がいるところ、そこにはごみがある。江戸時代の日本は理想的なリサイクル社会だったとも言われ、極力ごみを出さないシステムが存在したとされている。リサイクルという言葉などもちろんない時代、日本にはもっと切実な「もったいない」という言葉があり、資源の有効利用がなされていたのである。

しかし西洋文化が流入し、大量生産大量消費の時代を迎えると「消費は美徳」となり、ごみもまた大量生産時代に突入した。そして平成の現代、「もったいない」はなぜか世界語“MOTTAINAI”へとおしゃれに変貌し、ものを捨てずに徹底的に使う人はケチではなく、「環境意識の高い人」へと昇格した。

さてさて、わが横浜はどうであろうか?
人口370万人弱を擁する大都会は、そのごみの量たるものもハンパではあるまい。日々大量に排出するごみを、市民はしっかり分別し、使えるものはリサイクルしているだろうか?
 


ごみ集積所の様子(港北区)


横浜市民の一人に聞いてみると
「はぁ・・・あんまり気にしていないですね。分別といっても、大雑把に分けるくらいで、あまり細かくは考えないです。横浜は市民の出入りが多いから、あまり郷土意識は持てず、ごみの分別に関してもついつい、おろそかになりがちなんです。もちろん、こんなこと言い訳にもなりませんが(苦笑)」(会社員・独身・27歳)

おりしも今年は 横浜のごみ減量計画『G30(ジーサンジュウ)』が終了する年。
ごみ問題に新たなステップが期待される年である。



横浜はごみの大減量に成功!

横浜市民なら一度は耳にしたことがある『G30』(Gomi〈ごみ〉・Genryo〈減量〉・Good・Global Environment〈地球環境〉などに共通する頭文字Gと、削減目標30%を合せたネーミング。また“ごみゼロ”の意もこめられている)。しかしその具体的内容は、どれだけ浸透しているだろう。

G30がスタートしたのは平成15年。当初は平成22年までに横浜市のごみの排出量を平成13年度比で30%減らすという計画だった。横浜市は多くのキャンペーンを行い一般市民や事業主に、ごみ減量を訴えた。このイベントの中心となったのが、横浜市資源循環局。

そんなわけで、関内にある同局に赴いた。お話を伺ったのは総務部の佐藤栄次係長。
 


横浜市資源循環局総務部3R推進課 佐藤栄次係長


―今年でG30は終了しますね。推計人口370万人弱という大都会横浜で、ごみ削減を浸透させるのは大変だったと思います。

「横浜は市民の流入も多く、大きな都市ならではのさまざまな事情を抱えています。そうしたなかで、G30は大きな成功を収めました。これも一般市民や事業主の皆様のご理解とご協力の賜物です」 

―G30を契機に横浜がごみの大幅減量に成功した話はよく耳にしますが、実際にどれほどの減量に成功したのですか?

「平成21年は平成13年度から比べて実に42.2%のごみを減量できました」

―42.2%! それはまた大変な数値ですね。

「具体的に言いますと、平成13年度は資源物を除くごみ量は1609155トンだったのですが、平成21年度は929728トンに減りました。これは横浜マリンタワー(約12000トン)56基分のごみが減少したことを意味しています

(注・ちなみに平成13年度の横浜市民一人当たりのごみの量〈資源物を含む〉は一日平均1313gで、全国平均の1124gを上回っていた。それが平成20年度になると横浜市民は一日959gで、全国平均が1033g。全国平均を下回ることに成功した)
 

『G30』期間中のごみ(資源物除く)の量(横浜市資源循環局『きれいなまちに』から)

 

平成13年 平成20年 増減
全国平均 1124g 1033g -91g -8%
横浜市 1313g 959g -354g -27%
川崎市 1111g 1020g -91g -8%
大阪市 1918g 1548g -370g -19%
名古屋市 1020g 1095g +75g +7%

他の主要都市の市民一人当たり一日に出すごみ(資源物を含む)の量との比較(数値は環境省のHPより)


「当然ながらCO2削減効果も著しく、平成21年度はごみ処理全体で発生するCO2が平成13年度より90万トン少なくなりました。これは、資源循環局独自の推計値です。これは杉の成木約6400万本が1年間に吸収するCO2 に匹敵します」

―地球温暖化を抑制する効果も、著しかったわけですね。




市民一人ひとりがごみを抑えている

「皆様の努力のおかげで、ごみの抑制は順調に進み、G30がスタートして5年後の平成17度には、平成13年度比で33.9%削減が実現しました。予定よりも5年早く、目標を達成したのです。そこで私たちはさらに目標を上方修正して、平成22年度には35%のごみ削減を掲げました。ところがこれもわずか数年で達成し、結局平成21年度には42.2%のごみ削減が達成されました」

その背後には、牽引者としての横浜市の地道な努力があったことはいうまでもない。
担当職員が自治会などに出向くこと1万2千回以上、そのたびにごみの10分別15品目の説明をした。
「市民・事業者・行政の協働」「徹底的なごみの分別と資源化」「環境に配慮したごみ処理の推進」など、いくつかの基本的な指針を打ち出して、ごみの減量に取り組んだ。
「へら星人ミーオ」なる独自のキャラクターも作り出し、親しみやすさを強調した。
 


プロフィール
◆名前 へら星人 ミーオ
◆性別 なし
◆誕生日 5月30日
◆年齢 若く見えるけど、へら暦では530歳(へら星人の平均寿命は1万歳)
◆出身 天陽系第3惑星へら
◆身長 53cm
◆体重 530g
◆性格 誰とでもすぐに仲良くなることができる。
◆趣味 ダイエット、お散歩、地球観察
◆口ぐせ 「ヨコハマはG30」
◆好きな言葉 スマート、スリム
◆弱点 気を抜くと、すぐに太ってしまう

『ヨコハマはG30』マスコットキャラクター(横浜市資源循環局HPから)


こうした行政の努力に、市民も呼応した。

“レジ袋を必要以上に使用しない”“食品買い過ぎず、残さず、食品ロスを減らす”“古い洋服はリフォームして新しくする”などといった一人ひとりの工夫が、ごみを少しずつ減らしていったのである。


G30から次の段階への取り組みは次のページ ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

横浜市の住民税って高いの?

横浜で人気の独り暮らしエリアは?