検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • はまれぽ.com無料掲載について

ココがキニナル!

「鎌倉の小町通りにある『キャラウェイ』と言う大盛りカレー屋さんがキニナル!! (Shibaさん)

はまれぽ調査結果!

1977年にオープンした「キャラウェイ」では週3日は食べたくなるカレーがいただける。現在大盛りはないが、中盛りでもごはんが900グラム

  • LINE
  • はてな

2015年11月14日

ライター:山崎 島

寒くなってきましたね、みなさんご機嫌いかがでしょうか。寒くなってくるとカレーが食べたくなりませんか? うんうん、カレーは年中食べたいですよね、すみません。

今回は鎌倉の、毎回通るたびに行列ができている「キャラウェイ」のあれこれをご紹介。



ということで
 


はい鎌倉ー

 
小町通りをまっすぐ歩いて・・・
 


こちらも超キニナルレストラン「コアンドル」の角を

 
右に曲がればカレーのにおいがしてくる。レトロな一軒家風のお店が「キャラウェイ」。
 


通るたびに行列ができてるよなあ
 

カレーのソースは持ち帰りもできるのね
 

ん?

 
お店の外の張り紙に「ご飯の量が多すぎるとのご意見をよく聞かれます」とのキニナル記載が。ふ、ふーん。普通盛でも多い・・・多すぎる、かあ。これはだいぶ冒険の予感がする。
 


店内の様子

 
木とアンバーの光があたたかな、懐かしさを感じる内装。クラシックがかすかに流れる空間に、芳しいスパイスの匂いが漂う。
 


とても和やかに取材を見守ってくださったスタッフさん方

 
お話を伺ったのはカレー専門店「キャラウェイ」社長の丹間美智子(たんま・みちこ)さん(写真中央)。カレーのレシピもお店も丹間さんが中心となって作り上げた。現在は息子さん(写真前列右)がお店に立たれている。

同店ができたのは1977(昭和52)年。専業主婦だった丹間さんが「自宅であるこの場所で、子育ての傍ら何か商売ができないか」と思ったのがきっかけだった。

「どんなことをしようかと考えながらふと家の外を見ると、幅広い年齢層の方が歩いていて、カレー屋にしよう、と。カレーはお子様からお年寄りまで召し上がれるし、間違いない、と思いましたね。もともと料理を作るのは好きでした。どんなカレーにするか1年かけて模索しました」と丹間さん。

ご自分の舌だけを頼りに、現在のレシピにたどり着いた。
 


なるほど

 
お店は、自宅の一部を建築技師であるご主人が店舗スペースへと改装。開業当初は席数も少なく、丹間さんとパートさんお二人でお店を回されていたが、3ヶ月もすると行列ができるように。

「始めてすぐに人手が足りなくなり、幼稚園の息子を『よ! 洗い物主任!』とおだてて手伝わせることもありました。しばらくすると『僕は洗い場囚人だ』とぼやいていましたが・・・」と、開業当初の忙しなかった様子をお話くださった。

現在までは、行列のできるカレー専門店として順調に来られたのだとか。
 


少しずつ店舗の広さを大きくしていき、今に至る
 

店内に飾ってある絵画は、丹間さんの義理のお姉さまの作品

 
大繁盛の秘訣について伺うと「価格に対して食べるものが満足いただけたからではないでしょうか。ここはもともと自分の家で家賃がかからないため、その分安くお客さんに提供できるんです。鎌倉にはいろいろな方がいらっしゃるから、鎌倉に来て高いもの食べた、なんて言わせたくなくて」と、おっしゃっていた。とってもお客さん想いなお言葉に感動した。
 


消費税のため、値段は若干上がったがとても良心的

 
それから「キャラウェイ」というお店の名前は、カレーに使用されている香辛料のキャラウェイシードからきている。軽やかで可愛らしい響きです。
 
 
変わらないカレーが登場!キニナル続きは次のページ≫
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

鎌倉付近にやたらと多い地名「こぶくろ」の由来を教えて!

「海見え」「海近」物件多数! 通勤可能な海辺の住まいなら「湘南海辺不動産株式会社 湘南辻堂不動産店」

  • PR

2020年から渋滞緩和のため、鎌倉市に入る車が課金される!?

プロフェッショナルがあなたを美しく演出し撮影。わくわくする体験と心に残る写真で、もっと元気な日々へ!

  • PR

古きよき鎌倉を散策しながらロケ地めぐり「鎌倉」編

価格、ボリューム、格式ばらない雰囲気・・・ 日本料理の“常識”を覆す名店「別亭空海」

  • PR

No.1はどれだ!?「カゴメ ナポリタンスタジアム」の様子をレポート!

野毛の歴史を知り、温かな想いが宿る居酒屋さん。お1人様のカウンター利用から80名対応のお座敷宴会まで

  • PR

新着記事

横浜の線路に牛?こどもの国線「うしでんしゃ」に乗ってみた!

    • 面白かった41
    • 面白くなかった0
    • コメント1
  • 2018年12月11日

横浜有数の歴史ある南区真金町の遊郭街のありし日の姿とは?

    • 面白かった269
    • 面白くなかった4
    • コメント3
  • 2018年12月10日
横浜・神奈川のお出かけ情報
はまれぽ.com無料掲載について

はまれぽ編集部のイチオシ

憧れの「マイドレス」が叶う、元町のウエディングドレスショップ「Jellish(ジェリッシュ)」

  • PR

目指せ憧れの美ボディ! 「ゴールドジム横浜上星川」で本気で憧れのボディメイクに挑戦! 

  • PR

横浜愛あふれる店でリーズナブルに横浜の味を! 屋台のように気楽な雰囲気で、楽しくわいわい飲める居酒屋

  • PR

具がおいしいと、粉モンはここまで昇華する。ハマリ度間違いなしの「鉄板 俣野也」

  • PR

患者さんの痛みと向き合い、快方へと導く確かな腕。泉区「白百合治療院」

  • PR

訪れた誰もがきっと笑顔に! 日常を豊かにする、本場の味。焼肉店「金城園」

  • PR

ベテラン講師が基礎から徹底指導。横浜駅のボイストレーニングスクール「プライズエンターテインメント」

  • PR

忙しい主婦の皆さん注目! 気軽に頼める家事代行サービス「Copier」でたまには家事休業! 

  • PR

徹底した車内クリーニングは掃除のプロもびっくり!車は友達!「友車倶楽部」

  • PR

顧客メリットを優先した安心の価格と高い技術力。板金塗装のスペシャリスト「整興モーターサービス」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 鎌倉市の御霊神社、本殿への階段の上がり口に、横浜のものと思われる寿司屋の名前が刻まれています。どうい...

  • 家系ラーメンといえば酒井製麺なんだけど、家系以外のラーメン屋にも卸してるの?酒井製麺がキニナル

  • 山元町の「フライ屋さかい」さんが12月11日(火)に閉店してしまうそうです。閉店前に最後の取材お願い...

あなたはどう思う?

年末年始はどこで過ごす?

最近のコメント

アクセスランキング