検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 奥湯河原で過ごす特別な週末

ココがキニナル!

家系ラーメン店の総本山、吉村家から独立した直系店第1号店、杉田家は1999(平成11)年開業。「昭和のラーメン屋」を貫く店主の想いが詰まった1杯には手間もコストもかけていた

  • LINE
  • はてな

2015年11月20日

ライター:はまれぽ編集部

ズバリ「家系ラーメンとは何か?」

なかなか答えの出ない問いだ。「のり3枚」「ほうれん草」がトッピングされており「鶏油(ちーゆ)」が入っている豚骨しょうゆスープのラーメン、そうした形式的なことは多くの人が知っている。が、しかし「横浜の家系ラーメン全店制覇への道」の連載も、もう26回目。初心に立ち返り、家系ラーメンの原点となる店で、味についての詳しい話を聞いてみたい。
 


1974(昭和49)年開業、家系総本山「吉村家」は西区南幸にて行列店として健在

 
「スープやタレの味の決め手は?」「味は日々変えているのか?」

ラーメン店主にとっては、おいそれとは答えたくない質問をぶつける予定だが、聞けなかったら・・・。・・・聞けるまで聞くしかない。そう決意し、取材先に選んだのはここ。
 


JR根岸線・新杉田駅から徒歩5分ほどの「杉田家」

 
いつもは2店以上の情報を掲載しているが、今回は、吉村家からのれん分けした直系店、第1号店の杉田家にて、あらためて「家系ラーメンとは何か」を知るため特集する。じっくり読んでいだけると幸いだ。

そして、今回から「~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~」の取材を進めるのはこの男。
 


俺はラーメンを誰よりも愛しているんだ
 

愛しているんだ

 
編集長・吉田が突撃です。



家系ラーメンとは

「○○とは」という概念を語るのはとても難しい。難しい上に語りすぎると他者を極端に排斥するような結論を出してしまう。なので、あくまで「ご自身の私見として」店主の津村進(つむら・すすむ)さんにお答えいただいた。
 


何を聞いても絶対笑顔で回答。でも少し緊張感が漂う。これが「オーラ」ってやつか

 
「ズバリ、家系ラーメンとは・・・何でしょう? お店の特徴など具体的な答えをお願いします」、そう伺うと、少し間をあけ、津村さんはこう答えた。

「そうですね・・・。いろいろありすぎますが・・・。まず、あくまで自分の考えですが、白いねじりタオルに白いTシャツ、白いズボンで“全身白”の服で営業をしていること。いわゆる“昭和”のイメージのお店ですよね」

「あとは、手間を惜しんでいないこと。たとえば、麺を調理する器具でいうと、一玉ずつ麺をゆでる“デボ”ではなく“平ざる”で麺を茹でること。“デボ”だと確かに楽なんですけど、麺がどうしてもくっつきやすくなってしまいますよね・・・」
 


デボを振るしぐさをする津村さんを見て「ですよね!」と勢いだけの相槌を打つ吉田

 
味については??

「よく“とんこつ醤油のスープ”が家系ラーメンだ、と言われますが自分はそうは思っていません。逆です。“醤油とんこつ”です。ウチのラーメンもそうですが“ガツン”とキレのある味で、クセになって“明日も食べたい”と思ってもらえるようにしたいと考えて作っています。醤油の味を邪魔してしまうとんこつスープは失敗作ですね」

なんと・・・「醤油とんこつ」! 確かにドシっとパンチのある味わいは醤油味の強いラーメンにしか実現できない。津村さんの言葉に触発された吉田の顔に「ラーメン食べたい」という文字が浮かんでしまったようだ。

「まあ、まずはラーメンを食べてみてください。それから店の話も詳しくしますので」

優しい・・・優しい津村さん! お言葉に甘えて、さっそく実食させていただくことにした。
 


午前11時30分。写真左は通行人だが、右は杉田家に並ぶ人々
 

行列最後尾にはラーメンコンサルタントのマーコ氏が。神出鬼没!
 

毎日通う常連客も多い
 

15分ほど並んで入店。席の誘導もてきぱきしておりオペレーションもよさそう
 

注意して見たことがなかったけど、本当、平ざるだ
 

1日800杯、多い日は1000杯以上出るスープの寸胴は頻繁にかき混ぜられている
 

麺は酒井製麺の特注麺
 

これも“昭和”の風情。食券機

 
杉田家は1999(平成11)年創業。津村さんは吉村家が今の店の向かいに吉村家があったころに修行をし、免許皆伝を受け独立。

横横家が移転し、環2家のオーナーが変わってしまった今や市内に存在する直系店は末廣家と杉田家のみだ。そのへんについて、どう思っているのか、またあとで聞いてみたい。
 


ゴクリ
 

「俺はアイヌネギ(行者ニンニク)を入れるんだ!」と吉田が息巻いている

 
 
いよいよ杉田家のラーメンをいただきます!
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

八幡橋~杉田駅区間のバス停に「橋」がつくのは元、川だった!?

本場・大阪の味を横浜で! 料理のプロもうならせる、お好み焼き&近江牛「粉もの元次」

  • PR

利便性+あたたかみ はま旅Vol. 70「杉田・新杉田編」

チキン南蛮や炭火もも焼きをはじめ、地元出身者が納得する宮崎料理を味わえる「いっちゃが横浜関内店」

  • PR

京浜急行杉田駅の駅ビルに、東急ストアが入っているのはなぜ?

伊豆の海の旨い魚を味わいながら 落ち着いた大人の時間を満喫できる「お魚Diningわんだ」

  • PR

鶴屋町にある「家系しゃぶしゃぶ」と掲げられたのぼりがあるお店に突撃!

中華の街横浜で人気の絶えない繁盛店の秘密を探る! 

  • PR

新着記事

神奈川県がワインの生産量日本一って本当? その理由とは

    • 面白かった214
    • 面白くなかった2
    • コメント1
  • 2018年10月15日

東神奈川の傾いた家、所有者が代執行間近に現れたため一時中断

    • 面白かった203
    • 面白くなかった11
    • コメント2
  • 2018年10月16日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー
横浜・神奈川のお出かけ情報
はまれぽ.com無料掲載について

はまれぽ編集部のイチオシ

予約不要で即日修理!「iPhone修理のクイック 横浜西口店」

  • PR

訪れた誰もがきっと笑顔に! 日常を豊かにする、本場の味。焼肉店「金城園」

  • PR

朝市やカルチャースクールに買い物バスなど、コミュニティを影で支える「横浜セレモ株式会社」

  • PR

VIOも腕、脚も。ハードワックスとソフトワックスを使い分けるブラジリアンワックス脱毛でつるすべ肌に!

  • PR

野毛に新たな焼き鳥の名店出現。笑顔の華咲く「華蔵」

  • PR

一歩足を踏み入れれば、そこはもう北海道!? 道民も驚く味がそろう、野毛の隠れ家的和食料理店「ぽあろ」

  • PR

和田の三本の矢で「ワダノミクス」!? 保土ケ谷区「工藤不動産株式会社」

  • PR

港町・横浜のシンボルで思い出に残る最高のウエディングを!訪れるたびに感動が甦る「横浜マリンタワー」

  • PR

老舗不動産店ならではの実績と信頼。相続した物件、管理に迷ったら、ぜひ相談したい「クローバーライフ」

  • PR

秘密はオーナーの程よい“ゆるさ”! 反町にある口コミで大人気の理容室「φ(ファイ)」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 新山下のドンキホーテに品物(自転車が見えました)が陳列され、オープニングスタッフも募集開始しています...

  • 元住吉にあったラーメン店のナルトもメンマもないけれどはなぜすぐ関内に移動した?地域密着型だと思ってた...

  • 11月末OPEN予定の「MEGAドン・キホーテ 港山下総本店(仮称)」中目黒の本店から横浜に本店が移...

あなたはどう思う?

仮装して、どのハロウィンイベントに参加する?

最近のコメント