ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

町のかかりつけ医・関内編

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    最近増えてる多摩川とかのランニングのイベントで、苦しそうな表情で懸命に走るランナーを見ると声援を送りたくなります。勝手に応援したら迷惑でしょうか、、。代わりに聞いてみてほしいです。若者から高齢の方まで...

    タロー先生さん

    武蔵小杉近くのNECの玉川事業所のビルの屋上にあるヘリポートらしい出っ張りが気になります。周りから行く手段が無いように見えるのですが、使えるんでしょうか。そもそも、ヘリ1台分ぐらいの広さに見えるので、...

    タロー先生さん

    川崎市は来年、四半世紀に1回タニタが給食を提供する予定です。内容、味等、レポートお願いします。

    もまさん

もっと見る

あなたはどう思う?

アクセスランキング

ジャンル
1位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
2位
横浜に階段を下るタクシーがあるって本当?
3位
JR横浜駅の横須賀線ホームに潜む3つの謎に迫る!
4位
横浜にLRTが走る計画はどうなった?
5位
横浜美術館とマークイズの間のグランモール公園。リニューアル後はどうなる?
6位
【はまれぽ名作選】菊名駅近くの住宅街にあるロータリーができた経緯は?
7位
エコキャップ推進協会が事業費を役員の給料にしていたという真相は?
8位
【はまれぽ名作選】横浜で一番おいしい川の水は?
9位
2016年~2017年 大晦日から元旦にかけての電車運行状況
10位
【はまれぽ名作選】鶴見に「ねぎ坊主」と呼ばれる巨大な廃墟らしき配水塔があるって本当?
11位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
12位
狙え“億”当選! 横浜市内にある年末ジャンボ“億”続出の宝くじ売り場は“東・西・北”にアリ?
13位
山奥に向かって「ずらあ~っ」と並んだちょっと怖い横須賀の稲荷神社とは?
14位
かつて横浜市内を走っていた「トロリーバス」って?
15位
天王町イオンの隣に自動車教習所があったって本当?
16位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
17位
著名デザイナーが設計した横浜駅東口の「ポートサイド公園」にそそり立つ「円柱」と謎の「記号」とは?
18位
「ハマのアメ横」洪福寺松原商店街はなぜ賑わう?
19位
実は三浦で作っていない? 名産「三浦ダイコン」の真相とは?
20位
2017年、酉年にちなんだ横浜市内で見られる珍しい鳥は?
21位
かわいい値札が目を惹く創作和菓子「濱うさぎ」とは?
22位
鉄道6社が乗り入れる横浜駅!最速で乗り換えできるルートは?
23位
【はまれぽアワード2016】今年もっとも「面白かった」キニナルを発表!
24位
年末の大掃除の強い味方! 教えて○○さん! ハウスクリーニング編
25位
横浜市営地下鉄は「長後駅」から通るはずだったって本当?
26位
「人口ゼロの町」、横浜の「秘境町」はどんなとこ? 金沢区編
27位
1200人以上がマイナンバーを受け取れなかった横浜市のシステム障害の詳細は?
28位
破産した中区の伊勢山皇大神宮が三重県の伊勢神宮からまるごと社殿をもらうって本当? 「キティ守」のご利益は?
29位
「PPAP」も? 2017年、そごう横浜店の福袋の中身を大公開!
30位
治安の悪さは首都圏イチ!? 川崎競馬場周辺の夜を体験!
教えて○○さん!
イベントカレンダー2017年1月

横浜のココがキニナル!

家系ラーメン店の総本山、吉村家から独立した直系店第1号店、杉田家は1999(平成11)年開業。「昭和のラーメン屋」を貫く店主の想いが詰まった1杯には手間もコストもかけていた

ライター:はまれぽ編集部 (2015年11月20日)

ズバリ「家系ラーメンとは何か?」

なかなか答えの出ない問いだ。「のり3枚」「ほうれん草」がトッピングされており「鶏油(ちーゆ)」が入っている豚骨しょうゆスープのラーメン、そうした形式的なことは多くの人が知っている。が、しかし「横浜の家系ラーメン全店制覇への道」の連載も、もう26回目。初心に立ち返り、家系ラーメンの原点となる店で、味についての詳しい話を聞いてみたい。
 


1974(昭和49)年開業、家系総本山「吉村家」は西区南幸にて行列店として健在

 
「スープやタレの味の決め手は?」「味は日々変えているのか?」

ラーメン店主にとっては、おいそれとは答えたくない質問をぶつける予定だが、聞けなかったら・・・。・・・聞けるまで聞くしかない。そう決意し、取材先に選んだのはここ。
 


JR根岸線・新杉田駅から徒歩5分ほどの「杉田家」

 
いつもは2店以上の情報を掲載しているが、今回は、吉村家からのれん分けした直系店、第1号店の杉田家にて、あらためて「家系ラーメンとは何か」を知るため特集する。じっくり読んでいだけると幸いだ。

そして、今回から「~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~」の取材を進めるのはこの男。
 


俺はラーメンを誰よりも愛しているんだ
 

愛しているんだ

 
編集長・吉田が突撃です。



家系ラーメンとは

「○○とは」という概念を語るのはとても難しい。難しい上に語りすぎると他者を極端に排斥するような結論を出してしまう。なので、あくまで「ご自身の私見として」店主の津村進(つむら・すすむ)さんにお答えいただいた。
 


何を聞いても絶対笑顔で回答。でも少し緊張感が漂う。これが「オーラ」ってやつか

 
「ズバリ、家系ラーメンとは・・・何でしょう? お店の特徴など具体的な答えをお願いします」、そう伺うと、少し間をあけ、津村さんはこう答えた。

「そうですね・・・。いろいろありすぎますが・・・。まず、あくまで自分の考えですが、白いねじりタオルに白いTシャツ、白いズボンで“全身白”の服で営業をしていること。いわゆる“昭和”のイメージのお店ですよね」

「あとは、手間を惜しんでいないこと。たとえば、麺を調理する器具でいうと、一玉ずつ麺をゆでる“デボ”ではなく“平ざる”で麺を茹でること。“デボ”だと確かに楽なんですけど、麺がどうしてもくっつきやすくなってしまいますよね・・・」
 


デボを振るしぐさをする津村さんを見て「ですよね!」と勢いだけの相槌を打つ吉田

 
味については??

「よく“とんこつ醤油のスープ”が家系ラーメンだ、と言われますが自分はそうは思っていません。逆です。“醤油とんこつ”です。ウチのラーメンもそうですが“ガツン”とキレのある味で、クセになって“明日も食べたい”と思ってもらえるようにしたいと考えて作っています。醤油の味を邪魔してしまうとんこつスープは失敗作ですね」

なんと・・・「醤油とんこつ」! 確かにドシっとパンチのある味わいは醤油味の強いラーメンにしか実現できない。津村さんの言葉に触発された吉田の顔に「ラーメン食べたい」という文字が浮かんでしまったようだ。

「まあ、まずはラーメンを食べてみてください。それから店の話も詳しくしますので」

優しい・・・優しい津村さん! お言葉に甘えて、さっそく実食させていただくことにした。
 


午前11時30分。写真左は通行人だが、右は杉田家に並ぶ人々
 

行列最後尾にはラーメンコンサルタントのマーコ氏が。神出鬼没!
 

毎日通う常連客も多い
 

15分ほど並んで入店。席の誘導もてきぱきしておりオペレーションもよさそう
 

注意して見たことがなかったけど、本当、平ざるだ
 

1日800杯、多い日は1000杯以上出るスープの寸胴は頻繁にかき混ぜられている
 

麺は酒井製麺の特注麺
 

これも“昭和”の風情。食券機

 
杉田家は1999(平成11)年創業。津村さんは吉村家が今の店の向かいに吉村家があったころに修行をし、免許皆伝を受け独立。

横横家が移転し、環2家のオーナーが変わってしまった今や市内に存在する直系店は末廣家と杉田家のみだ。そのへんについて、どう思っているのか、またあとで聞いてみたい。
 


ゴクリ
 

「俺はアイヌネギ(行者ニンニク)を入れるんだ!」と吉田が息巻いている

 
 
いよいよ杉田家のラーメンをいただきます!
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

京浜急行杉田駅の駅ビルに、東急ストアが入っているのはなぜ?

利便性+あたたかみ はま旅Vol. 70「杉田・新杉田編」

八幡橋~杉田駅区間のバス停に「橋」がつくのは元、川だった!?

お得なクーポン付き! はまれぽイチオシチラシ特集!