ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

年末年始に食べるべき極上の一皿
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2017年12月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    地元の企業が横浜市に提案しているという横浜駅から中央卸売市場やみなとみらい、大さん橋などを経由して山下埠頭まで結ぶロープウェイ構想が気になります!横浜博覧会のゴンドラの思い出が蘇り、とても懐かしくぜひ...

    幸人さん

    野毛のお肉屋さん、尾島商店の隣にお洒落なカフェが急に現れました。外観が似ているけれど、尾島商店とのつながりはあるの?

    晴天さん

    はまれぽさんには珍しく、利用バスのアンケートに相鉄バスと東急バスが抜けてしまったのはナゼ?

    ホトリコさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

よく利用するバスはなに?

横浜市営バス
京浜急行バス
神奈川中央交通
江ノ電バス
川崎市営バス
川崎鶴見臨港バス
箱根登山バス
そのほか

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
借りにくくなる? 横浜市立図書館が結んだ相互利用協定は市民にとって得?
2位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
3位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
4位
子どもがのびのび遊べる! キッズスペースがあるレストランを徹底調査!
5位
戦後70年。戦争の悲惨さを振り返る。元特攻隊員、手塚久四さんが語る特攻隊の真実とは?
6位
9年間の義務教育を行う「小中一貫校」、そのメリットやデメリットとは?
7位
365日24時間勉強している人がいる!? 横浜市内の「24時間自習室」事情を徹底調査!
8位
横浜の小児医療費助成が小6まで拡大! その詳細は?
9位
姉妹都市だと横浜に何のメリットがある?
10位
事故から35年。青葉区の母子3人が亡くなった横浜米軍機墜落事件って?
11位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材!  ~学生生活とカリキュラム編~
12位
神奈川県立高校が一気に統廃合されるって本当?
13位
お魚と多摩川の命をつなぐ「おさかなポスト」って何?
14位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材! ~訓練とクラブ活動編~
15位
中華学校に日本人児童が増えてるって本当?
16位
使い勝手が悪いと言われた海老名市中央図書館の実体は?
17位
昭和初期まで使われていた!? 逗子市池子の石切り場跡に突撃!
18位
山下公園内のコンビニ「ハッピーローソン」が特別な理由って?
19位
防災頭巾があるのは常識じゃないの!?その歴史と性能は?
20位
横浜市立の幼稚園がない理由は?
21位
【ニュース】神奈川大学がみなとみらいに新キャンパスを開設!
22位
横浜の街中で化石を探せ! “横浜化石クエスト”
23位
給食のない横浜の中学校で、7月1日に始まった「ハマ弁」の味は?
24位
横浜市の中学生が戦争語り部に「死に損ない」の暴言。その真相は?
25位
12年前に九州で起こった工作船事件、なぜ横浜に資料館が作られたの?
26位
横浜市内で一番敷地面積が広い学校ってどこ?
27位
南高等学校附属中学校、普通の公立学校との違いとは?
28位
公立小中学校がないみなとみらい地区。ここに住む子どもたちの現状は!?
29位
神奈川県内唯一の「義務教育学校」、緑区の霧が丘学園はどう違う?
30位
横浜の小学6年生がカッコイイダンスを踊るイベントは今?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

神奈川に激辛!辛うま!で有名な「蒙古タンメン中本」が川崎店に進出。埼玉にあるのに横浜へはなぜ来ない?ポイントでステッカーやTシャツがもらえる?ぜひ取材を!(プライドさん)

はまれぽ調査結果

神奈川初進出の「蒙古タンメン中本 川崎店」。絶品の旨辛ラーメンの数々は女性人気も高く、ポイントを貯めるとスカジャンももらえる!

ライター:三輪 大輔 (2015年12月01日)

「やったー! って思ったよ。また、あの味を食べることができるってね」

そのように熱を込めて語るのは、「蒙古タンメン中本」2代目店主・白根誠(しらね・まこと)氏である。 
 


店主の白根氏

1999(平成11)年春、これほどまでに白根氏が喜びを爆発させた出来事が起きた。歓喜にいたるまでには、白根氏の情熱と粘り強い行動力があった。それは職人気質の強い先代の中本氏の心を動かすと同時に「蒙古タンメン中本」の歴史がスタートした瞬間でもあった。

実は、現在の「蒙古タンメン中本」のルーツは、1968(昭和43)年9月12日に板橋区上板橋で営業を開始した「中国料理 中本」にある。しかし、その味の継承には一筋縄ではいかないドラマがあり、今も脈々と受け継がれる想いがあった。
 


現場でも受け継がれている創業当時の思いとは?


2015(平成27)年6月23日、川崎市に神奈川県1号店となる川崎店をオープンさせた「蒙古タンメン中本」。辛うまラーメン誕生の秘話を辿りながら、同店の魅力と川崎への出店の経緯について迫っていきたい。
 
 
 
「蒙古タンメン中本」の誕生

「中本が大好きで、週に20食は食べていたなんてこともあったね。とにかく味に惚れ込んで上板橋に通い詰めたよ。だから閉店って聞いたときは、すごいショックだった。ぼくは冷しみそラーメンが好きだったんだけど、何とかして閉店後も食べられないものか、おやじさんに頼み込んだよ」
 


「中国料理 中本」が営業をしていた東武東上線・上板橋駅


当時、板橋区上板橋にあった「中国料理 中本」の常連であった白根氏は、先代の中本氏を「おやじさん」と呼ぶくらい良好な関係を築いていた。だが「中国料理 中本」は1998(平成10)年に閉店をして、先代の中本氏は完全に表舞台から姿を消す。

同店の味に惚れ込んでいた白根氏は、何度も中本を継がせてくれないかと頭を下げ頼み込んだが、先代の意志は固く、その願いはことごとく断られたという。転機が訪れるのは閉店から、およそ3ヶ月後である。

「白根くん、それじゃ1回、飲みに行ってみるか」
 


「蒙古タンメン中本」の誕生前夜について語る白根氏


「今まで、店主と客という関係だったから、一緒に飲みに行くなんてことはなくてさ。だから誘われた時は、嬉しかったね。おやじさんとはいろんな話をしたけど、ラーメン屋とは何か、飲食店とは何か、という根本的な部分を学んだよ」

そして遂に、その時が訪れる。先代自ら、白根氏に「中国料理 中本」の味を伝承することを約束したのだ。1998年の暮れに「中国料理 中本」が閉店してから、半年が経っていた。白根氏の熱意が、一度は閉ざされた扉をこじ開けたのだ。
 


駅周辺は大きな商店街があり人通りもあるが・・・


白根氏は、2000(平成12)年2月10日、東武東上線・上板橋駅から徒歩10分ほどの場所に「蒙古タンメン中本」の1号店をオープンさせた。上板橋駅周辺は、駅の南口に大きな商店街があるが、5分も歩くと閑静な住宅街となる。しかしオープン当日、そんな立地にも関わらず、店の前には100名近くの大行列ができたという。
 


現在は上板橋駅北口すぐにある上板橋本店


「プレッシャーを感じたね。『ありがとう』と言って、ぼくに握手を求めてくる人もいてさ。初めは、大好きな中本の味を、また楽しめると思っていたけど、期待しているファンが大勢いると分かったら、それに応えていかなくちゃって思ったよ。中本の味を守り続けていくのが、自分の使命だって」

同店のラーメンは、“辛さ”が売りとなっているが、ただ辛いだけではない。辛さの奥にコクと深い旨みがある。実は、それもファンの期待に応えるため、徹底的に味にこだわった結果、生まれていた。
 
  
まだまだあるぞ!蒙古タンメン中本の魅力!


最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事