ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

年末年始に食べるべき極上の一皿
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2017年12月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    地元の企業が横浜市に提案しているという横浜駅から中央卸売市場やみなとみらい、大さん橋などを経由して山下埠頭まで結ぶロープウェイ構想が気になります!横浜博覧会のゴンドラの思い出が蘇り、とても懐かしくぜひ...

    幸人さん

    野毛のお肉屋さん、尾島商店の隣にお洒落なカフェが急に現れました。外観が似ているけれど、尾島商店とのつながりはあるの?

    晴天さん

    はまれぽさんには珍しく、利用バスのアンケートに相鉄バスと東急バスが抜けてしまったのはナゼ?

    ホトリコさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

よく利用するバスはなに?

横浜市営バス
京浜急行バス
神奈川中央交通
江ノ電バス
川崎市営バス
川崎鶴見臨港バス
箱根登山バス
そのほか

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
借りにくくなる? 横浜市立図書館が結んだ相互利用協定は市民にとって得?
2位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
3位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
4位
子どもがのびのび遊べる! キッズスペースがあるレストランを徹底調査!
5位
戦後70年。戦争の悲惨さを振り返る。元特攻隊員、手塚久四さんが語る特攻隊の真実とは?
6位
9年間の義務教育を行う「小中一貫校」、そのメリットやデメリットとは?
7位
365日24時間勉強している人がいる!? 横浜市内の「24時間自習室」事情を徹底調査!
8位
横浜の小児医療費助成が小6まで拡大! その詳細は?
9位
姉妹都市だと横浜に何のメリットがある?
10位
事故から35年。青葉区の母子3人が亡くなった横浜米軍機墜落事件って?
11位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材!  ~学生生活とカリキュラム編~
12位
神奈川県立高校が一気に統廃合されるって本当?
13位
お魚と多摩川の命をつなぐ「おさかなポスト」って何?
14位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材! ~訓練とクラブ活動編~
15位
中華学校に日本人児童が増えてるって本当?
16位
使い勝手が悪いと言われた海老名市中央図書館の実体は?
17位
昭和初期まで使われていた!? 逗子市池子の石切り場跡に突撃!
18位
山下公園内のコンビニ「ハッピーローソン」が特別な理由って?
19位
防災頭巾があるのは常識じゃないの!?その歴史と性能は?
20位
横浜市立の幼稚園がない理由は?
21位
【ニュース】神奈川大学がみなとみらいに新キャンパスを開設!
22位
横浜の街中で化石を探せ! “横浜化石クエスト”
23位
給食のない横浜の中学校で、7月1日に始まった「ハマ弁」の味は?
24位
横浜市の中学生が戦争語り部に「死に損ない」の暴言。その真相は?
25位
12年前に九州で起こった工作船事件、なぜ横浜に資料館が作られたの?
26位
横浜市内で一番敷地面積が広い学校ってどこ?
27位
南高等学校附属中学校、普通の公立学校との違いとは?
28位
公立小中学校がないみなとみらい地区。ここに住む子どもたちの現状は!?
29位
神奈川県内唯一の「義務教育学校」、緑区の霧が丘学園はどう違う?
30位
横浜の小学6年生がカッコイイダンスを踊るイベントは今?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

横浜の洋食文化をつくった老舗洋食店の料理人に密着取材する「横浜コック宝」。第8回は、あの店の味を広めたハンバーグを作る野毛「グリル・ラクレット」初代コック中村照吉(なかむら・てるよし)さん

ライター:クドー・シュンサク (2015年12月27日)

「コックになるのが夢だったんですよ・・・・・・それからもずっとね、夢をもってやってきました。やっぱり、夢をもって働くのはいいことですよ」

洋食の町、横浜。変わらない、穏やかで、それぞれの確かな思い出がつまった横浜の洋食の味。
そして、その文化。
美味しい、嬉しい、いつもそばにある洋食を支え続けるコックさん。
横浜が日本に、世界に誇る「横浜の洋食」を作るコックさんを、横浜の国宝としてその1日に密着し特集する「横浜コック宝」。

 

今回のコック宝はこの方
 

今年最後、8人目の選出となる今回は、野毛の、横浜の至宝「グリル・ラクレット」初代コック中村照吉(なかむら・てるよし)さん。
 
2016年の夏には引退をすると決めている御年71歳のコックが作り上げる独自のレシピによる洋食の味。そしてハマッ子には馴染みの深い、あの店の味を広めた張本人であるコック宝、中村照吉さんの回です。
 
それでは。

 

始めたいと思います
 



50年以上の時間とそのコック姿

今回のコック宝、中村さんは2015(平成27)年の夏に一度は引退を考えていた。
現在は後継者が見つかり、その指導のために厨房に立ち、グリル・ラクレットの味とコックの仕事を言葉とその姿で教えている。

 

野毛の音楽通り
 

この看板が目印
 

ハンバーグやシチュー、ポークソテーに日替わりのランチメニューが評判のグリル・ラクレット。午前9時前、グリル・ラクレットの1日が始まる。
この時点でまだ、コック宝の姿は見えない。

 

オープンキッチンの厨房内
 

午前9時前、開店の2時間以上前から慌ただしく仕込みが始まる。
スタッフの方々に話を伺うと、コック宝は開店直前に来るという。仕込みと開店準備はグリル・ラクレット後継者のコックさんとスタッフの方々が担当。

 

タマネギを刻む軽快な音と
 

グツグツと煮えるソース類の音
 

開店前の静かな洋食店に仕込みの音が響く
 

静かに、静かに、各種仕込みが続く。
ゆっくりと、店内には火の入り始めたソースのいい香りが漂う。

 

約2時間の仕込みが終わり
 

間もなく午前11時の開店時間となり
 

店に現れた
 

今回のコック宝、あらためてご紹介。

 

中村照吉さん71歳
 

コック歴53年。18歳からコックの道へ。野毛に自身のお店「グリル・ラクレット」を開店したのは今から17年前、54歳の時。コック宝は小さな声で「私なんかでいいんですか本当に」と話し「よろしくお願いします」と小さく笑顔で挨拶をくれた。

 

それからコック宝は
 

なめらかに
 

目を見張るような手つきで
 

仕込みの仕上げにかかる
 

フライパンをあおる手つき、ミルでコショウをふる手つき、ソースを混ぜるその手つきすべてが、鮮やかでいてなめらか。御年71歳とは思えないその華麗な動きは本物の迫力を感じさせてくれる。

 

午前11時をまわり、概ね準備を終えたところで
 

お客さんが一気に来店
 

とたんに活気づく店内。

 

コック宝は
 

その熟練の手つきで
 

いくつものメニューを
 

仕上げていく
 

コックさんのその手さばきには、いつも感銘を受けるものだが、今回のコック宝である御年71歳の中村さんのそれは、ひとつ違う次元の素早さと鮮やかさを感じた。

 

どこまでも端正な料理さばき
 

奥深い何かが伝わってくる
 

インタビューの前から、そのコック然とした料理さばきと佇まいに感服。
今さらながら、その生きざまと積み重ねてきた時間とその結晶。本物とはそういうことで、それが本物だと強く感じた。

 

その何かに
 

迫ります
 



コック宝の夢

 

盛況のランチタイム
 

注文をさばく合間にもコック宝は
 

仕込みや後継者への指導と目配せ、お客さんとの和やかな会話、休む間もなく時間が過ぎていく。

 

時刻が午後3時になるころ
 

ランチの営業が終了
 

リラックスした表情でソースの具合をみるコック宝
 

コック宝、休憩時間は私用で外出するのでとのこと。お話に30分ほどの時間をいただいた。
 
 
コック宝の夢とは・・・キニナル続きは次ページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事