ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

工事現場監督・監督候補募集|横浜の地域密着建設会社「安藤建設」×はまれぽ.com
横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年10月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    日産自動車がとんでもない不正で、出荷停止まで…横浜F・マリノスや日産スタジアムの命名権に影響は出たりしないのか?横浜市の大企業のひとつだけに心配です。

    ナチュラルマンさん

    11月4日に日産スタジアム初のラグビーの代表戦が開催されます。その際の周囲の盛り上がりや、また地下鉄のスタンプラリーの様子など、是非、取材して下さい。

    ナチュラルマンさん

    環状2号線、新菊名橋バス停近くは新幹線高架下側に『パンの缶詰』なる看板を見掛けますが、パンの缶詰って?また、バスで移動してしまうため、どこで販売している?運送屋?みたいな駐車場しか見当たらず…

    ナチュラルマンさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

SNSは利用していますか?

Facebook、Twitterなどはもちろんほかも
Facebookのみ
Twitterのみ
Instagramのみ
LINEのみ
そのほか
もうやめた
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「ぴあ」がみなとみらいに1万人規模のアリーナを建設するって本当?
2位
横浜にあるもう一つの「サグラダ・ファミリア」!? 上大岡の再開発はいつ終わるの?
3位
【衆院選2017】神奈川県選挙区候補者60名ってどんな人たち?
4位
あの"お好み焼きバーガー"が復活!? 新生「ドムドムハンバーガー」をレポート
5位
横浜駅発! 乗り入れ終着駅への旅! 京成・青砥駅編
6位
衆院選直前! 横浜市内で50人の有権者に緊急直撃取材
7位
寿町のドヤ街はなぜ形成されたのか?
8位
相鉄線二俣川駅南口再開発の計画変更の詳細と今後は?
9位
横浜市の住民税って高いの?
10位
ドキッと発見! あなたの街の看板娘!(関内・馬車道編)
11位
近未来型ニュータウン? 日々進化し続ける武蔵小杉の現状をレポート
12位
横浜市職員の給料は高いのか!?
13位
唐木田から上溝まで8.8km、小田急多摩線の延伸はいつ実現する?
14位
計画から30年! 再開発が本格スタートした金沢八景駅はどう変わる?
15位
川崎市のJFE敷地内、不法占拠の家屋群の正体は?
16位
リニア開通で相模原市はどう変わる? 橋本駅編!
17位
京急線が三崎口駅から先の延伸を凍結した理由は?
18位
2018年に大きく変わる瀬谷駅南口、再開発計画の内容は?
19位
横浜にこんなすごい会社があった!Vol.1「日本で唯一のモペット・メーカー フキ・プランニング」
20位
相鉄線ゆめが丘駅周辺は大きく変わる?
21位
スーパーオートバックスみなとみらい店の跡地はどうなる?
22位
再開発で綱島駅周辺はどう変わる?
23位
誰かが反対している? 陸の孤島・本牧に鉄道が延伸しない理由の真相は?
24位
工事が始まった横浜市の新市庁舎の特徴は?
25位
2015年に開業予定の羽沢駅周辺は今後どうなる?
26位
日本で初めて「うんこ」を商標登録! うんこって、あのうんこ!? 瀬谷区の「株式会社うんこ」に突撃!
27位
横浜発祥のコンビニ「スリーエフ」がなくなってしまうって本当?
28位
業務停止を受けた「グリフィン」の営業手法とは!?
29位
ドキッと発見! あなたの街の看板娘!(野毛編)
30位
横浜刑務所ってどんなところ? 矯正展の様子は?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

旧南区役所跡は?/新南区役所をレポート/アクセス面で住民から苦情多々。妥協案?として決定した市営シャトル便とは?(よこはまいちばんさん、Ichiさん、HAMAJINさん、iTsunesさん)

はまれぽ調査結果

環境配慮型の新庁舎は年間4000万円のコスト削減。シャトルバスは1年間の試験運行で、跡地は「南区民全体の生活の質の向上に資する施設」の予定

ライター:はまれぽ編集部 (2016年02月16日)

環境配慮型の新庁舎

南区の総合庁舎が老朽化などを理由に現在の花之木町3丁目から浦舟町2丁目の横浜市大医学部浦舟校舎跡地に移転し、2016(平成28)年2月8日から本格的な業務を開始した。
 


浦舟町に移転した南区の新総合庁舎
 

区役所のほか、旧庁舎に隣接していた公会堂と消防署、別所1丁目にあった南土木事務所を統合。地上7階、地下1階建て。延べ床面積は横浜スタジアムとほぼ同規模の2万7589.41平方メートルで、旧庁舎(1万1731.92平方メートル)の3倍近くになる。
 


さまざまな機能を統合した
 

旧庁舎は1974(昭和49)年に竣工。築40年以上が経過しているうえ、来庁者に待合スペースや駐車・駐輪スペースの不足が問題だった。

新庁舎は2013(平成25)年度から設計を開始。同年度中に工事をはじめ、2016(平成28)年1月に完成した。2月8日からは区役所、同15日から土木事務所、同22日から消防署がそれぞれ業務を開始し、現庁舎は2016年度以降に解体される。
 


2012(平成24)年時点の旧庁舎
 

2012(平成24)年の取材時点で約100億円だった総事業費は、消費税率引き上げなどによる建築資材や人件費の高騰で最終的には約122億円になった。

では、南区の総合庁舎はどのように生まれ変わったのか。特徴やコンセプトを横浜市南区役所総務部総務課の関森雅之(せきもり・まさゆき)課長、畑中圭二(はたなか・けいじ)課長補佐、水野圭一郎(みずの・けいいちろう)区政推進課長、山崎祐輔(やまざき・ゆうすけ)まちづくり調整担当係長に聞いた。
 


写真は畑中課長補佐(左)と山崎担当係長
 

関森課長によると、新庁舎は災害に強く、再生可能エネルギーで発電するなど、環境にも配慮。さらに南区のシンボルでもあるサクラをモチーフにしているという。
 


外壁にもサクラの花をあしらっている
 

構造面では、市内の庁舎として初めて地震エネルギーを軽減する「免震構造」を採用。津波で最も浸水した場合も考慮して機械室や電気室を地上6階に設置するなど、災害本部としての機能を確保した。

また、近隣の横浜市立大学附属市民総合医療センター(市大センター病院)とエネルギー連携を実施。地中熱など再生可能エネルギーを利用することで二酸化炭素排出量を年間で1000トン削減。連携を実施しなかった場合に比べて1割に当たる約4000万円のコストダウンになると試算している。
 


年間4000万円もカット!
 


新市庁舎の内部は?・・・キニナル続きは次のページ!≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事