ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年9月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    桜木町駅、横浜駅、山下公園周辺で23:00以降も営業している喫茶店、カフェで、女性も安心して行けるお店があれば教えてください分煙か禁煙かもわかると嬉しいです(^^)/

    トッシーさん

    桜木町の新改札の進展状況が知りたいです桜木町の、新庁舎周辺の開発状況もわかれば(^^)/

    トッシーさん

    来る10/21にJR鎌倉車両センターが解放されます。内部は普段なかなか見られないので、この機会に是非レポートお願いします。

    やしーさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

横浜駅に乗り入れている好きな鉄道路線って何?

京浜急行線
JR京浜東北線
JR東海道線
JR横須賀線
相模鉄道線
東急東横線
横浜高速鉄道みなとみらい線
横浜市営地下鉄ブルーライン

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
2位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
3位
高さ1.2メートルのガードを発見! 低いガードがあるという噂の南武線に突撃!
4位
航空写真に写る米軍施設から伸びる謎の軌道とは?
5位
横浜初で噂ゼロ? 横浜駅西口エリアにひっそりと存在する謎の「ハリネズミ専門店」でチクッと体験!?
6位
工場見学もリニューアル! 崎陽軒の横浜工場内で新弁当製造ラインに潜入!
7位
【フォトれぽ】横浜ベイサイドマリーナで今年も熱狂! 「タモリカップ2017年」潜入レポート!
8位
大人の色気が漂う!ゴージャス系美女が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【由比ヶ浜海岸編 第3弾】
9位
何かと話題の『セシルのもくろみ』も! ストーリーも終盤、横浜のロケ地巡り2017年夏ドラマ編vol.2
10位
【I☆DB】ファンに「一目置かれる」シブいユニホームって誰だ?
11位
人気作家原作のドラマも! ストーリーも終盤、横浜のロケ地巡り2017年夏ドラマ編
12位
フリルの水着を素敵に着こなす癒し系美女が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【江の島海岸編 第3弾】
13位
【I☆DB】川崎球場時代からのファンも!? オールドファン&熱狂的なファンに突撃!
14位
鮮やかなブルーの水着をまとうスレンダー美女が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【総集編】
15位
【編集部厳選】お酒やフードだけじゃない! 知られざるショービジネスの世界!
16位
【I☆DB】全力応援企画! 横浜DeNAベイスターズ、19年ぶり日本一への道!
17位
中世の名残を求めて、鎌倉街道を踏破 ー中の道を離れて弘明寺道を歩く 前編ー
18位
【編集部厳選】オトナの自由研究してみませんか?
19位
【フォトれぽ】横浜赤レンガ倉庫で行われている「横浜グルメンタ」をレポート!
20位
運転免許試験場の周辺で営業している「裏校」。どうやって試験問題を入手してるの!?
21位
横浜に安くて感じのよいラブホはあるのか?
22位
川崎堀之内の「ちょんの間」、摘発前の様子は?
23位
末吉町の街角に佇む売春婦、その後はどうなった?
24位
中世の名残を求めて、鎌倉街道を踏破 ー中の道を離れて弘明寺道を歩く 後編ー
25位
横浜駅のベストな待ち合わせスポットはどこ?
26位
横浜市内に点在する変な名前のお店を特集して!
27位
【編集部厳選】暗号? デザイン? それとも秘密のなにか? 街で見かける不思議なアレ!
28位
黄金町の『ちょんの間』ってどうなったの?
29位
【I☆DB】ベイ戦士に思い出してほしい! あの試合あの場面!
30位
関内のSMバー「非日常への入口」へ突撃!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

JR相模原駅近くに「相模横丁」という飲食店街がオープンしたみたいなんですが、ネットで調べても詳しい情報が出てきません。取材してもらえませんか?(コウコウさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

2月24日にJR相模原駅から徒歩5分の立地に開店。築地直送の鮮魚や日本初「ソフトシェルクラブ」の卸業者直営店など、個性派ぞろいの7店舗が並ぶ

ライター:紀あさ (2016年03月10日)

相模横丁が出来るまで

2016(平成28)年2月24日(木)、JR相模原駅南口から徒歩約5分の飲食店街に、かなりキニナルスポットがオープンした。
 


できたてホヤホヤ!
 

キニナルスポットの名前は「相模横丁」。発案者は、相模原に拠点を置き、店舗デザインや内装設計施工を手掛ける「プラウド商事」の代表・鈴木竜二(すずき・りゅうじ)さんだ。
 


相模原生まれの30才
 

今の相模原に元気がないと感じ、地域活性化ができたらと考えていた。そんななか、都内で横丁スタイルの店舗内装設計に仕事で関わるうちに、横丁の面白さに気付いた。

「和気あいあいとしたお祭り感覚が好きな相模原に合いそうだ。砂漠にオアシスを作るように、ないものを作る仕事がしたい」

他の横丁を見てきた中で、一番大事なのは運営だと感じた鈴木さん。出店してもらいたい店舗に声を掛ける段階から、ユニークな運営スタイルを考案していく。
 


横丁運営の苦労を語る鈴木さん
 

都心と比べれば集客力はまだ低い相模原に、特色のある店舗に入ってもらえるように知恵を絞った。興味を持って下見に来た段階で、近所の人の往来を見て出店を取りやめる店舗もあった。全7店舗が決まったのはオープン1ヶ月前だった。

もうひとつ考えたのは地元企業へのアプローチ。企業スポンサーの形で協賛を募り、横丁の入り口の提灯に名を記す。

それを設備工事費などの初期費用にあてることで横丁出店の店舗への参加費用を抑制することができた。また街の人たちの手で横丁が作られていくという良さが生まれる。
 


横丁の入り口には支援してくれた地元企業の提灯が並ぶ
 

では、相模横丁に入ってみよう。
 


「相模横丁」の暖簾(のれん)をくぐる
 

内装はつくりこみすぎない感じを心がけ、野外にいるような雰囲気にしたという。よく見ると床も新品ピカピカではなく、以前のパチンコ店であった時の状況も生かしており、それがかえって落ち着く雰囲気。
 


平日でも盛況!
 

店舗ごとの内装では色を変えるなどして、各店舗に特徴が出るようにこころがけた。モニターが各所にあり、スポンサーになっているサッカーJ3、SC相模原の試合があるときに放映するなども可能。

奥にはステージエリアもある。視線を集めることのできる場所にあり、このステージにも入口の提灯と同様に協賛企業を募った。
 


ネーミングライツのイメージ
 

いつ来ても何かやっているように楽しいイベントをしたいという鈴木さん。この日はテーブルマジシャンが来ていた。
 


テーブルマジックとテーブル催眠体験の夢幻颯人(むげん・はやと)さん
 

当初は1日100人が目標だったが、取材に訪れたのはオープン6日目までは平均して1日300人もの来客があったそう。

今後はさらに地域の人に愛されるよう、相模原らしさを出したいと鈴木さんは語る。「I love 相模原とか・・・方法を考えていきます」


横丁のメニューとお味は?・・・キニナル続きは次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事