家を建てるなら20代! 〜ヨコタテで叶えた理想の一戸建てライフ〜
“家を建てるなら20代!

ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

ゴールデンウィーク(GW)マル秘大作戦〜2017年版・はまれぽ流〜 [はまれぽ.com]
イベントカレンダー2017年4月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    磯子区屏風ヶ浦にある「磯子車庫前」の交差点を屏風ヶ浦駅の方から直進すると急にバリケードが出てきて狭められ通行できなくなり、現在は市営住宅に繋がるだけの道路になっています。道路をよく見るとセンターライン...

    ねこみくさん

    三浦半島の有料道路通行券と駐車場料金、ソフトクリーム引換券がセットになっているクーポンのようなものが発売されていると聞きました。ソフトクリームにとても惹かれるのですが、ずばりこのクーポンはお買い得でし...

    さほたんさん

    国道357号の本牧~磯子間の自動車専用道路がありますが本牧から杉田まで専用道路で行くのと下道で行くのでは何分違いますか?これからGWで休みがたくさんあると思うので是非車で両方の道路を実際に走って確かめ...

    横浜ものしり博士さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

もうすぐGW。期間中はどこで過ごす?

横浜市内で過ごす
神奈川県内で過ごす
関東圏内で過ごす
関東圏から脱出する
海外で過ごす
そのほか
休みなんかない
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
2位
駅のホームの立ち食いそば屋さんを完全制覇! ~京浜東北線・根岸線編~
3位
横浜でガッツリみそラーメンが食べられるお店ってどこ?
4位
辛すぎるのにうまい! 激辛ラーメンを提供する戸塚の2店舗に突撃!
5位
200円にこだわった、川崎の「POPカレー」に迫る!
6位
【編集部厳選】これさえ知ってれば横浜ツウ! これが「横浜穴場グルメ」だ!
7位
本牧にある「ちょっとすごい」手作りソーセージのお店に突撃!
8位
8年ぶり、横浜にウェンディーズが復活! 今後の店舗展開の行方は?
9位
4月14日にそごう横浜店にオープンした「タカナシミルクパーラー」はどんな感じ?
10位
メニューや佇まいが“そっくり”な家系ラーメン2店の謎を探る
11位
イモひとすじ60年以上! お父さんが一人で切り盛りする野毛山の絶品「大学いも店」に突撃取材!
12位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
13位
はまれぽ的「変わり種」提案にもチャレンジ!? かっぱ寿司の「変わり種」メニューを調査!
14位
“中華街カレー” ブームのパイオニア! 横浜中華街の老舗店で50年以上前から提供している絶品カレー!
15位
テーブルゲームがあるレトロ喫茶店を一斉調査!
16位
開店10年以上の"家系ラーメン・プチ老舗店"の店長が次に目指すラーメンとは?
17位
【はまれぽ名作選】お高い飲食店ばかり!? みなとみらいエリアで働いている人たちのランチ事情を徹底調査!
18位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
19位
【編集部厳選】「肉より魚派」のアナタ、必見!
20位
【ニュース】崎陽軒がシーサイドラインの限定コラボ弁当を販売!
21位
【はまれぽ名作選】辛すぎるメニューばかりを集めた中華街の「激辛コース」の店、全品完食は可能か?
22位
【編集部厳選】お花見にもってこいの「テークアウトOK」グルメ!
23位
横浜市内のアットホームで美味しい洋食屋さんはどこ? 「相鉄線沿線」編 
24位
毎週土曜日に三崎港の新鮮なまぐろが食べ放題!?野毛の寿司店「秀吉」に突撃!
25位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
26位
【ニュース】3年目の「横浜づくり」が発売決定!
27位
【はまれぽ名作選】シウマイだけじゃない! 崎陽軒で販売していた幻の商品たちを特別レポート!
28位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
29位
【編集部厳選】焼きてての香り、たまりませんなー!
30位
創業50年以上の野毛「三幸苑」の味を受け継ぐ、野毛坂にある新店とは?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

横浜駅西口近くにある「きそば鈴一」はいつも道にあふれるほどお客さんでいっぱい。店の歴史と人気の理由を調査してください(chompooさん、イルカさん)

はまれぽ調査結果

1971年創業のきそば鈴一が人気なのは「場所がいい、早い、安い、うまい、なつかしい」という5つの理由

ライター:楪 ゆう子 (2016年03月20日)

横浜駅そば事情

調査依頼のあった「きそば 鈴一」は、今では珍しい“生粋の立ち食いそば屋”である。

カウンターだけの小さな店内はいつもお客さんでいっぱい。路上に流れる湯気と濃厚なダシの香り、店に入りきれず外で立ったままそばをすする客たちの姿は、もはや“横浜駅名物”とのウワサ。
 


サラリーマンの憩いの場・立ち食いそば
 

その人気の秘密を探るべく現地へ向かった。
 



立ち寄りやすく回転が早い路面店

「きそば 鈴一」は、横浜駅から約267m、相鉄口から徒歩0分。「西口五番街交番」の向かい側にあり、待ち合わせスポットとしてよく利用されている場所だ。
 


横浜西口五番街入り口「きそば 鈴一」
 

取材日は冷たい春の雨。平日の午後2時過ぎで、行き交う人々はみな傘をさして歩いている。
 


冬に戻ったような寒い1日でした
 

いくら人気のお店でも、この天気じゃお客さんはいないかも・・・と心配しながら向かうと、さにあらず。

筆者が張っていた2時間弱の間、ほとんど客足が途切れることはなく、ゆうに50人がのれんをくぐったのである。

中をのぞけば、たしかに大人が5~6人並んだだけでいっぱいになる狭小店舗。しかも、なぜかカウンターの上の天井が一段低くなっていて、頭上への注意を呼びかける赤い文字が。
 


身長155cmの筆者は心配ないが、背が高い人はキケン!
 

とにかくすごいのは、回転の速さ。ひとりが食券を購入してカウンターに立ったと思うやいなや、次の瞬間にはもう丼を片手にそばを口に運んでいる。そして数分後には、満ち足りた表情で表に出てくるのだ。
 


人気メニューは天ぷらそば

ぶしつけながら、食べ終えたお客さんに路上でお話を伺ってみた。

まずは、スーツ姿で颯爽とのれんをくぐった女性から。とてもきれいな方で、顔写真NGが残念無念・・・いま、何を召し上がったんですか?

「いつも天ぷらそばです。職場が近いので、これまで5回ぐらい立ち寄って食べています。ここはダシが効いて、家庭的でなじむ味が好きです」
 


最近では立ち食い店での女性のおひとりさまも珍しくない
 

次に聞いた男性は、5年前から月1で「鈴一」に通っているという。きょうは何を注文されたんですか?

「天ぷらそばですよ。昔ながらのダシが効いたつゆが好みで、エキナカよりおいしいから。夏は冷やしもあるけど、やっぱりあったかいのを頼んでしまいますね」
 


5年前から月イチで通っています
 

若い男性ふたりは、「鈴一」を訪れたのはこの日が初めて。

「よく通りかかるんですけど入ったことがなくて、ちょうど小腹が空いたからわかめそばを頼んでみました。安いし意外とおいしかったから、また来たいです」

そう、リーズナブルさも嬉しいですよね~。
 


新鮮なわかめが好評でひそかな人気メニュー「わかめそば」を頼んだふたり
 

ほかにも、写真はNGながらお話を聞かせてくださった方が数名。きしめんにわかめのトッピングが1名で、あとはほとんどの方が天ぷらそばを頼んでいる。

今の時間帯は常連さんよりもむしろ、寒さに誘われるかのように鈴一デビューされた方が多い印象だった。

みなさんありがとうございました!
 


安くて早くてうまいワケ

筆者もいただいてみることに。
 


おとなり失礼しまーす
 

メ ニューは、うどんとそばとで選べる「ちくわ・コロッケ・天ぷら・玉子・きつね・わかめ・たぬき・かけ」と昔ながらの王道ばかり。5月~9月にかけて登場す る冷やし以外の特別メニューはないが、いつ顔を出しても変わらない安心感がある。常連はトッピングの組み合わせでバリエーションをつけているとのこと。

料金も、エキナカの立ち食い店と比べて明らかに安い。人気の天ぷらそばで比較すると、エキナカは400~460円が相場だが、「鈴一」では350円ポッキリだ。
  


まったく奇をてらわぬスタンダードメニュー
 

筆者が選んだのも、客の8割~9割がオーダーするという天ぷらそば。

「“てんそ”で!」

通ぶって食券を差し出すと同時に、ストップウオッチスタート。たちまちカウンターの向こうでパートさんA、B、Cの奥様トリオによる華麗な連携プレーが始まった!
 


お見事
 

「ハイてんそ~」と向かって写真右のパートAさんが片付けと洗い物で脇を守る間、真ん中のパートBさんが丼にセットされていたゆでそばを左端のパートCさんに渡す。
 


パートCさんが大鍋の湯切りザルにそば投入
 

そして
 

お湯でほぐされ温まったそばをしっかり湯切りして丼に戻し、再びパートBさんへパス。
 


パートBさんがそばにかき揚げをのせてつゆをぶっかけ、ネギを盛りつける
 

「ハイてんそおまち~」
 

エェ!
 

早いとは思っていたが、ホントに10数秒で着丼するとは・・・まさに匠の技!

こんなふうに、オーダーしてから1分も経たないうちに完成するため、初めての人はほかの客の注文と勘違いして取りにこないこともあるらしい。
 


天ぷらそば350円
 

どんなに混んでいても、すべてこのスピードでさばいていくため、順番待ちの感覚はゼロ。

軽くて小ぶりにつくられた丼は、片手で持って食べやすい。器を戻しさえすれば、店の前のどこで食べてもかまわないため、席の心配がいらないのがうれしいところ。
 


コップも丼もプラスチック製

立ちそばの金字塔、その1杯の味わい

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

ハウスポートSHONAN×はまれぽ

粋でイナセな横浜の老舗蕎麦屋で食べられるツウな一品とは!?

横浜で「琉球の風」を感じる! 美味しい沖縄そば