検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。絶賛公開中!
  • 横浜の花見スポット2019 ~シーン別桜の名所20選~
  • 横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう
  • はまれぽ.comに、あなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

ココがキニナル!

横浜新道上矢部インター出口にある「らあめん藤浪」はなんで平日の昼2時間しかやってないのか謎/会社勤めの身ではなかなか行けないので気になっています(えぶだえさん/R.Hさん)

はまれぽ調査結果!

居酒屋と兼業しているため、平日昼の2時間のみ営業。動物系と魚介系を合わせたスープのラーメンと、常連さんしか知らない裏メニューを紹介!

  • LINE
  • はてな

2016年05月14日

ライター:はまれぽ編集部

「平日のお昼時、2時間しか営業しないラーメン屋!? 知る人ぞ知る伝説のラーメン店に違いない!」
ゆとり世代のど真ん中を謳歌した、24歳編集部・黒澤の「レアな店=特別美味しいメニューがある」という単純な思考から取材を決行することに。
 
そのお店はJR戸塚駅と東戸塚駅の中間辺りにあり、それぞれの駅から徒歩では30分ほどかかるらしい。簡単にはたどり着けないのか。ますます名店のにおいがしてきた。

 

 矢印が戸塚駅と東戸塚駅。その中間あたりに店舗は位置する。※クリックで拡大

 
今回はJR戸塚駅東口ロータリーからバスで向かうことに。

  

 
神奈中バスに6番乗り場から乗車。店舗最寄りの「上矢部インター」バス停を目指す
 

 横浜新道の高架を潜り抜けてすぐ左手に・・・

 

 バスの中から店舗を発見!

 
一見、普通の一軒家だが、ここが「伝説のラーメン店(黒澤の想像)」なのか? 「上矢部インター」バス停を降り徒歩約1分、突撃取材を試みる。

 

 
確かに土曜・日曜が休みで、営業時間は2時間のようだ

 
 
 
2時間営業の真相は!?
 
到着したのは開店直前の午前11時20分ごろ。取材で訪れたことを伝えると、すぐさま「中に入って~」とすんなりOKが出た。突然ですみません。

 

 「まだお客さん来ないからいいよ~」と店主の尾身敏(おみ・さとし)さん。

 
ゆっくりと優しく、時折「ラーメンは儲からないよ~」などと冗談っぽく笑って見せる尾身さんから、飾らない人柄が伝わってくる。少年時代に出会った友人のおもしろいお父さんといった感じだ。
 
開店直前ということもあり、単刀直入になぜ月曜日~金曜日のお昼時の2時間しか営業しないのか伺うと「居酒屋もやってるから」との答えが。
 
「午後1時30分に閉店して、それから居酒屋の買いものと仕込みがあるでしょ。居酒屋は午前1時くらいに片付けが終わるし、翌朝は9時にラーメンの仕込みを始めるから、2時間営業が体の限界なんだよね」
 
どうやらもともと「藤浪」という店名の居酒屋さんを経営しており、夜の居酒屋さんの営業に支障が出ないように、昼の2時間のみ営業することになったという。
 


 ラーメン店出店までの経緯を回想する尾身さん

 
高校を卒業してすぐ横浜の調理学校に通った尾身さんは、その後和食店で修業を積む。そして23歳のときに地元戸塚で独立した。これが話にあった居酒屋店「藤浪」なのだそう。それから30年以上経った現在、場所こそ何度か移動したものの、長年地元で愛される“老舗”になっているようだった。

 

 同店から、県道401号線沿いを瀬谷区方面に歩いて7分ほど
 

 「ふぐ」の看板が目印の居酒屋店「藤浪」がある

 
しかしなぜ和食の居酒屋さんがラーメン店を出店するのか。それは尾身さんの食への愛から生まれたものだった。
 
尾身さんはもともと料理が好きで和食の道に進んだが、ラーメンを食べることも負けないくらい大好きで、各地を食べ歩いていたという。
食べ歩きを続けるうちに「自分でもラーメン店をやりたい」と思うようになった。それからというもの、いつか来る「ラーメン店開業」の日に備えて約20年間、人知れずコツコツとラーメン開発を行っていたそうだ。
 
そして転機が訪れる。近所の元そば店の物件が売りに出されているのを見つけ、店の設備はラーメンにも使えると考え、購入。2015(平成27)年6月に長年の夢を果たすことになったのだ。

 

 確かにあちらこちらに・・・
 

 そば店の面影が残る
 

 テーブルやイスもそのまま使用しているとのこと

 
インタビュー中ほどなくすると、お客さんが来店。ここで調理の様子を撮影させていただくことに。

 

 
ゆったりとした語り口とは一転、軽快なフットワークをみせる
 

 ゆで麺機もそば店のものをそのまま使っている
 

 チャーシューは肩ロースを使用
 

 麺は細麺、中麺、太麺から選べる
 

 細麺、中麺は「ラーメンの鬼」故・佐野実氏開業の「支那そばや戸塚本店」のものを使用

 
尾身さんは佐野実氏を敬愛する、大の「支那そばや」ファンだという。その魅力を伺うと「ナイスボデー! って感じ。とにかく美しいんだよ」とのこと。細かい説明は不要! 一目惚れと同じ感覚らしい。

 

 
丁寧に盛り付けをして
 

 はいっ完成!

 
調理風景を見ていたらおなかがペコペコに。あぁ早く食べたい・・・。いてもたってもいられず客席へ駆け込む。
 
 
2時間営業の店。キニナルその味は? ≫

 
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

ワンコインランチが美味しいお店はどこ? 戸塚・東戸塚編

フカヒレ姿煮がのった豪華メニューも1人2400円で食べ放題! いま中華街で話題沸騰の「中国飯店」

  • PR

営業は土曜だけ!? 戸塚区の米粉を使う焼き菓子店にに突撃!

天王町で30年以上続く居酒屋さん! 本格的な料理がリーズナブルに味わえる「出世居酒屋いっすんぼうし」

  • PR

戸塚の日本一多いという「おこげ」のメニューとは?

野毛のリトル大分で郷土料理と銘酒を存分に味わう「如水」

  • PR

横浜中華街で本物のコーヒーと出会える「ツキコヤ2号店」を覗いてみた

女子ウケ抜群♪ 串揚げ×ワインでオシャレにいただくのがハマのスタイル!「串揚げとワイン はち」

  • PR

新着記事

締切迫る!相鉄新型車両12000系に一番最初に乗りたい人、急げ~!

    • 面白かった45
    • 面白くなかった4
    • コメント0
  • 2019年03月26日

2020年春開業!「ビルボードライブ横浜」が馬車道の「生糸絹物専用倉庫」に登場

    • 面白かった44
    • 面白くなかった4
    • コメント0
  • 2019年03月26日
横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。絶賛公開中!
横浜の花見スポット2019 ~シーン別桜の名所20選~
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう
はまれぽ.com無料掲載のお知らせ

はまれぽ編集部のイチオシ

詰め込むだけでは、ダメ。人の声をよく聴き、自ら考えられる人をつくる。高い合格率を誇る「啓進塾戸塚校」

  • PR

厳しい社会という戦場を生き抜く大人達の遊び場!巨大屋内型サバイバルゲームフィールド「ウーパー新横浜」

  • PR

通りかかるとゴマ油の香ばしさに誘われてお腹がすく。昭和33年創業の関内の名店天ぷら・肴「登良屋」

  • PR

人間力を重視し将来に役立つ力を育てる年中~小学生のサッカースクール。仲間と楽しみながら基礎技術向上!

  • PR

印刷会社が取り組む「社会変革」って一体何!? 130年以上も続く総合印刷業の老舗「大川印刷」

  • PR

地域に密着し、ベストな保険プランを構築し、アドバイスしてくれる保険代理店「ほけんのいっぽ」

  • PR

女子に密かなブーム? 精力増強に留まらないスッポンの魅力を伝える、野毛の専門店「横浜味処 あぐら亭」

  • PR

本当に適正で二人に合ったウエディングを提案してくれる「ウエディングエージェンシー」

  • PR

ここはローマ下町のトラットリア!? 本格的なローマ料理を気軽に楽しめる「リオス ボングスタイオ」

  • PR

自分らしく輝けるヘアスタイルを! ゆったりと素敵な時間を過ごせる「Hair Design Will」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • あざみ野駅構内にリニューアルオープンしたetomoあざみ野について調査してください。

  • しばらく前に大型ライブハウスのZeppがみなとみらいにできると聞いたのですが、現在の進捗はどうなって...

  • ラグビー発祥地の横浜の記念碑が中華街の山下町公園に建立されるそうですが、なぜ中華街なのですか? 日本...

あなたはどう思う?

「横浜スタジアム」のことをなんて呼びますか?

最近のコメント

アクセスランキング