検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
  • はまれぽ.com無料掲載について

ココがキニナル!

横浜新道上矢部インター出口にある「らあめん藤浪」はなんで平日の昼2時間しかやってないのか謎/会社勤めの身ではなかなか行けないので気になっています(えぶだえさん/R.Hさん)

はまれぽ調査結果!

居酒屋と兼業しているため、平日昼の2時間のみ営業。動物系と魚介系を合わせたスープのラーメンと、常連さんしか知らない裏メニューを紹介!

  • LINE
  • はてな

2016年05月14日

ライター:はまれぽ編集部

「平日のお昼時、2時間しか営業しないラーメン屋!? 知る人ぞ知る伝説のラーメン店に違いない!」
ゆとり世代のど真ん中を謳歌した、24歳編集部・黒澤の「レアな店=特別美味しいメニューがある」という単純な思考から取材を決行することに。
 
そのお店はJR戸塚駅と東戸塚駅の中間辺りにあり、それぞれの駅から徒歩では30分ほどかかるらしい。簡単にはたどり着けないのか。ますます名店のにおいがしてきた。

 

 矢印が戸塚駅と東戸塚駅。その中間あたりに店舗は位置する。※クリックで拡大

 
今回はJR戸塚駅東口ロータリーからバスで向かうことに。

  

 
神奈中バスに6番乗り場から乗車。店舗最寄りの「上矢部インター」バス停を目指す
 

 横浜新道の高架を潜り抜けてすぐ左手に・・・

 

 バスの中から店舗を発見!

 
一見、普通の一軒家だが、ここが「伝説のラーメン店(黒澤の想像)」なのか? 「上矢部インター」バス停を降り徒歩約1分、突撃取材を試みる。

 

 
確かに土曜・日曜が休みで、営業時間は2時間のようだ

 
 
 
2時間営業の真相は!?
 
到着したのは開店直前の午前11時20分ごろ。取材で訪れたことを伝えると、すぐさま「中に入って~」とすんなりOKが出た。突然ですみません。

 

 「まだお客さん来ないからいいよ~」と店主の尾身敏(おみ・さとし)さん。

 
ゆっくりと優しく、時折「ラーメンは儲からないよ~」などと冗談っぽく笑って見せる尾身さんから、飾らない人柄が伝わってくる。少年時代に出会った友人のおもしろいお父さんといった感じだ。
 
開店直前ということもあり、単刀直入になぜ月曜日~金曜日のお昼時の2時間しか営業しないのか伺うと「居酒屋もやってるから」との答えが。
 
「午後1時30分に閉店して、それから居酒屋の買いものと仕込みがあるでしょ。居酒屋は午前1時くらいに片付けが終わるし、翌朝は9時にラーメンの仕込みを始めるから、2時間営業が体の限界なんだよね」
 
どうやらもともと「藤浪」という店名の居酒屋さんを経営しており、夜の居酒屋さんの営業に支障が出ないように、昼の2時間のみ営業することになったという。
 


 ラーメン店出店までの経緯を回想する尾身さん

 
高校を卒業してすぐ横浜の調理学校に通った尾身さんは、その後和食店で修業を積む。そして23歳のときに地元戸塚で独立した。これが話にあった居酒屋店「藤浪」なのだそう。それから30年以上経った現在、場所こそ何度か移動したものの、長年地元で愛される“老舗”になっているようだった。

 

 同店から、県道401号線沿いを瀬谷区方面に歩いて7分ほど
 

 「ふぐ」の看板が目印の居酒屋店「藤浪」がある

 
しかしなぜ和食の居酒屋さんがラーメン店を出店するのか。それは尾身さんの食への愛から生まれたものだった。
 
尾身さんはもともと料理が好きで和食の道に進んだが、ラーメンを食べることも負けないくらい大好きで、各地を食べ歩いていたという。
食べ歩きを続けるうちに「自分でもラーメン店をやりたい」と思うようになった。それからというもの、いつか来る「ラーメン店開業」の日に備えて約20年間、人知れずコツコツとラーメン開発を行っていたそうだ。
 
そして転機が訪れる。近所の元そば店の物件が売りに出されているのを見つけ、店の設備はラーメンにも使えると考え、購入。2015(平成27)年6月に長年の夢を果たすことになったのだ。

 

 確かにあちらこちらに・・・
 

 そば店の面影が残る
 

 テーブルやイスもそのまま使用しているとのこと

 
インタビュー中ほどなくすると、お客さんが来店。ここで調理の様子を撮影させていただくことに。

 

 
ゆったりとした語り口とは一転、軽快なフットワークをみせる
 

 ゆで麺機もそば店のものをそのまま使っている
 

 チャーシューは肩ロースを使用
 

 麺は細麺、中麺、太麺から選べる
 

 細麺、中麺は「ラーメンの鬼」故・佐野実氏開業の「支那そばや戸塚本店」のものを使用

 
尾身さんは佐野実氏を敬愛する、大の「支那そばや」ファンだという。その魅力を伺うと「ナイスボデー! って感じ。とにかく美しいんだよ」とのこと。細かい説明は不要! 一目惚れと同じ感覚らしい。

 

 
丁寧に盛り付けをして
 

 はいっ完成!

 
調理風景を見ていたらおなかがペコペコに。あぁ早く食べたい・・・。いてもたってもいられず客席へ駆け込む。
 
 
2時間営業の店。キニナルその味は? ≫

 
 

おすすめ記事

ワンコインランチが美味しいお店はどこ? 戸塚・東戸塚編

音楽とハンバーガーとトロピカル・カクテルがあれば、3秒で西海岸やハワイに行ける「STOVE’S」

  • PR

営業は土曜だけ!? 戸塚区の米粉を使う焼き菓子店にに突撃!

アヒージョ専門店が野毛に。味わいとバリエーション豊かなアヒージョとお酒が楽しめる新名店「SPOON」

  • PR

戸塚の日本一多いという「おこげ」のメニューとは?

横浜愛あふれる店でリーズナブルに横浜の味を! 屋台のように気楽な雰囲気で、楽しくわいわい飲める居酒屋

  • PR

横浜中華街で食べられる、知る人ぞ知る絶品「白い〇〇」の正体は?

親子の物語が紡ぎ出す絶品料理の数々!およそ150品目のメニューをそろえる「出世居酒屋いっすんぼうし」

  • PR

新着記事

サラリーマンの憩いの場。創業42年、山下町の昭和喫茶「バンビ」でナポリタンはいかが?

    • 面白かった262
    • 面白くなかった7
    • コメント0
  • 2018年06月25日

イセザキ・モールの違法駐輪対策の現状は? 設置された駐輪場の効果とは

    • 面白かった11
    • 面白くなかった0
    • コメント0
  • 2018年06月26日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー

はまれぽ編集部のイチオシ

バイクのことならなんでもお任せ! 地域密着がコンセプトの「カスタムショップ サカイオート」

  • PR

1929年創設の歴史に裏打ちされた確かな実績。横浜で本物を学ぶ浅野の建築「浅野工学専門学校」

  • PR

居酒屋感覚で気軽に入れるおそば屋さん。バラエティに富んだ料理すべてを楽しめる昼呑みは特にオススメ!

  • PR

ゲーム作りでやりきる力を養う。子ども向けプログラミング教室「Builder Kids Garage」

  • PR

塗装業界ではレアなショールームを開設! 見て・触って・選べる外壁塗装の専門店「ダイレクトハウス」

  • PR

京都の自園で栽培した最高品質のお茶を横浜パッケージで! 忘れられない京都・宇治茶の味「又兵衛」

  • PR

料理やお酒や会話に、家族で紡いだ思いを感じられる場所。野毛の本格的な和食「旬彩 濱おか」

  • PR

人に馴染み、家族に寄り添うオリジナル無垢材オーダー家具と空間演出なら「3rd 東戸塚店」

  • PR

プロフェッショナルがあなたを美しく演出し撮影。わくわくする体験と心に残る写真で、もっと元気な日々へ!

  • PR

30年以上前に横浜を席巻したブランド「FREEWAY428」の期間限定イベントを徹底レポート!

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 今度はとうとう横浜市立大学附属病院でもCT検査結果がムダになる医療事故が発表。以前はキチンと報道され...

  • 横浜港のライバルであり盟友である(?)神戸港からは、九州へ3航路の長距離カーフェリーが毎日運行されて...

  • 天王町駅の仮設(?)トイレのある場所にかつて本屋がありまして、「そうてつブック」って名前だったような...

あなたはどう思う?

トップページをリニューアルしたPCサイトの感想は?

最近のコメント