検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 奥湯河原で過ごす特別な週末

ココがキニナル!

完成後は自動車の流れはどうなるのでしょうか/横浜北線の開通決定に伴い、横浜北トンネルで開かれた現場公開イベントをレポート! 市内最長の道路トンネルの内部はどうなっている? (エアバスさん/はまれぽ編集

はまれぽ調査結果!

市内最長の道路トンネルには、首都高初のすべり台が採用されるなど、防災設備の最高基準であるAAを上回る設備が設置されていた!

  • LINE
  • はてな

2016年09月23日

ライター:福原 麻実

過去にはまれぽでも取り上げた「横浜北線」の開通が2017年3月に決まった。路線名は「高速神奈川7号横浜北線」となる。

 

こちらが来春開通する「横浜北線」

 
そもそも「横浜北線」とは、横浜市鶴見区生麦にある生麦ジャンクション(JCT)から横浜市都筑区川向町に新設される横浜港北JCTまでの8.2kmをつなぐ路線である。これにより、横羽線および大黒線と第三京浜道路が接続されることになる。

出入口は岸谷生麦出入口、馬場出入口、新横浜出入口の3箇所。

代表的な構造物は、大熊川トラス橋(港北区新羽町~都筑区川向町)と横浜北トンネル(神奈川区子安台~港北区新羽町)。

 

工事中の姿を、ごらんになった読者もいるのでは

 
大熊川トラス橋は全長158メートルの、ダブルデッキの単径間トラス橋である。横浜北トンネルは全路線の7割を占める、5.9kmものトンネルで、これは道路トンネルとしては市内最長である。

そんな「横浜北線」が開通するとどうなる? 現在の様子は? 9月15日に行われた現場公開に行ってきた。



現場公開へ!

現場公開に向かうバスの中で、ヘルメット、反射ベスト、手袋、マスク、ヘルメットの下に被る使い捨ての帽子を受け取る。

 

ヘルメットの中に全部収まっていた

 
現場公開はトンネルの中で行われた。

 

こちらがそのトンネル内の様子


集まる報道陣

 
そして午前10時30分、現場公開に伴う開会式が始まった。壇上に上がったのは、首都高速道路株式会社神奈川建設局の寺山徹(てらやま・とおる)局長だ。

 

「横浜北線」事業の概要などが寺山局長から説明された

 
「横浜北線」の意義は、現在の湾岸地域から横浜市街地へ行くためのルートに新たな選択肢を設けることだ。

新横浜などの横浜市北部からのアクセスが大きく向上し、横浜港までの所要時間は15分に、そして羽田空港までの所要時間は30分になる。それぞれ10分の短縮になる。

横浜港から横浜市街地、さらに第三京浜を通ることで青葉区など、内地までの輸送における所要時間の短縮につながる。

 

開通すればこのように内陸と港が近くなる

 
さらに、首都高速道路株式会社が強調するのが、防災力の強化だ。「横浜北線」を含む首都高は災害時における緊急輸送を目的とした「緊急輸送道路」に指定されており、各災害拠点病院への搬送が「横浜北線」使用によってスムーズになる。

そして、長距離輸送の車両が高速道路を走ることで生活道路の利用が減り、住宅地の安全性の向上も期待されている。このように「横浜北線」の開通は、高速道路を利用しない周辺住民にとってもメリットがあるそうだ。

建設費は3980億円で、65%は首都高速道路株式会社が負担し、35%は国や地方自治体が出資金という形で負担している。普通車が300円~と、通行料については首都高と同じだ。

なお、「馬場出入口」については、土地の確保と整備が遅れたため2017年3月の開通時はまだ使用できず、供用開始時期は未定とのこと。これについて寺山局長は「馬場出入口は、引き続き工事を進めながら、完成時期について精査している」と説明した。

これらの説明のあと、トンネルの照明点灯式が行われた。
点灯、と聞いてイメージしたものは「車で通るときに見る、高速道路の天井についている照明を点ける」だったが・・・
 
 

 
実際はこんな演出もあった



演出が終わったら点いていた、という印象

 

次に壇上に上がった首都高速道路株式会社神奈川建設局の大塚敬三(おおつか・けいぞう)建設部長からは、この「横浜北トンネル」の防災設備について説明があった。

 

トンネル下の空間について説明する大塚建設部長

 
「横浜北トンネル」の全長は前述の通り5.9km、これは「横浜北線」の全区間の7割を占める。これだけ長い区間をトンネルにしたのは、建造物の移転を最低限に抑えるため、そして周辺環境の保全のためだという。


防災設備は最高基準のAA基準をさらに上回る設備を設置しているという。
火災に備え、25メートル間隔で設置された火災感知器。遠隔操作で50メートルの範囲に水を噴霧する散水設備。50メートル間隔で消化器と泡消、火栓報知器があり、100メートル間隔で非常電話、250メートル間隔で非常口がある。
 

 
非常用の設備がこのように設置されている

 
また、非常口からは車道の下にある空間を歩いて、4箇所ある出口から地上へ出る。車道下の安全空間への滑り台を首都高では初めて設置した。

 

首都高初!

 
なお、横浜北トンネルで採用されている工法のシールドトンネルには天井板がないため、2012(平成24)年に中央自動車道の笹子トンネルで起きたような天井板崩落事故が起きる心配はなく、ほかの部品類に関しても落ちないように確認済であり、さらに今後も安全を確認をしていくとのことだ。

それらの説明がなされたあと、実際に避難体験をさせていただいた。
 
 
すべり台を体験!・・・キニナル続きは次のページ≫
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

50年以上開通していない道路「横浜藤沢線」はどうなってるの?

タイヤ販売から車の修理、日本初? のタイヤプリントも。 タイヤのかかりつけ医「タイヤセンター戸塚」

  • PR

横浜町田インターチェンジ付近の立体交差工事はいつ終わる?

不器用でも完璧に作れるの!? 指輪が手作りできる「ジュエリースミス」で結婚指輪作りに挑戦

  • PR

国道246号と16号の町田立体本線部が開通!

お気に入りの紅茶がきっと見つかる、横浜元町老舗の紅茶専門店「ラ・テイエール」

  • PR

横浜にこんなすごい会社があった!Vol.1「日本で唯一のモペット・メーカー フキ・プランニング」

【動画あり】メルセデスAMGなど新型車両をはじめ13台展示のショールーム。横浜中華街から歩いてすぐ!

  • PR

新着記事

東神奈川の傾いた家、所有者が代執行間近に現れたため一時中断

    • 面白かった217
    • 面白くなかった12
    • コメント2
  • 2018年10月16日

台風の塩害で「横浜三溪園」の紅葉がピンチ? 秋まで尾を引く災害の爪痕とは

    • 面白かった71
    • 面白くなかった1
    • コメント2
  • 2018年10月17日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー
横浜・神奈川のお出かけ情報
はまれぽ.com無料掲載について

はまれぽ編集部のイチオシ

さまざまな場面で最大限の便宜を図る、港北区日吉の不動産屋さん「エス・ケーホーム株式会社」

  • PR

腐りにくいウッドデッキが大人気。快適さは実績と安心が保証。ウッドデッキ専門会社「ウッディ企画」

  • PR

横浜発の捺染(なっせん)から生まれた、自分を励ます素敵なアイテム。大切な人へのギフトとしてもぜひ!

  • PR

みなとみらいの絶景を独り占め。絶品料理とサービスが魅力の「屋形船すずよし」で最高の横浜クルージングを

  • PR

信頼できる薬剤、確かな知識に基づくフォローでセルフホワイトニングできる「ホワイトニングスター」

  • PR

子どもの放課後をもっと楽しく、もっと有意義に!保土ケ谷区の民間学童保育「マックス・キッズ・プラザ」

  • PR

ベテラン講師が基礎から徹底指導。横浜駅のボイストレーニングスクール「プライズエンターテインメント」

  • PR

誰もが必ず経験する相続問題。相談するなら、真摯に依頼者と向き合う「本牧司法書士行政書士事務所」

  • PR

訪れた誰もがきっと笑顔に! 日常を豊かにする、本場の味。焼肉店「金城園」

  • PR

塗装業界ではレアなショールームを開設! 見て・触って・選べる外壁塗装の専門店「ダイレクトハウス」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 東急沿線なのに、なぜバスは東急が走っていないの?

  • 鴨居駅前は、細い道ですが、今後、発展しないの?

  • 野毛町2丁目の一区画がマンション建設の為ほぼ更地になりましたが、県道沿いにある不動産屋の建物がポツン...

あなたはどう思う?

仮装して、どのハロウィンイベントに参加する?

最近のコメント