ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

YOKOHAMA FREEWAY 428 ルミネ横浜店B1正面入り口に4/20〜5/6期間限定オープン!
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年4月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    自衛隊横須賀病院を取材して下さい。

    ホトリコさん

    2017年12月から約半年クローズしていた県立川崎図書館が2018年5月15日に溝の口で再スタートするのですが、公式サイトによれば「日曜日休館」だそうです。社会人の方も学生さんも日曜日はお休みの方が多...

    ヤマダさん

    戸塚のヤギさんについて

    kodama_koさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

2018年の横浜DeNAベイスターズの予想順位は?

今年は優勝でしょ!
昨シーズンより順位アップの2位!
今年も3位かな~
もしかしたら・・・4位
ま、まさかの5位・・・
そんなはずはないと思うけど。・・・6位
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

JR横須賀線の拡幅工事は完成?/なぜ「総武快速線直通 東京行きです」という自動放送?/アナウンスと電光表示版が「電車」と「列車」の表記がある(マルタさん/そうてつボーイさん/skrsngさん/浜岩さん

はまれぽ調査結果

JR横須賀線の拡幅工事は一応完成。「総武快速線直通 東京行きです」という自動放送はなかった。電車と列車の使い分けはJR独自の区分けによるもの

ライター:岡田 幸子 (2017年01月14日)

今回の調査で迫るのは、横浜駅のJR横須賀線にまつわる3つの謎。

謎1:ホーム拡幅工事はこれで完成なのか?

謎2:なぜ横須賀線は「東京行き」があるのに「総武快速線直通東京行き」という放送なのか?

謎3:電光掲示板の表示とアナウンスに、なぜ「電車」と「列車」の2種類あるのか?
 


へぇ

 
JR横浜駅横須賀線ホームは結構な頻度で利用してきたライター・オカダ、どの謎もついぞ疑問に感じたことがない。

おのれの無頓着を戒めながら、JR横須賀線に乗って横浜駅を目指してみた。


びゅーん♪

 


謎1:ホーム拡幅工事はこれで完了?(階段狭くない?)に迫る!

JR横須賀線で横浜駅に到着。

一歩ホームに踏み出すと、確かに感じる。
 


広〜い

 
ホーム幅を歩数で計測。オカダの足でだいたい20歩だった。お隣の東海道線ホーム幅は約9歩。ほぼ倍となっている。
 


隣の東海道線ホームが狭く見える

 
「JR東日本」サイトにある過去のプレスリリースを遡ると、JR「横浜」駅横須賀線ホームで拡幅工事が行われたのは、2010(平成22)年4月24から25日にかけて。最大約8メートルだったホーム幅が、最大約15メートルまで拡幅され、大船方面へ30メートルほど延伸もされたらしい。
 


端に行くほど狭くなるなど、場所によってホーム幅は異なる模様

 
横須賀線といえば、郊外のベッドタウン化による東海道線混雑解消を目指し、もとは東海道貨物線なども活用して運行されることとなった旅客線。「横浜」駅ホームも後から貨物線に付け加えられた経緯から、幅が狭く、東京よりに偏った設置になっていたようだ。

2004(平成16)年、新規開通した「みなとみらい線」と直通運転が開始された「東急東横線」の線路が地下に移設され、JR「横浜駅」9・10番ホームに隣接していた高架橋が撤去されてスペースに空きができたことから、混雑緩和のために拡幅、拡張の工事が行われたのだ。
 


こんな感じになりました(赤部が9・10番、青部が3・4、5・6、7・8番各線ホーム)

 
で、今回のキニナル投稿では・・・

マルタさんの投稿に「横浜駅の横須賀線、最近では湘南新宿ラインのホームは他の路線に比べてやたらホーム幅が広いわりに、改札階に至る階段はとても狭い。今後ホームの中央当たりにもう一路線レールを引く計画があるのか?」。

そのほかに「横浜駅 横須賀線ホームは、2010年に拡幅工事が行われ、エスカレーターなど増設されましたが、階段はそのままで、9番線側の階段付近は狭いまま。これで完成なのでしょうか? それとも今後さらに工事が行われて、ホーム中央に階段が設置されるのでしょうか?」というskrsngさんの投稿があった。

みなさん、ホーム拡張後、階段幅が「そのまま」なのに、むずむずしていらっしゃるご様子。見てみると・・・
 


確かにホーム幅に対して狭いかも


階段は工事前と変わらず「そのまま」に見える

 
ホームを端から端まで歩いてみたが、拡幅部分にあるのは・・・
 


時間によって上下運行が逆になるエスカレーター1本と


待合スペースのみ


拡張部分(中央線より左側)はただただひろびろ〜なのだ

 
横須賀線ホームのこの広さ、何か意図があるのだろうか? JR東日本横浜支社広報室に問い合わせてみる。すると、「横浜駅9・10番線ホームについては現状で一応の完成であり、今後追加工事を行う予定は現時点ではありません」とのこと。

階段幅を広げる工事を行わない理由として、階段幅を広げる工事は基礎に関わるため、簡単に手を加えることが難しいことが挙げられるという。
 


そういえば拡幅部に新設されたエスカレーター乗り場は・・・


コンコースのかなり奥まったスペースにひっそりとある

 
階段もエスカレーター、エレベーターも、建物の構造に関連する設備だけに、簡単に作ったり、広げたりすることはできないのだろう。
 


11番柱付近のエスカレーターには取り替え工事の予定があるようだが


幅の変更はなさそうだ


ほかに同ホームでは西口開発ビルに関わる工事も進行中

 
列車待ちの方に階段幅について聞いてみたところ、「確かに狭いといえば狭いけれど、無理に広げると今度は通路が狭くなる。ホームがゆったりしててこれはこれでいんじゃない?」との意見も。

ふむふむ、混雑したホームで階段とホーム際の細い通路を通行するたびに、脇腹あたりがゾクゾクするオカダとしては、うなずけるかも。
 


こういう幅広階段の脇をすり抜けるの、怖くない?

 
謎1結論:横須賀線ホームに現在のところ追加工事予定はなく、一応の完成となる。基礎に関わる階段幅を拡張するのは難しい。
 
 
「電車」と「列車」、何が違うの!?・・・キニナル続きは次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

おすすめ記事