ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

工事現場監督・監督候補募集|横浜の地域密着建設会社「安藤建設」×はまれぽ.com
横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年10月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    何人か投稿してますが六角家が閉店っぽい。

    山下公園のカモメさん

    野毛の街も若い人が増えてだいぶ様変わりしましたね。たべもの横丁のほかにもたてのみ横丁、野毛食道楽、ホルモンビルなど飲み屋横丁的なものが増えました。そんな野毛の新しい動きを取材してほしいです。

    miyukidさん

    ニュースは、選挙優先で台風の被害は多く流れません。実際、横浜の被害はどうなっているのか、はまれぽさん目線で伝えてください。

    ヤングさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

SNSは利用していますか?

Facebook、Twitterなどはもちろんほかも
Facebookのみ
Twitterのみ
Instagramのみ
LINEのみ
そのほか
もうやめた
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
【編集部厳選】家系、二郎、サンマーメンだけじゃない! みんな大好きラーメン特集!
2位
【はまれぽ名作選】横浜にある庶民的なのに本格中華の味が楽しめるお店を教えて!
3位
【イベントれぽ】横浜オクトーバーフェスト2017
4位
【I☆DB】ベイ選手に出会える!? マジっすか! 噂のあの店に突撃!
5位
分厚いパンケーキを横浜駅徒歩5分圏内で2店舗発見!!
6位
【はまれぽ名作選】洋食の街、横浜の料理人に密着「横浜コック宝」 福富町「レストラン タマガワ」編
7位
【はまれぽ名作選】車橋、宮川橋、関内・・・横浜に急増中とウワサの「もつ肉店」の正体は?
8位
【はまれぽ名作選】野毛には、リアルな深夜食堂がある?
9位
【編集部厳選】秋の夜長に一人立ち飲み酒!
10位
【編集部厳選】オトナの街・本牧の昼の顔!
11位
【はまれぽ名作選】江戸時代に戸塚の名物だったという「うどん豆腐」って何?
12位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
13位
【ニュース】「横浜オクトーバーフェスト2017」、9月29日から開催! 赤レンガ倉庫に急げ!
14位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
15位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
16位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.5』~「マルガリータ」とカクテルの雑学~
17位
【編集部厳選】寒くなってきたんで、とりあえず、おでんでも!
18位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
19位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
20位
横浜市中央卸売市場竹家食堂の2号店「BAM・BAM番長」で高さ18センチの「ねぎとろ番長」と「大漁船盛り唐揚げ」を実食!
21位
ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?
22位
「これぞ家系」、直系店第1号店の杉田家に突撃! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾六
23位
待ちきれない! 2日間限定販売の崎陽軒「トンデモ!?シウマイ弁当」を一足早く手作りして食べてみた!
24位
本日オープン! 「川崎のれん街 ほのぼの横丁」を全店舗制覇!
25位
元町の老舗洋菓子店「喜久家」のオリジナルスイーツ「ラムボール」誕生秘話を徹底レポート!
26位
創業は? 修行先は? 謎だらけの老舗家系ラーメン店の謎を解け!
27位
マグロも温泉も! 「みさきまぐろきっぷ」のお得な使い方は?
28位
吉村家から受け継がれた味! 吉村家直系店と最初の独立店が登場! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾四~
29位
横浜駅、行列の立ち食いそば店「きそば鈴一」に突撃!
30位
知られざる横浜名物、上田屋の「本牧シュウマイ」とは?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

大さん橋で普段は入れない岸壁を使った初開催の「大さん橋マルシェ」ってどんなイベント?

はまれぽ調査結果

普段は入れない山下公園側の岸壁で行われる「大さん橋マルシェ」。第1回目の今回は、県内外のお店が101店舗出店し、2日間で2万6000人が訪れた!

ライター:福原 麻実 (2017年02月22日)

大さん橋では現在、多くのイベントが開催されている。今回、2月18日と19日の2日間にわたって行われる「大さん橋マルシェ」もそのひとつである・・・はずだが、編集部・広瀬から事前に送られてきた資料には、開催場所は「山下公園側エプロン(岸壁)」と記載されている。

本来は貨物の積み下ろしなどが行われる場所で、国が管理しており普段は立ち入ることができない。そんな、場所で開催されるなんて俄然興味がわく!

「大さん橋マルシェ」とはどんなイベントだろう? 早速調査へ。


開場前から行列! マルシェの初日に潜入!

開場15分前の大さん橋には・・・
 


すごく長い行列が!


開場は午前11時の予定だったが、あまりに人が多かったためか、10分繰り上げてスタート。
 


続々とお客さんが入場!


入場時には「パスポート」型のチケットが手渡され、再入場する際に必要となるそうだ。
 


この青いのがパスポート。ちょっと凝っていてかわいい


無事に入場し、まずは横浜港大さん橋国際客船ターミナルの広報リーダー、斎藤等(さいとう・ひとし)さんにお話をうかがった。
 


にこやかに対応してくださった


大さん橋マルシェとは、名前の通り大さん橋で開かれる市場である。

イベントの主催は「横浜港大さん橋マルシェ実行委員会」で、大さん橋の管理者である横浜港振興協会、神奈川新聞社、ハリマビステムの3社のほか、港湾局や里海イニシアティブ、漁業協同組合連合会などの団体から構成されている。

会場となったのは、普段は入ることができない大さん橋の山下公園側エプロン(岸壁)。約30メートル×450メートルのうち、3分の2を使用するという。この細長い空間に、幅1.8メートル、奥行2.7メートルの店舗が並ぶのだ。

 

この石畳の場所が岸壁。左側に見えるのが、普段から開放されているデッキ部分


出店する企業や団体、個人は公募され、今回は県内をはじめ全国各地から101の店舗が出店したそう。

その101の店舗は大きく分けると、大学生たちによるオリジナル商品が販売される「大学ゾーン」、県内各地から多数の商品が集まる「県内産品ゾーン」、横浜中央卸売市場で扱われる鮮魚が紹介されている「横浜中央卸売市場・地産地消飲食ゾーン」、他府県の特産品がそろう「全国産品応援ゾーン」、食と密接に関わる環境保護活動を行う、もしくはそれに貢献しうる製品を作る企業や団体による「環境ゾーン」の5つに分けられている。
 


店舗の看板を見れば何ゾーンなのかが分かる


斎藤さんにマルシェのおすすめポイントを尋ねると「生鮮ですね」との回答。ということで、その生鮮から、見て回ることに。
 


海辺でダイコンって! という驚きを凌駕する、新鮮な野菜の誘惑


一方、いろんな漁港ののぼり旗がはためく場所も


ちなみにこの魚は展示品。「それぞれの漁港でどんなものが水揚げされるかを知るきっかけになるように」とのことだそう。実際に本物の魚に触ることができるため、子どもたちも楽しそう。

 

見慣れない魚もたくさん。たしかに漁港にも行ってみたくなる


ほかにも見ていくと・・・あれ?
 


「ロイヤルウィング」が出店してる!


横浜の景色を楽しみながら食事ができるレストラン船「ロイヤルウィング」の店舗では船内で購入可能な商品や、今回のために開発されたオリジナルの叉焼(チャーシュー)まん、あんまんなどが販売されていた。じゃんけん大会も行われており、店員の方に勝つと乗船優待券がもらえるというので、挑んでみたが・・・
 


あっさり負けてしまった


ちょうどそのじゃんけんに勝った女性がいらっしゃったので、お話を聞かせていただくことに。

女性は二人連れで横浜市西区在住。今回の大さん橋マルシェは、その1週間前に三井アウトレットパークで開催されていたマルシェで知ったそう。
大さん橋マルシェの印象を尋ねると「地元民が多い感じ。今後もこれくらいの内容・規模で開催されるなら来たい」と話してくださった。
 


2週続けてマルシェにお出かけ。楽しそうでいいな

 
 
神奈川ゆかりの食材を使った昼ご飯を堪能!・・・キニナル続きは次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事