ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

工事現場監督・監督候補募集|横浜の地域密着建設会社「安藤建設」×はまれぽ.com
横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年10月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    しっちょんさんと同じく、横浜駅北口は鶴屋町へ、やはり有料駐車場に出汁の自販機があります。ペットボトル入りの出汁です。何故、駐車場に出汁の自販機?気になります。

    ナチュラルマンさん

    11/11に妙蓮寺で行われる「寺フェス」が気になります!水行体験もできるとか。ライターの方にぜひチャレンジしていただきたいです!

    miyukidさん

    相鉄バスに「バスナビ」という方法で、コンピュータやスマートホンなどにバスの運行状況を随時案内しています。他のバス会社では、似たような案内を行わないのでしょうか?。神奈川県は観光客も多いと思いますので、...

    狐猫さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

SNSは利用していますか?

Facebook、Twitterなどはもちろんほかも
Facebookのみ
Twitterのみ
Instagramのみ
LINEのみ
そのほか
もうやめた
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「10月21日今日は何の日?」
2位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
3位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
4位
【はまれぽ名作選】プロでも運転が難しい?市営バスの難関路線に迫る!
5位
100年続く古き良き金魚店が横浜に!? 上大岡の「野本養魚場」を訪問!
6位
人口減少に歯止め? 消滅可能性都市・三浦市の新たな試み、空き家バンクとは?
7位
【はまれぽ名作選】本牧にある遮断機が無い踏切って、どんなふうに機関車が通るの?
8位
地下鉄関内駅の工事の内容は? 謎の右側通行の真相も調査!
9位
鉄道6社が乗り入れる横浜駅!最速で乗り換えできるルートは?
10位
【はまれぽ名作選】上永谷駅付近にあるトンネル入り口「日野隧道」、出口はいったいどこ?
11位
横浜中華街のごみ不法投棄問題、現状と今後の対策は?
12位
横浜のクリーニング店で見かける"かわいすぎるクマ"の謎を探れ!
13位
治安の悪さは首都圏イチ!? 川崎競馬場周辺の夜を体験!
14位
久里浜港に新しくオープン! 海鮮料理がうまい温浴施設「海辺の湯」に突撃!
15位
【はまれぽ名作選】34駅、計3449段!ライター井上が地獄の階段レポに挑戦!~市営地下鉄~
16位
鶴見に眠るお宝はおいくら万円? なんでも鑑定するあの番組に潜入!
17位
【はまれぽ名作選】なぜミニストップ1号店の場所に港北区の大倉山が選ばれたの?
18位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
19位
創業80年以上の戸塚区で唯一の銭湯「矢部の湯」が閉店するって本当?
20位
横浜で一番大きな本屋はどこ? 横浜駅西口の意外な場所に発見!
21位
大学の図書館になった旧ドリームランドのホテルの中ってどうなってるの?
22位
献血ルームの中で1番良い記念品がもらえるのはどこ?
23位
市営地下鉄グリーンラインの延伸計画は、その後どうなった?
24位
どうして神奈川には運転免許試験場が二俣川にしかないの?
25位
都筑区にあるコストコのアウトレット品を超激安で売るお店の秘密とは?
26位
10分間隔でくる横浜駅(YCAT)-羽田空港間のリムジンバス。採算は取れているの?
27位
渋滞対策のために整備された「保土ヶ谷バイパス」が日本一交通量の多い一般道って本当!?
28位
肩凝りが治る!?高周波バス停の由来は?
29位
資源回収日に出した古着はどこへ!? 横浜の最新「古布」リサイクル事情を追う!
30位
獲れたての魚が食べられる食堂もある本牧漁港ってどんなところ?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

横浜市営地下鉄が延伸するらしい。川崎にメリットがある計画、とニュースになっていたが、どんなメリットがあるの? 電車賃は値上げするの?(スズノさん)

はまれぽ調査結果

2018年度末までに「事業化するかどうかを判断する」というのが現状。延伸が実現すれば横浜・川崎にとって時間短縮のメリットがあるが、運賃は未定

ライター:田中 大輔 (2017年05月14日)

はまれぽでも、過去何度となくお伝えしてきた、横浜市営地下鉄ブルーラインのあざみ野-新百合ヶ丘間の延伸計画。

2016(平成28)年4月に国土交通省の交通政策審議会(交政審)でまとめられた答申において、「地域の成長に応じた鉄道ネットワークの充実に資するプロジェクト」のひとつとして改めて位置づけられ、ざっくり言ってしまうと、国からもお墨付きをもらっている状態だ。
 


国からも重要性を認められた計画だ
 

2017(平成29)年2月22日、横浜市の林文子(はやし・ふみこ)市長が2018年度末までに事業化するか否かの判断を下すと表明し、計画は新たな段階へと入って行った。



計画は新たなステージへ

この計画は、現在ブルーラインの起点・終点の駅となっている青葉区のあざみ野駅から、川崎市麻生区にある新百合ヶ丘駅まで線路を伸ばそうというもの。
 


現在、両駅をつないでいるのはバス路線のみ
 

延伸が実現すれば、バスでの移動で約30分かかっている現状に比べ20分ほどの時間短縮が見込まれるほか、新百合ヶ丘方面から横浜の中心地や、新幹線が停まる新横浜駅へ行きやすくなるなどの利便性向上が期待されている。

もちろん、他社線がストップしてしまった際に移動の選択肢が増えるというメリットもある。時間の短縮にせよ、利便性の向上にせよ、横浜市民に限ったメリットではなく、川崎市に暮らす人にとってもプラスとなる要素だ。
 


横浜市が試算した、延伸によって期待される効果
 

今の時点ではあくまで計画の段階で、実際にこの路線を作って地下鉄を走らせるかどうかを2018年度末までに決める、というのが冒頭の林市長の発表だ。

事業化に向けて2014(平成26)年夏ごろから横浜市都市整備局が基礎調査に着手し、計画は会議室から現場へも広がり始めていたわけだが、今回の発表を受けて計画は次のステージへと踏み出したことになる。
 


まだ「延伸が決定」ということではない
 

林市長の発表によって、これまでこの計画を担当していた都市整備局に加え、事業化することになれば運行を任されるであろう交通局も、予算を組んで現地での調査に乗り出すこととなった。

計画の現状、そして今後の話を両局の担当者に聞いた。



自信のほどは?

2017年度と2018年度の2年間で事業化できるか否かを判断する運びとなったわけだが、現実的にはどんな結果になりそうなのか。

それを判断するために設定された2年間なわけだから、今の時点では「分かりません」というのが公式回答にはなるのだが、それでも都市整備局都市交通部都市交通課の松井恵太(まつい・けいた)課長は「われわれも根拠なく事業化の判断をすると言っているわけではありません」と話してくれた。
 


計画全体の司令塔となるのがこの部署
 

確かに、まったく現実的でもない計画で交通局に予算を付けたり、ましてや隣接する川崎市に協力してもらったりするのはナンセンス。

もちろん状況が変化し続けるので先のことは見えない部分もあるが、一定の見通しは立っているからこその計画だと考えるのが自然だろう。
 


意外に延伸の実現可能性は高い?
 

実は、交政審の答申には、あざみ野-新百合ヶ丘間の延伸以外にも、横浜市が関わる路線が2つ位置づけられていて、日吉-鶴見、中山-二俣川-東戸塚-上大岡-根岸-元町・中華街間が結ばれる予定の「横浜環状鉄道」と「東海道貨物支線貨客併用化」がそれに当たる。
 


交政審の答申にあった横浜市に関する鉄道計画(横浜市ホームページより)
 

どちらも横浜市の鉄道計画に関するものだが、市としては今回のテーマである「あざみ野-新百合ヶ丘延伸」を優先度の高い計画としている。

「万が一、優先度の高いブルーラインの延伸計画が事業化できなければ、ほかの2つの計画も事業化できないと考えるのが普通でしょう」と松井課長が話すように、この計画の事業化が失敗に終わることは横浜市の鉄道計画においてはかなりの痛手。

そういった側面を考えても、市としてはこの延伸計画は是が非でも形にしたいし、一定の自信を持っているということだろう。

だから、想定より芳しくない調査結果が出る可能性もあるが、コスト削減など様々な工夫を行うことで実現の可能性を高めていきたいそうで、「そこは行政マンの腕の見せ所です」と松井課長は力を込めて話してくれた。


メンバーの「想い」とは?・・・キニナル続きは次のページ
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事