ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

年末年始に食べるべき極上の一皿
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2017年12月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    相鉄線は羽沢横浜国大駅(仮)の建設が進んでおりますが、新線には相鉄・JR・東急からそれぞれどこ行きのダイヤが組まれようとしているのか、その検討状況が気になります。相鉄線が都内や千葉県まで遠征する計画も...

    ほわりんさん

    相鉄側が労使交渉で「ストライキをしたら損害賠償請求や懲戒処分を検討する」と発言し、県労委が「不当労働行為に当たる」と認定した件が気になる。またバス運転手らに子会社への転籍か早期退職を迫り、従わない者に...

    幸人さん

    先日、京急・屛風浦駅の改札横にあるコンビニに立ち寄った所、レジ打ちをしてくれた方が駅員さんでした。良く見るとコンビニのレジと駅員室が一緒になっているんです。駅員さんがレジ打ちするなんて見たことありませ...

    黒くてもシロッコさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

よく利用するバスはなに?

横浜市営バス
京浜急行バス
神奈川中央交通
江ノ電バス
川崎市営バス
川崎鶴見臨港バス
箱根登山バス
そのほか

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
【はまれぽ名作選】 金沢区六浦の「ラーメン神豚」! 「631大ラーメン」と大格闘の巻!
2位
【はまれぽ名作選】相鉄ムービルにあるメガ盛りの店「金太郎」の「メガ盛焼スパ」を実食!
3位
【はまれぽ名作選】取材不可!? 横浜橋にある超有名天丼屋「豊野丼」に突撃!
4位
【編集部厳選】散歩ついでに噂のあれを喰らう!
5位
【はまれぽ名作選】陸の孤島の名店? 磯子区岡村で食いだおれ!
6位
【編集部厳選】あんあんあん! やっぱり大好き! 焼き鳥ちゃん!
7位
1ヶ月間しか食べられない!? 上海蟹の美味しさを中華街で検証!
8位
早朝6時から反町に漂うコーヒーの香りの正体は?
9位
【はまれぽ名作選】店名に横浜とつくのに他県の方が店舗が多い?横浜西口五番街のたいやき屋さん「横浜くりこ庵」に突撃!
10位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
11位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.6』~「ウイスキートディ」と常連さん~
12位
【はまれぽ名作選】テレ東の「大食い王決定戦」のニューヒロインVSライター・クドー、3kgの唐揚げを完食できるのか?
13位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
14位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
15位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
16位
超個性派横須賀B級グルメパン「ポテチパン」とは?
17位
【ニュース】崎陽軒が「メガシウマイ弁当」を発売! シウマイの食べ比べができるプレミアム弁当も!
18位
ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?
19位
「これぞ家系」、直系店第1号店の杉田家に突撃! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾六
20位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
21位
元町の老舗洋菓子店「喜久家」のオリジナルスイーツ「ラムボール」誕生秘話を徹底レポート!
22位
吉村家から受け継がれた味! 吉村家直系店と最初の独立店が登場! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾四~
23位
横浜駅、行列の立ち食いそば店「きそば鈴一」に突撃!
24位
横浜生まれのバナナってどんな味!?
25位
【はまれぽ名作選】車橋、宮川橋、関内・・・横浜に急増中とウワサの「もつ肉店」の正体は?
26位
【編集部厳選】寒くなってきたんで、とりあえず、おでんでも!
27位
鎌倉・小町通り、盛りがすごいと噂の老舗カレー店「キャラウェイ」に突撃!
28位
【はまれぽ名作選】野毛には、リアルな深夜食堂がある?
29位
マグロも温泉も! 「みさきまぐろきっぷ」のお得な使い方は?
30位
分厚いパンケーキを横浜駅徒歩5分圏内で2店舗発見!!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

大船にある天龍ラーメン、激セマでカウンターの5席ぐらいしか席がありません。おじいちゃんおばあちゃんしかお客がいないようなんですが、若輩者でも入っていいか調べてください。(腰痛おじさん)

はまれぽ調査結果

創業43年の老舗ラーメン店。長年お客さんを惹きつける名物ママは、平成生まれの若輩者ライター・黒澤を大歓迎してくれた。

ライター:黒澤 陽二郎 (2017年06月23日)

激セマでも心は広い店「天龍」

「天龍」と聞いて、大船にわりと土地勘のある筆者は、すぐにピンと来た。

なぜなら、ここだけ時間が止まっているような、明らかに“昔ながら”のラーメン店だと分かる風貌だからだ。

大通りにこの出で立ち。キニナらない方っているのでしょうか(1年前に撮影) 

平成生まれの筆者はキニナりすぎて、1年前に外観を撮影していたが、現代において異質すぎる風貌に一人で入店する勇気がなく、今回が初訪問。

午後11時ころにお邪魔した。 
 

JR各線「大船駅」東口よりモノレール沿いを北鎌倉方面に歩き約5分 

夜の出で立ちはさらに渋く、味がある 
 

店内から、にぎやかな声が聞こえる。2〜3人のお客さんがいるようだ。

入店し、取材の旨を伝えると快く応じてくれた。 
 

お店を切り盛りするのは、「ママ」と呼ばれるかわいらしい女性 
 

「化粧してこよっかー」と冗談めかしてはにかむママ。とても陽気でかわいい人柄が、このやり取りだけで伝わって来る。

いきなりだが、キニナル投稿の本題を聞く。若者が来ても大丈夫なお店ですか?

「若けぇ方がいいよー!」とパワフルに応えてくれるママ。
初対面でもすぐに受け入れてくれる。席はカウンターが6席と、確かに激セマだが、なんだか安心する雰囲気だ。 
 

吊り下げられた品書きや 
 

冷蔵庫に貼られた手書きのメニュー


昭和ドラマで見たことがあるような店内に懐かしさを覚え、自然と肩の力が抜ける。

さて、何を食べようかと考えていると、隣の席にいたお客さんに「鍋を振らないメニューにしてあげて。ママは肩が上がらないからさ」と声がかかる。 
 

奥のお三方は何十年も通われている常連なんだそう 
 

深夜はママ、お昼から夜まではママの弟さんが店に立つ。チャーハンや野菜炒めなど、鍋を振る料理が食べたい場合は、早い時間に来れば弟さんが作ってくれるとのこと。

すぐに声をかけられたことに驚いたが、それ以上にママの愛され具合にほっこりする。 
 

愛情の温度はいかほど



昭和の空気を纏う(まとう)ラーメンをいざ、実食

では、鍋を振らない料理「ラーメン(500円)」と「餃子(400円)」を注文し、しばし歓談。 
 

テキパキと調理するママ 

「はいよ〜っ!」の声とともに出てきたのがこちら。 

琥珀色が美しい「ラーメン」。たくあんも付いてくる 
 

みなさんラーメンの絵を描けと言われたら、こんなラーメンを思い浮かべて描くのではないでしょうか。それくらい「THEラーメン」という姿をしている。 
 

ずるずるずる


鶏ガラとしょうゆのスープの香りが食欲をそそる。クセのない黄色い麺は、ずっとすすり続けていたいような、飽きがこない味。

作り方は「ひ・み・つ」という自家製のチャーシューも優しい味わい。柔らかいメンマとネギのシャキシャキ感のコントラストもたまらんです。

平成生まれの筆者は昭和の味を知らない。でも、懐かしいという言葉が自然と出てくるラーメンだ。 
 

シンプルに美味しそうな餃子 
 

ビールが飲みたくなってくる!


お肉とニラの旨味があふれ出てくる。実家の味がして、心地よいため息が出る。 
 

サービスでお漬物まで頂いちゃったり


ホッとするママの人柄と料理と空間。

ついつい長居したくなるお店は、簡単に作れそうにない。どのようにして、天龍ができたのか、ママに伺う。


いよいよ天龍誕生秘話や愛の秘密にまで迫ります・・・キニナル続きは次のページ≫


最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事