検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • お得な【特典】付き♪お店特集!期間限定特典を今すぐGET!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

ココがキニナル!

箱根駅伝でお馴染みの戸塚中継所に「カミカゼ」という伝説のラーメン屋が復活しています。調査してください!(戸塚たぬきち)

はまれぽ調査結果!

店主が開店させたラーメン店は、2016年オープンの「カミカゼ」で4店舗目。レトロな空間と絶品ラーメンを楽しむことができる。

  • LINE
  • はてな

2017年07月05日

ライター:黒澤 陽二郎

「幻の」とか「伝説の」とか、希少性を表す言葉ってちょっと嘘くさい気がするけれど、結局キニナってしまう。

開店と閉店を繰り返すと伝説になるということは、就職と退職を繰り返してきた筆者も〝伝説のサラリーマン“と呼ばれるのか。

それはたぶん違うので、伝説たる所以を聞きに一路戸塚へ。
  

怒涛の開店&閉店ループ 

 

お店の看板を「あッ!!」と発見 
 

「戸塚駅」から車で国道1号線を10分ほど進むと、インパクトのある看板が見えてくる。 
 

ラーメン店2軒とラーメン店を装う小屋が1軒 
 

「あッ!!」の看板の小屋は「ら〜めん屋だ!!」と主張しているが、自動販売機が並んでいる。

いったい今まで何人がツッコミを入れたのかキニナるが、今回のお目当ては写真左のお店。 

店前のベンチやのれんが昭和感を思い起こさせる 
  

薬局でよく見る「サトちゃん」が入り口でお出迎え 
 

インテリアはポップでカフェ風だが・・・ 
 

味のあるレトロなものもちらほら


店の雰囲気をあえて統一していないのか、さまざまな時代のものが混在している。お店の風貌だけで筆者は確信した。店主は絶対変わった人だと。 

だって冷蔵庫にグローブが入ってるんだもん


すでに伝説感が醸し出ているように感じるが、話を聞いていけば自ずとその答えが出るはずだ。店主の大山(おおやま)きよしさんにお話を伺った。 

まずは、開店と閉店を繰り返しているという歴史について


大山さんが今までにオープンさせたお店は、同店で4店舗目。前の3軒はすでに閉店しているとのこと。

詳しく聞くと、1店目は今と同じ「カミカゼ」という名前で2001(平成13)年に大山さんの地元である泉区中田西にオープン。もともと料理は得意だったそうだが、飲食店での経験はなし。

「自宅でラーメンを2、3回試作した程度でしたが、やっていけるって思ってラーメン店を始めちゃったんです」 

やっぱり変わっている人でしたが、とんでもない行動力!


失敗するパターンかと思いきや、その自信のとおり、店は日々行列ができる人気店に。順風満帆の走り出しだったが、ご家族の体調不良などで、店をあまり開けられなくなっていった。

営業日数の減少。店を開けると長蛇の列。あまりの忙しさから、2004(平成16)年に閉店することを決めた。 

苦渋の決断だった


「でもありがたいことに、またやってくれって声が後を絶たなくて。すぐに『またやるか!』という気持ちになりましたね」という大山さん。

ファンの後押しもあり、2005(平成17)年、藤沢市善行にカミカゼを復活させた。だが、その1年後に立地条件やコスト面を理由にまたも閉店。

その後は、ホームヘルパーや林業など、ラーメンとは関係のない道を進んだという。 
 

波乱万丈のラーメン物語


しかし、8年経っても「またラーメン店をやってほしい」という声は消えなかった。

それに応える形で現在の場所のお隣(現まるもり製麺)で店名を「尋」に変え、ラーメン店を再開。こちらも人気店として、多くのお客さんがついていたが、とある理由で2016(平成28)年2月に再々閉店を余儀なくされる。

それでも、大山さんのラーメンを求め続ける人がいる。その思いを胸にその約半年後、改めてこの地に「カミカゼ」を復活させたのだ。 
 

1店舗目の開店から15年の時を経て、再スタートを切った


常に人気店を作りながら、閉店をせざるを得なかった不遇なラーメン人生。それでも諦めずに大山さんは何度も立ち上がる。

伝説と言われる所以は、ファンの心と胃を掴むラーメンの腕と、大山さんの不屈の精神にあったのだ。 

店の前は箱根駅伝の中継所でもある


苦しくても最後までタスキをつなぐランナーと、シンクロする部分もあるのかもしれない。



野球とアンティークをこよなく愛するラーメン店


話を聞いていくと、もの静かだがとことん熱い人柄ということが分かった。

好きなものは、とことん突き詰めてしまうという大山さん。ラーメンのことはもちろんだが、店の内外に飾られているアンティーク品集めにも熱を注いでいる。 

通勤に使う自転車は、約40年前に発売された「ブリヂストン・ロードマン」 
 

名刺に印刷されている愛車の「チェリー」。レストアも自分で行うという

 
アンティーク品の魅力に取り憑かれ、コレクションするように。さらに野球も好きで、先ほどからキニナっていた古いグローブは、自宅に100点以上あるそうだ。 

野茂モデル。刺繍の色の話など、うんちくが止まらない

大洋ホエールズなど、昔の野球帽もたくさんあった 
 

興味を持ったもの、好きなものに対しては徹底的に深堀りしていかないと、気がすまないようだ。

そうなると、やはり興味はラーメンの味に向く。絶対の自信を持つラーメンのことだ。とんでもないこだわりを持っているんだろう。 

いよいよラーメンの実食! 
 

はまれぽ編集部のイチオシ

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

【スタッフも募集中】「東宝タクシー」の新しい取り組みがすごすぎる!鶴見の名所巡りをしながら聞いてきた

  • PR

不動産の「困った 」を総合的に解決。 有効活用への道を開く「日経管財株式会社」

  • PR

さまざまな場面で最大限の便宜を図る、港北区日吉の不動産屋さん「エス・ケーホーム株式会社」

  • PR

天王町で30年以上続く居酒屋さん! 本格的な料理がリーズナブルに味わえる「出世居酒屋いっすんぼうし」

  • PR

愛され続けて60年、横浜駅から徒歩1分で昭和の横浜を体験できる老舗「季節料理 なか一」

  • PR

牛肉はA5ランクは当たり前、さらに等級にもこだわる至極の味わい。牛鍋・しゃぶしゃぶの「じゃのめや」

  • PR

ステッカーの制作現場に潜入! ノベルティや看板の制作なら井土ヶ谷の「株式会社グランド」

  • PR

「鎌倉野菜」や「ジビエ」などの素材にこだわった本格イタリアンを楽しめる上大岡のトラットリア!

  • PR

「勉強は楽しい!」と皆が感じる空間に成績アップの秘訣あり。学習塾「FULLMARKSセンター南」

  • PR

最近のコメント

アクセスランキング