ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜のお花見スポット2017 〜シーン別桜の名所15選〜 [はまれぽ.com]
イベントカレンダー2017年4月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    「ハマトラ・ファッション」って何?横浜トラディショナルの略だと思いますが、横浜はお洒落な街でありながら、ファッション不毛の地とも言われていると思います。そもそものハマトラの歴史なそのファッションの定義...

    coco茶さん

    新百合ヶ丘にハウスメッツガー・ハタと言う肉屋があるのですが そこのビーフジャーキーはなんと1枚2000円します 試しに食べてみたのですがもうヤバイです どんなにハードル上げようがそれを越えるジャーキー...

    へこみんさん

    星川にあったタジマヤの跡地が何になるのか調べてください、地元ではマンション、スーパーなど噂されています。16号挟んだ向かいの土地も一体開発との噂もあります。

    地元のこと教えて下さいさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

そろそろは花見シーズン。どの場所の桜が好きですか?

三溪園
金沢自然公園
三ツ池公園
こども自然公園
大岡川
三ツ沢公園
根岸森林公園
掃部山公園
その他
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
鶴見区に存在すると噂される、「鶴見系」と呼ばれるそば・うどんを現地調査!
2位
横浜市内のアットホームで美味しい洋食屋さんはどこ?「東急東横線沿線」編 第2弾
3位
北海道の消滅可能性都市5位の町で大人気のパン屋さんが、青葉区に進出したって本当?
4位
創業50年以上の野毛「三幸苑」の味を受け継ぐ、野毛坂にある新店とは?
5位
「家系“直系風”の味を追求」する2店舗を徹底調査
6位
横浜でおいしいナポリタンが食べられる老舗の喫茶店はどこ?
7位
開店10年以上の"家系ラーメン・プチ老舗店"の店長が次に目指すラーメンとは?
8位
男子もOK! 横浜赤レンガ倉庫「ラーメン女子博」の様子をレポート!
9位
崎陽軒が開発した「シウマイ弁当専用のお茶」は本当にシウマイ弁当に合うのか徹底検証!
10位
すごいオーラを放つ老舗店「大倉山もつ肉店」に突撃取材!
11位
浅間町の一体何屋なのかわからない食堂に突撃!
12位
【編集部厳選】パスタじゃない! 「スパゲッティー」が食べたいんだ!
13位
【編集部厳選】サクッとおいしい&安い! 「横浜立ち飲みマップ」!?
14位
横浜市内で個性的なサンマーメンが食べられるお店を教えて!
15位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
16位
横浜のベストな「から揚げ定食」を探せ! 「学生の街 日吉」編
17位
【編集部厳選】今年最初の3連休、昼から飲んじゃう?
18位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
19位
作家にちなんだメニューがある本牧間門の「文豪カフェ」に突撃!
20位
横浜市内でオススメのイチゴ狩りスポットはどこ?
21位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
22位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
23位
マグロも温泉も! 「みさきまぐろきっぷ」のお得な使い方は?
24位
【編集部厳選】3(さ)10(とう)の日だから、自分にご褒美のお砂糖たっぷりスイーツでしょ?
25位
「これぞ家系」、直系店第1号店の杉田家に突撃! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾六
26位
井土ヶ谷の一軒家、美人店主がひっそりと営業する「焼菓子キミドリ」のお菓子が想像をはるかに超えるほど美味って本当?
27位
800グラムの巨大ステーキなどが食べ放題! 野毛「ブッチャーズ☆グリル」でステーキ7種類完全制覇に挑戦!
28位
中華街で一番美味しい肉まんのお店はどこ?
29位
元町の老舗洋菓子店「喜久家」のオリジナルスイーツ「ラムボール」誕生秘話を徹底レポート!
30位
ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?
ハマの永遠番長! 横浜に野球人生を捧げた、三浦大輔さんを徹底解剖!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!
教えて○○さん!

横浜のココがキニナル!

寿町ってそもそもなんでドヤ街が形成されたんでしょう?(紀州の哲ちゃんさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

1955年米軍の接収が解除され、1957年に職業安定所と寄せ場(日雇労働者に仕事を斡旋する場所)が移転してきてから寿町がドヤ街として発展しました。

ライター:吉田 忍 (2011年12月01日)

ドヤ街とは?

主に日雇労働者向けの簡易宿泊所をドヤと呼び、そのような簡易宿泊所が立ち並ぶ街がドヤ街といわれるようになった。ドヤは宿の逆さ言葉で、とても普通の宿と呼べるようなところではないという意味を含ませて作られた呼び名。
 


簡易宿泊所が並ぶ横浜市中区寿町
 

ドアの間隔が部屋の狭さを物語っている
 

古めの簡易宿泊所の宿泊料金


また、ドヤ街は日雇い労働者を集める手配師が毎朝やって来たことから、寄せ場とも呼ばれる。

寿町は、東京の山谷、大阪のあいりん地区とならぶ三大ドヤ街。
寿町を中心とし、扇町や松影町を含む地域を含めて寿町ドヤ街と呼ばれる。
 


ビジネスホテル並の簡易宿泊所。宿泊料金は少し高いがそれでも2,200円
 

新しく建設された簡易宿泊所も多いが、仕切りから部屋が狭いのが伺える




寿町ドヤ街形成の経緯

1950年代、農業の機械化が進み農村では人手が余るようになり、特に農家の次男、三男は都市に移り住み始めた。またこの頃は石炭から石油へとエネルギー転換の時期。職を失った炭鉱労働者なども仕事を求めて都市に流入してきた。

当時、朝鮮戦争による軍需輸送の基地となった横浜港は、荷役労働を中心に港湾労働者の需要が多く、日本中から大勢の労働者が横浜に集まっていた。

当時は野毛に日雇い労働を紹介する職業安定所があって、野毛周辺に簡易宿泊所があり、大岡川には船を改造した水上ホテルのようなものもあった。

一方、寿町周辺は1945(昭和20)年から1955(昭和30)年まで米軍に接収されていた。
接収解除後、1957(昭和32)年に職業安定所の寿町移転と共に、寄せ場も移動し、簡易宿泊所が多く建設され、寿町はドヤ街を形成していくこととなる。
 


寿町総合労働福祉会館(職業安定所)


横浜港での荷役を中心とした労働力需要は大きく、100軒以上の簡易宿泊所が建設され、大変な賑わいを呈するようになる。



普通の民家や会社なども混在している


この地区には普通の保育園もある


最盛期の夜には、立ち飲み酒場のカウンターを二重三重に客が取り囲んでいたという。

ドヤ街は、日本の高度成長期を安価な労働力で支えた場所でもあったのだ。
 


当時は賑やかであったであろう街角

 
時代の流れとともに、寿町に異変が!?次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

立ち飲みスペースが藤棚商店街に多い理由とは?

横浜駅でのビッグイシューの販売場所はどう決まる?

「寿町」に関するキニナル