ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

町のかかりつけ医・関内編

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    港北区の篠原町(1005番地19辺り)に10年以上使われていない国有地の原っぱがあります.篠原町に住んで20年近くたちますが,未だに何に使われているのか分かりません!調査をお願いします!

    うまじろうさん

    二俣川駅の試験場付近にある県職員公舎の取り壊しについて。取り壊して公園を整備するとの事ですが、いつ完成するのでしょうか。比較的整備された南口は道も広く大きな公園がありますが、それに比べ北口はごちゃごち...

    みーたさん

    毎朝沢山の人でごったかえす横浜駅。特に東急の改札に行くところは階段や改札口で何回も乗る人と降りる人が交差します。あれって、床を色分けしたりして交通整理できないのでしょうか?例えば進行方向により床の色分...

    行くぞ大洋さん

もっと見る

あなたはどう思う?

アクセスランキング

ジャンル
1位
2年続けて大荒れだった横浜市の「成人の日を祝うつどい」、今年の様子は?
2位
多摩川沿いにそそり立つ川崎総合科学高校は、全国一「高い」って本当?
3位
2年続けてのトラブルで一時、式典中断も! 2016年の横浜市の成人式の様子をレポート!
4位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
5位
一部でトラブルあり!? 2015年、横浜アリーナで行われた成人式の様子をレポート!
6位
子どもがのびのび遊べる! キッズスペースがあるレストランを徹底調査!
7位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
8位
365日24時間勉強している人がいる!? 横浜市内の「24時間自習室」事情を徹底調査!
9位
事故から35年。青葉区の母子3人が亡くなった横浜米軍機墜落事件って?
10位
戦後70年。戦争の悲惨さを振り返る。元特攻隊員、手塚久四さんが語る特攻隊の真実とは?
11位
神奈川県立高校が一気に統廃合されるって本当?
12位
9年間の義務教育を行う「小中一貫校」、そのメリットやデメリットとは?
13位
使い勝手が悪いと言われた海老名市中央図書館の実体は?
14位
お魚と多摩川の命をつなぐ「おさかなポスト」って何?
15位
給食のない横浜の中学校で、7月1日に始まった「ハマ弁」の味は?
16位
神奈川屈指の進学校「栄光学園」が上智大学と合併する?
17位
横浜市が小児医療費助成の対象を小学3年まで拡大! その詳細は?
18位
横浜市内で一番敷地面積が広い学校ってどこ?
19位
中華学校に日本人児童が増えてるって本当?
20位
南高等学校附属中学校、普通の公立学校との違いとは?
21位
横浜市が原発事故で自主避難した児童のいじめを放置していたって本当?
22位
江の島にある児玉神社ってどんなところ?
23位
防災頭巾があるのは常識じゃないの!?その歴史と性能は?
24位
公立小中学校がないみなとみらい地区。ここに住む子どもたちの現状は!?
25位
給食のない横浜の公立中学校、7月開始の「ハマ弁」の詳細は?
26位
横浜駅自由通路前「赤い靴の女の子」はいつ設置された?
27位
横浜市立の幼稚園がない理由は?
28位
12年前に九州で起こった工作船事件、なぜ横浜に資料館が作られたの?
29位
平戸桜木沿いに突如現れる屋上の謎のドームの正体は?
30位
横浜市の中学生が戦争語り部に「死に損ない」の暴言。その真相は?
教えて○○さん!
イベントカレンダー2017年1月

横浜のココがキニナル!

寿町ってそもそもなんでドヤ街が形成されたんでしょう?(紀州の哲ちゃんさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

1955年米軍の接収が解除され、1957年に職業安定所と寄せ場(日雇労働者に仕事を斡旋する場所)が移転してきてから寿町がドヤ街として発展しました。

ライター:吉田 忍 (2011年12月01日)

ドヤ街とは?

主に日雇労働者向けの簡易宿泊所をドヤと呼び、そのような簡易宿泊所が立ち並ぶ街がドヤ街といわれるようになった。ドヤは宿の逆さ言葉で、とても普通の宿と呼べるようなところではないという意味を含ませて作られた呼び名。
 


簡易宿泊所が並ぶ横浜市中区寿町
 

ドアの間隔が部屋の狭さを物語っている
 

古めの簡易宿泊所の宿泊料金


また、ドヤ街は日雇い労働者を集める手配師が毎朝やって来たことから、寄せ場とも呼ばれる。

寿町は、東京の山谷、大阪のあいりん地区とならぶ三大ドヤ街。
寿町を中心とし、扇町や松影町を含む地域を含めて寿町ドヤ街と呼ばれる。
 


ビジネスホテル並の簡易宿泊所。宿泊料金は少し高いがそれでも2,200円
 

新しく建設された簡易宿泊所も多いが、仕切りから部屋が狭いのが伺える




寿町ドヤ街形成の経緯

1950年代、農業の機械化が進み農村では人手が余るようになり、特に農家の次男、三男は都市に移り住み始めた。またこの頃は石炭から石油へとエネルギー転換の時期。職を失った炭鉱労働者なども仕事を求めて都市に流入してきた。

当時、朝鮮戦争による軍需輸送の基地となった横浜港は、荷役労働を中心に港湾労働者の需要が多く、日本中から大勢の労働者が横浜に集まっていた。

当時は野毛に日雇い労働を紹介する職業安定所があって、野毛周辺に簡易宿泊所があり、大岡川には船を改造した水上ホテルのようなものもあった。

一方、寿町周辺は1945(昭和20)年から1955(昭和30)年まで米軍に接収されていた。
接収解除後、1957(昭和32)年に職業安定所の寿町移転と共に、寄せ場も移動し、簡易宿泊所が多く建設され、寿町はドヤ街を形成していくこととなる。
 


寿町総合労働福祉会館(職業安定所)


横浜港での荷役を中心とした労働力需要は大きく、100軒以上の簡易宿泊所が建設され、大変な賑わいを呈するようになる。



普通の民家や会社なども混在している


この地区には普通の保育園もある


最盛期の夜には、立ち飲み酒場のカウンターを二重三重に客が取り囲んでいたという。

ドヤ街は、日本の高度成長期を安価な労働力で支えた場所でもあったのだ。
 


当時は賑やかであったであろう街角

 
時代の流れとともに、寿町に異変が!?次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

立ち飲みスペースが藤棚商店街に多い理由とは?

横浜駅でのビッグイシューの販売場所はどう決まる?

「寿町」に関するキニナル