検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
  • はまれぽ.com無料掲載について
小田急線百合ヶ丘駅近くの360度道路に囲まれた飲食店「みねや」ってどんなとこ?

ココがキニナル!

川崎・百合ヶ丘駅北側の「みねや食堂」の立地なんですが、店舗周囲360度が路面です。取材してください。(マッサンさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

みねやは百合ヶ丘駅近くで営業している料理屋さん。開店当初から周囲は道路に囲まれていた。元芸能人の店主は地元では有名な人物だったとのこと

  • LINE
  • はてな

2018年05月11日

ライター:松崎 辰彦

百合ヶ丘駅にある「みねや」

川崎市麻生区にある小田急線百合ヶ丘駅。新宿駅から出発すると新百合ヶ丘駅の一つ手前の駅である。

 

百合ヶ丘駅
 

プラットホームに降り立ち、北口から外に出ると眼下に世田谷町田線の道路が走っている。
投稿にある「みねや」は駅のすぐそば、道路ぎわにたたずんでいる。

 

「みねや」の看板が見える
 

迷うまでもない。

 

みねや
 

小さな一軒家。もう長らくここで商売をしてきたであろうことは、その風格から否応もなく察せられる。

「360度が路面」とのことだが、周囲を観察するとなるほどたしかに道路に囲まれている。

 

背後から。三方が道路に囲まれている
 

周囲に同じような場所もなく、ポツンと孤立している感じもするが、一種存在感のある店構えである。

ともかく中に入ろう。お邪魔します!



コンビニのない時代、みねやは人気店だった

「このお店は私の母が自分の兄、私からすれば伯父(おじ)から買ったものです。伯父は、東京都大田区蒲田にいたんですが、昭和30年代にここに移り、この店で寿司屋を始めました。そのときから屋号は『みねや』です」

話してくれるのはこのお店のご主人、海川一(うみかわ・はじめ)さん。小さなお店を切り盛りしている。

 

海川一さん
 

お店の歴史から教えてくれた。

「伯父はここを皮切りに、付近で同じ『みねや』という寿司屋を何店舗も開店しました。そして妹である私の母に『この店を買わないか?』と持ちかけたんです。母ももともと東京都大田区にいたんですけれども、当時は川崎市柿生に飲食店を出していました。その店も儲かっていたのですが、母は伯父からやはり昭和30年代にこの店舗を買い取り、ここに移りました。最初母は焼き肉屋をやり、そのあと居酒屋になりました」

 

一さんの母親、海川千代子(うみかわ・ちよこ)さん(画像提供:海川一)
 

店内はせまい。席はカウンターのみ、数人も座ればいっぱいである。

 

カウンターは7席
 

「昔景気がよかったころは、外で客さんが列を作って待っていましたよ。あのころはお店もなかったし、コンビニなんてものもなくて、時代がよかったんですね」
当時から地元の根強い固定客に支えられているようである。

「このあたりには独身寮がいっぱいあったんです。富士通とか大手の独身寮が。そこの人たちが『寮のご飯はおいしくない』とかいいながら食べにきていました。みんな地方からきた男の子たちですよ。その子たちに朝なんかはお握りを作ってあげていました。みんな持って帰るんです」

母親代わりだった様子である。
そんな千代子さんも2017(平成29)年、90歳の天寿を全うした。



かつて芸能界にいた

ほかの食品関係の店で働いていた一さんが、実家であるこの店に帰ってきたのは20代のころ。
一さんは1956(昭和31)年12月8日東京生まれ。当年62歳、可愛いお孫さんもいる。
父親は東京電力に勤めていたが、若くして他界した。その後は母親の千代子さんが一さんら兄弟を育てた。

 

母親(左)と(画像提供:海川一)
 

そんな一さんにはユニークな経験がある。13歳から芸能界で活動したのである。
「大手の芸能プロダクションと劇団に入っていました。映画なんかにも出て、自分のレコードも出したりしました」

 

中学生時代。すでに芸能人だった(画像提供:海川一)
 

高校は東京都中野区にある、芸能コースが有名な某高校。郷ひろみや野口五郎といった当時のスターたちとも知り合いだった。

 

ステージや映画で活躍した(画像提供:海川一)
 

「みんなオーラがありましたね。ふだんは女性の親衛隊に囲まれていました。彼女たちはどこにでもついていきます」
芸能界の裏話にもくわしい。

そして一さん自身、地元では有名人だった。
「バカ息子と呼ばれていましたね・・・ここは地味なおとなしい街ですから」

 

成田空港で。「税関で別室に連れて行かれ『麻薬を出しなさい』と言われました」
(画像提供:海川一)

 

耳にピアスをしたり、相当目立つ格好で歩いていたとのこと。車も好きで、若いころから外車に乗っていたそうである。

 

車が好き。中で立っているのが一さん(画像提供:海川一)
 

 
いつから道路に囲まれている立地なのだろう? 次ページへ ≫
 

おすすめ記事

川崎市麻生区にある民家すぎて一見入りづらい謎の美術館って?

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

横浜市営地下鉄ブルーラインが川崎市まで延伸する計画の現状は?

フリーな独立系だからこそできることがある。正しい情報発信に取り組むカーディーラー「株式会社エイト」

  • PR

市営地下鉄グリーンラインの延伸計画は、その後どうなった?

EDやAGAのこと、こっそり相談できるスマホ診察にも対応した、国内正規薬のみを取扱うクリニック

  • PR

泉に和泉にいずみにいづみ、町の歴史を屋号が物語る、はま旅Vol.90「いずみ中央編」

糖尿病を始めさまざまな疾病に対して豊富な知識と経験から最適な治療を見出す「陽和クリニック」

  • PR

新着記事

新横浜駅に暴力団の「武器庫」!? 問題のビルや周辺の様子は?

    • 面白かった70
    • 面白くなかった187
    • コメント2
  • 2018年06月21日

DeNAベイスターズの「オフィシャルホテル」が決定! 球団が進める「スポーツツーリズム」とは?

    • 面白かった62
    • 面白くなかった64
    • コメント1
  • 2018年06月21日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー

はまれぽ編集部のイチオシ

「ファッションと、生きていく」あなたの夢を全力サポート!実践力の「横浜ファッションデザイン専門学校」

  • PR

企業のヒトにまつわる問題解決を担い、企業の長期発展とともに笑顔をもたらす「横山社会保険労務士事務所」

  • PR

中古マンション×リノベ!余裕をもって自分らしいマイホームを作る「リフォーム不動産 横濱studio」

  • PR

「通院」が「お出かけ」に! 「また来たい」と思える、地域のニーズをかなえた歯科医院「オリーブ歯科」

  • PR

牛肉はA5ランクは当たり前、さらに等級にもこだわる至極の味わい。牛鍋・しゃぶしゃぶの「じゃのめや」

  • PR

決して周囲への配慮を忘れない。常に「顧客」の気持ちに立って工事を続ける「横浜総合建設株式会社」

  • PR

フリーな独立系だからこそできることがある。正しい情報発信に取り組むカーディーラー「株式会社エイト」

  • PR

「また同じドレスかぁ」お悩み解消!いつもと違う自分に出会えるレンタルドレス「By Magic」

  • PR

体育会系女子やシニア世代注目! 自分らしいオンリーワンの美しさをご提案「マウラニ」

  • PR

賃貸でもこだわりのマイホームを実現! 家族の健康を大切にしたお部屋探しなら「有限会社アーク・ケイ」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 2018年9月1日、JR横須賀駅構内で「津波を想定した避難訓練」が行われるそうです。一般参加者(15...

  • 横浜は国際都市という事を宣伝で使う場面がありますが。市役所にお勤めの方や横浜市内で勤務されている警察...

  • 毎週木曜日に新聞折り込みチラシと共に入っている「タウンニュース」ですが‥‥………。《こんにちは赤ちゃ...

あなたはどう思う?

サッカーの「ワールドカップ」は見る?

最近のコメント