検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 求人掲載募集バナーA
  • イチオシ「住む」バナー
  • はまれぽに無料でお店・会社が掲載できます!
磯子区にある「メール・ド磯子」っていったい何? 名前の由来は? 

ココがキニナル!

磯子区杉田の「メールド」と呼ばれる由来や意味は?/「メールド中」のバス停を発見。「メールド磯子」の建築協定等調べて(ねこみくさん/maniaさん)

はまれぽ調査結果!

「メール・ド磯子」は「磯子の海」という意味で1969(昭和44)年に海の見える高台の分譲地として造成され、美観にも配慮された区域だった。

  • LINE
  • はてな

2018年09月25日

ライター:おとも尚美

今回は、磯子区杉田に「メールド」と呼ばれる場所があるというキニナル投稿。確かに、「メールド」とは聞きなれない言葉だが、この意味や由来についてキニナルところだ。

まずは、「メールド」について、磯子区役所に問い合わせると「自治会の方が詳しいでしょう」とのこと。どうやら「メールド磯子」には「まちづくりルール運営委員会」というものがあり、区域内の舵取りを行っているらしい。

早速、詳しいお話を伺いに現地へ向かった。
 


JR・シーサイドラインの新杉田駅から

 
215系統の横浜市営バスで「大谷第1公園」を目指す。
 


路線図には「メールド中」という停留所も発見

 
現地に到着すると、「メールド」と文字が入った自治会館があった。
 


「メール・ド磯子自治会館」 メールドの文字の中には点がついている

 
こちらの自治会館で「メール・ド磯子まちづくり運営委員会」の、委員長の橋浦利男(はしうら・としお)さん、委員会の林一郎(はやし・いちろう)さん、竹田美喜雄(たけだ・みきお)さん、小宮山博子(こみやま・ひろこ)さんの4名にお集りいただきお話を伺った。残念ながらお写真はNG。

「メール・ド磯子」について知りたい読者がいる旨を伝えると、皆さんとても驚かれ「えーっ! 嬉しいしびっくりです。ぜひ、みなさんにメール・ド磯子を知っていただきたいので、なんでも聞いてください」と話してくれた。
 
 
 
メール・ド磯子とは?
 
メール・ド磯子は、杉田町大谷と呼ばれていた土地が、1969(昭和44)年の行政区画により、1~9丁目に分割されて出来た7丁目(現・杉田7丁目)に誕生。

杉田7丁目は、現在は存在しない民間業者の株式会社富士工と神奈川県が宅地造成を行い、民間は一戸建てをメインにした「メール・ド磯子地区」、県は集合住宅をメインにした「大谷団地地区」として開発し、2つの地区と2つの自治会、881世帯1892人(平成29年3月31日現在)で成り立っている。
 


青枠が杉田7丁目。赤枠がメール・ド磯子地区(横浜市福祉保健センター発行 しあわせバンクより)
 

メール・ド磯子自治会の地図(メール・ド磯子まちづくり運営委員会より)

 
メール・ド磯子地区は、1970(昭和45)年から入居が開始され、翌年には自治会が発足、建築協定も締結された。まちづくり運営委員会によると、現在の人口は約800人(300世帯)で、住民の約47%が65歳以上と、磯子区でナンバーワンの高齢化率となっている。
 
 
 
メール・ドの由来って?
 
今回のキニナル投稿の「メール・ド」の意味や由来についてお話を伺ったところ、「メール・ド磯子」とは、フランス語の「ラ・メール・ド(La mer de)」を用いた「磯子の海」という意味だということが分かった。

この辺りは、丘陵地にできた宅地の印象だったが、「昔はね、京急線の東側は海だったんです。新杉田の駅もね、昔は海の中ですよ」と、竹田さんが話してくれた。根岸湾の埋め立てが開始されたのが1959(昭和34)年。新杉田駅がある場所は、昔海だったのである。

だが、メール・ド磯子地区が山の中にあることには変わりないし、なぜフランス語を用いたのだろうか。
 


1961(昭和36)年当時の磯子地区。埋め立てが始まった根岸湾と京急線(磯子区役所より)
 

青い部分は海だった
 

新杉田7丁目の高台から。赤枠が京急の線路。青枠が海
 

白い建物は大谷団地。

 
元富士工の社員でもある林さんによると、「今から約50年前、日本のサラリーマンには土地を買って家を建てるという風潮があってね、いろんな不動産会社がこぞって目新しい販売戦略を立てていたんだよ」という。

メール・ド磯子地区もその例にもれず、分譲地名称を「メール・ド磯子 四季」とし、「海が見える場所」「富士山が見える場所」「四季を楽しめる場所」をうたい文句に販売していたそうだ。

フランス語を使用した理由に関しては、今はもう富士工がないので定かではないが、と前置きしたうえで「おそらく当時はやっていたシャンソンの名曲『ラ・メール』を引用し、おしゃれな感じで売ろうと思ったのではないか」と、話してくれた。
 


「メールド中」のバス停

 
次に、キニナルにあった「メールド中」というバス停について伺うと、メール・ド磯子地区のちょうど真ん中辺りにあるから、その名が付いたのだという。

また、メール・ド磯子地区の中に「メール・ド」と名の付く物は、「メール・ド磯子自治会館」「メールド中」のバス停の2つしかないそうだ。今では、「メール・ド」を目にする機会もあまりないとのこと。

小宮山さんは「これだから、『メールドって何?』となるのも無理はないわね」と話し、皆さん楽しそうに笑われた。
 
 
「メール・ド磯子」の建築協定とは・・・キニナル続きは次のページ≫
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

昭和初期、海岸近くに花街があった磯子の歴史とは?

医療同様に地盤にもセカンドオピニオンを! 過剰な地盤改良を未然に防ぎ、住宅建築コストを削減!

  • PR

陸の孤島の名店? 磯子区岡村で食いだおれ!

腐りにくいウッドデッキが大人気。快適さは実績と安心が保証。ウッドデッキ専門会社「ウッディ企画」

  • PR

お酒の「シメ」に!? 磯子区杉田の「(食)盛岡製パン」でコッ

夢のマイホームをセミオーダーで建てる。戸建に関するすべてに自信があります!「株式会社横浜建物」

  • PR

復活! 磯子区「杉田バッティングセンター」が修復工事を終えて

さまざまな場面で最大限の便宜を図る、港北区日吉の不動産屋さん「エス・ケーホーム株式会社」

  • PR

新着記事

京急と市営地下鉄の駅名が同じ「弘明寺駅」なのはまぎらわしい?

    • 面白かった125
    • 面白くなかった6
    • コメント2
  • 2019年02月17日

横浜の「観覧車」はコスモクロックだけじゃなかった!【編集部厳選】

    • 面白かった15
    • 面白くなかった3
    • コメント1
  • 2019年02月17日
求人掲載募集バナーA
イチオシ「住む」バナー
2月イベントカレンダー
--無料掲載案内--

はまれぽ編集部のイチオシ

龍馬の妻、おりょうゆかりの老舗料亭! 1863(文久3)年から歴史を重ねる「田中家」

  • PR

小学校の卒業式で袴という選択。家族の手で着付けをしてあげられる喜びを発信する呉服店

  • PR

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

【スタッフも募集中】みなとみらいで発見!フロントに大きなカゴを搭載した異様な自転車に乗りたい人は集合

  • PR

「気功」ってなんか怪しくない?はまれぽが確かめるべく、山手の気功整体院「Mahã」に直撃取材!

  • PR

一切れで酔えると噂の「Happy Rummy」のアルコールケーキ製造現場に密着。つまみとの相性検証も

  • PR

保険の疑問や不安に応えてくれる地域密着の保険ショップ「保険ラウンジ mioka上大岡店」

  • PR

牛肉はA5ランクは当たり前、さらに等級にもこだわる至極の味わい。牛鍋・しゃぶしゃぶの「じゃのめや」

  • PR

徹底した車内クリーニングは掃除のプロもびっくり!車は友達!「友車倶楽部」

  • PR

「つながりからコトが生まれる」がキーワード! 自社事業を地域貢献につなげる「株式会社太陽住建」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • なぜ、横浜市「中央区」ではなく「中区」なのでしょうか???

  • なぜか横浜に無く東京駅に初出店していた崎陽軒の「シウマイBAR」、ようやく横浜駅東口のアソビルに入る...

  • みなとみらいのスポーツオーソリティーにランニングステーションがあるのを見つけました。ランニングステー...

あなたはどう思う?

そろそろ始まる花粉症シーズン。花粉症対策する?

最近のコメント

アクセスランキング