検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?
日産スタジアムがラグビーワールドカップ仕様にリニューアル!? どう変わった?

ココがキニナル!

ラグビーのワードカップ仕様になった日産スタジアムも取材して下さい/日産スタジアムにある聖火台、ワールドカップやオリンピックで聖火が灯される?(ホトリコさん、ナチュラルマンさん、白マントさん)

はまれぽ調査結果!

ラグビーワールドカップ2019開催規準、オリンピック開催規準に応じたリニューアルに加え、一部設備の改装が実施されている。なお聖火台の点灯予定は未定

  • LINE
  • はてな

2019年06月26日

ライター:星野 憲由

オリンピック、ラグビーワールドカップ2019TM(以下、ラグビーワールドカップ)、サッカーワールドカップの3大会を開催した実績のあるスタジアムは世界にまだない。日産スタジアムは世界初の3大会開催スタジアムになるべく、さまざまなリニューアルを行なっている。

 

新横浜駅から浜島橋を越えた坂道を登っていくと、姿を表す日産スタジアム
 

今回の投稿は、そのリニューアルした日産スタジアムを調査してほしいという内容だ。
どんなグレードアップが進んでいるのかを調べるため、直接、日産スタジアムの管理事務所を訪ねてみた。

 

新横浜駅にラグビーワールドカップの装飾が
 

新横浜公園のビジョンにはカウントダウンも
 

お話を伺ったのは、横浜市環境創造局公園緑地部会場整備課長の村本義彦(むらもと・よしひこ)さん、同整備課の矢島健二(やじま・けんじ)さん、横浜市体育協会管理JV共同事業体の高橋昌広(たかはし・まさひろ)さん。

 

左より矢島さん、村本さん、高橋さん
 

今回の日産スタジアムのリニューアルについてお三方は、ラグビーワールドカップ開催会場の規準を満たすため、またオリンピック開催会場の規準を満たすため、さらにスタジアム内の一部設備の耐用年数に伴うグレードアップの3つをまとめて行っていると説明してくれた。

それでは、ひとつひとつどこが変わったか紐解いていこう。



ラグビーワールドカップ用に照明リニューアル

まずは、ラグビーワールドカップの開催規準によって、照明を全てLEDにした。これまでのメタルハライドランプが、観客にとって暗かったわけではない。昨今の高画質テレビ放送のために、さらなる明るさが求められているのだ。

今でも放送に遜色ないのだが、スーパースローモーションで再生すると、画質が落ちてしまうらしい。つまり照明のリニューアルはスタジアムのファンのためではなく、世界でテレビ観戦するファンに楽しんでもらうためのものなのだ。

 

円形のLED照明が場内を照らす
 

その副産物として、これまでの照明ではできなかった瞬時の点灯、消灯が可能となった。これまでは照明の熱を冷ますまで再点灯ができなかったのだ。実際、日産スタジアムを本拠地としている横浜F・マリノスは、音と光を融合したオープニングイベントを開催し、大好評だったそうで、演出の楽しみが広がりそうだ。



天然芝をカーペット式ハイブリッド芝へ

次に、ラグビーにおいて芝が最も大きく影響するのは、スクラムなどでの踏ん張り。スクラムというのは、ラグビーの試合中断を再開させる方法として、両チーム8人ずつ肩を組んで、前傾姿勢のまま押し合うラグビーの醍醐味とも言えるプレーだ。16人が全力で踏ん張るのだから、グラウンドにかかる力は莫大。サッカーとは比べ物にならない力が芝にかかり、これまでの天然芝では、簡単にはがれてしまう。いや、はがれまくってしまう。そこで採用したのが「カーペット式ハイブリッド芝」だ。

 

一見したところ天然芝にしか見えないカーペット式ハイブリッド芝
 

ハイブリッド芝は文字通り、天然芝と人工芝が融合したもので、さまざまな種類がある。日産スタジアムが採用したのは、表面は全て天然芝で覆われており、選手にとっても天然芝のピッチでプレーしているのと変わらない。ではどこに人工芝が使われているのか。

今までの天然芝同様に芝の下に砂が敷かれている。その砂の上に人工芝が植えられたネットを敷き、その上に天然芝を植えている。天然芝の根が生育することで、人工芝に絡みつき、天然芝がはがれにくくなる仕組みなのだ。人工芝比率は5パーセント以下なので、グラウンドが固くなり過ぎることもない。

 

カーペット式ハイブリッド芝の構造図
 

カーペット式ハイブリッド芝の断面と人工芝部分
 

さらに天然芝もセレブレーションという新品種を採用。痛みにくく、かつ成長が早いので痛みから早く回復するのだ。1ヶ月の間に7試合も集中的に行われても、より高いコンディションでプレーできる環境を提供できるというわけだ。
なお芝は種類だけでなく、長さも調整される。「サッカーはボールが転がりやすくなるよう短め、ラグビーはボールが止まりやすくなるよう長め」とされる。そのため大会前には芝の長さの調整もされるそうだ。

 

取材日も芝のメンテナンスが行われている
 

ちなみにハイブリッド芝設置後に、世界最高のラグビーチームと言えるオールブラックス(ニュージーランド代表)とワラビーズ(オーストラリア代表)の対抗戦「ブレディスローカップ」が開催され、両チームから芝について高い評価をもらったそうだ。芝の質については、ラグビーの世界基準のお墨付きをもらったといっても過言ではないだろう。

 

オールブラックス(左)とワラビーズの出場選手サイン入りユニフォーム
 

 

 

はまれぽ編集部のイチオシ

目指せ憧れの美ボディ! 「ゴールドジム横浜上星川」で本気で憧れのボディメイクに挑戦! 

  • PR

タイヤ販売から車の修理、日本初? のタイヤプリントも。 タイヤのかかりつけ医「タイヤセンター戸塚」

  • PR

【ナニこれ?】都筑区にある板金塗装店に行ったら、ファミコンをしてカレーの話を聞かされた件

  • PR

【動画あり】メルセデスAMGなど新型車両をはじめ13台展示のショールーム。横浜中華街から歩いてすぐ!

  • PR

企業のヒトにまつわる問題解決を担い、企業の長期発展とともに笑顔をもたらす「横山社会保険労務士事務所」

  • PR

愛され続けて60年、横浜駅から徒歩1分で昭和の横浜を体験できる老舗「季節料理 なか一」

  • PR

トッププロと一緒にShall we Dance?横浜駅近の笑顔が弾ける社交ダンススタジオに体験入会!

  • PR

「Tシャツ1枚からプリントします」デザインから製作まで一貫して請け負う「オリジナルウエア ブラスト」

  • PR

老舗不動産店ならではの実績と信頼。相続した物件、管理に迷ったら、ぜひ相談したい「クローバーライフ」

  • PR

【スタッフも募集中】みなとみらいで発見!フロントに大きなカゴを搭載した異様な自転車に乗りたい人は集合

  • PR

最近のコメント

アクセスランキング