ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2017年12月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    短い工事区間なのになかなか開通しない道路がキニナリます。戸塚、大坂下先の新道下トンネルが開通しました。瀬谷、一里山は年度末開通だそうです。泉、岡津町と泉警察署前について開通目途の取材をお願いします。

    onlyさん

    やたらと長く感じる、市営地下鉄の三ツ沢上町~片倉町間。そろそろ中間かと思われる頃、暗闇のトンネル内に直角に近い通路が一瞬見えます。非常口かと思いきや、ちょうど地上の中間地点には消防署が…。もしかしてレ...

    象の鼻さん

    生活道路の交通安全対策の種類、皆さんはどれくらい知っていますか?我々市民がどれだけ認知しているか等を調査して、その結果を行政や警察に示し、今後の市・県の対策強化を訴えてほしいです。ハンプの騒音・振動へ...

    ウルバヌスさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

よく利用するバスはなに?

横浜市営バス
京浜急行バス
神奈川中央交通
江ノ電バス
川崎市営バス
川崎鶴見臨港バス
箱根登山バス
そのほか

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
2位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
3位
終戦の日に空中戦? そのとき横浜の空で何が起きていたのか?
4位
殺処分「ゼロ」!? 神奈川県における動物保護の"光と影"【前編】
5位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
6位
殺処分「ゼロ」!? 神奈川県における動物保護の"光と影"【後編】
7位
鉄道6社が乗り入れる横浜駅!最速で乗り換えできるルートは?
8位
本牧ふ頭で見つかった「ヒアリ」、その後は?
9位
栄区「田谷の洞窟」のVRデータ化が進んでいるって本当?
10位
元々の住みかを失った「三浦メダカ」、野生環境で順調に数を増やす!
11位
「神奈川県民の日」がないのはなぜ?
12位
久里浜港に新しくオープン! 海鮮料理がうまい温浴施設「海辺の湯」に突撃!
13位
治安の悪さは首都圏イチ!? 川崎競馬場周辺の夜を体験!
14位
横浜で一番大きな本屋はどこ? 横浜駅西口の意外な場所に発見!
15位
大学の図書館になった旧ドリームランドのホテルの中ってどうなってるの?
16位
市営地下鉄グリーンラインの延伸計画は、その後どうなった?
17位
献血ルームの中で1番良い記念品がもらえるのはどこ?
18位
都筑区にあるコストコのアウトレット品を超激安で売るお店の秘密とは?
19位
どうして神奈川には運転免許試験場が二俣川にしかないの?
20位
一体誰が買うの? 相模原にある"銃砲火薬店"を徹底調査! 
21位
資源回収日に出した古着はどこへ!? 横浜の最新「古布」リサイクル事情を追う!
22位
渋滞対策のために整備された「保土ヶ谷バイパス」が日本一交通量の多い一般道って本当!?
23位
横浜に人工の島「八景島」ができたのはなぜ?
24位
JR菊名駅はリニューアル後どう変わる? 工事はいつ終わるの?
25位
10分間隔でくる横浜駅(YCAT)-羽田空港間のリムジンバス。採算は取れているの?
26位
横浜駅西口からダイヤモンド地下街に行くまでに「階段を上ってまた下りる」無駄な動線になっているのはなぜ?
27位
誰も使っていない? 中原区役所前にある受話器が2つある変な公衆電話 「デュエットフォン」の正体は?
28位
天然温泉が横浜市内に存在する!?
29位
横浜市営地下鉄ブルーラインが川崎市まで延伸する計画の現状は?
30位
桜木町駅で始発電車を待つ人々!空席があるのに次の電車を待つ理由は?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

4年以内に70%の確率でM7級の首都直下型地震が来ると言われていますが、横浜の学校、病院など公共施設の耐震化はどの程度進んでいるのでしょうか。(ときさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

平成19年3月に施行された横浜市耐震改修促進計画に基づき、耐震化が進められています。平成23年3月末時点で公共建築物の耐震化率は約95%。

ライター:吉川 ゆこ (2012年04月03日)

横浜市の耐震化対策はすでに始まっている

昨年の震災をきっかけに、自分の暮らす町の地盤や普段使っている施設等の耐震化が気になっている人は多いだろう。横浜市は海が近い。マグニチュード7クラスと想定される横浜市直下型地震や、マグニチュード8クラスと想定される東海地震が起こったら、いったいどうなってしまうのだろう…不安が募る。

そこで横浜市内の公共施設の耐震化がどこまで進んでいるのか聞いてみることにした。取材を受けてくださったのは横浜市建築局の建築企画課だ。
 


横浜市役所から歩いて5分。相生町のJNビルに建築局の一部が入る


震災の影響でにわかに耐震化が注目されるようになり問合せの電話も多いという。横浜市の耐震への対策はすでに始まっている。現在は、平成19年3月に「横浜市耐震改修促進計画」を策定し、順に改修工事が進められているのだ。
この計画の概要などは横浜市のサイトからダウンロードできるので詳しく知りたい人は、こちらも参照に。
横浜市耐震改修促進計画
 


取材にご協力いただいた小林さん(左)と小倉さん(右)


平成7年1月17日に起きた阪神淡路大震災を受けて、平成7年12月25日に耐震改修促進法が施行された。地震による被害から国民を守るために建築物の耐震改修の促進を目的にした法律で、平成18年1月に一部改定になり、耐震改修促進計画の策定が課せられた。

そこで横浜市でも耐震改修促進計画を策定し、横浜市にある市・区役所、病院、小中学校、ホールなどの
3,433棟(平成23年3月現在)ある公共建築物の耐震強化に取り組んでいる。


昭和56年5月31日以前・以降で基準が違う

ここで建物の強度が足りないと聞くと、一時期話題にもなった建築業者の手抜きや欠陥住宅なのでは?とつい思ってしまう人もいるかもしれない。しかし必ずしもそうとはいえない。

実は昭和56年に耐震基準の見直しがあり、それまでは良しとされていた強度では通用しなくなったのだ。基準が上がったことで、木造建築だけでなくコンクリート建築であっても新基準に満たない建物が出てくることになった。

「ですから横浜市耐震改修促進計画でいう耐震診断は、新基準に変わった昭和56年5月31日以前の建物が対象です。新基準実施以降に建てられた建物はすべて耐震基準を満たしていなければ建たないですから」と小倉さん。
 


昭和56年5月31日以前の建物で耐震改修促進法の認定をとって改修工事を済ませた建物には「耐震改修済証表示板」を交付する制度がある


横浜市所有の公共建築物は、昭和56年5月31日以前の建物を対象に耐震診断を進め、優先順位の高いものから改修作業を行っている。平成27年度には耐震対策が終了する予定だ。しかし、この耐震改修促進計画は平成23年5月に一部改定がされている。これは震災を反映してのこと?

「震災があったことを受けて改定したものではありません。耐震改修促進計画では平成18年から平成27年度までの10年間を計画期間としています。平成22年度までの進捗状況をまとめ再検討し、計画内容の見直しが必要な箇所を改定しています。その見直し部分の改定を平成23年5月に発表したのであって、震災が大きな理由ではありません。なお、耐震改修促進計画で公開しているとおり、公共施設の耐震化率は95%と非常に高くなっています」(小林さん)

(図1)は平成23年12月に総務省が発表した「防災拠点となる公共施設等の耐震化推進状況調査」からの抜粋だ。(図2)は平成23年度に文部科学省が発表した「公立学校施設の耐震改修状況調査の結果」だ。お隣東京都と比較してみる。


(図1)

全国平均 東京都 神奈川県
耐震化率
(平成22年度末)
75.7% 91.7%
(全国1位)
90.6%
(全国2位)


(図2)

全国平均 東京都 神奈川県
耐震化率
(平成23年4月1日時点)
80.3% 94.1%
(全国5位)
97.7%
(全国2位)


 
公共施設の耐震化率はかなり高いが、災害時に重要な拠点となる公共施設に関して横浜市は耐震化率100%を目指しているという。



平成23年10月、教育委員会から発表された耐震基準を満たしていな学校とは? 次のページ
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事