検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

この怪しげなラーメン屋はどこにあるの!?

ココがキニナル!

このラーメン屋が気になるんですが、どこにあるんですか?(フランケン面さんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

野毛にあります!お店の名前は「三陽」です!

  • LINE
  • はてな

ライター:はまれぽ編集部

いよいよ実食!!肝心なお味のほうは?
 


「珍玉」って誰!?


―あの~・・・この中華料理人の「珍玉」って誰ですか?
オバちゃん)あぁ、うちの店員だよ。おーい!「珍玉」さーん!

店に卑猥な言葉が響き渡る。なんだろう、自分のことじゃないのに気まずい雰囲気は。
それに別に呼ばなくてもいいのに・・・。

調理場から男性店員がひょっこり顔を出してくれた。
この人が「珍玉」さんか・・・。
 


「珍玉」さん登場


なんだかやりきれない気持ちである。しかし「珍玉」さんって本名なのだろうか?
そして待つこと5分、お待ちかねのチンチンラーメンが運ばれてくる。
 


これがチンチンラーメン(700円)だ!


見た目はあっさり塩味タンメン風で、具はニラ、玉ねぎ、卵、豚肉、ニンニク。麺はもっちりした太麺タイプ。
では味はどうだろうか?まずはスープを飲んでみると・・・うん、美味い!

ネーミングセンスに若干不安を感じたが、あっさりしてるのにコクがあって深い味わいだ。
ちょっと香草っぽい香りがしたのは気のせいだろうか。
 


余裕で完食


そんなわけでご馳走様でした。



店長に直撃!


 


快く取材に応じていただきました


―本店が休みでしたけど、店主さんはいつもここ(新店)にいるんですか?
いつもは本店にいるよ。今日は本店が休みだったからこっちにきてるだけだよ。

―ズバリ聞きます。チンチンラーメンってどんな意味ですか?
それはあなたのアソコがこんな風になることさ。(腕がグイッとリアクション)

―そうですか。ありがとうございました!
いやいや、待て待て!本当はね、三河(現在の愛知県東部)の方言で「熱々」のことなんだよ。

―それでは、熱々のラーメンということですね
そうだよ(笑)。また食べにきてね。



取材を終えて



写真の店は野毛にあるパンチの効いた店だった。
おかしなメニューが並ぶだけでなく、店主、オバちゃん、店員もいい味が出ていた。

料理の名前はさておき、チンチンラーメンはとてもオススメだ。私個人としては美味しかったし、また食べに行きたいと思う。
興味のある方はぜひ足を運んでみてはいかがだろうか。
 


健全なお店なので安心していいようだ



◆三陽
住所:神奈川県横浜市中区野毛町1-38
電話番号:045-231-0943
営業時間:11:00~24:00(日曜・祝日は~23:00まで)


―終わり―
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 以前本店のほうにカップルでお邪魔したとき、カップルだから「○○セットだね」と頼んでいないのにビール二本と餃子二皿も出されちゃいました(もちろん有料)… 他のも美味しいのに、ちょっと困った…

  • 一国(15号線)の鶴見市場からほど近いラーメン屋さんは、看板もなく、ただ木彫りの熊の人形がドラム缶の上に載っているだけ。今回の派手めの外観とはことなり、異様です。そとから店内は見えるのに・・・時に恐ろしい告知文を見かけたことも。きっと取材は無理そうなので、依頼しません。

  • 隣に写っている店に覚えがあると思ったら、「吉田類の酒場放浪記」にも登場した「若竹」ですね。http://w3.bs-tbs.co.jp/sakaba/shop/248.html

おすすめ記事

ラーメン二郎でニンニクマシマシの上ってどう頼むの?

おしゃれな中に遊び心がある空間で素敵な時間を! 美味しさと楽しさにあふれる「Mid.Ru(ミドル)」

  • PR

中華街にある怪しい建物、オリエンタルホテルは営業してるのか?

女子に密かなブーム? 精力増強に留まらないスッポンの魅力を伝える、野毛の専門店「横浜味処 あぐら亭」

  • PR

赤レンガ倉庫で「パンのフェス 2018年春」開催! イベントの様子をレポート!

その味を知ったら絶対宮崎県に行きたくなる!曙町の名店「みやざき地頭鶏 てげてげ」

  • PR

曙町にある「埋金製麺」、そのスゴい名前の由来とは?

野毛のリトル大分で郷土料理と銘酒を存分に味わう「如水」

  • PR

こんな記事も読まれてます

築80年以上、知る人ぞ知る横浜の古民家カフェに突撃!

日本1号店が三ツ境に! ミスタードーナツの新業態店舗、オープン初日の様子をレポート!

横浜市内でオススメのイチゴ狩りスポットはどこ?

綱島にある怪しさ満点のタイ料理店「タイタニ」に突撃取材!

横浜の老舗大判焼き店「おすとあんでる」。包み紙に隠された謎の挿絵の正体は?

肉屋なのに八百屋?三ツ境駅前「肉のひろせ」の由来とは?

関東初出店! 横浜タカシマヤの地下に「ハッピーターン」のコンセプトショップが出現。亀田製菓の新たな試みとは?

赤レンガ倉庫で「パンのフェス 2018年春」開催! イベントの様子をレポート!

新着記事