検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 元プリンセスプリンセスの中山加奈子さんに「はまれぽ」がインタビュー!
  • 横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
  • 【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

ココがキニナル!

市営バスの車体に肌色が使われるようになった理由がキニナリます(takedaiwaさん)/市営バスのブルーが濃いブルーから明るいブルーに変更された時期・理由もお願いします(ushinさん)

はまれぽ調査結果!

クリーム色の車体は遠くからでも視認しやすいから。青は海をイメージしているようだが、詳しい経緯は資料がなく不明。どちらも開業当時から採用された色

  • LINE
  • はてな

2013年04月26日

ライター:田中 大輔

あの2色が採用された理由とは!?

では、なぜあの色なのだろうか。
お二人は、詳しい記録は残っていないと前置きしたうえで、「青は港や海をイメージした色。クリーム色は遠くからでも視認しやすい色だからだと聞いています」と答えてくれた。

青のイメージは誰でも思い付くものだが、クリーム色にはそんな秘密があったとは。
視認しやすいということだけでいえば、例えば真っ赤なバスの方が目に付きやすいわけだが、「恐らく刺激的すぎずに、かつ見やすいということであの色なんだと思います」と晝間さん。

市内を走るほかの会社では採用されていない色なので、あの独特の柔らかい色を見て「市外から帰ってきて見るとホッとする」という意見も寄せられたことがあるほど市民には馴染みがあるようだ。
 


 

しいて言えば神奈中バス(上)や江ノ電バスが近いが、やっぱり独特


青いラインが紺に近いものから今の鮮やかな色に変わった経緯についても聞いてみた。
しかし、「90年ごろの変更だとは思うんですが、記録が残っておらず正確には分からないんです」という残念な答え。

色については分からなかったが、ライン周りの変更で言えばその形状が挙げられる。
現在のフロント部分のラインは、中央辺りで局紋を避けるようにバンパーに向かって横浜の“Y”を描くデザインになっている。
 


フロントのラインは“Y”をイメージ。写真はちょっと珍しい教習中のバス


これが、96年式から99年式のバスでは直線状だったことがあるのだそうだ。
実は、この99年式のバスは今でも何台かが現役。
関内駅北口と保土ケ谷車庫を、久保山霊堂前などを通ってつなぐ32系統では99年式の中型車が多く、ちょっぴりレアな直線ラインを今でも見ることができる。
 


中央の2台はフロントのラインが違う。右が96年~99年に造られたバス




デザインが変わると戸惑う人も

なにしろ85年間、大きな変更なしでやっているので、市民にもあの色こそが市営バスというイメージがある。

かつて、港北ニュータウンで小型バスを走らせていたことがあった。
小型バスはおなじみのカラーリングとは少し違い、クリーム色が白に近くオレンジのラインも入っている。
 


これが小型バス。確かに見慣れた市営バスとはちょっと違う
(画像提供:横浜市交通局)


そのため、市営バスと気付かずにバスに乗れなかったお客さんもいたんだそうだ。

また、車体全体を広告で覆うラッピングバスも、フロント部分は手を入れずにそのまま残している。
 


こちらはイベント時のラッピングバス。フロントはそのまま


これも、市営バスと分かりやすくするため。
特に知的障がい者の方の中には色でバスを判別している人もいるそうで、そういった配慮も込められているんだそうだ。



取材を終えて

現行のデザインは2000年度からのもので、方向幕のLED化などの変更はあったが、色に関する部分はもう10年以上も一切変更されていない。

今後の変更の予定についても「そういった話はないですね」とキッパリ。「批判的なご意見もいただいていませんし、色を変えるとお客様も戸惑ってしまう」とのことで、長い歴史の中で市民に親しまれたカラーリングは今後も継続していきそうだ。
 


これぞ市営バス。今さら変わってしまうと確かに混乱しそう


やはり、クリーム色に青いライン。これこそが横浜市営バスなのだ。


―終わり―
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • クリーム色と青ラインのバスこれぞ横浜の色って感じますこれからも優しい色を受け継いで欲しいです

  • な~るほどね~

  • いい色だと思いますし、やっぱり、ずっと慣れ親しんんだデザイン、色は今後も変えないでほしいですね。話は少しそれますが、三ツ沢に住んでいたせいもあるのですが、トロリーバスが懐かしいです。本牧、三渓園あたりが、地下鉄が来なくなっちゃって、元気がないみたいなので、是非とも、観光を兼ねて、みなとみらい、山下公園、本牧などに、トロリーバスを復活させてほしいなと思います。その時には、是非ともこのカラーリングで。

もっと見る

こんな記事も読まれてます

戦後から残る鶴見線高架下の住宅の様子は?

神奈川区「神之木」の地名の由来・・・。ご神木があった場所は「MEGAドンキ」!?

客船しか泊まれないはずの大さん橋に、突如貨物船が停泊! その理由とは?

相模鉄道に誕生したキャラクター、一見タヌキなのかネコなのか分からない「そうにゃん」に直撃インタビュー!

桜の名所・瀬谷区海軍道路、桜の木を一気に伐採する理由は?

本牧のイトーヨーカドー、閉店の真相は?

大通り公園の地面が凸凹で危険!? ライター・クドーが体当たりで徹底検証!

桜木町駅前広場で犬の募金活動をしている団体ってどんな団体?

おすすめ記事

市営バスファン注目!廃車作業立会いツアーをレポート!

不動産の「困った 」を総合的に解決。 有効活用への道を開く「日経管財株式会社」

  • PR

横浜市内で最長距離を走行する路線バスはどこ?

イヌやほかのペットとフロアが違うから、ちょっぴり神経質なネコも安心! 「新横浜動物医療センター」

  • PR

桜木町駅前広場で犬の募金活動をしている団体ってどんな団体?

人間力を重視し将来に役立つ力を育てる年中~小学生のサッカースクール。仲間と楽しみながら基礎技術向上!

  • PR

生態学の世界的権威、横浜国大の宮脇先生が提言する津波対策とは?【前編】

白楽の地にて24年。「信頼と信用、約束は必ず守る」を大切にする「株式会社ユナイト」

  • PR

新着記事

元プリンセスプリンセスの中山加奈子さんに「はまれぽ」がインタビュー!
横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう
はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

はまれぽ編集部のイチオシ

他店で買った商品も修理・リフォームOK!「FLD japan(エフ・エル・ディージャパン)港北店」

  • PR

サウナーは平塚の「太古の湯」に全員集合。日本ではレアな「テントサウナ」で未体験ゾーンに突入!

  • PR

豊富な経験をもとに不動産や相続の悩み解決をサポート。明るく前向きな社会づくりの活動にも注目!

  • PR

タイヤ販売から車の修理、日本初? のタイヤプリントも。 タイヤのかかりつけ医「タイヤセンター戸塚」

  • PR

地域密着医療をめざして、ネコがお出迎えしてくれる。横浜市戸塚区「かみくらた動物病院」

  • PR

増改築からメンテナンスまで、住まいのことならなんでもおまかせ「システムショップはぎわら 金沢文庫店」

  • PR

職人さん全員集合! 安さと納車速度に絶対の自信を持つ、軽バン中心の中古車ショップ「Cars 4U」

  • PR

一歩足を踏み入れれば、そこはもう北海道!? 道民も驚く味がそろう、野毛の隠れ家的和食料理店「ぽあろ」

  • PR

腐りにくいウッドデッキが大人気。快適さは実績と安心が保証。ウッドデッキ専門会社「ウッディ企画」

  • PR

焼肉なのになんでマンボウ!? 鶴見の住宅街のど真ん中でもリピーター続出の「焼肉マンボウ」を直撃!

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 以前、鎌倉小町通りの「食べ歩き禁止条例」についてレポートされていました。今日、小町通りの少し脇道に入...

  • 綱島に、オールハンドで頭を揉みほぐしてくれる完全予約制の個室プライベートサロンが出来たそうです。水色...

  • 相鉄線、星川駅が高架され令和3年度にかけて星川駅南口の整備の計画があるようです。バス路線の検討も行わ...

あなたはどう思う?

横浜市内で遊びに行くならどこが多い?

最近のコメント

アクセスランキング