検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

横浜には秘境って他にもあるの!?

ココがキニナル!

横浜の秘境って陣ヶ下渓谷以外にもあるんでしょうか?

はまれぽ調査結果!

JR根岸線港南台駅から徒歩20分、瀬上市民の森に秘境はあった!

  • LINE
  • はてな

ライター:ワカバヤシヒロアキ

秘境のど真ん中へ
 


草木に覆われた道はとにかく薄暗い


一応、市民の森というだけあって遊歩道が整備されている。
それをただひたすらに進むだけなのだが、正直ここまで来ると、「遊歩道」というより「けもの道」に近い印象だ。

ここが、横浜市内だとはとても思える場所ではない。
 


ギリギリ「道」という体裁を保っている
 


紫陽花が添えられている祠もあった


滑りやすい坂道に足をとられないよう気をつけながら、どんどん登って行くこと45分。
不意に急な下り階段が現れた。森の深層部に臨む気持ちで、一歩一歩慎重に降りる。
 


道を下るにつれて暗くなる
 

小さな泉ではあるが自然の命を感じた


さらに鬱蒼とする辺りの雰囲気に圧倒されながら、奥へと進んだ。
山道を歩いていた時に比べて、とにかく暗い。この先には何が待っているのであろうか。
そんな事を考えていた矢先、急に目の前の風景がひらけた。
 


急に明るくなり湿地帯が広がっていた


ここが森の最深部になるのだろうか。地面に敷き詰められた緑が、小川の水分をまんべんなく汲みとって湿地となっている場所があった。
それまでの暗い森とは一線を画すように輝いており、時代に取り残された特別な場所のように感じる。
 


大木の葉っぱや枝が休憩所の屋根になっている


湿地帯を抜けると、再び元の場所に戻ってきた。瀬上市民の森をぐるりと一周してきたようだ。
所要時間はおおよそ2時間。なかなか体力を使う秘境であったが、神秘的な自然が見られたのでこの上なく貴重な時間である。



取材を終えて



瀬上市民の森は、地図で見た時の期待を裏切らないほど自然の残る場所であった。
ただ、植物は数多く見られたのだが、変わった虫やリスやヘビなどの動物は全く遭遇できなかったのが心残りである。
 


マムシがいるようなので注意


この森は、もちろん手付かずの自然が残っている部分もあるが、ある程度人の手によって自然管理が為されている。
横浜市もこうした自然を数多く保全できるように努力してもらいたいと感じた。

ただ、一点注意点として、この瀬上市民の森には私有地と隣接している部分がかなり多い。
実際、「竹をとらないでください」「不法投棄厳禁」「これより先立入禁止」などという注意看板も数多く掲げられていた。

動植物を持ち帰らないのは当然のこと。秘境散策に行かれる際は、是非マナーと安全を守って挑んでほしいと思う。
はまれぽでは、今後も秘境を調査していきたいと思っている。何か情報があれば是非ご協力いただきたい。


◆瀬上市民の森
・大船駅から神奈中バス(船09)でみどりヶ丘下車徒歩5分。
・港南台駅から市営バス上大岡行(111)、洋光台駅行(45)、みどりが丘行(港93)で、港南環境センター下車徒歩15分


―終わり―
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 市があえて残し管理している場所を『秘境』と呼んでいいのかわかりませんが(^^;でも、はまれぽで横浜の自然をとりあげてもらって嬉しいです!ちなみに。上郷森の家の方(横浜自然観察の森)もおすすめです!カワセミとか見れますよ!環状4号線ぞいの街路樹とかでも、たまにリスみかけたし。

  • 秘境なんて思ってもみなかったがそう云われるとそうかな。写真のコメント(文章)が素朴で新鮮でいい。

  • 円海山周辺はまだまだ自然が多いんですね~。次回は横浜北部の秘境を希望!

おすすめ記事

横浜にも秘境ってあるの!?

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

横浜で一番美味しい道草はどこの道草?!

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

西平沼にある可哀相な二宮金次郎像。こんなことになった原因は?

詰め込むだけでは、ダメ。人の声をよく聴き、自ら考えられる人をつくる。高い合格率を誇る「啓進塾戸塚校」

  • PR

【プレイバック】はまれぽライブラリー(2012年2月14日~2月20日)

神奈川県で2年連続解体工事件数ナンバーワン!ユニークなマスコットキャラも魅力の横浜総合建設株式会社

  • PR

こんな記事も読まれてます

【プレイバック】はまれぽライブラリー(2014年11月4日~11月10日)

文明開化の味がする!? “新牛肉食メニュー”をライター・細野とはまれぽ編集部が提案!

【春の応援企画】今までの自分に卒業。はまれぽ編集長の大決心大公開!第三弾

“陸の孤島”で幸福に空腹を満たす旅。はま旅・番外編vol.1「本牧」編

【はまれぽ4周年特別企画】世界記録を更新せよ! 中華街のカンフーシューズ飛ばし大会に編集部・宮城が〇〇〇丸出しで挑戦!

戸塚区の「鉄砲宿」、ヘビ殺しのために使った「鉄砲」が名前の由来だってホント?

【開港記念日企画】ハマっ子なら知ってて当然!? “開港”カルトQ【回答編】

西平沼にある可哀相な二宮金次郎像。こんなことになった原因は?

新着記事