検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

財布に優しくて家庭的? 曙町の「インスタントバー」ってどんなお店?

ココがキニナル!

昨日曙町あたりで、眼の隅に「即席亭」インスタントバーなる文字が入ってきました。気になる店名です/みち坊さんの投稿は「インスタントBar 即席家」ですね・・・キニナル。(みち坊さん、スさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

「即席家」は世話好きの社長が作った明るいバーで、地元で働く人達の顔つなぎの場。約20~30種類の缶詰や即席麺などが食べられる

  • LINE
  • はてな

ライター:濱屋 亘

店の商品をいただいてみた

店の売れ筋は「サバカレー」(400円)、「サバ(おろし煮・みそ煮)」(各300円)、「もつカレー」(500円)の3品。なかでもサバ缶シリーズは人気なのだとか。
 


<第1位>根強い人気の信田(しだ)缶詰のサバカレ―。魚臭くなく、リピーターも多い
 

<第2位>同じく人気のサバシリーズ。おろし煮とみそ煮が、お互い譲らずランクイン
 


<第3位>じっくり煮込まれた柔らかいモツに、カレーの風味が絶妙な一品




私も早速実食させていただいた。
 


オーダーから待つこと数分。温められ、お皿にきれいにほぐされた缶詰が出てきた


試したのはサバカレー。ゴロっとした大きなサバの切り身の他に、ニンジン、ジャガイモが入っている。カレーの味は中辛。程好く温めてあるので口当たりも柔らかく、サバに汁がちゃんと染みている。・・・旨い! たかが缶詰と甘く見ていた。これはちゃんとした“おいしい料理”だ。
 


つい、白いご飯が欲しくなってしまう旨さ(笑)


さらに、「これも食べてみて」と田中さんの薦めで出てきたのは、ビビン麺(600円)。
 


レストランで食べる一品さながら、きちんとパッケージ通り盛りつけられて出てきた


麺は茹で加減もちょうど良く、つるつるシコシコとして歯ごたえもいい。トッピングのキムチは、田中さんが近所の横浜橋商店街で買ってきているのだとか。・・・そんなことしていて利益が出るのだろうか。「気持ちでやっているので、利益は考えてない」。でも、お客さんが結構きてくれているから、ちゃんと回収はできている、とも教えてくれた。ちなみに、この界わいでこういったシステムの店はここだけなのだという。



常連さんが通う“行きつけ”の店

取材をしていると、後ろでコンコンと窓を叩く音がした。振り返ると、「よう!」と片手をあげながら覗き込む男性の姿があった。開店時間にはまだ20分も早い。しかし田中さんは自ら立って店のドアを開け、招き入れた。

ニコニコしながら入ってきたのは、店の常連Aさん。カウンターにどっかと腰を下ろし、「今日の予算はこれぐらい」とお代を入れて、のんびり棚を眺め始めた。「ここはさー、いいんだよ。明朗会計だし、はるちゃんと話すのも楽しいし。田中さんとしょっちゅう一緒に呑むんだよ」
 


いつもの席で、いつものお酒を注文するAさん


その後も次々と常連さんがきて、店はあれよあれよという間に満席になった。提供するものが即席とはいえ、注文が重なれば忙しくなる。途中から田中さんも厨房に回って手伝い始めた。夜も更けていく中、この店はいつまでもにぎやかに、時間を忘れて楽しみだけが過ぎていく。
 


社長もお客さんも皆一緒に呑み合う。まるで親戚が集まったお茶の間のような雰囲気


「一曲歌ってよ」の掛け声とともに、同行していた編集部・宮城の手にマイクが渡った。
 


宮城も一曲熱唱しました(カラオケは1曲100円)


店のにぎわいを眺めながらタバコを吸っていた田中さんが、ふと、手を止めて言った。
「俺は人に恵まれていたからさ」

自分が会社を立ち上げた直後はなかなかうまくいかず、苦しい日々が続いた。だけど、自分に資金を融資してくれた人がいた。一緒に働いてくれた人がいた。ここはそんな人たちに支えられてずっとやってきた街。だから自分もここで働いて、ここで呑んで、ここにお金を落とすことで、もっと地域を活性化したい。若い人もどんどん来てくれたらいいな、人がくると街が明るくなるから。と、田中さんは笑った。



取材を終えて

昔、ご近所の銭湯が地域のコミュニティ的な役割を果たす、そんな時代があった。いまではそれもいつしか廃れて、街の銭湯も姿を消しつつある。人間関係の有り方も変わった現代、プライバシーは保たれるものの、人はもっと寂しくなったんじゃないか、そんなようにも思う。「即席家」は、隣あわせた客同士がいつの間にか家族のような間柄になってともに晩酌を酌み交わし、明日について語り合う。そんな、古き良き時代の人の交流を思わせる場所だった。


―終わり―


即席家
住所/横浜市中区曙町3-40
電話/045-664-5045
営業時間/19:00~翌2:00、金・土曜19:00~翌3:00、日曜19:00~0:00
定休日/月曜日
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 今度近くに引っ越すことになりました。是非寄ってみます!

  • この即席屋さんがある一角はヒューガルテンが飲めるお店や対面の岳という中華屋さんも何を食べても美味いし、意外と穴場なのだ。

  • 運転中に目の隅に飛び込んできた店名だったので正確な名前ではなかったのですね。即席と付くので単に缶詰でも開けてお客に出すようなお店なのかなと想像していましたが、手作り感もあり、何よりお客様とのコミュニケーションも良く、お店の温もり感(?)も半端じゃないような気がしました。取材どうもありがとうございました。

もっと見る

おすすめ記事

「カップヌードルミュージアム」はどんな施設?

野毛に新たな焼き鳥の名店出現。笑顔の華咲く「華蔵」

  • PR

酒場のメッカ、野毛にある個性的なお店はどこ?

特典あり

横浜みなとみらいの「本格焼肉カンゲン」で焼肉三昧。ほっぺがとろける極厚タンとマイルドなキムチはマスト

  • PR

元町の人気クレープ屋、開店の経緯って?

居酒屋感覚で気軽に入れるおそば屋さん。バラエティに富んだ料理すべてを楽しめる昼呑みは特にオススメ!

  • PR

【ニュース】江戸清の期間限定新商品「高菜肉まん」が好評発売中!

職人の味を気軽に味わう! お祝いにも、いつもよりちょっと特別な時も、みんなで行きたい「松葉寿し」

  • PR

こんな記事も読まれてます

昭和の雰囲気を色濃く残している金沢八景の喫茶店「三本コーヒーショップ」でタイムスリップ!

バスのアナウンスが流れる「横浜名物 弥太郎最中」って本当に名物なの?

オーダーするのが恐ろしい「半漁人のバーべキュー」を出す海岸通の「アマゾンクラブ」ってどんなところ?

生麦にある、イケメン店主のもつ焼き屋って?

知る人ぞ知るランチの穴場スポット「関内駅前第一ビルの“関内グルメプラザ”」を全店食べ歩き 後編

西横浜の藤棚商店街近くにあるくじら専門店にライター松宮が突撃!

横浜市内で一般人も利用可能で美味しい学食はどこ?

元町の人気クレープ屋、開店の経緯って?

新着記事