検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

世界トップクラスのフリーランニング「Red Bull Art of Motion」の様子は?

ココがキニナル!

2011年7月31日、みなとみらいのドックヤードガーデンで開催された、世界トップクラスのフリーランニングイベント「Red Bull Art of Motion」はどんな様子でしたか?

はまれぽ調査結果!

無条件に「人間ってすごい!」と思ってしまう迫力のパフォーマンスでした!

  • LINE
  • はてな

ライター:吉澤 由美子

エキサイティングなパフォーマンスに息をのむ

(続き)
 


ジェイソンの後を受けて、鉄棒の上を歩いたカイ・ウィリス


左右の壁を駆け抜けるなど会場をフルに使ったカイは、他のアスリートがしないオリジナリティのある動きを入れた。
 


2週間、L.A.でトレーニングしてきた島田 善(しまだ ぜん)


この日、一番の歓声を受けて登場。全部の技がきれいに決まった。



予選とファイナルの間はトリッキーなステージアクト



フラットランドBMX(Bicycle Motocross:競技用自転車)界では有名な横浜の吉田兄弟や、フリースタイルフットボールの第一人者である横田陽介が登場。
 


 


乗ったままのバイクをすごいスピードでグルグル回す


なめらかな動きのサッカーボールと、激しく回るBMXは静と動の絶妙なバランスだ。
 


ボールがヒモでぶら下がっているように見えるほど安定度抜群




ファイナルはさらに迫力!!



ファイナルに出場したのは、島田 善、カイ・ウィリス、ライアン・ドイル、マーカス・グスタフソン 、ルーカス・スタイナー、パベル・ペトクン、ジェイソン・ポール、スラバ・ペティンの8名。
 


ファイナリストたち。アスリートはみんなとても仲がいい


名曲「雨に唄えば」とともにビニール傘をさして登場するアスリートなど、ファイナルは予選とはまた一味違う内容。

会場にきている観客の中にも、フリーランニングチームメンバーがたくさんいて、ノリも最高。パフォーマンスが終了するとドックヤードガーデン全体が大歓声と拍手に包まれる。
 


トリックが決まるごとにどよめきが起こる




交通標識風の楽しいトロフィー



トリックを称えるMini Sickest Trick賞をカイ・ウィリスが、女性部門ではMini Best Female賞をルーシー・ロンバーグが受賞。

そして、ファイナルの結果は、以下の通り。

1位ジェイソン・ポール
2位パベル・ペトクン
3位カイ・ウィリス
 


カイの足元にあるホイール型のものは、Mini Sickest Trick賞トロフィー
 

優勝したジェイソン・ポール




島田 善ミニインタビュー



横浜でもフリーランニングやパルクールの活動を行っているという島田 善に、重要文化財であるドックヤードガーデンでパフォーマンスした感想をうかがった。
 


会場から「善、イケメーン!」という声がかかった



「昔から、仲間とよく、いつかドックヤードガーデンでフリーランニングをやれたらと、夢として話していたんです」

「サイコーのステージで2回できた。ホントに光栄です」
 


パフォーマンス終わりに、会心のキメ顔


夢がかなった笑顔は、パワフルで印象的だった。



取材を終えて



道具を使わず、街中で普通に見かけるものを利用したアクロバット。だからこそ、訓練された人間の能力のすごさがヒシヒシと伝わってくる。

「基礎的なトレーニングを1年間みっちり行って、はじめてトリックに挑戦できる」アスリートやMCから何度も聞いたこの言葉の重みを感じる。

これ以上ないくらいドラマチックな舞台で行われたパフォーマンスは、忍者や体操選手、ヒップホップダンサーにスタントマン、そして武道家が、瞬間ごとに入れ替わって現れるような迫力があり、無条件で楽しめるスポーツだった。
 


最後に参加アスリートが勢ぞろい



※当日のイベントの様子は以下からお楽しみください

【イベントフォト】7月31日 Red Bull Art of Motionに訪れた人達

【イベントフォト】雨天順延になった、7月30日 Red Bull Art of Motionに訪れた人達



Red Bull レッドブル公式サイト
www.redbull.jp


―終わり―
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする

おすすめ記事

桜木町から信号なしでどこまでいける?

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

元町で行われたレッドブルF1マシンのイベントはどんな感じ?

Welcome to 東京TEMPLAND! 新横浜の五感で楽しめる“食のテーマパーク”に行ってきた

  • PR

女装した人達が踊る戸塚の「お札まき」はどんな祭り?

さまざまな場面で最大限の便宜を図る、港北区日吉の不動産屋さん「エス・ケーホーム株式会社」

  • PR

ディープすぎて入れない!? ライター松宮が大雪の中、福富町にある「エイトセンター」に突撃!

愛され続けて60年、横浜駅から徒歩1分で昭和の横浜を体験できる老舗「季節料理 なか一」

  • PR

こんな記事も読まれてます

明治時代の「初代」横浜駅周辺の風景と駅舎内の様子はどんなかんじ?

【編集部厳選】それって本当? 横浜にまつわるいろいろな「ウワサ」を徹底検証!

有隣堂 月間BOOKランキング2016(平成28)年7月

今年初となる冬の「アロハヨコハマ」、夏のイベントと何が違うの?

【ニュース】武蔵小杉駅前で初のイベント「小杉てづくり市」が開催!

こいの道を教えてくれる!? 立場駅近くの「湘南錦鯉センター」とは?

時代感の味わいある場所。はま旅Vol.39「白楽編」

女装した人達が踊る戸塚の「お札まき」はどんな祭り?

新着記事