検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

2018年も赤レンガ倉庫に「鍋小屋」が出現! 続く寒さを乗り越えよう!

ココがキニナル!

横浜赤レンガ倉庫で行われている鍋のイベント「鍋小屋2018」。今年の様子はどんな感じ?(はまれぽ編集部のキニナル)

はまれぽ調査結果!

全国の個性的な鍋をえらべるテーブル席と、自分で食材を選んで鍋にできるこだわりの座敷エリアが用意。地元・横浜のメニューももちろん登場!

  • LINE
  • はてな

ライター:はまれぽ編集部

タラバガニ、フグ、カジカ・・・豪華なお鍋に舌鼓!



畳敷きの「こだわり鍋」エリアでは、「白みそ」「地鶏塩」「焼きあご塩」「鶏白湯」の出汁から1種類を選び、「石狩鍋」「かじか鍋」「牡蠣鍋」「はまぽーく鍋」「菜彩鶏鍋」「九十九とらふぐ鍋」からメインを選び・・・と、こだわりの味を実現できる。

さらに、野菜はハクサイのほか、地場のミズナやダイコンなど10種類から6種類を選択、締めもご飯かうどん(別料金・各300円)を選ぶことができ、そのバリエーションは4200通り以上にのぼるとか!
 


横浜産のハクサイはすべての鍋についてくる
 

こだわりの具材で・・・
 

こだわりの鍋を堪能!(写真は石狩鍋2280円)
 

かじか鍋(1780円)もあるよ!

 
今回の鍋小屋では、「昭和レトロ」というテーマをさらに押し出した催しが登場。
 


「平成流し組合 パリなかやま」さんの流しのギター演奏
 

懐かしのゲームコーナーも!

 
ゲームコーナーは常設で、1プレイ100円。
流しのギター演奏は、初日のほかは1月21日(日)正午~、26(金)午後6時~に楽しむことができる。

初日に会場を訪れていた、横浜赤レンガの社長の上松瀬能秀(かんまつせ・よしひで)さんは、「鍋小屋は昭和の赤ちょうちんをイメージしています。自分で鍋を作れるので、嗜好に合わせて楽しんでいただけるのではないでしょうか」と話してくれた。
 


「鍋小屋で心も体もあったまってください!」

 
 
 

オープン前から行列も



寒い日が続いていることもあってか、鍋小屋は初日のオープン前から行列ができるなど、盛況の様子。

横浜市内に在住の小林さん母娘は、フェイスブックやツイッターで情報を見て、「いろんな鍋が楽しめそう」と来場。
 


鍋小屋を目当てに来ました

 
入場後は「もつ煮込み」や「麻辣火鍋(マーラーひなべ)」を注文。「大満足。来年も開催するならぜひまた来たいです」と話してくださった。

会社の同僚という4人組の橋山さん一行は、3人が鍋小屋未経験。「みんなで鍋を食べられるのは楽しいです」と石狩鍋に舌鼓を打っていた。
 


おいしい鍋でお酒も進む!

 
 
 

取材を終えて



「えらべる鍋」「こだわり鍋」のそれぞれで多種多様な味を楽しむことができる鍋小屋。
とはいえ胃袋は一つ。充満する「うまみ」の匂いの中で、迷いに迷ってメニューを選ぶことになる。

友達や家族とシェアしたり、こだわりの味を作り上げたりと楽しみ方は無限大。あたたかい鍋を囲めば、寒さが続くこの冬も乗り切ることができそうだ。


―終わり―


横浜赤レンガ倉庫「鍋小屋2018」
会場/横浜赤レンガ倉庫
住所/横浜市中区新港1-1
期間/2018年1月19日(金)~1月28日(日)
営業時間/
平日12:00~21:30(ラストオーダー21:00)
土日11:00~21:30(ラストオーダー21:00)

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 野菜にこだわっているところが、赤レンガ倉庫で開催している意味を感じさせてくれますね。
    一度伺いたいと思います。

おすすめ記事

黄金町の路地にある入りづらい、元プロボクサーの焼き鳥屋さん「てっちゃん」ってどんなとこ?

音楽とハンバーガーとトロピカル・カクテルがあれば、3秒で西海岸やハワイに行ける「STOVE’S」

  • PR

戸塚のゆるキャラ「ウナシー」がラーメンに!?ご当地グルメ「戸塚麺」を出す中華料理店ファ・ムーランってどんなところ?

職人の味を気軽に味わう! お祝いにも、いつもよりちょっと特別な時も、みんなで行きたい「松葉寿し」

  • PR

新羽にある「和の心遣いが完璧」な日本舞踊を見ながら飲める店に突撃!

女子に密かなブーム? 精力増強に留まらないスッポンの魅力を伝える、野毛の専門店「横浜味処 あぐら亭」

  • PR

横浜駅西口・相鉄ジョイナスのフロアガイドにある「〇分待ち」の仕組みとは?

野毛に新たな焼き鳥の名店出現。笑顔の華咲く「華蔵」

  • PR

こんな記事も読まれてます

吉田町のカクテルから生まれた!みなとねこスイートポテト編

横浜で一番おいしいカルボナーラを探せ!Vol.2

のどかな相鉄いずみ野線沿線が「食のテーマパーク」になるってホント? 「アノ名店」にも突撃!

横浜の老舗「勝烈庵」、店の歴史やソースを販売しない理由とは?

横浜で楽しくビールが飲めるところはどこ?

惜しまれつつ閉店したカレーハウス リオ相鉄ジョイナス店が復活! 生まれ変わったリオを徹底レポート!

ズボラさん必見! はまれぽ週末グルメ案内 男メシ!?具だくさん!!あなたの胃袋を満たす中区・「焼きそば」が美味い店 5店

黄金町の路地にある入りづらい、元プロボクサーの焼き鳥屋さん「てっちゃん」ってどんなとこ?

新着記事