検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?
横浜駅アソビルの丿貫(へちかん)新店「煮干蕎麦」レポ!ジビエ蕎麦は必食!

ココがキニナル!

人気ラーメン店「丿貫(へちかん)」が、横浜駅のアソビルに「煮干蕎麦」をオープン!お店の雰囲気は?どんなメニューを出す予定?(はまれぽ編集部)

はまれぽ調査結果!

煮干をベースに鳥取県境港産の鮮魚を組み合わせたスープを提供。月に1~2回は新鮮な猪を使用した「ジビエ蕎麦」にお目にかかれるかも!

  • LINE
  • はてな

2019年05月18日

ライター:はまれぽ編集部

猪、うまし!
 
ではでは、ジビエ蕎麦をいただいてみましょう!
 


ジビエ蕎麦~鳥取捕れ猪と鹿の合わせ(950円/税込み)


まずはスープを一口・・・

 
おぉ・・・なんだこれは。

表面の透き通ったスープからは想像できない、パンチのあるスープ。これは猪の旨味なのだろうか、魚介の出汁とは違う野性味あるコク深さと、後味のサラリとした口当たり。幾多の山々を越えた強靭で毛並みの美しい猪の姿が頭をよぎる。猪は臭みが強いイメージがあったが、全くそれを感じさせない。有害鳥獣としてではなく食用として扱っているため、血抜きなどの下処理がしっかりされているそうだ。
ベースとなる煮干がスープ全体のバランスを整えてくれているように感じた。
 


麺はもちろん、パツパツのストレート細麺!

 
丿貫の麺と言えば、パツパツとかザクパツとか、とにかくパツっとした歯応えと表現されるが、4号店でもお馴染みの麺を使用。底力が湧いてくる土台のしっかりとしたスープに、パツっとした麺が寄り添うように絡んで相性は抜群だ。メニューに記載はないが、50円引きで麺ハーフも注文できるとのこと。和え玉を注文したい方は麺ハーフにして調整しても良いだろう。
 


お酒の肴にもぴったりの薄切りチャーシュー

 
お願いすればチャーシューを別盛りにして出してくれるので、お昼にちょっと一杯飲みたい方は「キリン クラッシックラガー(400円)」と一緒に別盛りチャーシューをつつくのもオツかも。
現在は鳥取県産豚のチャーシューを使用しているが、今後は猪肉を使ったチャーシューの開発にも取り組む予定とのこと。
 


最後まで美味しくいただきました

 
印象的だったのは、スープが最後まで熱かったこと。「猪の油は融点が低いので、油が固まりづらく熱々の状態が続くのでは」と佐藤さん。
今回は猪を活用したラーメンに焦点を当てたが、看板商品の煮干蕎麦も抜群に美味いし、境港の底引網漁で獲れる多様な鮮魚のメニューは毎度期待を裏切らない。
 


煮干蕎麦(800円)

 
これまでの隠れ家的な店舗とは違い、横浜駅の通路に直通する開かれた場所でスタートした「煮干蕎麦」。既成概念を超え続ける勢いを期待している。
 
 
 
取材を終えて
 
店舗は違えど、やはり「丿貫イズム」はラーメンの枠に収まらないことを再確認。これからもさまざまなメニューに圧倒されそうだ。
 


電球の照明も素敵でした

 
キニナル混雑状況だが、10人ほどの並びに対して15~20分ほどの待ち時間とのこと。夏場は屋外での待機となるので、日傘や帽子など熱中症対策をして並ぶことをおすすめする。
 
 
ー終わりー
 
 
煮干蕎麦 by丿貫(6月中旬ごろに正式名称発表)
住所/横浜市西区高島2丁目14−9 アソビル1階
電話/045-594-8762
営業時間/昼:11時~15時、夜:18時~22時(L.O. 21時30分)
※夜営業は土曜日のみ。ラーメンのみの注文は不可。予約不可
定休日/2019年6月から無休(※5月中は火曜定休)
https://twitter.com/NiboshiYokohama

※情報は取材当時のものです


この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする

おすすめ記事

通るたびにいいにおい!日ノ出町駅近くにある「永野鰹節店」

通りかかるとゴマ油の香ばしさに誘われてお腹がすく。昭和33年創業の関内の名店天ぷら・肴「登良屋」

  • PR

土日の昼だけ野毛に現れる“幻のラーメン店”ってどんなところ?

特典あり

串カツなのに超ヘルシー? 揚げ物大好きなオジサンも女子も要注目のお店が関内にオープン

  • PR

野毛では伝説、福富町では行列!「丿貫(へちかん)」へ突入!

伊豆の海の旨い魚を味わいながら 落ち着いた大人の時間を満喫できる「お魚Diningわんだ」

  • PR

横浜駅東口「アソビル」の魅力を徹底紹介!

フカヒレ姿煮がのった豪華メニューも1人2400円で食べ放題! いま中華街で話題沸騰の「中国飯店」

  • PR

こんな記事も読まれてます

昭和の風情を残した飲み屋街、横浜駅西口「狸小路」に突撃!

パンのフェス2018秋が開催! 県内の参加店舗は?

熱闘! 家系甲子園「地区別予選」トーナメント結果発表

肉のビルを倒せるか!? 関内「ファイヤーバーグ」の総重量2kgのチャレンジメニューとは?

いよいよ横浜スタジアムの「球場グルメ」を全公開! 後編

チョコの中には洋酒爆弾!? 1玉で酔えるラムボール「酔寿」で横浜バレンタイン

お客のいないラーメン屋「風の子」って本当に美味しくないの?

横浜ジョイナス地下1階の「FOOD&TIME ISETAN YOKOHAMA」が人に教えたくないほど穴場だった

新着記事

はまれぽ編集部のイチオシ

「なごみ空間 ~ネコもなごむ箱庭~」に、はまれぽが潜入。人に優しく寄り添う“横浜弘明寺の母”がいた!

  • PR

さまざまな場面で最大限の便宜を図る、港北区日吉の不動産屋さん「エス・ケーホーム株式会社」

  • PR

おしゃれな中に遊び心がある空間で素敵な時間を! 美味しさと楽しさにあふれる「Mid.Ru(ミドル)」

  • PR

“世界に一着”が3万5000円から! 隠れ家サロン「EVERS SUIT」でオーダースーツデビュー!

  • PR

10分100円で車をレンタルできる!?横浜市緑区で地域密着の「100円レンタカー」が安すぎる!

  • PR

屋形船って2人でも乗れるの? 「屋形船すずよし」で横浜みなとみらいの夜景を満喫してきた

  • PR

成人式の振袖選びから式当日まで、横浜みなとみらい駅直結の「ぷりずむ館」にすべておまかせ!

  • PR

女子に密かなブーム? 精力増強に留まらないスッポンの魅力を伝える、野毛の専門店「横浜味処 あぐら亭」

  • PR

昇進や資格取得、スキルアップしたい人が集う“大人の”有料自習室があった。

  • PR

横須賀の米軍施設を影で支える企業があった!? 日本の安全をメンテナンスする「ニッカイ」

  • PR

最近のコメント

アクセスランキング