検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

関内の駐車場に残る、謎の門構えの真相は?

ココがキニナル!

関内・尾上町の裏路地にある飲食店の入り口のような門構えですが、この門の後ろはただの駐車場です。お店はどこにあるの?何でこんなところに門があるの?(TEYさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

門構えは、かつて存在した料亭のもの。店が目立つようにと、真向かいのビルに入る寿司屋が看板を置いていた!

  • LINE
  • はてな

ライター:ワカバヤシヒロアキ

元々は料亭?!



鮨処旬菜「英(ひで)」は、関内でも人気のお寿司屋さん。平日でも開店早々からお客さんでいっぱいになっていた。
 


大将の新倉英男さん、店名はご自身の名前から


手際良く料理を作りながらも、カウンターのお客さんと気さくに会話しており好感の持てる大将。
早速、あの門構えの謎について聞いてみると、「あははは、そう、確かに相当不思議ですよね」。

話によれば、今、門構えだけが残る場所には、関内でも有名な「美登里」という料亭があったそうだ。85年ほど続く名店だったが、火事のため2001年に閉店。駐車場に姿を変えることになったが、オーナーが全て壊すのは名残惜しいと門構えだけを残したのだという。
 


過去の地図には「小料理 美登里」の文字が(1995年・ゼンリン住宅地図)


新倉さんが「英」を開業したのが6年前のこと。
当初、ビル管理が厳しく1階に看板を設置できなかったそうだ。そこでピンときたのが、真向かいに残る料亭「美登里」の門構え。たまたま「美登里」のオーナーと知り合いだった新倉さんは、看板を置かせてもらえないかと掛け合い、承諾を得たのだという。
 


現在、「英」はビルの前に看板を出している


今はビル側と話をし、小さな看板を設置しているが、目立つということで門構えにある看板はそのままにいしてあるのだそうだ。



英のお味は?



謎が解けたがせっかくなので、3900円の清流を注文。「先付」、「清流の料理」、「鮨5貫」、「香の物」、「お椀」が付いてくるこの店では一番お手頃なコースだ。その料理の一部を紹介しよう。
 


先付


先付は、江戸前コハダを、花ワサビと新生薑(しんしょうが)で巻いたもの。3種全てが主役になっているような味の取り合わせ、とてもレベルの高い味だった。
 


アナゴ


5貫あるにぎり鮨は、ヒラメ、アナゴ、ケンサキイカ、ウニ、大トロ。中でも一番美味しかったのは、とろけるようなアナゴだ。口に入れると、あっという間にとろけてしまいその新鮮さが際立っている。
 


大トロも絶品だった


その他、清流の料理には、太刀魚のけんちん蒸し。香の物には、燻製の人参などが出され、全てが高級な味わいであった。



さいごに



関内にある謎の門構えは、取り壊された料亭の名残だった。そして、看板やメニュー等は真向かいのビルに入る美味しいお寿司屋さんのもの。

はまれぽでは、同様の不思議な建物や看板などを募集している。
不可思議な場所があれば、引き続きご一報いただきたい!


―終わり―


◆鮨処旬菜「英(ひで)」
横浜市中区常盤町3‐22
045-662-3134
17:00~24:00 日曜定休
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 取材・構成能力が低い記事で残念。不思議な門構えの由来が判ったのなら、その「美登里」が存在したころの写真や、それを知る周辺への取材をしてくるなどの重層的な工夫がなくては。これでは、ただのお店の宣伝記事にしかなっていない。

  • 自宅が近所なので通りかかるたび気になっていました。解決です(^v^)

  • 私も以前書いていたブログで取材(^^)に行きましたよ。飛び込みで行ったらカウンターが取れない人気店でした。

もっと見る

おすすめ記事

関内の喫茶店「大学院」にある特別室誕生の秘密は?

愛され続けて60年、横浜駅から徒歩1分で昭和の横浜を体験できる老舗「季節料理 なか一」

  • PR

24hチェーン店「すしざんまい」が中華街に出店した理由とは?

特典あり

食わず嫌いじゃもったいない。「丼丸反町店」の500円海鮮丼が想像以上のコスパ!

  • PR

野毛周辺で総重量2㎏超のデカ盛りラーメン「大魔王」に挑戦! 12分以内に完食は可能?  

伊豆の海の旨い魚を味わいながら 落ち着いた大人の時間を満喫できる「お魚Diningわんだ」

  • PR

横浜西口ではしご酒! お盆明けの一大イベント「街バル」に参加してきた

野毛に新たな焼き鳥の名店出現。笑顔の華咲く「華蔵」

  • PR

こんな記事も読まれてます

横浜市内のアットホームで美味しい洋食屋さんはどこ?「京急沿線」編

一般人には行きにくい!? 『横浜マリンハイツ』の激ウマグルメを調査!

『今夜、ハマのバーにて。 vol.2』~「ジントニック」とイロハ~

この怪しげなラーメン屋はどこにあるの!?

【編集部厳選】頭が「キーン」ってなっても気にしない!

【ニュース】「ひょうちゃん」が怪人に!?

横浜市内でオリンピックのパブリックビューイングをやっているお店はどこ?

野毛周辺で総重量2㎏超のデカ盛りラーメン「大魔王」に挑戦! 12分以内に完食は可能?  

新着記事