家を建てるなら20代! 〜ヨコタテで叶えた理想の一戸建てライフ〜
“家を建てるなら20代!

ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

ゴールデンウィーク(GW)マル秘大作戦〜2017年版・はまれぽ流〜 [はまれぽ.com]
イベントカレンダー2017年4月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    川崎市多摩区菅馬場1丁目12-16 にある、星川製麺所がやっている「彩」。今時、やきそばやうどん・そばが¥200。他に定食などメニューが豊富。土曜日にはなんと!¥500で食べ放題まであるそうです。最近...

    大魔王さん

    「日吉」の発音の高低は、「ヒよし」か「ひよし」どちらが正しいのでしょうか。会話では、最初が高い「ヒよし」ですが、電車の案内は抑揚のない「ひよし」です。「綱島」も同様。

    洋菓子好きさん

    最近、相鉄・二俣川駅ホームの売店が「ファミマ自販機」というのに変わっていました。このようになっや経緯と今後駅の売店がこのようなコンビニ経営自販機の形態が多く展開されていくのか気になります。

    たけし♪さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

もうすぐGW。期間中はどこで過ごす?

横浜市内で過ごす
神奈川県内で過ごす
関東圏内で過ごす
関東圏から脱出する
海外で過ごす
そのほか
休みなんかない
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「4月29日今日は何の日?」
2位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
3位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
4位
急きょ開催決定! 鎌倉花火大会が中止になった理由はなんだったの?
5位
鉄道6社が乗り入れる横浜駅!最速で乗り換えできるルートは?
6位
【はまれぽ名作選】東神奈川の二ツ谷の近く、半分くらい川の中に建っている謎の家、なぜこんなことになってしまった?
7位
久里浜港に新しくオープン! 海鮮料理がうまい温浴施設「海辺の湯」に突撃!
8位
【はまれぽ名作選】「京急ウィング号」が県内利用者数ナンバーワンの横浜駅を通過する理由は!?
9位
江ノ電藤沢駅にポツンとある謎のボタンの正体は?
10位
再々始動した「チョイモビ」、今までとは何が違うの?
11位
59年の歴史に幕を降ろす「箱根ホテル小涌園」のあゆみと今後は?
12位
横須賀市唯一の水源地「走水水源地」の経路を徹底追跡!
13位
「空飛ぶ宝石」、カワセミを横浜で見られるところがあるって本当?
14位
京急仲木戸駅高架下に露出したレンガ積みの壁はいったい何?
15位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
16位
見上げても何もない? 野毛にある謎の看板「上空注意」の意味するものは? 
17位
【はまれぽ名作選】山下公園の岸壁にある謎の階段は何に使われているの?
18位
街のあちこちに看板がある、アーウィン女性探偵社とは?
19位
山手本通りから降りる「階段坂」の手すりにならぶ謎の金属の輪っかは何のためなのか徹底調査!
20位
保土ケ谷で研究されていた日本初のペットフード「ビタワン」と、その大きな広告看板について教えて!
21位
三崎の海南神社が作ったパロディーっぽい「解難」お守りってなに?
22位
献血ルームの中で1番良い記念品がもらえるのはどこ?
23位
治安の悪さは首都圏イチ!? 川崎競馬場周辺の夜を体験!
24位
【ニュース】川崎市と京急が沿線まちづくりでタッグ!
25位
桜の名所・瀬谷区海軍道路、桜の木を一気に伐採する理由は?
26位
横浜で一番大きな本屋はどこ? 横浜駅西口の意外な場所に発見!
27位
【ニュース】はまれぽ×相鉄のコラボフリーペーパーが誕生!
28位
都筑区にあるコストコのアウトレット品を超激安で売るお店の秘密とは?
29位
決定! 横浜市内の真の「陸の孤島」はどこ?
30位
モノレール「ドリームランド線」ってどうなったの?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

野毛に『珍獣屋』という珍獣料理?が食べられる店があるのですが、どんな料理が出てくるのか非常にキニナルので突撃してきてください!(スさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

ウーパールーパー、ヤモリ、ワニなど、普段食べないものがいっぱい!一口食べるまではかなりの気合が必要でしたが、意外に美味しかった!

ライター:松宮 史佳 (2012年05月04日)

4月某日。GW直前の夜。携帯が鳴る。…まさかまたあの男か!?
恐る恐る電話に出ると、やはりあの男=編集部・吉田氏からの電話。

吉田:お前、今度は珍獣を食べろ!
松宮:・・・珍獣ってなによ?
吉田:明日取材しろ!
松宮:え!?
吉田:ユーザーさんがお前を指名してるから!じゃっ頼むぞ!
松宮:えぇ!? ちょっと!頼まれてないから・・・

ガチャッ!

・・・了承した覚えは一切ないのだが、「じゃっ頼むぞ!」といういつもの言葉で電話を切る吉田氏。
3秒で切らないと吉田氏の電話は爆発するのだろうか
・・・。

吉田氏の相変わらずの突然&問答無用ぶりに茫然とする松宮。が、突撃ライターの名にかけて取材せねば! 「珍獣」とはどんなものなのか。

電話で取材を申し込み、いざ「珍獣屋」へ!



「珍獣屋」に突撃

取材当日。JR桜木町駅から「珍獣屋」に向かう。
 


JR桜木町駅から野毛の柳小路へ
 

味わいのある「珍獣屋」看板


「珍獣屋」という店名からアヤしげかと思ったが、店内はお洒落な雰囲気で驚く。
 


“大人の隠れ家”という感じ
 

店内にはオーナーが弾くというギターも


店長の福岡勲さんから「『珍獣屋』のオーナーは以前ここでバーをやっていた」とお話を伺い、だからバーのような造りなのかと納得。
 


オーナーよりお店を任されている店長の福岡さん  


「珍獣屋」のオーナーはフレンチのシェフで、食材としてジビエ(野生の鳥獣)を取り扱っていた。食材を探すうち、“もっと変わったモノを”と珍獣に辿り着き、2009(平成21)年12月に「珍獣屋」をオープン。
 


珍獣以外のメニューも充実


客層は20代から40代。来店した人のTwitterなどを見て店に来る人が多いそうだ。最初は皆“怖いモノ見たさ”で来店するが、「うちにしかないモノを目当てにまた来てくれる」と福岡さん。なお、特別なルートがあるため、季節や仕入れ状況により「価格は変動しない」とのこと。

人気のメニューはクセがなく食べやすい「ラクダ」や「カンガルー」。が、残念ながら“本日は売り切れ”!
 


仕入れ状況により異なるのでメニューは“黒板に手書き”


と、いうことで他のメニューを考えることに。


この世に食べれないものなど無いッ!と意気込んでみたものの・・・見た目のビジュアルに挫折?≫
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

横浜で一番おいしい川の水は?

狸小路にある「豚の味珍」、その注文の仕方は?

「野毛」に関するキニナル