検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

【I☆DB】カフェで試合も見られる「THE BAYS」、一般の人はどうやって使ったらいい?

ココがキニナル!

「THE BAYS」の詳細が知りたい。カフェやグッズショップはわかるけど、「CREATIVE SPORTS LAB」って? 一般の人も利用できる?(Koyさん)

はまれぽ調査結果!

カフェとグッズショップだけでなく、地下フロアのスタジオも利用可能。横浜DeNAベイスターズの試合開催日にはカフェで試合観戦も

  • LINE
  • はてな

ライター:田中 大輔

試合も見られるカフェ



その隣にある「Boulevard Cafe『&9』」は、横浜スタジアムでも大人気の球団オリジナルビール「BAYSTARS LAGER」、「BAYSTARS ALE」を始め、食事も楽しめるカフェ。
 


昼時にはランチ目当てのお客さんでにぎわう
 

定番メニューの「100%ビーフミートボール(1000円)」や「&9サラダ(1100円)」のほか、DeNAベイスターズの若手選手が暮らす「青星寮」で出されているメニューも人気。

ファンにはすっかりおなじみとなった「青星寮カレー(800円、限定20食、テークアウト不可)」はもちろん、8月28日からは週替わりで青星寮プレートが発売されている。
 


ミートボールはテークアウトもOK(C)YDB
 

また、横浜スタジアムで試合が開催される日には、店内2ヶ所でのライブビューイングも開始。ハマスタのチケットが取れなかった人は、こちらで「&9」の食事を楽しみながら野球観戦をすることが可能となった。
 


ライブビューイングの様子。勝利時には特別サービスも!
 

店の前の日本大通り沿いにはテラス席も設けられ、こちらでも食事ができる。

ランチを楽しんでいた女性客に話を聞くと、「ここでの食事は初めてなんですが、おいしいです」と笑顔。
 


日本大通りに面したテラス席。開放的な雰囲気がおしゃれ
 


DeNAベイスターズのファンという真木さん。愛犬はゴメスちゃん
 

「犬と一緒に利用できるのも有り難いし、野球のシーズンとは関係なくまた足を運びたいです」とのことで、横浜の街に溶け込む雰囲気にも魅了された様子だった。



「するスポーツ」の拠点、ACTIVE STYLE CLUB



さて、1階にある2つのお店のことは知っている人も多いだろうが、実は地下にも“一般の人が使えるTHE BAYS”がある。

「ACTIVE STYLE CLUB」と名付けられた地下フロアは、体験型プログラムの拠点と位置付けられていて、dianaメンバーやOGが講師を務める「キッズチアプログラム」や、DeNAランニングクラブが運営する「キッズスポーツプログラム」などの会場としても利用されているのだ。
 


 

 

 

観戦は「見る」スポーツ、こちらは「する」スポーツ(C)YDB/koichi torimura
 

一般の人向けには「スタジオ/アウトドアフィットネスプログラム」が開講されていて、会員向けにヨガやピラティスなど、たくさんのプログラムが開かれている。
 


ヨガプログラムの様子。この日は主婦が中心のクラス構成だった
 

スタッフによると、4月の開講以来すでに100名ほどの人が入会しているそうで、人気があるのは意外にも朝一のクラス。会員は女性が多く、「THE BAYS」でひと汗かいてから出勤、という人が少なくないのだそうだ。

夜のプログラムには、仕事終わりに立ち寄る人が、昼間には主婦の人が目立つそうで、年齢を問わず利用されている様子だ。
 


スタジオの壁もレンガ。「THE BAYS」っぽさを感じながら汗を流す
 

取材に当たり、ヨガプログラムを体験受講した編集部・松山は「ヨガ自体が初めてだし、高校卒業して以来運動らしい運動をしていないので不安だったが、『こうやって息を吸えばここが伸びる』みたいに説明が丁寧だったので気持ちよくできた」と話していた。
 


先生の指導を受けるポンコツ松山の図。親切に説明してくれるので初心者でも安心
 

また、定期的なプログラムのほか、月ごとに特別なイベントが開催され、スタジオを飛び出しての「パークヨガ」や「スタンドアップパドル(=SUP)」などの特別な体験プログラムも魅力になっているようだ。

プロ野球が「見るスポーツ」なのに対し、このACTIVE STYLE CLUBが掲げているのは「するスポーツ」。

DeNAベイスターズが事業主体になってはいるが、特にベイスターズっぽさがあるわけではなく、野球に興味がない人や、巨人ファン、阪神ファンでも、体を動かしたい人なら誰にでも利用できる環境となっている。



取材を終えて



横浜DeNAベイスターズとなって早6年。新体制となって以降、スタジアムの内外でさまざまな新しい取り組みが行われてきた。

本業であるチームの強化や、観客動員数のアップもさることながら、「THE BAYS」のようにその周辺での活動も多く見られている。

ただの「横浜にある野球チーム」ではなく、地域に根差した球団として認知されてきているDeNAベイスターズ。そして、そんな取り組みのひとつである「THE BAYS」。
 


夜はまた違った表情を見せてくれる
 

一番の特徴は、利用するのにDeNAベイスターズファンであるかどうかが問われないところ。もちろんファンだったらより楽しめるが、そうでない人が立ち寄っても楽しめるスポットになっている。

野球ファンじゃないから関係ない、と思っていた人も、一度のぞいてみてはどうだろうか。


―終わり―
 
THE BAYS
住所/横浜市中区日本大通34

CREATIVE SPORTS LAB
受付対応時間(平日のみ) 9:00~18:00
会員利用可能時間:平日 9:00~22:00
土日祝 10:00~22:00

「Lifestyle Shop『+B』
営業時間/11:00~19:00
ナイター開催日/11:00から試合終了1時間後(最大延長22:30まで)
デーゲーム開催日/10:00~19:00
定休日/不定休

「Boulevard Cafe 『&9』」
営業時間/11:30~23:00
ナイター開催日/11:00~23:00
デーゲーム開催日/10:00~23:00
定休日/不定休

「ACTIVE STILE CLUB」
営業時間/7:00~22:00(平日)、8:00~19:00(土曜日)、8:00~18:00(日曜日・祝日)
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 有効活用して生まれ変わってよかったね。前に文化財的価値のある倉庫の取り壊しについて、金も出さない他人が「保存しない会社は国賊!」くらいのノリで批判していたけれど、ボランティアじゃねーんだから、なんで民間が「ただ保存のための保存」に金出さなきゃならないのか?って話で、それなら行政が金出すか?っていうと知らん振り。このような有効活用が成立しなかった結果、記憶の中にしか残せなかったのは仕方ないことだったんだろう。

おすすめ記事

ファン1500人が集まった横浜DeNAベイスターズの壮行会

神奈川県で2年連続解体工事件数ナンバーワン!ユニークなマスコットキャラも魅力の横浜総合建設株式会社

  • PR

YOKOHAMA STAR☆NIGHT2017をレポート!

横浜を愛し、横浜を作り、横浜を育む、横浜型地域貢献企業認定の建築事務所「有限会社安田建築事務所」

  • PR

【速報】石原軍団も登場! 鶴見区の總持寺で行われた「節分会」の様子を速報!

気功で痛みを和らげる!? 「横浜元気整体院」のイタキモチイイ悶絶級の施術を徹底レポート!

  • PR

トヨタのウェルキャブってこんなにスゴイの? 驚きの進化を遂げた福祉車両を見て、触れて、体感してきた!

気軽な雰囲気でテニスクラブに入会経験のない人も安心。業界きっての理論派コーチの指導でスキルアップも

  • PR

こんな記事も読まれてます

京急金沢八景橋上駅舎改札がオープン!金沢シーサイドライン新駅とつながる瞬間までもう少し!

殺処分「ゼロ」?神奈川県における動物保護の光と影・後編

横浜駅近くの、丁寧なヒアリングと温かいスタッフが魅力の不動産店

泉区中田町、長さ20メートルの道路用地らしきもの、30年以上放置されている理由とは?

栄区桂町の迷路みたいな歩道橋! どうしてこんなにクネクネしてるの?

【編集部厳選】6月の花嫁「ジューンブライド」。「結婚」のキニナルまとめました! 

横浜で国産初の連節バス「ベイサイドブルー」がデビュー! 車両発表会をレポート

【速報】石原軍団も登場! 鶴見区の總持寺で行われた「節分会」の様子を速報!

新着記事