検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • はまれぽ.com無料掲載について

ココがキニナル!

新丸子駅の近くにある「三ちゃん食堂」っていうお店が気になります。店主がいい味を出していて、暗算おばさん?っていう名物おばさんもいるみたいです。是非突撃してきてください!(ishiさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

豪快で明るい店主と、注文・会計を一度で完璧に暗記する「暗算おばさん」こと店主の奥さんが切り盛りする昔ながらの大衆食堂だった。

  • LINE
  • はてな

2012年05月06日

ライター:石元 優

東急東横線“新丸子駅”周辺に「三ちゃん食堂」というちょっと変わった名前の食堂があるという。投稿によると、いい味を出している店主と「暗算おばさん」なる謎の人物もいるとのこと。

お店は入口が磨りガラスになっており、ますますキニナルその店内を覗くことは出来ない。これは突撃するしかない!



三ちゃん食堂の正体!?

新丸子駅西口を出てすぐ、一分くらい歩いたところで店舗を発見。
 


丸みを帯びた文字に親しみを感じる


看板には「三ちゃん食堂」。暖簾には「中華料理」の文字。そして事前の調べでは、昼から宴会が始まることもあるという情報も。どうやら大衆居酒屋の要素も兼ね備えているみたいだ。

ということで早速その暖簾をくぐってみた。
 


想像より広い店内は“ザ・食堂”という感じ


広々とした店内はカウンター席込みで64席。まず目にとび込んで来るのは入口正面に貼られたメニューで、その数140種類以上!暖簾の文字通り中華料理をメインに定食やどんぶりも揃う。そこにはレトロなポスターも貼られており、懐かしい!といった印象だ。

その時「いらっしゃい」という声とともに、私が思い描いていた通りの店主が登場。早速、店主の中山知久さんに話を伺った。
 


笑顔がキュートな店主


「この辺りではうちが一番賑やかだよ!」と胸を張って語る店主。土日にもなるとオープンと同時にどっと人が流れ込み、息つく間もなく閉店時間を迎えるそうだ。「去年は暇だったと言える日が1日しかなかったよ」と堂々の自信も垣間見える。

まずは気になる「この店は食堂?中華料理店?大衆居酒屋?」という疑問をストレートに店主にぶつけてみた。

すると店主は「この前ね7~8人で来たお客さんが酒を飲んでいて、その隣に座ったお客さんが普通に定食を注文したの。そしたらその中の1人が“こんなところで飯食ってるよ”って言い出して。だから“当たり前だ!うちは食堂だよ!”って笑い飛ばしてやったんだ!ははは」と豪快に笑い飛ばす。
 


有名・著名人のサインもズラリと並ぶ


「結局ここは食堂という認識でいいんですね?」と念を押してみた。すると「うちは居酒屋ではない!食堂だ!」と言い切った店主。

「では暖簾の中華料理という文字は何ですか?」とすかさず聞いてみる。それはどうやら創業当時の話のようだ。
 


左上の中華料理メニューが創業当時のもの


創業は昭和43年、先代であるお父さんが昭和26年からやっていた八百屋をたたみ、同じ地で食堂を開いたのが始まり。当時ラーメンブームの走りで時代に乗って始めたという三ちゃん食堂。

つまり、創業時はラーメンを中心に中華料理を提供していたから暖簾に中華料理と書かれているのだ。その名前の由来も先代、三之助さんの愛称だった「三ちゃん」からきているという。



暗算おばさん登場

次に投稿にもあった「暗算おばさん」なる方を紹介してもらった。

暗算おばさんの正体。それは店主の奥様!忙しすぎてメモを取る暇もなかっただけだという。どんなに大勢の客が来ても、一度に入った注文は全て暗記。そして客が帰る時にはその客が何を注文したか記憶しており、レジで暗算…「○○○円になります」と余裕でこなしていたそうだ。
 


三ちゃん食堂の名物と呼ばれた中山初枝さん


「若い時だと、それはもう本当にすごかったのよ。名物と呼ばれるくらい(笑)。でも今は年取ったから正確には出来なくなっちゃったけどね」と笑顔で話してくれた。最近ではホールに出ることはあまりないようで、厨房で調理をすることが主になっているという。

この日は3名の若い女性スタッフがホールを回しており、ほぼメモなしでランチタイムをこなしていた。聞くところによると、暗記しなさいと指導しているわけではないという。忙しさのあまり自然と身に付く能力のようで、伝票がない三ちゃん食堂では必須なのかもしれない。


気さくな店主と奥さんが切り盛りする同店。続いては人気のメニューを実食!詳細は次ページ≫
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

朝からやっている川崎駅前の居酒屋「丸大ホール」ってどんな店?

マークされたら言い逃れはほぼ不可能! 全国屈指の総合探偵社「ガルエージェンシー横浜駅前」

  • PR

川崎堀之内町の『ちょんの間』ってどうなったの?

秘密はオーナーの程よい“ゆるさ”! 反町にある口コミで大人気の理容室「φ(ファイ)」

  • PR

川崎のセメント通り、鶴見のゴム通りの由来は?

決して周囲への配慮を忘れない。常に「顧客」の気持ちに立って工事を続ける「横浜総合建設株式会社」

  • PR

和食からNY屋台の味まで!関内駅周辺で500円以下かつ美味しいランチを出す店を紹介!

年中無休体制、本当に「手厚い」ケアができる「ベルジェ動物病院」

  • PR

新着記事

京急電鉄の駅名を勝手に鉄道大好きライターが考えてみた!

    • 面白かった45
    • 面白くなかった73
    • コメント3
  • 2018年11月16日

30°の傾斜、ファンなら大丈夫? 2019年シーズンに向けた横浜スタジアムの工事進捗をレポート!

    • 面白かった230
    • 面白くなかった4
    • コメント3
  • 2018年11月15日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー
横浜・神奈川のお出かけ情報
はまれぽ.com無料掲載について

はまれぽ編集部のイチオシ

これが解けたら超天才!? 「啓進塾 日吉校」から寄せられた偏差値65の中学受験問題が難しすぎる!

  • PR

本当のセキュリティとは!? 1級錠施工技師がいる「カギの横浜ロックサービス」

  • PR

介護を軸に、新たなコミュニティ構築を模索する、中区石川町「ケアステーション・デイサービス ふれ愛」

  • PR

人間力を重視し将来に役立つ力を育てる年中~小学生のサッカースクール。仲間と楽しみながら基礎技術向上!

  • PR

女子に密かなブーム? 精力増強に留まらないスッポンの魅力を伝える、野毛の専門店「横浜味処 あぐら亭」

  • PR

横浜中華街で横浜のソウルフード「ブタまん」を提供する創業明治27年の老舗・ブタまんの「江戸清」

  • PR

その問題、大きくなる前に・・・頼れる街の相談窓口「司法書士法人あいおい総合事務所」

  • PR

顧客メリットを優先した安心の価格と高い技術力。板金塗装のスペシャリスト「整興モーターサービス」

  • PR

野毛のリトル大分で郷土料理と銘酒を存分に味わう「如水」

  • PR

その味を知ったら絶対宮崎県に行きたくなる!曙町の名店「みやざき地頭鶏 てげてげ」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 綺麗にライトアップされたそごう2階の外廊下(天井にライトアップされている一帯)にキッチンカーが停まっ...

  • 12月3日、洋光台駅近くに「パティスリージュノー」という洋菓子店がオープンするらしいです。パティシエ...

  • 11月24日に相鉄線の天王町〜星川区間が上下線とも立体化が完了するみたいです。立体化により、どれだけ...

あなたはどう思う?

今年のイルミネーションはどこで見る?

最近のコメント