ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年2月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    キニナル記事と投稿を見て思い出したのですが、保土ヶ谷駅の横にフジのつくけどニュークイックのスーパーがある建物が「シアル」なのですが、あの横浜駅にあったシアルと同じなんだろうか?調べて下さい。

    ホトリコさん

    横浜橋商店街に本牧産の魚介類を扱う魚屋さんがあります。この前、本牧産ゴマイカという、正式名はシリヤケイカという、コウイカの仲間のイカが売られていて、横浜の海でイカが獲れるとは知りませんでしたが、大黒の...

    ナチュラルマンさん

    鴨居の南口を出てガストのある交差点をTSUTAYA鴨居店方向へ歩いて行くと途中にニーハオという中華料理屋さんがあります。見た目にも今風とは言えない昔からある感じのお店です。かなりディープな感じが漂って...

    tantakatanさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

どんなところでお酒を飲む?

おしゃれな「バー&レストラン」
リーズナブルに「居酒屋」
もっとリーズナブルに「角打ち」
カラオケとセットで「スナック」
1番くつろげる「自宅」
自然を味わいたいから「公園」
その他
お酒飲めない
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
伝説の娼婦・白塗りのメリーさんを知る横浜の文化人に直撃インタビュー!
2位
横浜の伝説、白塗りのメリーさんとは!?
3位
「みなとみらい東急スクエア」グランドオープンの初日の様子をレポート!
4位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【前編】
5位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった?~ドリームランド線編
6位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった? 湘南モノレール編
7位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
8位
あまりにも豪華すぎる内装が「異常」というウワサは本当か? 川崎のラブホテル「迎賓館」に突撃!
9位
いよいよ着工! 2020年完成予定の横浜スタジアム増築・改修工事の状況は?
10位
【編集部厳選】YOUが今いる場所って、昔は何があったか知っている?
11位
JR桜木町駅の発着メロディーは、どうして「ゆず」じゃないの?
12位
【編集部厳選】ドキッと突撃! 街のキニナルぴんくを探せ!!
13位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【後編】
14位
第三京浜保土ヶ谷料金所の近くに見える鳥居の正体とは?
15位
帷子川の源流までってどうなってるの?
16位
【前編】「横浜高校の指定バッグ」が女子高生の間で大流行中の理由とは?
17位
38年間の歴史に終止符。日吉にある昭和喫茶店「まりも」
18位
【I☆DB】下剋上! 19年ぶり横浜DeNAベイスターズ日本シリーズ進出決定! 
19位
東神奈川の二ッ谷にある「家の半分が川に突き出ている家」のその後!
20位
雨天決行した「川崎ハロウィン2017」の様子をレポート!
21位
【編集部厳選】どうせイクならレトロ銭湯! 気持ちイーよ!
22位
2017年「みなとみらい・桜木町」イルミネーション情報
23位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
24位
本牧ふ頭近辺で釣れる幻のブランド魚「下根アジ」って、どんな魚?
25位
南区真金町・金刀比羅神社の「一の酉」の様子をレポート
26位
スラックスが「99円」!? 驚異の激安衣料店「ファッションプラザタカハシ」ってどんなお店?
27位
【I☆DB】感動をありがとう! ファンからDeNAベイスターズへラブレター
28位
2017年「横浜駅周辺」のイルミネーション情報
29位
【編集部厳選】そーだ! 秋だ! 旅たび旅!
30位
神奈川区の遊び場、通称「こうもり山」の山頂には何があった?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

川崎の千鳥町と東扇島をつなぐ歩行者専用の、海底トンネルがあると聞きました。トンネル内は不気味で取材したらおもしろそうなので、是非調べてください!(JOKERさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

歩行者用の川崎港海底トンネルは避難用道路として建設された!実際に行ってみるとひんやりと涼しくて不思議な空間だった!

ライター:松宮 史佳 (2012年05月06日)

川崎の千鳥町と東扇島をつなぐ“歩行者用海底トンネル”があるらしい!地下施設やトンネル好きの松宮。キニナル!ので川崎市役所に問い合わせる。

すると、川崎にある海底トンネルは川崎市役所ではなく、川崎市港湾局が管理しているようだ。担当者の方に取材を申し込み、海底トンネルに突撃!



川崎港海底トンネルとは
 


JR川崎駅東口からバスへ


川05系統東扇島循環に乗り、市役所などを抜けると、巨大な物流や食品の倉庫が立ち並ぶ東扇島へ。「…一体どこに辿り着いてしまうのか」と思いながら30分乗車すると、川崎市港湾局がある川崎マリエンに到着。
 


バーベキュー施設もある川崎マリエン


取材にご協力いただいたのは川崎市港湾局・川崎港管理センター港営課の担当者の方。
 


業務棟にある川崎港管理センター


川崎港埋立ての歴史は「1913(大正13)年に大川、扇町などが埋め立てられたのが始まりです」と担当の方。
 


川崎埋立ての歴史


第二次大戦後千鳥町の公共ふ頭エリアが整備され、浮島町には石油コンビナートが形成されるなど、高度成長期を支える拠点として大きな役割を果たした。
 


首都圏の物流を支えている川崎港


1979年(昭和54)年、“物流倉庫群の基地”である東扇島と千鳥町を結ぶ交通手段として「川崎港海底トンネル」が開通した。完成には約7年と440億円もの建設費がかかったそうだ。
 


千鳥町と東扇島を結ぶ物流の交通手段「川崎港海底トンネル」


「川崎港海底トンネル」は車用と歩行者用に分かれている。歩行者用海底トンネルは「下りと上りの車用海底トンネルに挟まれて真ん中を通っており、24時間誰でも通行可能。

「川崎港海底トンネル」はトンネルを形成する外郭を陸上などで分割し、沈めてつなげていくという沈埋工法で造られた。付近の地盤は脆弱で船舶の交通量も多く、工事は難航。
その悪条件で成し遂げた施工に対し、土木学会技術賞と日本港湾協会技術賞を受賞した。
 


歩行者用海底トンネル入口前の「土木学会賞受賞記念碑」


陸と陸とをつなぐのになぜ橋ではなく海底トンネルが選択されたのか。当時の関係者しか詳細はわからないとのことだが、「京浜運河は船の出入りが頻繁なため橋だと危険」「トンネル工事の方が安い」「当時トンネル施工の技術に力を入れていた」などの理由で“海底トンネルになったのでは(担当の方)”とのこと。
もともと歩行者用海底トンネルは、事故や火災が発生した際の“避難道路”として設置された。そのため、開通した当時、人は通行できなかった。しかし、東扇島での就業人口が増え、通行の需要が増えたことにより、2004年に歩行者の通行が許可されるようになった。

ちなみに車用海底トンネルは全長2,180mだが、歩行者用海底トンネルは入口階段部分を含め、約1,965mと担当の方。

歩行者用「海底トンネル」の月の利用者数は3041人。(2012年3月調べ)  1日平均では約100人が利用している。

利用者は東扇島で働く物流関係者が中心だそうだ。利用者の中には「トンネル内でなぜ自転車に乗れないのか」という声があるそうだが、歩行者用「海底トンネル」はもともと避難道路としてつくられたため、「道幅が3mほどしかなく、危険なので自転車に乗るのは禁止している」と担当の方。

ところで2008年7月に車用「海底トンネル」内が漏水したが、なぜ起こったのだろう。担当者の方によると、「通常、雨水は土盤下の排水管に溜まり、排水溝に排出されているが、この時は排水管がない箇所に雨水が集中し、漏水してしまった」とのことで「海水が漏れてトンネル内に浸水したわけではない」そうだ。
 


川崎港海底トンネルの漏水を伝える新聞


「海底トンネル」は建設されて30年以上経つ。老朽化も進んでおり、破損などの発見に努め、早急に対応することを強化しているとのこと。お話を伺ったところでいよいよ歩行者用「海底トンネル」へ突撃!


海底トンネルのおさらいを終えたところで、高まる鼓動を押さえながら川崎へ!≫
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事