ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

工事現場監督・監督候補募集|横浜の地域密着建設会社「安藤建設」×はまれぽ.com
横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年10月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    関内のマリナード地下街からJR関内駅北口に向かう途中に、ホームレスのたくさんいる場所ありますよね。あそこはどうにかならないんですか?異常なほどのクサさで、呼吸を止めて通らないといけなくなります。寿町に...

    今宵月男さん

    11月にオープンする蒙古タンメン中本。各店舗ごとに辛さが違いますが、神奈川県の中本ではどの位の辛さに位置するのでしょうか?オープン時に確認してください!

    福三さん

    横浜市内でも青葉区にはイノシシが、緑区にはニホンザルが目撃されたという噂を耳にしました。イノシシは青葉区奈良町、ニホンザルは緑区の四季の森公園です。今も生息しているのか、噂の真相が知りたいです。

    ナチュラルマンさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

SNSは利用していますか?

Facebook、Twitterなどはもちろんほかも
Facebookのみ
Twitterのみ
Instagramのみ
LINEのみ
そのほか
もうやめた
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
元横浜DeNAベイスターズ選手のセカンドキャリアとは?-内藤雄太さん-
2位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
3位
最終回目前のドラマも! 横浜のロケ地巡り2017年夏ドラマ編vol.3
4位
日ノ出町駅裏側の崖上の住宅街にある面白スポットを調査!
5位
【編集部厳選】知ってるようで知らない、横浜の老舗のアレコレ!
6位
伝説の娼婦・白塗りのメリーさんを知る横浜の文化人に直撃インタビュー!
7位
地域の繋がりがまだここに! 横浜の「子どもも大人も集う駄菓子屋」に突撃!
8位
【はまれぽ名作選】なぜ横浜「県」じゃない?神奈川を県名にした理由とは!?
9位
「3位から日本一」へ! 2017年横浜DeNAベイスターズ、シーズン最終戦をレポート!
10位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
11位
【はまれぽ名作選】かつて相鉄線の上星川と西谷の間に「幻の駅」があったって本当!?
12位
屋根のない2階建てバス「KEIKYU OPEN TOP BUS」から見た景色は?
13位
【編集部厳選】このデッカイやつ、何もの?
14位
【編集部厳選】いくつ知ってる? みなとみらい線のヒミツ!
15位
【編集部厳選】目印にならない? 変わったバス停の名前!
16位
【編集部厳選】横浜の百貨店「栄枯盛衰」物語!
17位
川崎堀之内の「ちょんの間」、摘発前の様子は?
18位
横浜に安くて感じのよいラブホはあるのか?
19位
横浜の伝説、白塗りのメリーさんとは!?
20位
黄金町の『ちょんの間』ってどうなったの?
21位
野毛に大増殖中の「高級アロマエステ」は風俗店か? 突撃取材!
22位
【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(10月5日~10月11日)
23位
横浜駅のベストな待ち合わせスポットはどこ?
24位
関内のSMバー「非日常への入口」へ突撃!
25位
【I☆DB】ハマスタで日本シリーズを! クライマックスシリーズPVの様子をレポート!
26位
【はまれぽ名作選】中区にある日本最古の理容店・柴垣理容院について教えて!
27位
運転免許試験場の周辺で営業している「裏校」。どうやって試験問題を入手してるの!?
28位
あまりにも豪華すぎる内装が「異常」というウワサは本当か? 川崎のラブホテル「迎賓館」にライター・山崎が突撃!
29位
【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(9月21日~9月27日)
30位
【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(10月12日~10月18日)
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

川崎の千鳥町と東扇島をつなぐ歩行者専用の、海底トンネルがあると聞きました。トンネル内は不気味で取材したらおもしろそうなので、是非調べてください!(JOKERさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

歩行者用の川崎港海底トンネルは避難用道路として建設された!実際に行ってみるとひんやりと涼しくて不思議な空間だった!

ライター:松宮 史佳 (2012年05月06日)

川崎の千鳥町と東扇島をつなぐ“歩行者用海底トンネル”があるらしい!地下施設やトンネル好きの松宮。キニナル!ので川崎市役所に問い合わせる。

すると、川崎にある海底トンネルは川崎市役所ではなく、川崎市港湾局が管理しているようだ。担当者の方に取材を申し込み、海底トンネルに突撃!



川崎港海底トンネルとは
 


JR川崎駅東口からバスへ


川05系統東扇島循環に乗り、市役所などを抜けると、巨大な物流や食品の倉庫が立ち並ぶ東扇島へ。「…一体どこに辿り着いてしまうのか」と思いながら30分乗車すると、川崎市港湾局がある川崎マリエンに到着。
 


バーベキュー施設もある川崎マリエン


取材にご協力いただいたのは川崎市港湾局・川崎港管理センター港営課の担当者の方。
 


業務棟にある川崎港管理センター


川崎港埋立ての歴史は「1913(大正13)年に大川、扇町などが埋め立てられたのが始まりです」と担当の方。
 


川崎埋立ての歴史


第二次大戦後千鳥町の公共ふ頭エリアが整備され、浮島町には石油コンビナートが形成されるなど、高度成長期を支える拠点として大きな役割を果たした。
 


首都圏の物流を支えている川崎港


1979年(昭和54)年、“物流倉庫群の基地”である東扇島と千鳥町を結ぶ交通手段として「川崎港海底トンネル」が開通した。完成には約7年と440億円もの建設費がかかったそうだ。
 


千鳥町と東扇島を結ぶ物流の交通手段「川崎港海底トンネル」


「川崎港海底トンネル」は車用と歩行者用に分かれている。歩行者用海底トンネルは「下りと上りの車用海底トンネルに挟まれて真ん中を通っており、24時間誰でも通行可能。

「川崎港海底トンネル」はトンネルを形成する外郭を陸上などで分割し、沈めてつなげていくという沈埋工法で造られた。付近の地盤は脆弱で船舶の交通量も多く、工事は難航。
その悪条件で成し遂げた施工に対し、土木学会技術賞と日本港湾協会技術賞を受賞した。
 


歩行者用海底トンネル入口前の「土木学会賞受賞記念碑」


陸と陸とをつなぐのになぜ橋ではなく海底トンネルが選択されたのか。当時の関係者しか詳細はわからないとのことだが、「京浜運河は船の出入りが頻繁なため橋だと危険」「トンネル工事の方が安い」「当時トンネル施工の技術に力を入れていた」などの理由で“海底トンネルになったのでは(担当の方)”とのこと。
もともと歩行者用海底トンネルは、事故や火災が発生した際の“避難道路”として設置された。そのため、開通した当時、人は通行できなかった。しかし、東扇島での就業人口が増え、通行の需要が増えたことにより、2004年に歩行者の通行が許可されるようになった。

ちなみに車用海底トンネルは全長2,180mだが、歩行者用海底トンネルは入口階段部分を含め、約1,965mと担当の方。

歩行者用「海底トンネル」の月の利用者数は3041人。(2012年3月調べ)  1日平均では約100人が利用している。

利用者は東扇島で働く物流関係者が中心だそうだ。利用者の中には「トンネル内でなぜ自転車に乗れないのか」という声があるそうだが、歩行者用「海底トンネル」はもともと避難道路としてつくられたため、「道幅が3mほどしかなく、危険なので自転車に乗るのは禁止している」と担当の方。

ところで2008年7月に車用「海底トンネル」内が漏水したが、なぜ起こったのだろう。担当者の方によると、「通常、雨水は土盤下の排水管に溜まり、排水溝に排出されているが、この時は排水管がない箇所に雨水が集中し、漏水してしまった」とのことで「海水が漏れてトンネル内に浸水したわけではない」そうだ。
 


川崎港海底トンネルの漏水を伝える新聞


「海底トンネル」は建設されて30年以上経つ。老朽化も進んでおり、破損などの発見に努め、早急に対応することを強化しているとのこと。お話を伺ったところでいよいよ歩行者用「海底トンネル」へ突撃!


海底トンネルのおさらいを終えたところで、高まる鼓動を押さえながら川崎へ!≫
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事