ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

キニナル水着女子2017
横浜生まれのアナウンサー 渡辺真理さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年8月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    大衆演劇ファンには有名らしい川崎の「大島劇場」で大衆演劇の楽しみ方を取材してほしいです。大衆演劇って見たこともないし、どんな人達がどんな楽しみ方をしてるのか、気になります。

    タロー先生さん

    三浦半島イチ美味しい、と言われる?三上農園の直売所のスイカが気になります。今年も大きくて美味しいスイカを堪能したのですが、どんな風にスイカを育ててるのか取材してほしいです。試食もできるし、気さくなおじ...

    タロー先生さん

    横浜で東京キャットガーディアンさんが子猫の譲渡会をやるそうです!http://tcg.ldblog.jp/archives/50584695.html

    yukieさん

もっと見る

あなたはどう思う?

アクセスランキング

ジャンル
1位
【はまれぽ名作選】横浜で美味しいうなぎが食べられるお店はどこ?
2位
野毛では伝説、福富町では行列! 神出鬼没のラーメン店「丿貫(へちかん)」へ突入!
3位
川崎市多摩区の星川製麺が運営する"彩"でデカ盛りメニュー「でかっちゃん」に挑戦!
4位
戸塚区秋葉町で発見! めちゃうま!? たまご自動販売機とは?
5位
本日オープン! 「川崎のれん街 ほのぼの横丁」を全店舗制覇!
6位
【はまれぽ名作選】居酒屋チェーンの「養老乃瀧」、1号店は横浜って本当? 
7位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
8位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
9位
ハマの伝説! レストラン「タイクーン」! 今年は横浜式バーベキューで激ウマ!
10位
【はまれぽ名作選】西横浜にある中華料理店「隆翔」が出す、辛さ120倍のタンタンメンとは?
11位
【編集部厳選】1軒だけじゃ物足りない! 気ままに「ハシゴ酒」できるスポットを紹介!
12位
【はまれぽ名作選】野毛で食べられる裏メニューって、どういうのがあるの?
13位
【はまれぽ名作選】平日の昼間から飲める感じのいいお店を教えて! 伊勢佐木町編
14位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.2』~「ジントニック」とイロハ~
15位
【はまれぽ名作選】かつて馬車道交差点にあった「珈琲屋」、その後どうなったの?
16位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
17位
まだまだ夏真っ盛り! 2017年、横浜市内のおすすめビアガーデンは?
18位
体温を下げて夏バテ防止になる料理って!? 教えて○○さん! イタリア料理編
19位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
20位
【ニュース】ホテルニューグランドこの夏だけの限定ラウンジ!
21位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.4』〜「ヨコハマ」とストーリー〜
22位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.3』〜「ダイキリ」と太田圭介さん〜
23位
「よこはまでカレーがおいしいお店ランキングベスト10」が知りたい!
24位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
25位
【編集部厳選】梅雨明けしたし、夏と言ったらビールでしょ!
26位
横浜スタジアムの「球場グルメ」を全公開! 前編
27位
【編集部厳選】頭が「キーン」ってなっても気にしない!
28位
開店したらすぐ閉店? 戸塚の伝説のラーメン店「カミカゼ」に突撃!
29位
ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?
30位
マグロも温泉も! 「みさきまぐろきっぷ」のお得な使い方は?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

磯子区杉田、国道16号線と環状3号線の青砥坂交差点にある「ビジネス杉田ホテル」が気になります。泊まっても大丈夫なのでしょうか?(ひろりん。さんのキニナル)

はまれぽ調査結果

問題なく泊まることができた!外観や内装にかなり古さは感じられるものの、常連の利用客も多い老舗ホテルだった。

ライター:篠原 章公 (2012年07月11日)

今回の投稿を受け、「実際に宿泊して内部を調査してこい!」と編集部から指令を受けた筆者だが、投稿文とともに寄せられた写真に写っているホテルは外観から察するにかなりの年季が入った様子。
 


投稿にあった画像。歴史を感じる外観


また、インターネットでリサーチをかけてみるもホテルの電話番号以外は出てこない。果たして現在営業しているのだろうか?それすらも分からないまま、まずは予約を取るべく電話をかけることに。



まずは予約を取る

電話をかけると、予想に反してすぐに女性が明るく対応をしてくれた。料金などを尋ねると、「部屋は和室で素泊まり4000円です」との回答が。その場でなんなく予約を取ることが出来たので、「ビジネス杉田ホテル」へ向かうべくJR根岸線に乗車、新杉田駅で下車した。
 


夕方頃、JR根岸線新杉田駅で下車





いざホテルへ

駅からは徒歩でホテルへと向かった。駅前の道路を「磯子スポーツセンター」を左手に見ながら直進、突きあたりを右折して国道16号線に出る。

そのまま国道を南下。駅から10分から15分ほど歩いた頃だろうか、青砥坂交差点に差し掛かるあたりで「ビジネス杉田ホテル」を発見、無事に到着することが出来た。

 


青砥坂交差点から
 

無事に到着


陽が暮れかかる頃に到着したせいで余計に独特の雰囲気が高まる中、意を決してチェックインすることに。
 


入ってすぐの廊下はこんな感じ


前金制との事なのでまずは受付で4000円を支払い、鍵とタオル、歯ブラシを受けとる。若干その場の空気に飲まれそうになりながらも、筆者は取材をしなければならない。スタッフの方に取材である旨を伝えると、写真はNGながらもいろいろとお話を伺う事が出来た。



ホテルについてお話を伺った

「ビジネス杉田ホテル」の開業は今から40年ほど前。建物自体もずいぶん傷んできているため、確実な話ではないが近々立て替えるかもしれないとの事だった。現在の客室は一階のみ。以前は地階にも客室があったそうで、それらの部屋も含めて連日満室になることも多かったという。

普段宿泊に訪れるメインのお客は建設現場などで各種工事に携わる職人の方たちとの事で、
工事の期間により10日から1ヶ月ほど連泊されることも多くあるのだとか。

また、近くで法事などがある際に家族連れで利用される方もあるそうで、そういった場合は小学6年生以下のお子さんは半額料金にて対応しているそうだ。ちなみに筆者が泊った日も職人の方々のご予約があったそうだが、あいにく台風の影響でキャンセルが相次ぎ、この日の宿泊客は筆者のみとの事だった。




部屋へと向かう

お話を伺いつつ、本日宿泊する部屋へ。
 


今回筆者が宿泊した部屋は「松」。壁に手書きである
 

部屋の様子


部屋の名前が「松」とのことなので、「一番いい部屋を用意してくれたのかな・・・」と思いきや、名前は便宜上のもので部屋の広さや間取りに特別差はないとのことだった。

こちらのお部屋は3~4人部屋で、場合によっては5~6人が一部屋に宿泊されることもあるという。一人で泊る分には広々とした部屋だった。

 


宿泊人数を意図してか、多数のハンガーが
 

エアコン、液晶テレビ、冷蔵庫を完備



まだまだ続く杉田ホテル潜入レポート!!続きは次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

中華街にある怪しい建物、オリエンタルホテルは営業してるのか?

綱島にある謎のホテル「大奥」の中は?

「ホテル」に関するキニナル