検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
  • 横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
  • 横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

ココがキニナル!

横浜で味噌を作っている日本味噌さんと醤油を作っている横浜醤油さんを取材してください。気になります。(にゃんさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

今回は「横浜醤油」をレポート。横浜の市章「浜菱」を冠した醤油は、昔ながらの無添加、手作り。その味は、深いコクと香り高い伝統の味だった!!

  • LINE
  • はてな

2012年08月14日

ライター:吉澤 由美子

醤油は日本人にとってなくてはならない調味料。刺身を買って帰って、さぁ食べようと思ったら醤油が切れていた時の絶望感を想像するとクラクラする。

長く愛されてきているだけあって、醤油の味は地方によってかなり違いがある。九州のちょっと甘い醤油、関西の香り抑えめ淡口(うすくち)醤油、東海のたまり醤油、そして関東では、濃口(こいくち)醤油。

濃口醤油は、きりっとした味と豊かな香りが特長。ハマっ子だったらやっぱり濃口醤油一択! 料理していてもコレじゃなくちゃ味が決まらない。

その濃口醤油を横浜で今も作っているのが「横浜醤油株式会社」。
 


横浜醤油は全て、手作りで無添加




浜菱(ハマビシ)が輝く 横浜醤油

横浜醤油株式会社は、JR横浜線「大口」駅から徒歩10分。線路沿いの道にあった。

建物に大きく「醸造元 横浜醤油株式会社」と書かれている。入口の上には、「手づくりしょうゆ よこはま」という文字の上に浜菱がある。
 


JR横浜線の線路沿いにある、横浜醤油株式会社


浜菱といえば1909(明治42)年、「ハマ」のカタカナを元にデザインされ、横浜市のマークとして制定されたもの。これぞ横浜生まれの醤油という感じがしてなんだかうれしい。

ドアを開けて中に入ると、ふわりと醤油のいい香り。迎えてくださった横浜醤油株式会社の代表取締役、筒井恭男さんに「いい香りですね」と話しかけると「鼻が慣れているから、僕は普段、香りを意識しないんです。香りを意識するのは問題が起こりそうな時くらいかな」と説明してくれる。
 


横浜醤油3代目の筒井恭男さん


筒井さんは横浜醤油の3代目として、幼い頃から醤油づくりを体で覚えてきた。そのため、温度や湿度の微妙な差、季節ごとの細かい変化に応じて、長年培ったカンが働くのだとか。そんな中で、ほんの少しの香りの差がはっきりわかるようになってきたらしい。「そういう匂いは、普通の人にはわからないと思いますよ」と筒井さん。
 


タンクが並ぶ工場内。1日2000ℓを製造できる

 
なるほどと思いながら見渡すと、壁に浜菱マークが描かれた「マルハマ醤油」という昔のポスターが飾られていた。
 


「油醤マハルマ」と右から書かれているのに時代を感じる


「横浜の醤油だから、浜菱。このマークを使いはじめたのは明治の頃です。横浜の名産品で浜菱を使っているところは他にもいくつかあったけれど、今残っているのはウチだけじゃないかな」。筒井さんは続けて、「浜菱を背負った会社だから、なくすわけにいきませんよね?」と聞いてきた。

それはいったいどういうこと?



全て手作りの横浜醤油、その一貫したこだわりは?次のページ≫
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

横浜にも地ビールってあるの?

ここはローマ下町のトラットリア!? 本格的なローマ料理を気軽に楽しめる「リオス ボングスタイオ」

  • PR

溝の口にある真っ黒なラーメン屋の経緯とは?

日本「シウマイ」販売の元祖「博雅亭」の味を引き継ぐ「博雅のシウマイ」に密着! アレンジレシピは必見!

  • PR

24日まで山下公園で開催中の「ベルギービールウィークエンド横浜2015」の様子をレポート!

焼肉なのになんでマンボウ!? 鶴見の住宅街のど真ん中でもリピーター続出の「焼肉マンボウ」を直撃!

  • PR

横浜初上陸のイベントで飲める「ベルギービール」ってどんなビール?

Welcome to 東京TEMPLAND! 新横浜の五感で楽しめる“食のテーマパーク”に行ってきた

  • PR

新着記事

元町百段公園が伝える横浜の光と影

    • 面白かった197
    • 面白くなかった2
    • コメント1
  • 2019年06月24日

横浜・神奈川で東京オリンピックは楽しめるの?【編集部厳選】

    • 面白かった4
    • 面白くなかった11
    • コメント0
  • 2019年06月23日
【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう

はまれぽ編集部のイチオシ

お菓子を通して感動を届ける!横浜とともに進化を続け、新たな魅力を発信する老舗の旗艦店「ありあけ本館」

  • PR

あなたと地域の橋渡しをしてくれる、地域愛あふれる「街の法律家」におまかせ! 「田近淳司法書士事務所」

  • PR

不動産の「困った 」を総合的に解決。 有効活用への道を開く「日経管財株式会社」

  • PR

目指せ憧れの美ボディ! 「ゴールドジム横浜上星川」で本気で憧れのボディメイクに挑戦! 

  • PR

トッププロと一緒にShall we Dance?横浜駅近の笑顔が弾ける社交ダンススタジオに体験入会!

  • PR

本当のセキュリティとは!? 1級錠施工技師がいる「カギの横浜ロックサービス」

  • PR

気軽な雰囲気でテニスクラブに入会経験のない人も安心。業界きっての理論派コーチの指導でスキルアップも

  • PR

女子に密かなブーム? 精力増強に留まらないスッポンの魅力を伝える、野毛の専門店「横浜味処 あぐら亭」

  • PR

手作りの優しさに包まれて、ゆっくりとティータイムを。気軽にチョークアートを体験できるのも魅力!

  • PR

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 東海道貨物線の旅客化は検討が進んでいるのでしょうか。りんかい線と貨物線をつなげるだけでも、横浜から車...

  • 大口の超レトロな喫茶室「鹿鳴館」がキニナル。メニューは飲み物だけで、マスターは御年93歳という噂。

  • 東戸塚地区センター前の道路と東戸塚駅の横須賀線線路が交わる線路下トンネル付近で、コンクリートの合間や...

あなたはどう思う?

シーズン始まって2ヶ月。今年のベイスターズの予想順位は?

最近のコメント

アクセスランキング