検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • お年玉キャンペーン 投票ページ
  • はまれぽイチオシ 忘年会・新年会 2018年-2019年 平成最後も横浜呑み!
  • はまれぽイチオシで新年「学びはじめ」
  • はまれぽ.com無料掲載について

ココがキニナル!

ゴスペルコンサートなどが聴ける教会がありましたら、内容も含め知りたいです。(よしみさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

ゴスペルならば港南シオンキリスト教会がおすすめ。毎年2回、ゴスペルコンサートを開催している!

  • LINE
  • はてな

2012年12月10日

ライター:松崎 辰彦

そもそもゴスペルって?

ゴスペル(Gospel)とは“God spell”から来ているとされる言葉であり、キリスト教で言うところの“福音”のこと。よい知らせ“good news”、という意味である。

そこからゴスペル・ミュージックという名称が生まれた。神を賛美したり、生きていることを感謝したりする内容の歌である。

日本でゴスペルといえば、アフリカ系アメリカ人が巨体を揺さぶりながら大きな声で歌う、黒人霊歌に由来するキリスト教関連の歌を思う人が多いであろうが、ではどの歌がゴスペルなのか、というと実は正確な定義はできないという。
 


全身で力強く歌う(港南シオンキリスト教会HPより)


ゴスペル研究家であり、自らもゴスペルの歌唱指導を行う横浜市在住の国友よしひろ氏は言う。
 


国友よしひろ氏。ゴスペル研究者にして歌唱指導者である


「広い意味においてゴスペルは福音という意味ですから、キリスト教関係の歌はすべてゴスペルに入ってしまうんです。

賛美歌だってゴスペルだし、神からの人類へのメッセージを頂いたということでベートーベンの“第九”だってゴスペルだという人もいます。なんであれメッセージ性があればゴスペルだという考え方もあり、中には自分のコンサートでさだまさしの歌を“ゴスペル”と紹介した、日本のゴスペル歌手もいます。また教会内で白人フォーク系ポピュラー音楽(コンテンポラリー・クリスチャン・ミュージック<CCM>)とゴスペルが混在していることも多いです」

日本のゴスペルの定義はあまりに広く、つかみどころのなさに、関係者も混乱しているようである。



日本のゴスペルはまだこれから

日本人が考えるゴスペルは、正確にいうならば“アフリカン・アメリカン・ブラック・ゴスペル・ミュージック”と呼ぶべきだろうと国友氏は説明する。アフリカ系アメリカ人が、奴隷としての境遇に耐え、苦しみもがきながら自分たちの文化を守ってきた証がこのジャンルのゴスペルであるという。

「アフリカ人には踊りが必要であり、太鼓が必要であり、歌が必要だったんです。アメリカに連れてこられ、キリスト教というものを強要されながらも、必死に自分たちの音楽文化(リズムや踊り)を守ってきた、その呻きの結晶が、現在のゴスペルなんです」
 


ゴスペルではドラムも使用する


こういうゴスペルに、実は日本のキリスト教会は必ずしも好意的ではない。

ゴスペルを認めるのはプロテスタント系の教会のみであり、カトリック系の教会は通常、ゴスペルを認めていない。カトリックは「静けさの中にこそ神聖なものがある」という観念なので、聖堂で手を叩いたりドラムを叩いたり、踊ったりすることは受け入れられないのだ。
 


手を叩き一体感を共有する(港南シオンキリスト教会HPより)


また日本のキリスト教はヨーロッパ・アメリカ経由であり、アフリカ由来のキリスト教文化にはなじみがないので、教会で信者が集団で歌って踊って神様を賛美する様子を見ると、“宗教アレルギー”から違和感を抱く人もいるという。

現在、ゴスペルは宗教とは関係のないカルチャーセンターなどで教えられているのが主流だそうである。
しかし、ゴスペルが多くの人を集める可能性を持ったものであることは事実であり、教会も伝道のツールとして、これからゴスペルの活用を模索していくのではないかと国友氏は言う。

「とりわけ横浜の教会は保守的です。定期的にゴスペルコンサートを行っているのは、米軍基地関係の教会を除き、私の知っている限りでは港南シオンキリスト教会しかありません」

そもそも日本にはゴスペルのクワイア(聖歌隊)を持っている教会はほとんどない。最近では教会もゴスペルのコンサートを単発で行ったりもするが、その場合は外部からクワイアを招いているのが実情である。
 


イベントにも招かれる(港南シオンキリスト教会HPより)


港南シオンキリスト教会は、そうした中で“音楽(ゴスペル・クラシック・ジャズ等)を通して賛美と命に満ちた教会を目指す”と公言して自らのゴスペルクワイアを持ち、練習も重ね、一般向けにゴスペルのワークショップも開催している希有の教会である。

毎年、夏と秋にゴスペルコンサートを開催して、多くの人を歌声に巻き込んでいる。その様子を取材した。



港南台にある港南シオンキリスト教会でのゴスペルコンサートを直撃レポート!≫
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

横濱ゴスペル祭2011の様子は?

増改築からメンテナンスまで、住まいのことならなんでもおまかせ「システムショップはぎわら 金沢文庫店」

  • PR

『11PM』のお色気レポーター 清水節子さんを徹底解剖!

さまざまな場面で最大限の便宜を図る、港北区日吉の不動産屋さん「エス・ケーホーム株式会社」

  • PR

横浜港の安全を支える10の灯台、内部に入って特別調査!

地域密着医療をめざして、ネコがお出迎えしてくれる。横浜市戸塚区「かみくらた動物病院」

  • PR

伊勢佐木町商店街の自転車対策って、どうなってるの?

白楽の地にて24年。「信頼と信用、約束は必ず守る」を大切にする「株式会社ユナイト」

  • PR

新着記事

崎陽軒のシウマイ弁当は、発売当初どんなデザインだった?

    • 面白かった171
    • 面白くなかった3
    • コメント2
  • 2019年01月16日

横浜市の成人式、当事者の新成人の思いは? 運営する「記念行事実行委員会」に聞いた

    • 面白かった56
    • 面白くなかった10
    • コメント0
  • 2019年01月15日
お年玉キャンペーン
はまれぽイチオシで新年「学びはじめ」
横浜・神奈川のお出かけ情報
はまれぽ.com無料掲載について

はまれぽ編集部のイチオシ

一歩足を踏み入れれば、そこはもう北海道!? 道民も驚く味がそろう、野毛の隠れ家的和食料理店「ぽあろ」

  • PR

一切れで酔えると噂の「Happy Rummy」のアルコールケーキ製造現場に密着。つまみとの相性検証も

  • PR

バイクのことならなんでもお任せ! 地域密着がコンセプトの「カスタムショップ サカイオート」

  • PR

保険選びはもちろん、金融全般の相談にも乗ってくれる保険ショップ「保険ラウンジ トレッサ横浜店」

  • PR

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

横浜中華街で横浜のソウルフード「ブタまん」を提供する創業明治27年の老舗・ブタまんの「江戸清」

  • PR

柔軟な思考を育て、分かる喜びを実感! 学習意欲を高め、集中力を育む指導力に優れた「おがわ教育研究所」

  • PR

本当のセキュリティとは!? 1級錠施工技師がいる「カギの横浜ロックサービス」

  • PR

イヌやほかのペットとフロアが違うから、ちょっぴり神経質なネコも安心! 「新横浜動物医療センター」

  • PR

不動産の「困った 」を総合的に解決。 有効活用への道を開く「日経管財株式会社」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 鎌倉の小町通を歩いていたら、遺跡調査中という看板があり、そこは囲いに覆われていて、中には地面を掘って...

  • JR相模原駅北側の相模総合補給廠共同使用地にスポーツ・レクリエーション施設、一部返還地に商業施設の建...

  • 最近Uber EATSの四角い箱を持った自転車やバイクの配達員をよく見掛けます。出前のようなサービス...

あなたはどう思う?

節分の日は何をしますか?

最近のコメント

アクセスランキング