ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

工事現場監督・監督候補募集|横浜の地域密着建設会社「安藤建設」×はまれぽ.com
横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年10月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    相鉄バスに「バスナビ」という方法で、コンピュータやスマートホンなどにバスの運行状況を随時案内しています。他のバス会社では、似たような案内を行わないのでしょうか?。神奈川県は観光客も多いと思いますので、...

    狐猫さん

    横浜駅の西口ターミナルには田沢湖行きのバス停があります。高速バスは東口側から出ていると思いますが、何故西口から出ているのでしょうか?また、田沢湖行きなのもキニナリます。

    キンタさん

    日産自動車がとんでもない不正で、出荷停止まで…横浜F・マリノスや日産スタジアムの命名権に影響は出たりしないのか?横浜市の大企業のひとつだけに心配です。

    ナチュラルマンさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

SNSは利用していますか?

Facebook、Twitterなどはもちろんほかも
Facebookのみ
Twitterのみ
Instagramのみ
LINEのみ
そのほか
もうやめた
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
【編集部厳選】家系、二郎、サンマーメンだけじゃない! みんな大好きラーメン特集!
2位
【はまれぽ名作選】横浜にある庶民的なのに本格中華の味が楽しめるお店を教えて!
3位
【イベントれぽ】横浜オクトーバーフェスト2017
4位
【I☆DB】ベイ選手に出会える!? マジっすか! 噂のあの店に突撃!
5位
【はまれぽ名作選】洋食の街、横浜の料理人に密着「横浜コック宝」 福富町「レストラン タマガワ」編
6位
分厚いパンケーキを横浜駅徒歩5分圏内で2店舗発見!!
7位
【はまれぽ名作選】車橋、宮川橋、関内・・・横浜に急増中とウワサの「もつ肉店」の正体は?
8位
【編集部厳選】秋の夜長に一人立ち飲み酒!
9位
【編集部厳選】オトナの街・本牧の昼の顔!
10位
【はまれぽ名作選】野毛には、リアルな深夜食堂がある?
11位
【はまれぽ名作選】江戸時代に戸塚の名物だったという「うどん豆腐」って何?
12位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
13位
【ニュース】「横浜オクトーバーフェスト2017」、9月29日から開催! 赤レンガ倉庫に急げ!
14位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
15位
待ちきれない! 2日間限定販売の崎陽軒「トンデモ!?シウマイ弁当」を一足早く手作りして食べてみた!
16位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
17位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.5』~「マルガリータ」とカクテルの雑学~
18位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
19位
【はまれぽ名作選】ディープな雰囲気を醸し出す鶴見の「かめちゃん」ってどんな店?
20位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
21位
横浜市中央卸売市場竹家食堂の2号店「BAM・BAM番長」で高さ18センチの「ねぎとろ番長」と「大漁船盛り唐揚げ」を実食!
22位
ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?
23位
【はまれぽ名作選】中華街の酢豚にパイナップルが入っている割合は!? ライター松宮が突撃調査!
24位
「これぞ家系」、直系店第1号店の杉田家に突撃! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾六
25位
創業は? 修行先は? 謎だらけの老舗家系ラーメン店の謎を解け!
26位
本日オープン! 「川崎のれん街 ほのぼの横丁」を全店舗制覇!
27位
マグロも温泉も! 「みさきまぐろきっぷ」のお得な使い方は?
28位
元町の老舗洋菓子店「喜久家」のオリジナルスイーツ「ラムボール」誕生秘話を徹底レポート!
29位
横浜駅、行列の立ち食いそば店「きそば鈴一」に突撃!
30位
吉村家から受け継がれた味! 吉村家直系店と最初の独立店が登場! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾四~
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

馬車道交差点の角にカウンターしかない「珈琲屋」という店がありました。この店が移転されたのか?別の名前でどこかで営業されているか知りたいです。(浜っ子魚河岸五代目さんのキニナル)

はまれぽ調査結果

土地の賃貸契約が終了したのを機に、完全閉店へ。今では、オーナーの娘さんが経営する山手町の「えの木てい」で、一部のメニューが復刻されている

ライター:河野 哲弥 (2013年01月03日)

読者からの情報提供により、追跡調査開始

「まとめて報告Vol.15」で、いったん調査を中断していたこの投稿。
ところが過日、読者の方から、思わぬ情報が届いた。

それによれば、「珈琲屋」オーナーの身内の方が、山手町にある「えの木てい」を経営しているというのだ。もしこれが本当なら、その後の経緯を追う、有力な手がかりを入手したことになる。
 


洋館を利用した、カフェと洋菓子の店「えの木てい」(中区山手町)


まずは、取材を申し込む前に、かつて「珈琲屋」があったと思われる現地で、下調べをしておくことに。投稿からすると、馬車道交差点の南東側の角が、その場所だと思われる。
 


いなりすしで有名な「泉平(いずへい)」があった


創業1839年(天保10年)、「横浜でもっとも老舗の店ってどこ?」の記事でもご紹介した「泉平」の鈴木店長によれば、「確かに、この場所に以前、『珈琲屋』があった」とのこと。しかし、その後どうなったかは、ご存じないという。
近くの方にも聞いてみたが、現場付近では、それ以上の情報は集まらなかった。やはり、「えの木てい」に直接たずねるしかないようだ。改めて、取材を申し込んでみた。



以前はカメラ店だった、「珈琲屋」の歴史

お話を伺えたのは、有限会社 榎亭代表取締役の、安藤美穂さん。「珈琲屋」のオーナーであった安藤彦郎(よしお)氏の、実の娘であるという。
 


「えの木てい」の玄関で、同店オーナーの安藤さん


さっそく、「珈琲屋」の閉店事情について聞いてみると、「土地の賃貸契約が切れたため」とのこと。1989(平成元)年ごろに期限がくることは以前から分かっていて、場所を変えて継続しようという話もあったが、当時、彦郎氏が70歳を超えていたこともあり、やむなく閉店に至ったという。
投稿にあったように、今でも当時を懐かしむ声が少なくない「珈琲屋」とは、いったいどのようなお店だったのだろう。その歴史を、詳しく伺ってみることにしよう。
 


以前の店舗と馬車道交差点の様子(年代不明)


安藤家はもともと、野毛でカメラ店を営んでいたそうだ。その後、馬車道のこの場所を借り、カメラ店を続けていったとのこと。やがて昭和30年代になると、彦郎氏は、海外から機材を輸入するときなどによく見かけたドーナツを扱ってみよう思いついたらしい。その後、ハンバーガーやホットドッグなどのメニューを、随時追加していったそうだ。
 


カメラ店横、まさにスタンドといった雰囲気の当時の「珈琲屋」


昭和40年代になると、カメラ店というよりも、夜中まで営業している飲食店として有名になっていったようだ。その評判は、マクドナルドの創業者である藤田 田(ふじた・でん)にも届き、「チェーン展開をしてみませんか」という申し出があったのだとか。

しかし、ハンバーガーなどのレシピを公開することにためらいを感じた彦郎氏は、結局この話を断ってしまう。もし了解していたら、今ごろ一大チェーン店になっていたのかもしれない。ちなみにマクドナルドの一号店は1971(昭和46)年、銀座三越店内にオープンしている。
 


飲食店として営業することになった、その後の同店


この間口を見ると、前述「泉平」とそっくりの外観であることが分かる。和洋の違いこそあれ、この場所が、同じような飲食業に受け継がれているのがおもしろい。

その後の1979(昭和54)年、安藤さんの母親の住居であった洋館を改築し、現「えの木てい」がオープンした。その名前は、庭に植えられている大きなエノキにちなんで、名付けられたとのこと。
 


クリスマス前後には行列ができる、「えの木てい」外観


そんな同店では、「珈琲屋」のメニューの一部を、復刻版として提供しているらしい。そこで、藤田氏もほれ込んだというハンバーガーを、頼んでみることにした。


当時を知る人にはとても懐かしい味が再現される!・・・次のページ≫  

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事