ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

キニナル水着女子2017
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年8月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    本牧山頂公園は、ひそかに心霊スポットとしても知られていますよね。実際、霊感のある人がたまたま夕方~夜に歩いて「二度と行きたくない」と言ったという話を聞いたことがありますし、毎年のように「また自殺者が出...

    濱俊彦さん

    相生町で非日常のお店が有りましたが、どうやら、3月にも和風lounge絲ってbarが出来たらしく気になります。女性一人でも、エロ無しって事で安心らしいです。和風って所も気になります。是非、調査お願いし...

    月明かりさん

    既にコビン・ケスナーさんからもありましたが、ウルトラセブンのモロボシダン役、森次晃嗣さんが経営するお店が藤沢市鵠沼にあります。名物料理はモロボシダンのハヤシライスだとか。また、ウルトラセブングッズも販...

    ナチュラルマンさん

もっと見る

あなたはどう思う?

アクセスランキング

ジャンル
1位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
2位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
3位
キュートな花柄が似合うセクシー系美女が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【江の島海岸編】
4位
「ピカチュウ大量発生チュウ!」のイベント名に偽りなし! ポケモン開発者と歩くイベントレポート2017!
5位
『ポケモン』開発者、横浜・東戸塚出身の増田順一さんにクリエーターの原体験をインタビュー!
6位
透明感ある美白美女が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【由比ヶ浜海岸編】
7位
意外な穴場を発見? 県外の人に横浜を案内するならどこ?
8位
芸者が働く「花街」が井土ヶ谷の住宅地にあったって本当!?
9位
祝60周年! 大磯プリンスホテルに温泉・スパ施設が開業。 湘南セレブ時間を初体験!
10位
こんがり焼けた肌が健康的な水着美女が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【江の島海岸編 第2弾】
11位
多国籍の人々が暮らす県最大の公営住宅「いちょう団地」と一見入りにくい「超ディープ」なベトナム料理店「タンハー」に突撃!
12位
スタイル抜群!スポーツ系スマート美女が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【大磯ロングビーチ編】
13位
【はまれぽ名作選】ゆずの「夏色」に出てくる「長い長い下り坂」って本当に長いの?
14位
まさかの展開!? 横浜DeNAベイスターズ夏の一大イベント「YOKOHAMA STAR☆NIGHT」をレポート!
15位
運転免許試験場の周辺で営業している「裏校」。どうやって試験問題を入手してるの!?
16位
今年の夏、横浜赤レンガ倉庫がサバンナに変わる! きょうから始まる「RED BRICK Paradise」をレポート!
17位
【編集部厳選】穴場? 隠れ家? お盆で人がいない今がねらい目なグルメスポット!
18位
横浜に安くて感じのよいラブホはあるのか?
19位
色鮮やかな水着を着こなすセクシー系女子が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【由比ヶ浜海岸編 第2弾】
20位
高さ13メートル! 横浜・八景島シーパラダイスに誕生した日本最大級の立体迷路を体験!
21位
川崎堀之内の「ちょんの間」、摘発前の様子は?
22位
鎌倉市北西部「島ノ神」、内陸なのに島ってなぜ? 地名の謎を追う
23位
横浜のソウルフード・崎陽軒のシウマイで、目指せギネス世界記録(TM)! 「シウマイリレー」にチャレンジ!
24位
【ニュース】横浜赤レンガ倉庫で炎と水の噴水ショー!
25位
横浜駅のベストな待ち合わせスポットはどこ?
26位
関内のSMバー「非日常への入口」へ突撃!
27位
【はまれぽ名作選】京急日ノ出町駅の近くに滑走路があったって本当!?
28位
横浜イチのナンパスポットはどこ?
29位
あまりにも豪華すぎる内装が「異常」というウワサは本当か? 川崎のラブホテル「迎賓館」にライター・山崎が突撃!
30位
【編集部厳選】あのぉ、ここ、お店ですよね?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

木下大サーカスの取材をお願いします!(恋はタマネギさん/秋沙さん/江戸川さん/タッカーさん/あずきさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

目隠しをしても空中ブランコができるほど磨かれた技を持ち、どんな環境でも自然と人を「楽しませよう」と工夫をしている団員が集結していた!

ライター:はまれぽ編集部 (2013年03月16日)

2月某日、編集部に入ったばかりの木下。面白い記事を出したい! と息巻いているが、鬼の編集長吉田に企画が通らず、鬱屈した日々が続いていた。

吉田をギャフン・・・いや納得させるにはどうしたものか・・・と、ウンウン頭を悩ませていると、横浜駅構内に貼ってある一枚のポスターが目に留まる。「木下大サーカスが9年ぶりに横浜公演決定」。

「これだ! 名字も同じ木下だし、取材できるのは私しかいない!」とダッシュで編集部に戻る。

木下:編集長〜、木下大サ−カスの取材をさせてください!
吉田:ただ行ってくるだけなんて甘い! 空中ブランコの一つくらい挑戦して、サーカス団員のすごさを読者に伝えろ!

さすがは鬼編集長! 一筋縄ではいかないらしい。
こうして、新人木下による木下大サーカスでの空中ブランコへのチャレンジが決定した。

しかも、今回はサーカス側のはからいで、本番中に挑戦させていただける、とのこと。「サーカス団と同じ空中ブランコを体験する」という大仕事を目前にしているにもかかわらず、のん気な木下は「高い所は好きだし、空中でブランコするくらいなんとかなるかも〜」と自分をごまかしたまま取材当日を迎えた。



9年ぶりの横浜公演、木下大サーカスの舞台裏で特訓(?)

みなとみらい線の馬車道駅前、横浜アイランドタワー横にある大きな赤いテント。ここが木下大サーカスの会場だ。JR桜木町駅寄りの入口に、トラのマークが書いてあるのが目印。
 


3月5日(火)、入口には長蛇の列ができていた


この日の入場者数は1661名。平日にもかかわらず、ほぼ満席!

木下大サーカスは、現在まで111年という歴史を重ねている、日本を代表するサーカス団だ。今回は、公演をバックヤードから支える、営業部の新宅(しんたく)さんに会場内を案内していただいた。
 


「木下さんが木下大サーカスの取材をするって、面白い発想ですね」とあたたかいお言葉をくださった


木下大サーカスは、平日は1日に2回、土・日・祝日は3回公演を行う。新宅さんの「まずは本番前にどんな感じなのか、1回目の公演を観てみましょう」とうながされ、会場内に入ると、ちょうど当日木下が挑戦する「夢の空中ブランコショー」の上演中だった。
 


これに挑戦するのか・・・?


たくさんの観客たちの目の前で軽々と飛ぶパフォーマンスを目の当たりにし、急に動揺する木下。「こんな風に飛ぶなんて無理だ・・・この企画、なかったことにしてもらおう」と逃げ腰に。

新宅さんに「あの・・・今日、空中ブランコをやらせていただけるとのことですが・・・(やっぱり無理です)」とおずおずと近寄ると、ニコニコしながら「さっそく今から練習しましょう!」とサーカス会場のテント裏にある練習場に向かって歩いていってしまった。逃げ出すチャンスをなくし、泣く泣くあとをついていく。

本日、空中ブランコの指導をしてくれるのは、サーカス団員の服部さん。「練習すれば大丈夫ですよ!」という服部さんのまぶしい笑顔と明るい声に、現金な木下はころっと態度を変え「頑張ります!」と元気よく返事をしていた。
 


忙しい公演と公演の合間をぬって、かけつけてくれた服部さん


この日トライするのは、鉄の棒を手で握り、ぶら下がったまま空中へ出て手を放し、向かい側のブランコに乗っている団員さんの手を取り、反対側に着地する、という初歩的な技。鉄の棒は「撞木(しゅもく)」という、昔ながら、日本ならではの呼び名がついている。

下半身の力を抜き、自然に台から足をすべらせて宙へ出ていくことがコツだ。向かい側に進んでいる時には体をそらし、スタート台にもどって来る時には体を「く」の字に曲げると勢いにのれるのだそう。

撞木から手を放し、空中に飛び出て相手の手を取るときには思い切り体を前に出さなければならず、ここが一番難しいポイントなのだそうだ。
 


ダメな例。足より手が前に出ていないと相手の手を取ることができない


風を切って空中を舞う快感で笑みがこぼれるが、一方で手と腕だけで自分の体重を支えることのつらさを思い知る。そして、体が固いせいか、しなるような動きができず、何だかかくかくしたまま宙を行き来しているので不格好だ。

苦戦しつつも「いいですね」という服部さんの言葉に勇気づけられ、5、6回ほど練習する頃にはだんだん調子に乗ってきた。
 


「足をそろえて下さい」とハラハラしながら見守る服部さん


服部さんが手取り足取り教えてくれたおかげ、というのにもかかわらず「素人でも少し練習すれば、なかなかサマになってくるものなんだなー」と余裕を見せてきた頃に練習終了。

取材を申し込んだ際に「一般の方は、はしごの上まで上がれれば上出来です」と言われていたので、「もしかしたら、いけるのではないか?」と内心で笑みを浮かべる。「成功しちゃったら大スターだな~」などとのんきに想像をしながら本番を待った。 
 


いよいよサーカスの幕があがる!・・・キニナル続きは次ページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

野毛のサーカス用具専門店には何が売ってる?

野毛大道芸と野毛大道芸フェスタの違いは何?

「ショー」に関するキニナル