ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

イベントカレンダー2017年5月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    今日発売の東スポに『株式会社うんこ』という会社が載ってたそうです!横浜市にあるそうですが、どんな会社なのかキニナル!ぜひ調査してください!

    rtyuiさん

    幼少の頃、お腹が空けば横浜のデパートの大食堂。うろ覚えだが、店頭の大きなショーケースのサンプルをながめ、メニューを決めると鉄道の切符のような厚紙のチケットを購入して席につく。わたくしは大概、オムライス...

    マッサンさん

    高架になった相鉄下り星川を出た直後右側に見えるようになったホームセンターコーナンの植物等売っている屋外エリアの屋根というか庇の上に何やら稲のような芝生のようなものが植えられているのが見えます。あれって...

    たけし♪さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

あなたは「はまれぽ.com」の更新情報を何で知りますか?

「パソコン」で、はまれぽ.comのサイトをチェックする
「スマートフォン」で、はまれぽ.comのサイトをチェックする
「はまれぽアプリ」で記事をチェックする
「Twitter」で記事を知る
「Facebook」で記事を知る
「メルマガ」で記事を知る
「プッシュ通知」で記事を知る

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「5月25日今日は何の日?」
2位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
3位
横浜市営地下鉄ブルーラインが川崎市まで延伸する計画の現状は?
4位
【はまれぽ名作選】横浜の伝説、白塗りのメリーさんとは!?
5位
船も便数も売り上げも減った横須賀の「東京湾フェリー」、本当に大丈夫なの?
6位
全8店舗あますことなく一挙に紹介! 4月オープンの上大岡燦々横丁の魅力とは!?
7位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
8位
廃線跡巡り! モノレール・ドリームランド線跡に当時の面影は残ってる?
9位
駅のホームの立ち食いそば屋さんを完全制覇! ~東海道線編~
10位
新規開店! オープンしたての2店舗で最新の家系ラーメン事情を調査
11位
メニューや佇まいが“そっくり”な家系ラーメン2店の謎を探る
12位
辛すぎるのにうまい! “赤くない”激辛ラーメンを提供する2店舗に突撃!
13位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
14位
急きょ開催決定! 鎌倉花火大会が中止になった理由はなんだったの?
15位
久里浜港に新しくオープン! 海鮮料理がうまい温浴施設「海辺の湯」に突撃!
16位
コーヒーとカレーが味わえる居心地の良い横浜の喫茶店を紹介!
17位
【はまれぽ名作選】東神奈川の二ツ谷の近く、半分くらい川の中に建っている謎の家、なぜこんなことになってしまった?
18位
「絶対反対」の看板がある西区戸部本町のホテル建設予定地とは?
19位
大船駅近くにある資生堂鎌倉工場跡地はどうなる?
20位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
21位
横浜DeNAベイスターズのサポーティングガールズユニット「diana」、パフォーマンスの舞台裏に密着!
22位
神奈川新聞花火大会が2017年から休止になる理由とは?
23位
【はまれぽ名作】日本最古の現役トンネル、戸塚区と保土ケ谷区をまたがった「清水谷戸(しみずやと)トンネル」について教えて!
24位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
25位
懐かし味のパンを求めて! ライター山崎島、軽く旅に出た!
26位
5月7日まで横浜赤レンガ倉庫で開催される春のビールの祭典「フリューリングスフェスト」をレポート!
27位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
28位
バーなのに絶品中華!? 名店のバーテンダーも通う都橋商店街の「華」に突撃!
29位
【はまれぽ名作選】お高い飲食店ばかり!? みなとみらいエリアで働いている人たちのランチ事情を徹底調査!
30位
GWに食べたい横浜中華街の“ゴールデン”なグルメとは?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

木下大サーカスの取材をお願いします!(恋はタマネギさん/秋沙さん/江戸川さん/タッカーさん/あずきさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

目隠しをしても空中ブランコができるほど磨かれた技を持ち、どんな環境でも自然と人を「楽しませよう」と工夫をしている団員が集結していた!

ライター:はまれぽ編集部 (2013年03月16日)

2月某日、編集部に入ったばかりの木下。面白い記事を出したい! と息巻いているが、鬼の編集長吉田に企画が通らず、鬱屈した日々が続いていた。

吉田をギャフン・・・いや納得させるにはどうしたものか・・・と、ウンウン頭を悩ませていると、横浜駅構内に貼ってある一枚のポスターが目に留まる。「木下大サーカスが9年ぶりに横浜公演決定」。

「これだ! 名字も同じ木下だし、取材できるのは私しかいない!」とダッシュで編集部に戻る。

木下:編集長〜、木下大サ−カスの取材をさせてください!
吉田:ただ行ってくるだけなんて甘い! 空中ブランコの一つくらい挑戦して、サーカス団員のすごさを読者に伝えろ!

さすがは鬼編集長! 一筋縄ではいかないらしい。
こうして、新人木下による木下大サーカスでの空中ブランコへのチャレンジが決定した。

しかも、今回はサーカス側のはからいで、本番中に挑戦させていただける、とのこと。「サーカス団と同じ空中ブランコを体験する」という大仕事を目前にしているにもかかわらず、のん気な木下は「高い所は好きだし、空中でブランコするくらいなんとかなるかも〜」と自分をごまかしたまま取材当日を迎えた。



9年ぶりの横浜公演、木下大サーカスの舞台裏で特訓(?)

みなとみらい線の馬車道駅前、横浜アイランドタワー横にある大きな赤いテント。ここが木下大サーカスの会場だ。JR桜木町駅寄りの入口に、トラのマークが書いてあるのが目印。
 


3月5日(火)、入口には長蛇の列ができていた


この日の入場者数は1661名。平日にもかかわらず、ほぼ満席!

木下大サーカスは、現在まで111年という歴史を重ねている、日本を代表するサーカス団だ。今回は、公演をバックヤードから支える、営業部の新宅(しんたく)さんに会場内を案内していただいた。
 


「木下さんが木下大サーカスの取材をするって、面白い発想ですね」とあたたかいお言葉をくださった


木下大サーカスは、平日は1日に2回、土・日・祝日は3回公演を行う。新宅さんの「まずは本番前にどんな感じなのか、1回目の公演を観てみましょう」とうながされ、会場内に入ると、ちょうど当日木下が挑戦する「夢の空中ブランコショー」の上演中だった。
 


これに挑戦するのか・・・?


たくさんの観客たちの目の前で軽々と飛ぶパフォーマンスを目の当たりにし、急に動揺する木下。「こんな風に飛ぶなんて無理だ・・・この企画、なかったことにしてもらおう」と逃げ腰に。

新宅さんに「あの・・・今日、空中ブランコをやらせていただけるとのことですが・・・(やっぱり無理です)」とおずおずと近寄ると、ニコニコしながら「さっそく今から練習しましょう!」とサーカス会場のテント裏にある練習場に向かって歩いていってしまった。逃げ出すチャンスをなくし、泣く泣くあとをついていく。

本日、空中ブランコの指導をしてくれるのは、サーカス団員の服部さん。「練習すれば大丈夫ですよ!」という服部さんのまぶしい笑顔と明るい声に、現金な木下はころっと態度を変え「頑張ります!」と元気よく返事をしていた。
 


忙しい公演と公演の合間をぬって、かけつけてくれた服部さん


この日トライするのは、鉄の棒を手で握り、ぶら下がったまま空中へ出て手を放し、向かい側のブランコに乗っている団員さんの手を取り、反対側に着地する、という初歩的な技。鉄の棒は「撞木(しゅもく)」という、昔ながら、日本ならではの呼び名がついている。

下半身の力を抜き、自然に台から足をすべらせて宙へ出ていくことがコツだ。向かい側に進んでいる時には体をそらし、スタート台にもどって来る時には体を「く」の字に曲げると勢いにのれるのだそう。

撞木から手を放し、空中に飛び出て相手の手を取るときには思い切り体を前に出さなければならず、ここが一番難しいポイントなのだそうだ。
 


ダメな例。足より手が前に出ていないと相手の手を取ることができない


風を切って空中を舞う快感で笑みがこぼれるが、一方で手と腕だけで自分の体重を支えることのつらさを思い知る。そして、体が固いせいか、しなるような動きができず、何だかかくかくしたまま宙を行き来しているので不格好だ。

苦戦しつつも「いいですね」という服部さんの言葉に勇気づけられ、5、6回ほど練習する頃にはだんだん調子に乗ってきた。
 


「足をそろえて下さい」とハラハラしながら見守る服部さん


服部さんが手取り足取り教えてくれたおかげ、というのにもかかわらず「素人でも少し練習すれば、なかなかサマになってくるものなんだなー」と余裕を見せてきた頃に練習終了。

取材を申し込んだ際に「一般の方は、はしごの上まで上がれれば上出来です」と言われていたので、「もしかしたら、いけるのではないか?」と内心で笑みを浮かべる。「成功しちゃったら大スターだな~」などとのんきに想像をしながら本番を待った。 
 


いよいよサーカスの幕があがる!・・・キニナル続きは次ページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

野毛のサーカス用具専門店には何が売ってる?

野毛大道芸と野毛大道芸フェスタの違いは何?

「ショー」に関するキニナル