検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
  • はまれぽ.com無料掲載について

ココがキニナル!

横浜が生んだ大スター!斉藤由貴さんってどんな人?

  • LINE
  • はてな

2013年05月07日

ライター:松崎 辰彦

東京練馬区にある東映東京撮影所。その中にある巨大な撮影スタジオでは、テレビ朝日で毎週水曜日夜9時から放映している「遺留捜査」の撮影真っ最中だった。

「遺留捜査」とは現場に残された遺留品から事件を解決に導く物語だが、そのドラマの中で女刑事を演じているのが、斉藤由貴さん。

1984(昭和59)年にデビューして以来、トップスターとして人々の注目を浴びてきた。女優・歌手としてのみならず、詩集やエッセイ、小説を発表するなど、文筆家としても高い評価を得ている。

横浜で生まれ育った彼女に、「はまれぽ」は注目しないわけにはいかない。忙しい撮影時間の合間、インタビュー時間をとっていただいた。斉藤由貴さんにとっての横浜とは何かを、探ってみたい。
 

斉藤由貴(さいとうゆき)さん 
誕生日: 1966年9月10日
血液型: B型
趣 味: 作詩・イラスト・読書・詩を書くことなど
仕 事: 女優・歌手・文筆家
H P : http://ameblo.jp/yukisaito-official/



芸能界デビューが周囲の反感を買った

―斉藤さんは実際にお生まれになったのはどこなのでしょう?

横浜市神奈川区白楽にあった産院です。子どものころは内向的で人とかかわるのが苦手でしたね。絵を描いたりなど、一人でいることが多い少女時代でした。
 


斉藤由貴さん


男子にすれば格好のイジメの対象だったので、スカートめくりされたり、上履きを隠されたりといったこともありました。

中高生時代は?

清水ケ丘高校(現・神奈川県立横浜清陵総合高等学校)に入学しましたが、本当にわがままで自分勝手でした。雨が降るともう学校を休んじゃうんです。母も「行かなくていいわよ、今日は雪が降っているから」とあっけらかんと言うような人でした。
母に言わせると、私は神経質でナイーブな部分が強くて、縛りつけたり拘束したりするのはよくないと思ったようです。ですから「なに言ってるの、行きなさい!」という言葉は一切なかったです。

そんなときに弟さんがミスマガジンに応募して、優勝した。芸能界デビューですね。

いまはスクールカーストっていうんですか、当時もそれに近いものがありました。目立つ子、可愛い子、賢い子、不良っぽい子、みたいなすみ分けがあったわけです。その中で、私はクラスのふきだまりみたいなところで“目立たないように、目立たないように”ひとり地味に棲息していました。

ところがミスマガジンに優勝してカップラーメンのCMに出るようになって、一躍有名になってしまった。するとちょっと悪いグループの女の子、目立って格好いい男の子とつきあっている女の子なんかは、私に反感を持ったんです。
 


ミスマガジン時代の一枚(画像提供:講談社)


「何よ、あの子!」「本当はそういう子だったわけ?」みたいな。私も学校で真面目ならよかったんですが、すぐ休んだり遅刻したり、早退したりするものだから、私のことが癪(しゃく)に触る子はいたと思いますね。「芸能人ぶっちゃって!」なんてすれ違いざまに言われたこともあります。

成績はどうでしたか?

得意な科目と苦手な科目の差が極端でした。国語や英語は塾なんかの全国模試でも上位何%に入るかということもあったんですが、数学は落第しかけたことがありました。



猛烈に忙しかった「スケバン刑事」時代

斉藤さんのデビュー曲「卒業」の歌詞にあるような、好きな先輩のボタンをもらったという経験はおありですか?

ありました! 中学1年生の時に、仲のよかった部活の男子の先輩が、卒業のときに私が何も言わないのにボタンをくれました。ただ私はそういう習慣を知らなくて、もらう意味がわかりませんでした。
 


いろいろなことを隠さずにしゃべってくれる


伝説のドラマ「スケバン刑事」時代はいかがでしたか。

あのドラマもちょうどこの東映撮影所で撮られたんですが、私はデビュー当時、ものすッごく忙しかったんです。今でこそ自分の作品をDVD で見直すとか、自分の出演した番組を観るとか、インタビューのゲラをチェックしますけど、当時はひたすら自分を出していくのが精一杯で、自分の仕事を見直すとかチェックするとか一切なかったです。

ですから「スケバン刑事」も撮影するのに必死で、視聴率が高いとか、当時ブームを巻き起こしているとか、何一つ知りませんでした。

当時の斉藤さんの人気は群を抜くものがありましたよね。

親がひたすら心配していました。それまで高校生として夕方の4時や5時に学校から帰って来た娘が、朝6時か7時に迎えの車が来て、まるでさらわれるようにしてどこかへ連れて行かれ、帰ってくるのが毎日午前様。それで休みが1日もないという状況が続きましたから。



次のページでは斉藤由貴さんのプライベートに迫る!≫
 

おすすめ記事

横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?

料理やお酒や会話に、家族で紡いだ思いを感じられる場所。野毛の本格的な和食「旬彩 濱おか」

  • PR

元・モーニング娘。の新垣里沙ちゃんを徹底解剖

信頼できる薬剤、確かな知識に基づくフォローでセルフホワイトニングできる「ホワイトニングスター」

  • PR

迷惑な営業電話は一切ナシ。鶴見区「有限会社関榮不動産」

  • PR

工事を通して感動を届ける! 人と人をつなぎ、自社事業を通じて地域貢献する「太陽住建」

  • PR

アヒージョ専門店が野毛に。味わいとバリエーション豊かなアヒージョとお酒が楽しめる新名店「SPOON」

  • PR

訪れた誰もがきっと笑顔に! 日常を豊かにする、本場の味。焼肉店「金城園」

  • PR

新着記事

本郷台にある「だいちゃん広場」の地下には何がある?

    • 面白かった31
    • 面白くなかった0
    • コメント0
  • 2018年07月17日

“街の宝”を守るため、50年の歴史に幕。横浜中華街「重慶飯店別館」で最後のおもてなし

    • 面白かった205
    • 面白くなかった6
    • コメント3
  • 2018年07月16日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー

はまれぽ編集部のイチオシ

30年以上前に横浜を席巻したブランド「FREEWAY428」の期間限定イベントを徹底レポート!

  • PR

駅前なので通院に便利! 明るい雰囲気で小さな子どもからお年寄りまで、誰もが気軽に受診しやすい歯科医院

  • PR

糖尿病を始めさまざまな疾病に対して豊富な知識と経験から最適な治療を見出す「陽和クリニック」

  • PR

地域に密着し、ベストな保険プランを構築し、アドバイスしてくれる保険代理店「ほけんのいっぽ」

  • PR

横浜発の捺染(なっせん)から生まれた、自分を励ます素敵なアイテム。大切な人へのギフトとしてもぜひ!

  • PR

登記、相続、遺言など、人生の節目に直面する法律関連のお悩みなら、「司法書士・行政書士柴崎勝臣事務所」

  • PR

年中無休体制、本当に「手厚い」ケアができる「ベルジェ動物病院」

  • PR

毎日食べても飽きない“健康中華”を提供する中華料理店「中華飯店 龍鳳(ロンホー)」

  • PR

心沸き立つ中古車に出会うなら、「生きたクルマ」がずらり並ぶ旭区「横浜オート株式会社」

  • PR

人に馴染み、家族に寄り添うオリジナル無垢材オーダー家具と空間演出なら「3rd 東戸塚店」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 都筑区の勝田橋付近に『バ〜ニラ♪』の高収入で有名なバスやトラックが停まっている駐車場があるのですが、...

  • 藤沢市川名にラーメンビックというお店がありますが子供不可、両替不可、撮影不可だそうです。はまれぽなら...

  • 逗子海岸にある「キン肉マン海の家」の取材をお願いします。限定メニューが食べれたり、限定アイテムなどが...

あなたはどう思う?

横浜市内を通るよく利用する鉄道路線は?

最近のコメント