ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

年末年始に食べるべき極上の一皿
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2017年12月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    近くのスーパーにマリノスのポイントカードが販売されています将来プレミアがつく可能性あったりするかもしれませんがこうしたカードで一番高かったカードぱいくらぐらいですかまた マリノスでぱ どれだけの広告収...

    ほっとさん

    横浜に いろんな広告のバスが走ってますよねどんなものあるのか知りたいし 珍広告載せていたりしていたら それも゜見てみたい調査お願いします

    ほっとさん

    横浜は日本の中でもっとも物価が高い地です去年も今年も 食べ物の価格が急激な変動で高くて 手が届かないもの多くなりました横浜のそうした野菜 魚 ほか 高くなっている価格のもの 安くなっている価格のもの ...

    ほっとさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

よく利用するバスはなに?

横浜市営バス
京浜急行バス
神奈川中央交通
江ノ電バス
川崎市営バス
川崎鶴見臨港バス
箱根登山バス
そのほか

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
【はまれぽ名作選】 金沢区六浦の「ラーメン神豚」! 「631大ラーメン」と大格闘の巻!
2位
【はまれぽ名作選】相鉄ムービルにあるメガ盛りの店「金太郎」の「メガ盛焼スパ」を実食!
3位
【はまれぽ名作選】取材不可!? 横浜橋にある超有名天丼屋「豊野丼」に突撃!
4位
【編集部厳選】散歩ついでに噂のあれを喰らう!
5位
【はまれぽ名作選】陸の孤島の名店? 磯子区岡村で食いだおれ!
6位
【編集部厳選】あんあんあん! やっぱり大好き! 焼き鳥ちゃん!
7位
1ヶ月間しか食べられない!? 上海蟹の美味しさを中華街で検証!
8位
早朝6時から反町に漂うコーヒーの香りの正体は?
9位
【はまれぽ名作選】店名に横浜とつくのに他県の方が店舗が多い?横浜西口五番街のたいやき屋さん「横浜くりこ庵」に突撃!
10位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
11位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.6』~「ウイスキートディ」と常連さん~
12位
【はまれぽ名作選】テレ東の「大食い王決定戦」のニューヒロインVSライター・クドー、3kgの唐揚げを完食できるのか?
13位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
14位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
15位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
16位
超個性派横須賀B級グルメパン「ポテチパン」とは?
17位
【ニュース】崎陽軒が「メガシウマイ弁当」を発売! シウマイの食べ比べができるプレミアム弁当も!
18位
ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?
19位
「これぞ家系」、直系店第1号店の杉田家に突撃! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾六
20位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
21位
元町の老舗洋菓子店「喜久家」のオリジナルスイーツ「ラムボール」誕生秘話を徹底レポート!
22位
吉村家から受け継がれた味! 吉村家直系店と最初の独立店が登場! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾四~
23位
横浜駅、行列の立ち食いそば店「きそば鈴一」に突撃!
24位
横浜生まれのバナナってどんな味!?
25位
【はまれぽ名作選】車橋、宮川橋、関内・・・横浜に急増中とウワサの「もつ肉店」の正体は?
26位
【編集部厳選】寒くなってきたんで、とりあえず、おでんでも!
27位
鎌倉・小町通り、盛りがすごいと噂の老舗カレー店「キャラウェイ」に突撃!
28位
【はまれぽ名作選】野毛には、リアルな深夜食堂がある?
29位
マグロも温泉も! 「みさきまぐろきっぷ」のお得な使い方は?
30位
分厚いパンケーキを横浜駅徒歩5分圏内で2店舗発見!!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

井土ヶ谷駅近の「チャイナ飯店」の鳥肉チャーハンを食してみてください/店主がとある有名な店の料理人だったってホント?(kosakoさん/萩原未央さん)

はまれぽ調査結果

米2~3合分、唐揚げ8個の大ボリューム看板メニュー「鳥肉チャーハン」を完食。現在の店主は2代目で先代は中華街の名店「四五六菜館」の元料理長!

ライター:三浜 詩央 (2013年06月30日)

ある日の夜、大学から帰り、お風呂から上がって至福の時を過ごしていた三浜の携帯が鳴った。編集部の木下からである。また原稿のダメ出しだったら嫌だな・・・と怯えながら電話を取ると、予想外にも彼女の声色は明るかった。

「もしもし、明日さー、チャーハンが美味しくて有名なお店の取材しない? え、授業? 大丈夫大丈夫、夜でいいからさー! よろしく!」
ここでプッ、と電話は切れる。彼女からの電話はいつも嵐のようだ。こうして翌日の夕飯が決まった。
  


店内には「大盛り禁止!」という張り紙が。しかし・・・?
 
あいにくの雨のなか、最寄り駅の京急線井土ヶ谷駅に到着。
 


どうしても傘が写真に入ってしまう
 

チャイナ飯店へと向かいながら、今回のキニナルの趣旨を聞いてみると、どうも返答の歯切れが悪い。これは怪しい。

質問を続ける筆者に業を煮やした木下は、「大丈夫! ご飯が2~3合ぶんで唐揚げが10個くらい乗っているチャーハンがすごく美味しいお店だから!」と開き直った様子。

がーん。何が「大丈夫」なのだろうか。しかも、お昼にたっぷりハンバーグを食べてお腹が空いていないという木下。編集長のことを言えない鬼っぷりではないか。慈悲がない・・・。

自分の近い未来に頭をくらくらさせたまま、目的地に到着。
 


ポップな看板で、比較的入りやすそうな外観


「こんばんはー」とお店に入ると、すぐに柔らかい笑顔でお母さんが出迎えてくれた。18時過ぎだが、すでににぎやかな雰囲気の店内。厨房からはジュワアアという音が届き、昔ながらの中華料理店らしくテレビの音が聞こえてくる。
 


投稿にあった「鳥肉チャーハン(840円)」をオーダー
 

 

テレビを見ながらお酒を楽しむお客さんたち
  

「だましたな」という視線を木下へと送る三浜

 

木下にだまされた新人ライター三浜の運命は・・・次のページ≫ 
  

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事