ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年10月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    11/1蒙古タンメン中本横浜店がオープンします!超楽しみです!ついに北極ラーメンがよこはまでたべられる!!

    ななここさん

    来週は総選挙ですが、投票証明書を持って行くと割引が受けられる選挙割りがあります何年か前は結構目についたんですが最近はあまり利用者がいなかったのか目にしなくなりました今でもやっているところがあるか調べて...

    baybridgeさん

    京浜東北線を乗っていると新子安のちょっと手前(横浜寄り)にほとんど100円とか書いた垂れ幕が見えます。ここはいったい何屋さんなんでしょうか?100均でも無さそうだし見るたびに気になります是非調べてくだ...

    baybridgeさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

SNSは利用していますか?

Facebook、Twitterなどはもちろんほかも
Facebookのみ
Twitterのみ
Instagramのみ
LINEのみ
そのほか
もうやめた
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「ぴあ」がみなとみらいに1万人規模のアリーナを建設するって本当?
2位
横浜にあるもう一つの「サグラダ・ファミリア」!? 上大岡の再開発はいつ終わるの?
3位
あの"お好み焼きバーガー"が復活!? 新生「ドムドムハンバーガー」をレポート
4位
【衆院選2017】神奈川県選挙区候補者60名ってどんな人たち?
5位
横浜駅発! 乗り入れ終着駅への旅! 京成・青砥駅編
6位
衆院選直前! 横浜市内で50人の有権者に緊急直撃取材
7位
寿町のドヤ街はなぜ形成されたのか?
8位
ドキッと発見! あなたの街の看板娘!(関内・馬車道編)
9位
相鉄線二俣川駅南口再開発の計画変更の詳細と今後は?
10位
近未来型ニュータウン? 日々進化し続ける武蔵小杉の現状をレポート
11位
横浜市の住民税って高いの?
12位
横浜市職員の給料は高いのか!?
13位
唐木田から上溝まで8.8km、小田急多摩線の延伸はいつ実現する?
14位
計画から30年! 再開発が本格スタートした金沢八景駅はどう変わる?
15位
リニア開通で相模原市はどう変わる? 橋本駅編!
16位
川崎市のJFE敷地内、不法占拠の家屋群の正体は?
17位
相鉄線ゆめが丘駅周辺は大きく変わる?
18位
京急線が三崎口駅から先の延伸を凍結した理由は?
19位
横浜にこんなすごい会社があった!Vol.1「日本で唯一のモペット・メーカー フキ・プランニング」
20位
2018年に大きく変わる瀬谷駅南口、再開発計画の内容は?
21位
スーパーオートバックスみなとみらい店の跡地はどうなる?
22位
再開発で綱島駅周辺はどう変わる?
23位
工事が始まった横浜市の新市庁舎の特徴は?
24位
誰かが反対している? 陸の孤島・本牧に鉄道が延伸しない理由の真相は?
25位
2015年に開業予定の羽沢駅周辺は今後どうなる?
26位
日本で初めて「うんこ」を商標登録! うんこって、あのうんこ!? 瀬谷区の「株式会社うんこ」に突撃!
27位
横浜発祥のコンビニ「スリーエフ」がなくなってしまうって本当?
28位
ドキッと発見! あなたの街の看板娘!(野毛編)
29位
業務停止を受けた「グリフィン」の営業手法とは!?
30位
「極悪同盟」も登場! 地域密着型プロレス「三浦プロレス」が立ち上がった経緯とは?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

中区初音町にある、創業140年の柴垣理容院を取材してほしいです(彩雲さんのキニナル)

はまれぽ調査結果

確かな技術と心が癒される場を提供してくれる、1871(明治4)年創業の現存する日本最古の理容店。店主は神奈川県民功労者も受賞している名士。

ライター:久保田 雄城 (2013年07月08日)

(この記事は2013年7月8日の再掲載です)

いつの頃からだろうか、筆者が理容室ではなく美容室で髪を切るようになったのは。そんな事をぼんやりと考えながら向かったのは中区の初音町、京急線の黄金町駅と日ノ出町駅のちょうど真ん中にある「柴垣理容院」。1871(明治4)年に開業した、現存する日本最古の理容室だ。
 


落ち着いた趣の店構え




文明開化の横浜で「髪結い処」から「理容室」に華やかな転業

お話をしてくれたのは、5代目店主の柴垣眞太郎さん。
創業の場所は中区の住吉町だった。創業者の柴垣栄吉が、但馬(たじま/現在の兵庫県北部)から開港景気に沸く横浜にやって来たのは、1862(文久2)年の頃だったという。そしてその後の明治維新、文明開化の中、栄吉は営んでいた「髪結い処柴垣栄吉」を「西洋理髪」に転業した。

時は、1871(明治4)年、まさに断髪令(散髪脱刀令)が出された年だ。断髪令というのは、「散髪脱刀勝手たるべし」として、髪型は個人の自由に任せ、華族や士族が刀を差さなくても構わないとしたこと。幕末に軍隊の編成や運用が西洋式の方法に変更されてから、髷(まげ)を結わずに散髪することが流行しつつあったが、これが法律としても制定された。
 


2代目、久太郎のお店


それから店は順調に業績を伸ばしていく。「散切頭(ザンギリあたま)を叩いてみれば文明開化の音がする」という言葉が流行したのもこの時代だ。散切頭というのは、ちょんまげを切って、西洋風に切った男性の髪型の総称。これは西洋人のスタイルを取り入れたものだったので、文明開化の象徴とされたのだ。
 


中央の男性が2代目・久太郎。着席している手前の男性が創業者・栄吉


2代目の久太郎が、アール・デコ・スタイルの建物に、理容椅子をはじめ調度品はすべて輸入品というゴージャスな「柴垣理髪館」をオープンしたのは、1906(明治39)年。“横浜に柴垣あり”と言わしめたほど知名度も高く、いってみれば今でいうセレブのような存在だったのだろう。
 


柴垣理髪館。セピア色の中に当時の栄華が感じられる


それから時は経ち、終戦の年、店はGHQの命令により住吉町からの強制退去を余儀なくされ、初音町に移転して現在に至っている。その時に、店名も「柴垣理髪館」から「柴垣理容院」に変更した。今は、眞太郎さんと、奥様の幸子さんの二人で切り盛りしている。
 


手入れの行き届いた店内でほっと一息する眞太郎さん


眞太郎さんは、1958(昭和33)年から、お客さんの髪を切り続けている。
また2011(平成23)年には、自身が役員を務める横浜市生活衛生協議会の運営に貢献したとのことで、横浜市から感謝状を授与された。ほかにも神奈川県民功労賞や厚生労働大臣賞を受賞している、まさしく地元の名士なのだが、とても気さくで楽しい方だ。
 


店内にはこんなポスターが


ところで、理容室と美容室の違いを知っているだろうか。眞太郎さんに尋ねてみた。「美容と理容の違いは、男女の違いではないんです。法律で業務範囲が示されていて、理容師法によると、『理容』というは頭髪の刈り込み、カット、シェービングやそれに付随するもろもろで容姿を整えることです。かたや『美容』というのは、化粧、結髪、パーマなどにより容姿を美しくすることなんです」とのこと。なるほど、そういう線引きがあったのか。
 


神奈川県民功労賞の表彰状


たしかな職人技を実際に体験してみる・・・続きは次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事