検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
  • はまれぽ.com無料掲載について

ココがキニナル!

鶴屋町近くのビルの6階に「家系しゃぶしゃぶ」と書かれたのぼり? を出しているお店がありました。気になったので突撃してきて下さい!(みやっきさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

家系ラーメンをイメージして作られたスープにこだわった「横浜鍋酒場 はち」のオリジナルしゃぶしゃぶを提供する料理店だった!

  • LINE
  • はてな

2013年09月22日

ライター:篠原 章公

「家系(イエケイ)」と言えば横浜が誇るご当地ラーメンを示す単語(※「吉村家」を総本山とする、豚骨醤油ベース・太ストレート麺を特徴とするラーメンの総称)として広く知られている。
はまれぽでも、ユーザー投票による家系NO.1を決定する「IEK(イエケー)48総選挙」が反響をよんだが、「家系」の「しゃぶしゃぶ」があるというのはなんとも新鮮な響き。
 


 元祖・家系の吉村家


はたして投稿にある「家系しゃぶしゃぶ」とはいかなるものなのだろうか。
投稿をたよりに、はまれぽ編集部期待のニューフェイス・長谷川とともに現地へ向かった。
 


現地へ行ってみる

横浜駅西口から首都高速をくぐり、鶴屋町方面へ徒歩3分。向かって左手の方向にそれらしきお店をすぐ発見できた。投稿にはのぼりとあったが、実際に見ると横断幕のようだ。
 


確かに「家系しゃぶしゃぶ」とある
 

入り口はこんな感じ


キニナルお店が見つかったところで早速店内へ。
店内はこんな感じ。
 


暖色系の照明が落ち着く店内
 

気兼ねなく話ができる空間。女子会やデートによさそう


取材の旨をお話すると、「ああ、全然いいですよ」と快くOKをいただくことができた。
店主の荒井さんにお話を伺うことに。
 


「家系しゃぶしゃぶ」とは?

「家系しゃぶしゃぶ」を提供する「横浜鍋酒場 はち」がオープンしたのは2011(平成23)年4月。関内や馬車道のしゃぶしゃぶ店・鍋料理店で修行を重ねた荒井さんが、はちの目玉として開発したのが「家系しゃぶしゃぶ」だという。

―「家系しゃぶしゃぶ」とはどういったものなのでしょうか。
「豚骨ベースのスープにオリジナルの醤油を加えた、「豚骨醤油スープ」で味わうしゃぶしゃぶです。
なかなかイメージしづらいとは思うのですが…(苦笑)今のところ、この名前の鍋を出しているのはウチだけになります。」

―「家系しゃぶしゃぶ」を作ったきっかけを教えてください。
「もともと鍋料理が好きで、そういった店で働いていたこともあるのですが、僕は横浜生まれ横浜育ち。“家系”という名前がない頃から、地元の駅には美味しいラーメン屋さんがあって、ずっと家系ラーメンを食べて育ってきたんです。自分の好きな2つの料理を合わせることで、横浜の新たな名物を作ることが出来ればという思いから、ですね」
 


「家系しゃぶしゃぶ」、そして“家系”に対する熱い思いを語ってくれた店主の荒井さん


―なるほど・・・やはり家系ラーメンは相当お好きで?
「そうですね。味はもちろんですが、あの庶民的な入りやすい雰囲気も好きで。“家系”とともに育ってきた地元の人間として、家系への愛情だったらほかのお店には負けない気持ちでいます。今でも週3~4日ほど家系ラーメンは食べています」

―スープのこだわりとは?
「豚骨ベースのスープに入れる醤油です。しゃぶしゃぶに合うようにオリジナルのものを開発しました。ニンニクとねぎを焦がしたもの、調味料と水をいれた醤油なんです。
通常の醤油だけじゃダメなんです、味が濃すぎて、肉や野菜の風味が台無しになってしまうので。醤油に合わせるスープは、鶏ガラ・げんこつ・牛のアキレス腱を毎日8時間煮込みます。それ以上煮込むと、スープにとろみがつきすぎちゃって鍋の焦げの原因にもつながるんです。
 


材料を加え、8時間煮込む。このスープに・・・
 

オリジナルの醤油を合わせる
 

完成したスープ。コラーゲンがぷるぷる


―何か隠し味などはあるのですか?
「実はこのスープ、甘さをひきだす為にリンゴを2個入れているんです。はじめはリンゴを1個入れていたのですが、ある日、間違えてリンゴを2個入れてしまったんです(笑)そしたら、求めていた理想のスープの甘さに仕上がって・・・その日からはリンゴは必ず2個入れています。理想のスープにたどり着くまで1年半以上かかりました。しゃぶしゃぶに合ったあっさりとした口当たりです。
ただ、今でも進化することを考えています。リンゴを1個増やしただけで味が変わったんですから。まだまだ美味しさを追及できると思います
 


隠し味にリンゴが入っていた!


―実際にお客さんの反応はどうでしょうか。
「だいたい皆さん最初は家系ラーメンのこってりした感じを想像していらっしゃるんですが、よく言われるのが『・・・アリだな』と。まだまだ知名度がないので“博多もつ鍋”みたいに、なかなかパッとイメージが湧かないと思うんですが、食べてみて納得していただける方が多いと感じています。」
 


その日のスープの仕上がりを店主が5点満点で評価。今では毎日、満点らしい


なるほど、“家系”とともに育ってきた店主が生み出した、“家系”の新展開ともいえそうな「家系しゃぶしゃぶ」。
お話を伺ったところで、実際に食べてみることに。


「家系しゃぶしゃぶ」を実食! キニナルお味は?・・・次のページ≫

 

おすすめ記事

牛丼の「すき家」は横浜発祥だったって本当?

ここはローマ下町のトラットリア!? 本格的なローマ料理を気軽に楽しめる「リオス ボングスタイオ」

  • PR

「IEK(イエケー)48総選挙」最終ユーザーランキング発表!

味にこだわるガンコ店主が開発。極上カレー「和都ノ屋カレー本舗」。できたてのカレーをお届けします!

  • PR

食欲の秋・魅惑の横浜(2013年11月8日号)

横浜愛あふれる店でリーズナブルに横浜の味を! 屋台のように気楽な雰囲気で、楽しくわいわい飲める居酒屋

  • PR

本牧にある「ちょっとすごい」手作りソーセージのお店に突撃!

音楽とハンバーガーとトロピカル・カクテルがあれば、3秒で西海岸やハワイに行ける「STOVE’S」

  • PR

新着記事

マグロ味のかき氷! 三浦市「たかなし商店」で変わり種かき氷を食べてみた

    • 面白かった36
    • 面白くなかった5
    • コメント1
  • 2018年08月15日

海の水上バイク、どうやって取り締まる? 海水浴を楽しむために必要なこととは

    • 面白かった1
    • 面白くなかった0
    • コメント0
  • 2018年08月16日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
はまれぽ.com無料掲載について
横浜・神奈川のお出かけ情報
はまれぽで記事を書きたい人集ま〜れ

はまれぽ編集部のイチオシ

過酷で繊細な作業で産業廃棄物を大幅削減してリサイクル。環境問題の解決へ力を尽くす「ホマレファースト」

  • PR

音楽の街・横浜の新たな音楽発信拠点!ミニサロンでのコンサートや大人向け音楽教室が人気の「カワイ横浜」

  • PR

さまざまなスポーツができる子どもを育てるにはテニスが最適!? 習い事におすすめのテニススクール

  • PR

タイヤ販売から車の修理、日本初? のタイヤプリントも。 タイヤのかかりつけ医「タイヤセンター戸塚」

  • PR

女子に密かなブーム? 精力増強に留まらないスッポンの魅力を伝える、野毛の専門店「横浜味処 あぐら亭」

  • PR

お菓子を通して感動を届ける!横浜とともに進化を続け、新たな魅力を発信する老舗の旗艦店「ありあけ本館」

  • PR

世界中から大注目! ここでしか買えない革製品が大人気の「レザー ファクトリー ロベル」

  • PR

安くてハイクオリティは当然! エンターテイメント性で思い出の引っ越しを演出する「スター引越センター」

  • PR

30~40代のオシャレメンズ増殖中! ゆるふわパーマで印象変えよう! 美容室「S. Blanket」

  • PR

おひとりさま大歓迎!!スタッフの“おもてなし”も自慢の「浪漫亭 東白楽店」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 横浜市民の「横浜あるある」をネタにしたLINEスタンプ「LOVE横浜 ハマたん」が、販売された。キャ...

  • 平塚市大神地区にある厚木市との飛び地が気になる。なぜか、厚木方面に入った川伝いの一箇所だけが平塚市大...

  • 新しい箱根海賊船は、水戸岡鋭治が手がけることになりました。岡部憲明氏でなくて何故水戸岡氏なのか?小田...

あなたはどう思う?

8月中もまだまだ行われる花火大会。どの花火大会を見る?

最近のコメント