検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 〈はまびとnext〉インフルエンサー・嬉野ゆみ。その素顔に迫る
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

金曜日の夜、野毛に現れる「流しのトランペット吹き」の正体は?

ココがキニナル!

金曜日の夜、野毛で飲んでいたら流し? でトランペットを吹いている男性がいました。トークも軽妙でレパートリーが2万曲以上あるとか? どういう人かキニナります

はまれぽ調査結果!

金曜の夜、野毛に現れるのは武藤コウスケさん。トランペット歴20年以上でレパートリーは、自称2万3000曲! 2階の窓から洗剤をかけられたことも。

  • LINE
  • はてな

ライター:はまれぽ編集部

夜の街に花を添える「流し芸」。ギター弾きや唄い手ならば、よく聞く。
野毛には三味線や和楽器の音色に合わせて唄や踊りを披露する「柳通り流し芸」がある。
「日本のジャズ発祥の地」とも言われる横浜の、しかもジャズ喫茶の草分け「ちぐさ」のお膝下である野毛で、トランペットの流し芸とは確かにキニナル。早速、金曜の夜の野毛に出かけなければ!



週末に現れる? トランペット男



とある金曜日の夜、時間は午後8時を回ったころ。スタッカートの効いたほどよい高音と、流れるような中低音が心地よく響き渡る。その音を辿ると、男はすぐに見つかった。
 


「いかにも」な出で立ち


街行く酔客も振り返ったり、足を止めたり。せっかくなので、取材の許可をもらって、このままついて行ってみよう。

まず向かったのは、葉巻とカクテルがそろい、大人の雰囲気漂うバー「アンティクァリー」。代表の渡辺さんとは顔見知りらしく、驚きながらも暖かく迎え入れてくれた。
 


店の雰囲気に合わせ、しっとりしたジャズのスタンダードも


まずは路上で演奏したときに酔客から頂戴した「お気持ち(=投げ銭)」で、ウイスキーを注文。カウンターにいた6人のお客さんのリクエストを聞きつつ、3曲ほど演奏して店を出る。

続いて向かったのは、野毛では老舗のジャズ喫茶「パパジョン」。耳の肥えた人たちが集まる店だけあって、いささか緊張した面持ちで入店。
 


いざ、パパジョンへ!


店長の島村さんは「3回目ぐらいだっけ?」と言いながら、そっとレコードのボリュームを落としてくれた。野毛にはまだ、こうして流しを受け入れる土壌が備わっている。
 
動画はコチラ
(YouTubeにリンクしています)※音声が流れるのでご注意ください

そして再び夜の街に出る。
 


焼き鳥の末広も奥に見える


立ち飲み屋さん「よりみち」で食事をしていた親子連れに声をかけられ、楽器の特徴や吹き方の説明などもしつつ、ビールで交流を深める。
 


自然と店内に溶け込むトランペット男
 

はまれぽヘビーユーザーという吉田さんファミリーと記念撮影


そうこうしていると、立ち飲み屋さんの向かいにある「無頼船」から「こっちに来て」とリクエストを受け、呼ばれるまま店内に。オーストラリアから来たという団体客も交えて楽しい時間を過ごした。やはり、音楽に国境はない。

動画はコチラ
「無頼船」での流し1
「無頼船」での流し2
(YouTubeにリンクしています)※音声が流れるのでご注意ください

この日は4軒の店や路上を流したところで終了。そして、そのまま取材の申し込んだところ快諾いただき、彼の「拠点」という野毛小路のダイニングバー「Zoo(ズー)」へ。