ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

年末年始に食べるべき極上の一皿
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2017年12月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    地元の企業が横浜市に提案しているという横浜駅から中央卸売市場やみなとみらい、大さん橋などを経由して山下埠頭まで結ぶロープウェイ構想が気になります!横浜博覧会のゴンドラの思い出が蘇り、とても懐かしくぜひ...

    幸人さん

    野毛のお肉屋さん、尾島商店の隣にお洒落なカフェが急に現れました。外観が似ているけれど、尾島商店とのつながりはあるの?

    晴天さん

    はまれぽさんには珍しく、利用バスのアンケートに相鉄バスと東急バスが抜けてしまったのはナゼ?

    ホトリコさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

よく利用するバスはなに?

横浜市営バス
京浜急行バス
神奈川中央交通
江ノ電バス
川崎市営バス
川崎鶴見臨港バス
箱根登山バス
そのほか

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
借りにくくなる? 横浜市立図書館が結んだ相互利用協定は市民にとって得?
2位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
3位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
4位
子どもがのびのび遊べる! キッズスペースがあるレストランを徹底調査!
5位
戦後70年。戦争の悲惨さを振り返る。元特攻隊員、手塚久四さんが語る特攻隊の真実とは?
6位
9年間の義務教育を行う「小中一貫校」、そのメリットやデメリットとは?
7位
365日24時間勉強している人がいる!? 横浜市内の「24時間自習室」事情を徹底調査!
8位
横浜の小児医療費助成が小6まで拡大! その詳細は?
9位
姉妹都市だと横浜に何のメリットがある?
10位
事故から35年。青葉区の母子3人が亡くなった横浜米軍機墜落事件って?
11位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材!  ~学生生活とカリキュラム編~
12位
神奈川県立高校が一気に統廃合されるって本当?
13位
お魚と多摩川の命をつなぐ「おさかなポスト」って何?
14位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材! ~訓練とクラブ活動編~
15位
中華学校に日本人児童が増えてるって本当?
16位
使い勝手が悪いと言われた海老名市中央図書館の実体は?
17位
昭和初期まで使われていた!? 逗子市池子の石切り場跡に突撃!
18位
山下公園内のコンビニ「ハッピーローソン」が特別な理由って?
19位
防災頭巾があるのは常識じゃないの!?その歴史と性能は?
20位
横浜市立の幼稚園がない理由は?
21位
【ニュース】神奈川大学がみなとみらいに新キャンパスを開設!
22位
横浜の街中で化石を探せ! “横浜化石クエスト”
23位
給食のない横浜の中学校で、7月1日に始まった「ハマ弁」の味は?
24位
横浜市の中学生が戦争語り部に「死に損ない」の暴言。その真相は?
25位
12年前に九州で起こった工作船事件、なぜ横浜に資料館が作られたの?
26位
横浜市内で一番敷地面積が広い学校ってどこ?
27位
南高等学校附属中学校、普通の公立学校との違いとは?
28位
公立小中学校がないみなとみらい地区。ここに住む子どもたちの現状は!?
29位
神奈川県内唯一の「義務教育学校」、緑区の霧が丘学園はどう違う?
30位
横浜の小学6年生がカッコイイダンスを踊るイベントは今?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

南太田から清水が丘に抜ける大原トンネルは天井がやたら低く水がしたたり落ち長く暗くすごく怖かったです。戦争中は遺体置き場にしたとかまことしやかに怪談話があったが歴史を知りたい(なっとうさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

全長254メートルで1927年に水道管を通すため造られ現在内部は明るい。まことしやかな怪談話は付近住民の大人が子どもに対して注意喚起をするため

ライター:濱屋 亘 (2013年11月13日)

噂のトンネル

大原トンネルには「出る」。そんなまことしやかな怪談話があるという。一体どんなトンネルなのか。調べてみるため、10月某日、地下鉄ブルーライン「阪東橋」駅より徒歩11分、大原トンネルの管理元である南区の横浜市水道局に伺った。
 


横浜市水道局中部第一給水維持課へ


お話してくださったのは、中部第一給水維持課係長の普川(ふかわ)さんと、同課係長の守山(もりやま)さん。ともに勤続年数30年以上のベテランとのこと。資料をご提示いただきながら取材に応じてくださった。
   


とても丁寧に取材に応じてくださった普川さん(写真左)と守山さん


大原トンネル(別名:大原隧道/ずいどう)は、横浜市によって敷設された全長254メートルの水道管を通すためのトンネル。以前はまれぽでも調査した「横浜市内の長いトンネル」の中に出てきた最長の「港南ひまわりトンネル」の547.5メートルと比較すると、市内のトンネルの中では長いほうではないようだ。

トンネルは清水ヶ丘公園の下を貫き、清水ヶ丘と南太田を結んでいる。設計者は不明。工事着工は1927(昭和2)年6月、終了は翌年7月で、総工費は当時の金額で7万2564円40銭円。現在の金額でいうと約4700万円だ。大きな重機を用いる今とは違い、人の手によって掘削された。ちなみに「隧道」とは、トンネルの和名である。
 


これが噂の大原トンネル


このトンネルが造られたのは、関東大震災で被った水道環境のダメージの復旧と、そのころまだ生活配水の環境が整っていなかった磯子・蒔田などのエリアの配水強化のため。当時、周辺では度重なる市域拡張によって人口が増加しており、生活水の確保は急務であった。給水方法としては、地形の高度差を利用した自然循環という方法が採られており、この丘を通るルートが選ばれたのも、そうした地形が生かされてのことだった。
 


坑内はこのようになっている


当初は、一般市民の通行のため、というより水道管を通すことがなによりの目的だった。そのため、トンネルは水道局職員のための管理用の通路でしかなく、今のような生活道路としての役目はなかった。一般の人も通れるようになったのは、1972(昭和47)年に周辺に団地などができてからのこと。住民の要望を受けてそこで初めて照明がつけられ、人が歩けるよう整備されたのだという。事実、大原トンネルのような水道幹線路と公道併用のトンネルは、全国的にも珍しいとされている。

普川さんと同課係長の守山さんのお二人に「戦時中、遺体置き場になっていたかどうか」お聞きしたが、「地形から考えると防空壕になっていた可能性はありますが、あくまで可能性ですし、ましてや遺体置き場だったかどうかはわからない」とのことだった。

一通りお話を伺ったところで、「天井がやたらと低くて水がしたたり落ちて長くて暗くて、ものすごく怖かった」ことを検証すべく、現地に同行させていただいた。
 

長くて暗いトンネル・・・ドキドキしながら現地の様子を確認!≫
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事