ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

キニナル水着女子2017
横浜生まれのアナウンサー 渡辺真理さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年7月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    横浜の本町通りは、かつては「ハマのウォール街」と呼ばれ、以前歴史建築の記事になった三井住友銀行をはじめ、現在でも三大メガバンクや、第四銀行や大光銀行など地方銀行も関内エリアに横浜支店を置いています。し...

    たけむらさん

    先日から 伊豆方面に走り始めた観光列車「ザ・ロイヤルエクスプレス」ですが 車両の色が相鉄線の新型車両と似ているように思うのですが 色の違いはどの程度あるのでしょう?そもそも どちらが先なのでしょうか?...

    soraさん

    神奈川県海老名市の有鹿神社の神主さんが、いつもパンダのかぶり物をしているらしいので、取材お願いします。

    bausackさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

シーズン到来!今年の夏はどこの海水浴場に遊びに行きますか?

海の公園
三浦海岸海水浴場
一色・森戸海水浴場
逗子海水浴場
由比ガ浜・材木座海水浴場
片瀬東浜・片瀬西浜海水浴場
鵠沼海水浴場
サザンビーチちがさき
そのほか
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「7月23日今日は何の日?」
2位
「無期限休業」状態だったラーメン二郎 横浜関内店が営業再開!
3位
市営地下鉄グリーンラインの延伸計画は、その後どうなった?
4位
気分はインディ・ジョーンズ!? 横浜市立大に隠された「謎の洞窟」を探索!
5位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
6位
武蔵小杉駅前にある創業53年の老舗店「喫茶ブラジル」が閉店。その理由とは?
7位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
8位
きょうオープン! 高架下の新商業施設「ウィングキッチン京急鶴見」の様子を一足早くレポート!
9位
1972年の横浜市電全廃から45年、当時の姿でよみがえった保存車両の現状に迫る!
10位
大船のフラワーセンターが閉園!? 噂の真相を徹底レポート!!
11位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
12位
横浜駅と平沼橋駅間よりも近い駅間って市内に存在するの?
13位
【はまれぽ名作選】新横浜周辺に一部コンビニ・スーパーが一軒もない謎のエリアがあるってホント?
14位
金沢区称名寺の裏山にある八角堂に、地下へ続く「抜け道」があるって本当?
15位
【編集部厳選】ねえ、ここ「横浜」だよね!?
16位
【はまれぽ名作選】中山駅近く、柵に囲まれて乗ることも降りることもできない不思議なバス停の正体は!?
17位
【はまれぽ名作選】本牧の「自由の女神」がある横浜ロイヤルホテルって!?
18位
はまれぽが横浜駅をジャックしたって本当?
19位
【はまれぽ名作選】60年の間、野毛山公園に存在していた「野毛山プール」の歴史を徹底調査!
20位
鉄道6社が乗り入れる横浜駅!最速で乗り換えできるルートは?
21位
久里浜港に新しくオープン! 海鮮料理がうまい温浴施設「海辺の湯」に突撃!
22位
献血ルームの中で1番良い記念品がもらえるのはどこ?
23位
ラーメン二郎 横浜関内店が「無期限休業」って本当?
24位
治安の悪さは首都圏イチ!? 川崎競馬場周辺の夜を体験!
25位
絶版の絵本に導かれ、横浜市電引退後の第二の人生に迫る!
26位
横浜で一番大きな本屋はどこ? 横浜駅西口の意外な場所に発見!
27位
京急線「逗子海岸駅」が廃駅になった理由は?
28位
漏水で営業が中止となった本牧市民プール、今後はどうなる?
29位
大学の図書館になった旧ドリームランドのホテルの中ってどうなってるの?
30位
女児殴打事件のあった横須賀市不入斗(いりやまず)は本当にヤバイ所なの?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

南太田から清水が丘に抜ける大原トンネルは天井がやたら低く水がしたたり落ち長く暗くすごく怖かったです。戦争中は遺体置き場にしたとかまことしやかに怪談話があったが歴史を知りたい(なっとうさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

全長254メートルで1927年に水道管を通すため造られ現在内部は明るい。まことしやかな怪談話は付近住民の大人が子どもに対して注意喚起をするため

ライター:濱屋 亘 (2013年11月13日)

噂のトンネル

大原トンネルには「出る」。そんなまことしやかな怪談話があるという。一体どんなトンネルなのか。調べてみるため、10月某日、地下鉄ブルーライン「阪東橋」駅より徒歩11分、大原トンネルの管理元である南区の横浜市水道局に伺った。
 


横浜市水道局中部第一給水維持課へ


お話してくださったのは、中部第一給水維持課係長の普川(ふかわ)さんと、同課係長の守山(もりやま)さん。ともに勤続年数30年以上のベテランとのこと。資料をご提示いただきながら取材に応じてくださった。
   


とても丁寧に取材に応じてくださった普川さん(写真左)と守山さん


大原トンネル(別名:大原隧道/ずいどう)は、横浜市によって敷設された全長254メートルの水道管を通すためのトンネル。以前はまれぽでも調査した「横浜市内の長いトンネル」の中に出てきた最長の「港南ひまわりトンネル」の547.5メートルと比較すると、市内のトンネルの中では長いほうではないようだ。

トンネルは清水ヶ丘公園の下を貫き、清水ヶ丘と南太田を結んでいる。設計者は不明。工事着工は1927(昭和2)年6月、終了は翌年7月で、総工費は当時の金額で7万2564円40銭円。現在の金額でいうと約4700万円だ。大きな重機を用いる今とは違い、人の手によって掘削された。ちなみに「隧道」とは、トンネルの和名である。
 


これが噂の大原トンネル


このトンネルが造られたのは、関東大震災で被った水道環境のダメージの復旧と、そのころまだ生活配水の環境が整っていなかった磯子・蒔田などのエリアの配水強化のため。当時、周辺では度重なる市域拡張によって人口が増加しており、生活水の確保は急務であった。給水方法としては、地形の高度差を利用した自然循環という方法が採られており、この丘を通るルートが選ばれたのも、そうした地形が生かされてのことだった。
 


坑内はこのようになっている


当初は、一般市民の通行のため、というより水道管を通すことがなによりの目的だった。そのため、トンネルは水道局職員のための管理用の通路でしかなく、今のような生活道路としての役目はなかった。一般の人も通れるようになったのは、1972(昭和47)年に周辺に団地などができてからのこと。住民の要望を受けてそこで初めて照明がつけられ、人が歩けるよう整備されたのだという。事実、大原トンネルのような水道幹線路と公道併用のトンネルは、全国的にも珍しいとされている。

普川さんと同課係長の守山さんのお二人に「戦時中、遺体置き場になっていたかどうか」お聞きしたが、「地形から考えると防空壕になっていた可能性はありますが、あくまで可能性ですし、ましてや遺体置き場だったかどうかはわからない」とのことだった。

一通りお話を伺ったところで、「天井がやたらと低くて水がしたたり落ちて長くて暗くて、ものすごく怖かった」ことを検証すべく、現地に同行させていただいた。
 

長くて暗いトンネル・・・ドキドキしながら現地の様子を確認!≫
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

横浜の家系ラーメン全店制覇への道~家系図を作ろう~

黄金町駅のそばにある撤去しようとすると心霊現象が起きる駐車場

横浜に心霊スポットはありますか?

「怪談」に関するキニナル