ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年9月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    桜木町駅、横浜駅、山下公園周辺で23:00以降も営業している喫茶店、カフェで、女性も安心して行けるお店があれば教えてください分煙か禁煙かもわかると嬉しいです(^^)/

    トッシーさん

    桜木町の新改札の進展状況が知りたいです桜木町の、新庁舎周辺の開発状況もわかれば(^^)/

    トッシーさん

    来る10/21にJR鎌倉車両センターが解放されます。内部は普段なかなか見られないので、この機会に是非レポートお願いします。

    やしーさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

横浜駅に乗り入れている好きな鉄道路線って何?

京浜急行線
JR京浜東北線
JR東海道線
JR横須賀線
相模鉄道線
東急東横線
横浜高速鉄道みなとみらい線
横浜市営地下鉄ブルーライン

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
2位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
3位
高さ1.2メートルのガードを発見! 低いガードがあるという噂の南武線に突撃!
4位
航空写真に写る米軍施設から伸びる謎の軌道とは?
5位
横浜初で噂ゼロ? 横浜駅西口エリアにひっそりと存在する謎の「ハリネズミ専門店」でチクッと体験!?
6位
工場見学もリニューアル! 崎陽軒の横浜工場内で新弁当製造ラインに潜入!
7位
【フォトれぽ】横浜ベイサイドマリーナで今年も熱狂! 「タモリカップ2017年」潜入レポート!
8位
大人の色気が漂う!ゴージャス系美女が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【由比ヶ浜海岸編 第3弾】
9位
何かと話題の『セシルのもくろみ』も! ストーリーも終盤、横浜のロケ地巡り2017年夏ドラマ編vol.2
10位
【I☆DB】ファンに「一目置かれる」シブいユニホームって誰だ?
11位
人気作家原作のドラマも! ストーリーも終盤、横浜のロケ地巡り2017年夏ドラマ編
12位
フリルの水着を素敵に着こなす癒し系美女が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【江の島海岸編 第3弾】
13位
【I☆DB】川崎球場時代からのファンも!? オールドファン&熱狂的なファンに突撃!
14位
鮮やかなブルーの水着をまとうスレンダー美女が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【総集編】
15位
【編集部厳選】お酒やフードだけじゃない! 知られざるショービジネスの世界!
16位
【I☆DB】全力応援企画! 横浜DeNAベイスターズ、19年ぶり日本一への道!
17位
中世の名残を求めて、鎌倉街道を踏破 ー中の道を離れて弘明寺道を歩く 前編ー
18位
【編集部厳選】オトナの自由研究してみませんか?
19位
【フォトれぽ】横浜赤レンガ倉庫で行われている「横浜グルメンタ」をレポート!
20位
運転免許試験場の周辺で営業している「裏校」。どうやって試験問題を入手してるの!?
21位
横浜に安くて感じのよいラブホはあるのか?
22位
川崎堀之内の「ちょんの間」、摘発前の様子は?
23位
末吉町の街角に佇む売春婦、その後はどうなった?
24位
中世の名残を求めて、鎌倉街道を踏破 ー中の道を離れて弘明寺道を歩く 後編ー
25位
横浜駅のベストな待ち合わせスポットはどこ?
26位
横浜市内に点在する変な名前のお店を特集して!
27位
【編集部厳選】暗号? デザイン? それとも秘密のなにか? 街で見かける不思議なアレ!
28位
黄金町の『ちょんの間』ってどうなったの?
29位
【I☆DB】ベイ戦士に思い出してほしい! あの試合あの場面!
30位
関内のSMバー「非日常への入口」へ突撃!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

南太田から清水が丘に抜ける大原トンネルは天井がやたら低く水がしたたり落ち長く暗くすごく怖かったです。戦争中は遺体置き場にしたとかまことしやかに怪談話があったが歴史を知りたい(なっとうさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

全長254メートルで1927年に水道管を通すため造られ現在内部は明るい。まことしやかな怪談話は付近住民の大人が子どもに対して注意喚起をするため

ライター:濱屋 亘 (2013年11月13日)

噂のトンネル

大原トンネルには「出る」。そんなまことしやかな怪談話があるという。一体どんなトンネルなのか。調べてみるため、10月某日、地下鉄ブルーライン「阪東橋」駅より徒歩11分、大原トンネルの管理元である南区の横浜市水道局に伺った。
 


横浜市水道局中部第一給水維持課へ


お話してくださったのは、中部第一給水維持課係長の普川(ふかわ)さんと、同課係長の守山(もりやま)さん。ともに勤続年数30年以上のベテランとのこと。資料をご提示いただきながら取材に応じてくださった。
   


とても丁寧に取材に応じてくださった普川さん(写真左)と守山さん


大原トンネル(別名:大原隧道/ずいどう)は、横浜市によって敷設された全長254メートルの水道管を通すためのトンネル。以前はまれぽでも調査した「横浜市内の長いトンネル」の中に出てきた最長の「港南ひまわりトンネル」の547.5メートルと比較すると、市内のトンネルの中では長いほうではないようだ。

トンネルは清水ヶ丘公園の下を貫き、清水ヶ丘と南太田を結んでいる。設計者は不明。工事着工は1927(昭和2)年6月、終了は翌年7月で、総工費は当時の金額で7万2564円40銭円。現在の金額でいうと約4700万円だ。大きな重機を用いる今とは違い、人の手によって掘削された。ちなみに「隧道」とは、トンネルの和名である。
 


これが噂の大原トンネル


このトンネルが造られたのは、関東大震災で被った水道環境のダメージの復旧と、そのころまだ生活配水の環境が整っていなかった磯子・蒔田などのエリアの配水強化のため。当時、周辺では度重なる市域拡張によって人口が増加しており、生活水の確保は急務であった。給水方法としては、地形の高度差を利用した自然循環という方法が採られており、この丘を通るルートが選ばれたのも、そうした地形が生かされてのことだった。
 


坑内はこのようになっている


当初は、一般市民の通行のため、というより水道管を通すことがなによりの目的だった。そのため、トンネルは水道局職員のための管理用の通路でしかなく、今のような生活道路としての役目はなかった。一般の人も通れるようになったのは、1972(昭和47)年に周辺に団地などができてからのこと。住民の要望を受けてそこで初めて照明がつけられ、人が歩けるよう整備されたのだという。事実、大原トンネルのような水道幹線路と公道併用のトンネルは、全国的にも珍しいとされている。

普川さんと同課係長の守山さんのお二人に「戦時中、遺体置き場になっていたかどうか」お聞きしたが、「地形から考えると防空壕になっていた可能性はありますが、あくまで可能性ですし、ましてや遺体置き場だったかどうかはわからない」とのことだった。

一通りお話を伺ったところで、「天井がやたらと低くて水がしたたり落ちて長くて暗くて、ものすごく怖かった」ことを検証すべく、現地に同行させていただいた。
 

長くて暗いトンネル・・・ドキドキしながら現地の様子を確認!≫
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事