検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
  • はまれぽ.com無料掲載について

ココがキニナル!

石川町に「045 pizza MYRO」という、ちょっと珍しいテイクアウトピザ屋さんがあります。ここのピザが絶品で家族全員お気に入りです。出店のいきさつとか裏話を取材してきて下さい。(ごんた。さん)

はまれぽ調査結果!

「045 pizza MYRO」は、ワーキングホリデー帰りのオーナーが日本にもアメリカンスタイルのピザ店をオープン。ピザは絶品で地元住民に大人気だった!

  • LINE
  • はてな

2013年11月18日

ライター:松宮 史佳

投稿によると、JR石川町駅近くにおいしいピザ店があるらしい! 手作りピザは絶品とのこと。ネットで調べてみると、店は元町にあるようだ。どのくらい美味しいのか確かめるため、実際に行ってみることに!
 
石川町駅南口から元町方面へ。徒歩数分、山手トンネル手前で噂の店「045 pizza MYRO(ゼロヨンゴ ピザ マイロ)」を発見!

 

 
14時過ぎ、かわいらしい「045 pizza MYRO」に到着

  
・・・周囲にはピザを焼いているような、いい匂いが漂う。
 


写真を見ているだけでも食べたくなってしまう
 


ピザは持ち帰りOK
 


店内で食べる場合も外のカウンターで注文するようだ

 
「中はどんな感じなんだろう?」ドキドキしながら店内へ。すると・・・
 
 
 
「045 pizza MYRO」に突撃!
 
店内には、とってもステキなお2人が! 聞けばご夫婦とのこと。
 


美男美女、加藤真吾さん&智美さん
 

取材を申込むと、今は落ち着いているので「いいですよ」と快くOKしてくれる。
 


かわいらしいお2人の絵が飾られている

  
まず最初に出店の経緯から伺うことに。
真吾さんは大学卒業後、ワーキングホリデー制度を利用し、1年間カナダに滞在。そこでアメリカンスタイルのピザに出会い、「365日のうち、300日はピザを食べていた」そうだ。
 
アメリカンとイタリアンピザの違いはざっくりいうと「生地が違う」。イタリアンピザの生地は石窯で焼き上げて薄くてパリパリなのが特徴。だが、アメリカンスタイルは丸いPan(パン)を使い、オーブンで焼き上げる。

 

「鉄製のPanで生地を焼き上げるのがアメリカンスタイルのピザ(by真吾さん)」

 
1年後、真吾さんはカナダから帰国。日本にあまりない「1ピース売り(カットしたピザ)の店をやりたい」という想いを抱き、有名店「サルバトーレ」や「カリフォルニアピザキッチン」などで4~5年修業を積んだ。ちなみに、奥様の智美さんとは「修業時代に出会った」とのこと。
 
その後、真吾さんは退職し、造船所や工事現場などで働いて開店資金1000万円を貯めた。だが、「安い方だと思いますよ」と真吾さん。予算を抑えるために店は“幼稚園から大学まで一緒の幼馴染、造船所時代の親方、真吾さん”のたった3人で全部つくったんだとか!
 


アメリカンな雰囲気が漂う店内は智美さんのデザイン
 

店内の随所にセンスのよさが光る
 
 
ちょっとしたものもかわいらしい
 

並んでいるタバスコの瓶もオシャレな感じ!

 
3ヶ月ほどで店は完成したが、真吾さんによると、「(場所を借りてから)半年ほどは何もできなかった」らしい。理由は、店先にある「回るピザのショーケース」をサイトで発見し注文したが、なんと「4ヶ月も届かなかった」からだそうだ。しかも、何ヶ所も壊れていたため「結局自分で直しました(笑)」とのこと。
 


くるくる回るピザに思わず「足を止めて見入ってしまう人」が続出!

 
2012(平成24)年4月、ついに「045 pizza MYRO」がオープン! 真吾さんは本牧出身で、ユニークな店名の“045”には地元・横浜への愛が込められている。“MYRO”は智美さんが飼っていた犬の名前。もともとは「映画のマスクに出ていた犬の名前から付けたんです(by智美さん)」。

 

ユニークな店名は「一度聞いたら忘れない」

 
一切宣伝をしていないため、客層は地元の人が中心。口コミや“くるくる回るピザのショーケースを見て来店する人”なども多いとか。年齢層は子どもから90歳のおじいちゃん&おばあちゃんまでと幅広く、場所柄か外国人も多い。
 
お客さんは多い時で1日100人ほど。ピザは1ピース250円からとリーズナブルなので、誰でも気軽に買いやすいのが特徴だ。

 

テイクアウトの場合、イラスト付きの袋(それぞれマークが違う!)に入れてくれる

 
焼き上げたピザは品質を保つため、常温で保存している。そのまま食べても美味しいのだが、家で食べる時は「温めてください」とのこと。イートインの場合はもちろん温めて出してくれる。
 
  

いよいよ絶品といわれるピザを実食! キニナルそのお味は・・・次のページ≫   
 

おすすめ記事

元町の人気クレープ屋、開店の経緯って?

隅々までこだわったセンスの良い空間で絶品ナポリピザを味わう「Pizzeria PONTE ALTO」

  • PR

元町で交通整理をしている制服の女の子の正体は?

居酒屋感覚で気軽に入れるおそば屋さん。バラエティに富んだ料理すべてを楽しめる昼呑みは特にオススメ!

  • PR

永遠に続く? 「元町梅林」のすごい量とウワサのコース料理と巨大おにぎりを実食!

牛肉はA5ランクは当たり前、さらに等級にもこだわる至極の味わい。牛鍋・しゃぶしゃぶの「じゃのめや」

  • PR

ワンコイン定食から立ち飲み屋まで! ライター松宮が寿町ドヤ街グルメ&夜遊び事情を突撃レポート!

横浜中華街で横浜のソウルフード「ブタまん」を提供する創業明治27年の老舗・ブタまんの「江戸清」

  • PR

新着記事

本郷台にある「だいちゃん広場」の地下には何がある?

    • 面白かった9
    • 面白くなかった0
    • コメント0
  • 2018年07月17日

“街の宝”を守るため、50年の歴史に幕。横浜中華街「重慶飯店別館」で最後のおもてなし

    • 面白かった193
    • 面白くなかった6
    • コメント3
  • 2018年07月16日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー

はまれぽ編集部のイチオシ

お菓子を通して感動を届ける!横浜とともに進化を続け、新たな魅力を発信する老舗の旗艦店「ありあけ本館」

  • PR

横浜を愛し、横浜を作り、横浜を育む、横浜型地域貢献企業認定の建築事務所「有限会社安田建築事務所」

  • PR

横浜市内に笑顔増殖中! 陽気な外国人スタッフが家の困りごとを一気に解消「アミーゴ家事サービス」

  • PR

音楽とハンバーガーとトロピカル・カクテルがあれば、3秒で西海岸やハワイに行ける「STOVE’S」

  • PR

独特の発想と企画力で業界の若返りを! タクシーの未来を創造する「三和交通」

  • PR

ステッカーの制作現場に潜入! ノベルティや看板の制作なら井土ヶ谷の「株式会社グランド」

  • PR

30~40代のオシャレメンズ増殖中! ゆるふわパーマで印象変えよう! 美容室「S. Blanket」

  • PR

過酷で繊細な作業で産業廃棄物を大幅削減してリサイクル。環境問題の解決へ力を尽くす「ホマレファースト」

  • PR

横浜愛あふれる店でリーズナブルに横浜の味を! 屋台のように気楽な雰囲気で、楽しくわいわい飲める居酒屋

  • PR

中古マンション×リノベ!余裕をもって自分らしいマイホームを作る「リフォーム不動産 横濱studio」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 都筑区の勝田橋付近に『バ〜ニラ♪』の高収入で有名なバスやトラックが停まっている駐車場があるのですが、...

  • 藤沢市川名にラーメンビックというお店がありますが子供不可、両替不可、撮影不可だそうです。はまれぽなら...

  • 逗子海岸にある「キン肉マン海の家」の取材をお願いします。限定メニューが食べれたり、限定アイテムなどが...

あなたはどう思う?

横浜市内を通るよく利用する鉄道路線は?

最近のコメント