ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

キニナル水着女子2017
横浜生まれのアナウンサー 渡辺真理さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年8月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    大衆演劇ファンには有名らしい川崎の「大島劇場」で大衆演劇の楽しみ方を取材してほしいです。大衆演劇って見たこともないし、どんな人達がどんな楽しみ方をしてるのか、気になります。

    タロー先生さん

    三浦半島イチ美味しい、と言われる?三上農園の直売所のスイカが気になります。今年も大きくて美味しいスイカを堪能したのですが、どんな風にスイカを育ててるのか取材してほしいです。試食もできるし、気さくなおじ...

    タロー先生さん

    横浜で東京キャットガーディアンさんが子猫の譲渡会をやるそうです!http://tcg.ldblog.jp/archives/50584695.html

    yukieさん

もっと見る

あなたはどう思う?

アクセスランキング

ジャンル
1位
【はまれぽ名作選】横浜で美味しいうなぎが食べられるお店はどこ?
2位
野毛では伝説、福富町では行列! 神出鬼没のラーメン店「丿貫(へちかん)」へ突入!
3位
川崎市多摩区の星川製麺が運営する"彩"でデカ盛りメニュー「でかっちゃん」に挑戦!
4位
戸塚区秋葉町で発見! めちゃうま!? たまご自動販売機とは?
5位
本日オープン! 「川崎のれん街 ほのぼの横丁」を全店舗制覇!
6位
【はまれぽ名作選】居酒屋チェーンの「養老乃瀧」、1号店は横浜って本当? 
7位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
8位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
9位
ハマの伝説! レストラン「タイクーン」! 今年は横浜式バーベキューで激ウマ!
10位
【はまれぽ名作選】西横浜にある中華料理店「隆翔」が出す、辛さ120倍のタンタンメンとは?
11位
【編集部厳選】1軒だけじゃ物足りない! 気ままに「ハシゴ酒」できるスポットを紹介!
12位
【はまれぽ名作選】野毛で食べられる裏メニューって、どういうのがあるの?
13位
【はまれぽ名作選】平日の昼間から飲める感じのいいお店を教えて! 伊勢佐木町編
14位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.2』~「ジントニック」とイロハ~
15位
【はまれぽ名作選】かつて馬車道交差点にあった「珈琲屋」、その後どうなったの?
16位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
17位
まだまだ夏真っ盛り! 2017年、横浜市内のおすすめビアガーデンは?
18位
体温を下げて夏バテ防止になる料理って!? 教えて○○さん! イタリア料理編
19位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
20位
【ニュース】ホテルニューグランドこの夏だけの限定ラウンジ!
21位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.4』〜「ヨコハマ」とストーリー〜
22位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.3』〜「ダイキリ」と太田圭介さん〜
23位
「よこはまでカレーがおいしいお店ランキングベスト10」が知りたい!
24位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
25位
【編集部厳選】梅雨明けしたし、夏と言ったらビールでしょ!
26位
横浜スタジアムの「球場グルメ」を全公開! 前編
27位
【編集部厳選】頭が「キーン」ってなっても気にしない!
28位
開店したらすぐ閉店? 戸塚の伝説のラーメン店「カミカゼ」に突撃!
29位
ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?
30位
マグロも温泉も! 「みさきまぐろきっぷ」のお得な使い方は?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

横浜DeNAベイスターズにはどんなスタッフがいるの?どのようにしてチームの力になっているのですか?選手との関係もキニナル。(はまれぽ編集部のキニナル)

はまれぽ調査結果

球団内でクリーニングを行うパイオニアは、クリーニング士の資格を持った関村さんをはじめ、どこの球団にも負けないキレイなユニホームに仕上げていた。

ライター:山口 愛愛 (2013年12月02日)

横浜DeNAベイスターズの貴重な戦力となっているスタッフに密着し、ふだん、目にすることのできない仕事ぶりを紹介していく。前回の入来(いりき)祐作さん(用具担当)に続き、今回はクリーニング担当の関村英樹さんを中心としたスタッフに密着。

実は球団内でクリーニングまで行っているところは、セ・リーグではDeNAベイスターズのみ。スタッフの高い技術と選手との信頼関係に迫る。
 


現在クリーニング担当は4人。代表して関村英樹さんに伺う




チームのためなら徹夜の洗濯もなんのその!

取材日は11月23日に行われたファンフェスティバル2013の翌日。前日に選手やコーチがそろってユニホームを着用したため、シーズンオフの中では洗濯物が多い日だというのでクリーニング倉庫に潜入した。関村さんに話を伺いながら、作業を追っていく。

関村さんは横須賀市の追浜町出身で、横浜育ち。小学生のころから(DeNAベイスターズの前身の)大洋ホエールズのファンで、憧れの選手は俊足の屋鋪要(やしきかなめ)さんだったという。作業場のあるDeNAベイスターズ練習場(横須賀市)も馴染み深い場所だ。
「(当時は、横浜)ベイスターズか、横浜F・マリノスに関わる仕事ができたらいいな」と幼いころから漠然と夢を抱いていたそうだ。
 


主な仕事場はクリーニング倉庫


関村さんは元々「株式会社ベイスターズサービス」(当時のベイスターズ商品を扱う関連会社)でグッズ販売を担当していた。一方、当時の横浜ベイスターズは ユニホームなどの洗濯を、クリーニング業者に外注していたが、球団の経費削減策として1997(平成9)年から球団内で行うことになった。

クリーニング士の資格を持ったスタッフが担当したが、2年後に退職したため、当時、サービス担当の中で最も若かった関村さんが抜擢され、クリーニング士の国家資格を取り、後を引き継ぐ形となった。1999(平成11)年から15年間、クリーニングを担当している。
 


毎日、洗濯物は山積み


関村さんは、半年間「神奈川県クリーニング学院」に通い、100点は出ないといわれる(Yシャツのアイロン)実技試験に99点で合格。プロ野球界初の自社クリーニングは、国家資格を持ったクリーニング士の腕とスタッフのチームワークで今も継続されている。

「経費削減のために、他球団も自社クリーニングを取り入れようと検討していて、今年も色々な球団が視察に来ているんですよ。クリーニングスタッフ4人でやっていますが、どこのチームのユニホームよりキレイだという自信があります」と関村さん。
 


ユニホームが白くなるまでにはいくつもの工程がある


選手が試合や練習で身につけたユニホーム一式をクリーニングすることが任務だ。
「選手の戦闘服でもあり、ステージ衣装でもあるので、失敗できないプレッシャー、責任と誇りを感じている」と気を引き締めている。
 


監督、選手のステージ衣装がここでキレイに蘇る


横浜スタジアム、東京ドーム、神宮球場、西武ドームなどの試合終了後にユニホームを回収し、クリーニング倉庫で洗濯して、球場に届けるサイクルで仕事をしているが、過酷なスケジュールになることもしばしば。

ユニホームはホームとビジターで4枚ずつあるが、試合前や試合中に選手が着替えるため、3連戦中は、基本的に同じユニホームを着回すことになる。ユニホー ムは試合開始の6時間前に球場に届けなければいけない。例えば金曜日に神宮球場でナイターがあった場合、試合後にユニホームを回収して、午後11時ごろに 球場を発ち、関村さんが車でDeNAベイスターズ練習場まで運ぶ。徹夜で洗濯をし、終わるのは朝5時ごろ。

デーゲームが13時からであれば、7時には神宮球場に届けなければいけないのだ。
ファームの試合と1軍の試合と両方のユニホームの洗濯をするので、シーズン中はとくに忙しい。
 


巨大洗濯機が深夜に稼動することもしばしば


「幼いころからチームのファンですからね、徹夜であってもこのチームのためにやれるのであれば辛くありません! 選手に気持ちよくプレーをしてもらいたいという思いで、仕事をしています」と笑顔を見せる。


12球団で一番キレイなユニホームを・・・そんな気持ちが伝わる思いは次のページ!!≫
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

はまれぽ.comリニューアル特設サイト

ベイスターズを陰で支える用具係の入来祐作さんに密着!

ベイスターズ「ファンフェスティバル2013」の様子は?

「ベイスターズ」に関するキニナル