ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

みんなのキニナルお店投稿募集キャンペーン
はまれぽ.com無料掲載について
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年12月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    クリスマスの時には工場特売特価市を開催しているファミール製菓。横須賀に移転したのですが、移転後も工場特売特価市は開催されるのでしょうか?取材をお願いします。

    YAM-3さん

    JR東日本の東海道線と横須賀線なんですが、戸塚〜横浜間はほぼ線路が並走しているのに、何故か横須賀線の方が速いです。同時に戸塚駅を出発すると、横須賀線の方が加速して東海道線を置き去りにしますが、横須賀線...

    ヨスケさん

    来年の守護仏は阿弥陀如来。そこで調べてみると武蔵稲毛六阿弥陀の半分が欠番でした。https://www.amazon.co.jp/dp/B0776Y7QB5いつから欠番なのか、また埋める予定はないのか...

    みなとみらいさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

あなたが好きなスポーツチームは?

横浜DeNAベイスターズ
横浜F・マリノス
川崎フロンターレ
横浜FC
湘南ベルマーレ
Y.S.C.C.
SC相模原
横浜ビー・コルセアーズ
川崎ブレイブサンダース

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
伝説の娼婦・白塗りのメリーさんを知る横浜の文化人に直撃インタビュー!
2位
横浜の伝説、白塗りのメリーさんとは!?
3位
「みなとみらい東急スクエア」グランドオープンの初日の様子をレポート!
4位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【前編】
5位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった?~ドリームランド線編
6位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった? 湘南モノレール編
7位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
8位
【はまれぽ名作選】あまりにも豪華すぎる内装が「異常」というウワサは本当か? 川崎のラブホテル「迎賓館」に突撃!
9位
いよいよ着工! 2020年完成予定の横浜スタジアム増築・改修工事の状況は?
10位
【編集部厳選】YOUが今いる場所って、昔は何があったか知っている?
11位
JR桜木町駅の発着メロディーは、どうして「ゆず」じゃないの?
12位
【編集部厳選】ドキッと突撃! 街のキニナルぴんくを探せ!!
13位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【後編】
14位
第三京浜保土ヶ谷料金所の近くに見える鳥居の正体とは?
15位
【はまれぽ名作選】帷子川の源流までってどうなってるの?
16位
【前編】「横浜高校の指定バッグ」が女子高生の間で大流行中の理由とは?
17位
38年間の歴史に終止符。日吉にある昭和喫茶店「まりも」
18位
【I☆DB】下剋上! 19年ぶり横浜DeNAベイスターズ日本シリーズ進出決定! 
19位
東神奈川の二ッ谷にある「家の半分が川に突き出ている家」のその後!
20位
雨天決行した「川崎ハロウィン2017」の様子をレポート!
21位
【編集部厳選】どうせイクならレトロ銭湯! 気持ちイーよ!
22位
2017年「みなとみらい・桜木町」イルミネーション情報
23位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
24位
【はまれぽ名作選】本牧ふ頭近辺で釣れる幻のブランド魚「下根アジ」って、どんな魚?
25位
南区真金町・金刀比羅神社の「一の酉」の様子をレポート
26位
スラックスが「99円」!? 驚異の激安衣料店「ファッションプラザタカハシ」ってどんなお店?
27位
【I☆DB】感動をありがとう! ファンからDeNAベイスターズへラブレター
28位
2017年「横浜駅周辺」のイルミネーション情報
29位
【編集部厳選】そーだ! 秋だ! 旅たび旅!
30位
神奈川区の遊び場、通称「こうもり山」の山頂には何があった?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

横浜DeNAベイスターズにはどんなスタッフがいるの?どのようにしてチームの力になっているのですか?選手との関係もキニナル。(はまれぽ編集部のキニナル)

はまれぽ調査結果

球団内でクリーニングを行うパイオニアは、クリーニング士の資格を持った関村さんをはじめ、どこの球団にも負けないキレイなユニホームに仕上げていた。

ライター:山口 愛愛 (2013年12月02日)

(この記事は2013年12月02日の再掲載です)

横浜DeNAベイスターズの貴重な戦力となっているスタッフに密着し、ふだん、目にすることのできない仕事ぶりを紹介していく。前回の入来(いりき)祐作さん(用具担当)に続き、今回はクリーニング担当の関村英樹さんを中心としたスタッフに密着。

実は球団内でクリーニングまで行っているところは、セ・リーグではDeNAベイスターズのみ。スタッフの高い技術と選手との信頼関係に迫る。
 


現在クリーニング担当は4人。代表して関村英樹さんに伺う




チームのためなら徹夜の洗濯もなんのその!

取材日は11月23日に行われたファンフェスティバル2013の翌日。前日に選手やコーチがそろってユニホームを着用したため、シーズンオフの中では洗濯物が多い日だというのでクリーニング倉庫に潜入した。関村さんに話を伺いながら、作業を追っていく。

関村さんは横須賀市の追浜町出身で、横浜育ち。小学生のころから(DeNAベイスターズの前身の)大洋ホエールズのファンで、憧れの選手は俊足の屋鋪要(やしきかなめ)さんだったという。作業場のあるDeNAベイスターズ練習場(横須賀市)も馴染み深い場所だ。
「(当時は、横浜)ベイスターズか、横浜F・マリノスに関わる仕事ができたらいいな」と幼いころから漠然と夢を抱いていたそうだ。
 


主な仕事場はクリーニング倉庫


関村さんは元々「株式会社ベイスターズサービス」(当時のベイスターズ商品を扱う関連会社)でグッズ販売を担当していた。一方、当時の横浜ベイスターズは ユニホームなどの洗濯を、クリーニング業者に外注していたが、球団の経費削減策として1997(平成9)年から球団内で行うことになった。

クリーニング士の資格を持ったスタッフが担当したが、2年後に退職したため、当時、サービス担当の中で最も若かった関村さんが抜擢され、クリーニング士の国家資格を取り、後を引き継ぐ形となった。1999(平成11)年から15年間、クリーニングを担当している。
 


毎日、洗濯物は山積み


関村さんは、半年間「神奈川県クリーニング学院」に通い、100点は出ないといわれる(Yシャツのアイロン)実技試験に99点で合格。プロ野球界初の自社クリーニングは、国家資格を持ったクリーニング士の腕とスタッフのチームワークで今も継続されている。

「経費削減のために、他球団も自社クリーニングを取り入れようと検討していて、今年も色々な球団が視察に来ているんですよ。クリーニングスタッフ4人でやっていますが、どこのチームのユニホームよりキレイだという自信があります」と関村さん。
 


ユニホームが白くなるまでにはいくつもの工程がある


選手が試合や練習で身につけたユニホーム一式をクリーニングすることが任務だ。
「選手の戦闘服でもあり、ステージ衣装でもあるので、失敗できないプレッシャー、責任と誇りを感じている」と気を引き締めている。
 


監督、選手のステージ衣装がここでキレイに蘇る


横浜スタジアム、東京ドーム、神宮球場、西武ドームなどの試合終了後にユニホームを回収し、クリーニング倉庫で洗濯して、球場に届けるサイクルで仕事をしているが、過酷なスケジュールになることもしばしば。

ユニホームはホームとビジターで4枚ずつあるが、試合前や試合中に選手が着替えるため、3連戦中は、基本的に同じユニホームを着回すことになる。ユニホー ムは試合開始の6時間前に球場に届けなければいけない。例えば金曜日に神宮球場でナイターがあった場合、試合後にユニホームを回収して、午後11時ごろに 球場を発ち、関村さんが車でDeNAベイスターズ練習場まで運ぶ。徹夜で洗濯をし、終わるのは朝5時ごろ。

デーゲームが13時からであれば、7時には神宮球場に届けなければいけないのだ。
ファームの試合と1軍の試合と両方のユニホームの洗濯をするので、シーズン中はとくに忙しい。
 


巨大洗濯機が深夜に稼動することもしばしば


「幼いころからチームのファンですからね、徹夜であってもこのチームのためにやれるのであれば辛くありません! 選手に気持ちよくプレーをしてもらいたいという思いで、仕事をしています」と笑顔を見せる。


12球団で一番キレイなユニホームを・・・そんな気持ちが伝わる思いは次のページ!!≫
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事