ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年2月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    ここ最近の保土ケ谷駅前の衰退が激しいです。庄や、ソフトバンクショップ、TSUTAYAなどが立て続けに撤退しまいした。同駅の周辺状況は、横浜の縮図の様なものだと思います。この件についてキニナルので調査し...

    choberyさん

    お酒はどこで飲む?のアンケートで、思い出したので追加、限りなく公園に近そうなのですが、ズーラシアや金沢動物園隣のののはな館レストラン、野毛山動物園にシーパラダイスでも飲みます。やっぱりその他かな?

    ホトリコさん

    川崎区追分にある油そば伊太郎と言う油そば屋が気になります。客層や味を調べて下さい。川崎区には油そば専門店はないので!宜しくお願いします。

    マサヒコさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

どんなところでお酒を飲む?

おしゃれな「バー&レストラン」
リーズナブルに「居酒屋」
もっとリーズナブルに「角打ち」
カラオケとセットで「スナック」
1番くつろげる「自宅」
自然を味わいたいから「公園」
その他
お酒飲めない
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
借りにくくなる? 横浜市立図書館が結んだ相互利用協定は市民にとって得?
2位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
3位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
4位
子どもがのびのび遊べる! キッズスペースがあるレストランを徹底調査!
5位
戦後70年。戦争の悲惨さを振り返る。元特攻隊員、手塚久四さんが語る特攻隊の真実とは?
6位
9年間の義務教育を行う「小中一貫校」、そのメリットやデメリットとは?
7位
365日24時間勉強している人がいる!? 横浜市内の「24時間自習室」事情を徹底調査!
8位
横浜の小児医療費助成が小6まで拡大! その詳細は?
9位
姉妹都市だと横浜に何のメリットがある?
10位
事故から35年。青葉区の母子3人が亡くなった横浜米軍機墜落事件って?
11位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材!  ~学生生活とカリキュラム編~
12位
神奈川県立高校が一気に統廃合されるって本当?
13位
お魚と多摩川の命をつなぐ「おさかなポスト」って何?
14位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材! ~訓練とクラブ活動編~
15位
中華学校に日本人児童が増えてるって本当?
16位
使い勝手が悪いと言われた海老名市中央図書館の実体は?
17位
昭和初期まで使われていた!? 逗子市池子の石切り場跡に突撃!
18位
山下公園内のコンビニ「ハッピーローソン」が特別な理由って?
19位
防災頭巾があるのは常識じゃないの!?その歴史と性能は?
20位
横浜市立の幼稚園がない理由は?
21位
【ニュース】神奈川大学がみなとみらいに新キャンパスを開設!
22位
横浜の街中で化石を探せ! “横浜化石クエスト”
23位
給食のない横浜の中学校で、7月1日に始まった「ハマ弁」の味は?
24位
横浜市の中学生が戦争語り部に「死に損ない」の暴言。その真相は?
25位
12年前に九州で起こった工作船事件、なぜ横浜に資料館が作られたの?
26位
横浜市内で一番敷地面積が広い学校ってどこ?
27位
南高等学校附属中学校、普通の公立学校との違いとは?
28位
公立小中学校がないみなとみらい地区。ここに住む子どもたちの現状は!?
29位
神奈川県内唯一の「義務教育学校」、緑区の霧が丘学園はどう違う?
30位
横浜の小学6年生がカッコイイダンスを踊るイベントは今?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

横浜駅周辺は海抜がかなり低いけど、津波対策はしているの?具体的な対策や避難場所などを知っておくべきだと思うのですが・・・。(ねこぼくさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

津波発生時に避難施設として協力してくれる民間施設を増やしたり、東日本大震災の教訓を反映した横浜駅改造計画を目指している

ライター:はまれぽ編集部 (2013年12月25日)

津波への対策

政府の地震調査委員会では今後30年以内に70%以上の確率で東海地震が発生する可能性が指摘されている。2011(平成23)年3月11日の東日本大震災以降、横浜市でも地震に対するさまざまな対策に取り組んでいる。

東日本大震災で甚大な被害が発生した原因は、地震そのものの規模もさることながら、史上最大級ともいえる津波の襲来であろう。横浜市では市は従来、阪神・ 淡路大震災のように建物の倒壊による人的被害を想定していたが、東日本大震災の発生による津波被害を受けて、市民の安全確保のため、迅速な避難行動が取れ るよう同年にガイドラインを作成、2013(平成25)年には内容を一部改訂している。

投稿にあった横浜駅周辺の対策も含め、横浜市危機管理室でお話を伺った。
 


危機管理室
 

市では原則として津波警報が発表された場合は「避難勧告」、大津波警報になると「避難指示」を発令するとしており、その範囲は8区(鶴見区、神奈川区、西区、中区、南区、保土ケ谷区、磯子区、金沢区)約470町丁にわたる。
この中には投稿にあった横浜駅周辺も含まれているため、実際に津波が発生した場合の対処法と市の具体的な対策はどうしたらいいのかを危機管理室危機管理課の小林芳和(よしかず)担当課長と同室情報技術課の中台(なかだい)秀樹担当係長にお話をうかがった。
 


対応してくれた小林担当課長(左)と中台係長
 

小林担当課長によると、横浜市では、市にとって津波による浸水の面積と深さが最大となる「慶長型地震」をモデルに、地震の規模を示すマグニチュード8.5を想定している。

予測される津波は最大で約4.0メートル、満潮時では海抜約4.9メートルの地点(沿岸部分)まで達することを見込んでいる。津波が到達する時間は地震発生からおよそ70~100分で、津波による被害の範囲は最大約36平方キロメートルに及ぶとみている。以下の画像は、
津波の到達が予測される「浸水予測区域」の範囲
 


画像は横浜駅を含む西区(横浜市ホームページより)
<クリックして拡大>
 

横浜駅の住所は南幸1丁目(東急、相鉄、横浜市営地下鉄、横浜高速鉄道)と高島2丁目(JR東日本、京急)にまたがっており、どちらも避難対象区域となっている。
 


西区の避難区域一覧(横浜市ホームページより)
<クリックして拡大>
 

市では、この予測をもとに、さまざまな対策をとっている。
まずは、携帯電話に配信される「緊急速報メール」(一部非対応の機種あり)や、浸水予測区域の89ヶ所に設置した屋外の防災スピーカーで一斉に伝える「津波警報伝達システム」を設置し、津波に関する情報を周知している。
このスピーカーは津波以外の災害時にも利用される。
 


臨港パークにあるスピーカー
 

横浜市は起伏が多い地形や自動車などの騒音によって、放送が届きにくいことなどからこれまで屋外スピーカーによる周知は行ってこなかったが、小林担当課長によると津波警報伝達システムは、浸水予測区域をすべてカバーしているのだという。
今回の投稿とは直接関係ないが、「横浜にはなぜ防災無線がないのでしょうか? 今後の災害対策を考える上でこれがないとマズい気がしますが/鉄男さんのキニナル」の疑問にも答えることができた。


津波が発生! 何をどう確認したらいい!?・・・次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事