検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • お年玉キャンペーン 投票ページ
  • はまれぽイチオシで新年「学びはじめ」
  • はまれぽ.com無料掲載について

ココがキニナル!

都筑区佐江戸町中原街道沿いにある、「看板市場」が気になります。時々看板が変わるので、毎回楽しみなんです!(てるてる坊主さんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

看板市場はお店の認知度を上げようと、「面白いことを仕掛けていこう」という意図で看板のかけ替えをする看板屋さん。間隔は約3ヶ月から半年。

  • LINE
  • はてな

2014年01月30日

ライター:細野 誠治

看板に偽りなし

キニナル看板の調査。はまれぽでもメジャーな案件だ。「ヘンな看板」や「何コレ」的なものまでVOW的(宝島社が発行する雑誌『宝島』に連載されている読者投稿コーナー)な興味をソソられるよね? 今回、ちょっと違うのは「時々、その問題の看板が変わる」ということ。
どう変わる? そして一体どんな看板なんだろう?

さっそく現地へ。投稿の通りに中原街道沿い、佐江戸町に向かう。
 


バスだと市営バス41系統「地蔵尊前」が最寄り


バス停を降りて、すぐに問題の看板が目に飛び込む。
 


あっ、これだな・・・とすぐに分かる


もっと近づいてみる・・・。
 


看板娘第五弾「絹川 麗」とある


これは通りから、よく目立つ。そして確かにキニナルよ。
キレイな方だなぁ~と、これは看板娘だなぁ~と。(テンション上がりました、はい)
 


縦5メートル、横4メートルという大きさ!


(ふう・・・)さて、看板を設置している看板市場さんだが、店舗は黒を基調とした落ち着いた雰囲気。そこに指し色のオレンジが目に鮮やか。
 


看板市場さん。通りから目立つ


そして一歩なかに入ると、雑貨屋さんにやって来たようなポップな内観。
これが面白い。
 


外国のオフィスのような、デザイン事務所のような
 

アンティークTOYにネオン看板もバッチリ


取材をお願いすると、安井様から快諾をいただく。お話を伺ってみよう。
 


店長の安井努氏。はまれぽ読者!


まずは看板市場が「看板製作の会社だ」ということを確認(そりゃそうだ)。
1942(昭和17)年、川崎で堀田看板店として創業(現在は3代目、堀田久史氏が代表を務めている)。

元は「映画の看板製作」をしていたそうだ(映画館で上映中の映画の宣伝看板を描いていた)。
ここ、佐江戸町に移転をしたのが1999年(平成11年)のことで、知人の紹介でこの地に店舗と工房を構えたという。
今年で72年という歴史を持つ、由緒ある会社なのだ。
 


前身の堀田看板店(看板市場HPより)


そんな看板市場。どうして「変わる看板」を製作して掲示しているんだろう?
「ここに看板屋さんがありますよ、という自社のアピールのための自社看板です。看板が大きいと目立ち、注目も浴びるので、認知度があがると思ってやっています」と安井氏。

ここ、佐江戸町は「ららぽーと横浜」が近い。週末になると目の前の中原街道は渋滞が起こるそうだ。
「渋滞にはまった車のなかで、少しでも楽しんでいただければな、とも思っています」

―キニナル投稿にあった「毎回、楽しみにしている」方を意識はしているんでしょうか?
「意識は、しています。少しは(笑)。面白いことをしよう、仕掛けていこうと。それで頭の隅のどこかに“看板市場”が残ってもらえれば」
 


かつての看板、その1/福笑い看板


「今、掛かっている看板は“看板娘第五弾”なんですが、モデルさんを起用して“看板屋さんの看板娘”ということです」
(モデルさんだったのか・・・)
 


かつての看板その2/We Live看板市場


―どれくらいの頻度で差し替えをしているんですか?
「約3ヶ月から半年ですね」

―看板の制作費って、どれくらいかかっているんでしょう?
「そこは内緒・・・ということで」

―次のモデルチェンジはいつごろでしょうかね?
「春ごろを。GWくらいには何とか、かな・・・」
 


かつての看板その3/必ず立ち上がる日本魂

 


震災直後、すぐに立ち上げた


それにしても、どうしてここまでするんだろう? 掛け替えには、お金だって掛かっているのに。これには「他店との差別化」が狙いとしてあるそうだ。

看板という商品は、一度店に掛けてしまうと息が長いもの。なかなか頻繁に“消費”されるものではない。そして看板製作を請け負う会社は、一般の人間が思っている以上に多いという。
大規模な店から個人経営まであるそうだ。

安井氏曰く「この近く、ウチの界わいにも、かなりの店舗がある」とのこと。
 


かつての看板その4/漫画看板。一般の漫画家志望者数人のコンペで募集をかけて採用された


ほかとの差別化。面白いこと、人の目を惹くこと、誰かを楽しませること、そして看板市場は“こだわり”を持っている看板製作の会社なのだ、と知ってもらうことを考えている。その想いが、店頭の看板というわけだ。ちなみに看板のデザインは、社員の皆さんがそれぞれ考え、選出されるという。


いよいよ工房の中へ! まるでそこは秘密基地!? ≫
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

横浜なのに市外局番が044?看板に残された電話番号の意味は?

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

綱島にあるコンセプトを詰め込みすぎた看板を掲げた謎のお店とは

みなとみらいの絶景を独り占め。絶品料理とサービスが魅力の「屋形船すずよし」で最高の横浜クルージングを

  • PR

【編集部厳選】いま、ひそかにブームが来てる? 大盛りから文豪の愛したものまで、横浜のおいしいチャーハン特集!

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

横浜F・マリノスのチアリーディングチーム「トリコロールマーメイズ」のチアスクールが無料で体験できるって本当?

雨でも安心の屋内施設。安全に配慮した環境で、思いきり身体と頭を使って、夢中になれる遊びがいっぱい!

  • PR

新着記事

桜木町駅からどこまでデッキが伸びる!? 「ウェスティンホテル横浜」がまもなく着工~みなとみらいレポート

    • 面白かった126
    • 面白くなかった2
    • コメント4
  • 2019年01月22日

野毛で篭城している不動産屋さん!?再開発地区にポツンと一軒建っている理由

    • 面白かった226
    • 面白くなかった10
    • コメント4
  • 2019年01月21日
お年玉キャンペーン
はまれぽイチオシで新年「学びはじめ」
横浜・神奈川のお出かけ情報
はまれぽ.com無料掲載について

はまれぽ編集部のイチオシ

マンガ読み放題!? 高速ドライカットがイチオシの“コミックカフェ” みたいに寛げる「re:mix」

  • PR

リフォームも、新築も。良い家をつくり、まもり続けて40周年、進化を続ける横浜市栄区の地域密着型工務店

  • PR

印刷会社が取り組む「社会変革」って一体何!? 130年以上も続く総合印刷業の老舗「大川印刷」

  • PR

腐りにくいウッドデッキが大人気。快適さは実績と安心が保証。ウッドデッキ専門会社「ウッディ企画」

  • PR

徹底した車内クリーニングは掃除のプロもびっくり!車は友達!「友車倶楽部」

  • PR

誰もが必ず経験する相続問題。相談するなら、真摯に依頼者と向き合う「本牧司法書士行政書士事務所」

  • PR

天王町で30年以上続く居酒屋さん! 本格的な料理がリーズナブルに味わえる「出世居酒屋いっすんぼうし」

  • PR

ベテラン講師が基礎から徹底指導。横浜駅のボイストレーニングスクール「プライズエンターテインメント」

  • PR

地域と共に発展を目指す! 確かな施工に定評がある「株式会社安藤建設」

  • PR

増改築からメンテナンスまで、住まいのことならなんでもおまかせ「システムショップはぎわら 金沢文庫店」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • サンコー時代から数えて51年の歴史に幕を閉じるダイエー横浜西口店ですが2月11日の閉店日の様子を後か...

  • 今日、1月22日、鎌倉小町2丁目の宝戒寺でりがありました。聖徳太子は、すぐれた工芸技能者を育てたこと...

  • 東戸塚駅東口を出て西武、イオン内を通り平戸側に出てから右に曲がると、工事現場の奥に、周辺からは入れな...

あなたはどう思う?

節分の日は何をしますか?

最近のコメント

アクセスランキング